ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ビール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

火曜日に「へえ」な話:
ぷかぷか、ふわふわ! なぜ「未来のレモンサワー」からレモンが浮かんでくるのか
アサヒビールがちょっとユニークな商品を開発した。“本物”のレモンスライスが入った「未来のレモンサワー」である。フタを開けるとレモンが浮かんでくるわけだが、どのようにして開発したのか。担当者に聞いたところ、想定以上の困難が待ち受けていて……。(2024/6/4)

Innovative Tech:
“ビールは冷やす”となぜうまい? 中国の研究者らが調査 アルコール度数と温度の関係に迫る
中国科学院や中国の白酒メーカーである五粮液などに所属する研究者らは、異なるアルコール度数や温度によって味わいなどが変化するメカニズムを解明するために検証した研究報告を発表した。(2024/5/15)

Marketing Dive:
サッカー欧州CLを早朝に観戦するアジアのファンのためにハイネケンが仕掛けた意外過ぎるキャンペーンの中身
時差のためUEFAチャンピオンズリーグを早朝に視聴せざるを得ない韓国のサッカーファンのため、ビールブランドのHeineken(ハイネケン) がコインランドリーとコラボしたユニークなキャンペーンを実施している。(2024/5/6)

【ビール無料】 当日予約チャンスあり! オリオンビールがGW限定「秒で沖縄に行けるバー」を渋谷にオープン
帰りたくない……と思うほど、沖縄です。(2024/4/26)

現役アイドルの18歳ゴマキ姪、「人生初ユニバ」ショットを公開→JK時代から“激変”の金髪姿に「とにかくかわいい」「綺麗な髪色」と反響
バタービールは外せないよね。(2024/4/23)

PR:ぐにゃっと曲がった不思議な形? サッポロビール考案「1つで3通りの味わいが楽しめるグラス」を飲んでみました
角度によって味わいが変わる不思議なグラス。(2024/4/23)

5児ママがキッチンで焼酎片手にほおばる「旨辛新玉ねぎ豚しゃぶ」が飯テロ級 豪快な飲みっぷりに「絶対うまい」「ビール欲しい!!」
これはお酒飲みたくなる〜!(2024/4/21)

ぐいっとビールに山盛りライスと……? お酒大好き女優による“理想の朝ごはん”が「うまそう〜〜!」「夜にみるんじゃなかった」と122万再生!
これだよこれ。(2024/4/19)

揚げたての“ザクザクチキン”がうまそうすぎる! 弁当屋仕込み“魅惑のレシピ”に「ビール片手にバクバクいくぞー!」「ヨダレ止まらない」
片栗粉はしっかり付ける。(2024/4/18)

PR:すぐ横にはアサヒビールの工場が! 茨城の「スーパードライ ミュージアム」はアート鑑賞&超できたてのスーパードライが飲めて最高なんだ
秋葉原から守谷までつくばエクスプレス快速で約32分、駅からは無料送迎バスもあります。(2024/4/22)

HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表
Nokiaブランド端末で知られるHMDが、ビールメーカーのHeinekenと提携し、透明な折りたたみ携帯電話を発表した。「Boring Phone」(退屈な電話)と名付けられた端末でできるのは通話とテキストメッセージくらい。デジタルデトックスが狙いだ。(2024/4/17)

甲子園球場100年前のビールが復刻 当時、商品が生まれたきっかけは?
100年前に愛飲されていたビールをアサヒビールが再現し、8月に開場100年を迎える甲子園球場で今季限定販売されている。(2024/4/13)

約36ぶりに恵比寿でビール製造を再開 「ヱビス」の新施設はどんなところ?
サッポロビールは2日、東京・恵比寿に3日開業予定の高級ビールブランド「ヱビス」を体験できる施設「YEBISU BREWERY TOKYO(ヱビス ブルワリー トウキョウ)」を報道陣に公開した。(2024/4/3)

復権進む従来ビール、理由は? 大手4社の競争が活発化
令和8年のビール系飲料の税率一本化に向け、税率が引き下げられる従来のビール(狭義のビール)を巡り、大手4社の需要獲得競争が活発化している。(2024/4/3)

