ニュース
» 2013年03月13日 20時43分 UPDATE

NTTコム、閉域網とLTE/3G網をつなぐ接続設備を西日本エリアにも新設

NTTコムは、同社の閉域網とドコモのモバイルデータ通信サービスを結ぶ接続設備(POI)を西日本エリアにも新設する。すでにある東日本エリアの設備と合わせて、サービスの冗長性を図る。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは3月13日、同社の閉域網とドコモのモバイルデータ通信網を結ぶ接続設備(POI:Point of Interface)を7月に増設すると発表した。

 現在は東日本エリアに1カ所設置されているPOIを、西日本エリア(大阪)にも設置。M2MやMVNO、拠点間のバックアップ回線などに使われている「Arcstar Universal One モバイル」「OCNモバイル スタンダードd」「OCNモバイル エントリー d」といったネットワークサービスの冗長性を図る。

 7月以降は災害などにより一方の接続設備に故障が発生した場合でも、他の接続設備に迂回することで安定したサービス提供が可能になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.