材料3つだけ! 業務スーパー「うずら卵水煮」を“無限煮卵”にするレシピが120万再生 缶詰利用の簡単さに「本当に美味しくてリピートしてる」
これ1つでご飯もビールも進みそうです。(2024/3/30)

材料技術:
東洋製罐がビールなど向け飲料アルミ缶で国内最軽量を実現、缶底を強化
東洋製罐グループホールディングスは、連結子会社の東洋製罐が、204径ステイオンタブ(SOT)缶において国内最軽量となるアルミDI缶を開発したと発表した。(2024/3/28)

非航空事業を展開:
航空会社のJALが「クラフトビール」を開発 JALラウンジの“余ったお米”に目をつけた
JALは、空港ラウンジの余剰米をアップサイクルしたクラフトビールを発売した。JALは航空会社なのに、なぜこのような事業を……?(2024/3/27)

橋本環奈、疲れモード&髪ボサボサの自撮りショットが別格すぎる ビール片手のオフ姿に「疲れ顔でこれは天使」「可愛すぎだろ!」
ビール大好きな橋本さん。(2024/3/25)

「卒乳にはそれぞれの思いがこもってるんだな」 “隠れた節目”を祝うビールセットが好評受け商品化 仕掛け人に聞く反響
卒乳に限らず、好みの節目をビールと卒業証書で祝えるセットが商品化。企画への思いをメーカーに聞きました。(2024/3/24)

地域経済の底力:
沖縄の観光産業が復調へ オリオンホテルが描く“反転攻勢”の戦略とは?
オリオンホテルのビジネス現況などについて、同社社長の柳内和子氏と、親会社であるオリオンビール社長兼CEOの村野一氏をインタビューした。(2024/3/12)

PayPayドームの「めんたいこBOX」って何!? SixTONESライブで注目 想像以上にめんたいこな特設シート
サービスでめんたいこ尽くしのオードブル付きとか、ビールが進みそうな……。(2024/3/11)

体重20キロ増から10キロ減の大家志津香、フルマラソンを完走→288日ぶり美酒 「飲まなくても楽しい時間はあると学んだ」心境変化も
ビールが待ってる!(2024/2/26)

事例:
サントリー「糖質ゼロビール」絶好調の裏で 「CM×店頭」連動させたマーケティング戦略とは
サントリーの「パーフェクトサントリービール」(PSB)というビール。同社のフラッグシップ商品だが、売れ行きの背景にはデータに基づく緻密なマーケティング戦略があった。(2024/2/27)

ドライクリスタルは3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」が好調 3カ月で年間目標をほぼ達成した背景は?
「飲む人」も「飲まない人」も互いが尊重し合える「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱するアサヒビール。その取り組みの一貫として販売されたアルコール度数3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」について担当者に話を聞いた。(2024/2/22)

厚労省が「飲酒に関するガイドライン」を発表 1日500ミリのビール1本で発症リスクが高まる病気も
酒に含まれるアルコール量を算出した「純アルコール量」で飲酒量を把握するよう呼び掛け。(2024/2/20)

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

音楽+ビールで訴求:
なぜスーパードライから“細い缶”が登場するのか 「モンスター」と同じサイズ
アサヒビールが2月27日に発売する「アサヒスーパードライ スマート缶」は、若年層をターゲットにした新商品だ。開発背景や狙いを聞いた。(2024/2/14)

島津製作所がクラフトビール共同開発 分析機器で香りや味を調整
島津が飲料を共同開発するのは初めて。島津製の分析機器を使い、酵母が持つ香りや味の特長を引き出しており、スパイシーな香りとかんきつ系のようなフルーティーな味わいのビールに仕上げている。(2024/1/24)

『ちいかわ』最新話、禁酒状態のくりまんじゅうが“限界”に…… 酒の代わりにコーラをあおる姿に「リアルすぎる」
自販機の柿の種とビールは高いのに買いたくなる時あるよね。(2024/1/15)

ビール需要増取り込みへ、各社でブランド刷新相次ぐ 令和6年事業方針
ビール大手4社の今年の事業方針が11日、出そろった。令和8年にビール系飲料の税率が一本化するのを見据え、手ごろになる狭義のビールの需要増を取り込む熾烈(しれつ)な競争が今年も続きそうだ。(2024/1/12)

1分足らずで急速冷却:
常温缶が「生ビール」に 爆ヒット「サントリー生ビール」開発部署が繰り出す次の一手
2023年に発売し、大ヒットを果たした「サントリー生ビール」。同商品を企画・開発した部署から、新たなサービスが出ている。その名も「nomiigo(ノミーゴ)」。常温の缶ビールが、わずか1分足らずに「生ビール」へと変貌する仕組みのビールサーバで、アフターコロナ需要を狙う。(2024/1/5)

ギトギトの油汚れは“ビール”で落ちるらしい→実際にキッチンコンロを掃除して確かめてみた
発泡酒でも検証してみました。(2023/12/27)

「業界初『銭湯直営ブルワリー』誕生」 湯上りにクラフトビール、新時代の幕開け
「銭湯文化を未来に残し、発展させたい」という2人の夢に下町の地元仲間がタッグを組んだ。新時代の銭湯が幕を開ける。(2023/12/25)

酔わなくてもゴクゴク幸せ ノンアル飲料市場グイグイ拡大
ノンアルコール飲料の需要が堅調に伸びている。各社がビールだけでなく、ワイン、ハイボール、チューハイなど多種多様なジャンルで酔わずに“お酒”を楽しめる商品を打ち出しており、ノンアルコール専門のバーも登場した。(2023/12/20)

直近1年でよく飲まれたビール 2位「一番搾り」、1位は?
直近1年でよく飲まれたビールは何か。マイボイスコムが8回目となる「ビールの利用」に関する調査結果を発表した。(2023/11/25)

今日のリサーチ:
酒税改正後のビール類の売り上げ 「新ジャンル」は6割減――カタリナ マーケティング ジャパン調べ
2023年10月の酒税改正により、ビールカテゴリーでは「値下げになるビール」と「値上げになる新ジャンル」の売り上げ動向が注目されています。実売データに基づきビール類の情勢変化を見てみると……。(2023/11/21)

製造業×生成AI インタビュー:
技術文書を100文字要約、アサヒビールがR&Dプロセスに生成AIを導入した2つの狙い
アサヒビールは2023年10月、R&D部門を主な対象として、マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」を活用した社内情報検索システムのPoCを開始した。社内情報検索システム導入の理由や、R&Dプロセスにおける生成AI活用の期待感を同社担当者に聞いた。(2023/11/8)

生成AI 動き始めた企業たち:
長文の技術資料を“数十秒”で確認可能に アサヒビールの生成AI活用法
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第12回は、アサヒビールを取り上げる。同社は9月から、生成AIを用いた社内情報検索システムの試験導入を始めた。新たな技術をどのように業務に生かしているのか。(2023/10/16)

Marketing Dive:
ゲーミングPCと冷蔵庫の魔合体 ハイネケンの奇策に“コア顧客”取り込みの極意を学ぶ
ビールブランドのHeineken(ハイネケン)がブラジルの消費者をターゲットにコアゲーマー向け施策を発表。これは、冗談ではない。(2023/10/2)

どうやって持ってるの……? 12杯のビールをトレイなしで一気に運ぶドイツのウエイトレスの技術と体力に驚かされる
常人離れしたバランス感覚。(2023/9/29)

ハイネケン、ノンアルコールビールが10月に日本上陸 缶とビンの2種類で本物と遜色ない味わい
飲んでみたい!(2023/9/20)

カラオケチェーン「ジャンカラ」、阪神優勝で “生ビール飲み放題3日間無料”に 関西地方の店舗で実施
とんでもない大盤振る舞い。(2023/9/14)

大谷選手のファウルボールで壊れた看板、ビール缶のデザインに 米ビール会社のアイデアに称賛
レプリカ缶として発売し、完売。(2023/9/10)

普通に食券買ってる! 川口春奈、1人ラーメンを満喫する姿に好感の声「ビール飲んだ顔が最高すぎ」
おひとりさまムーブに慣れすぎている。(2023/9/4)

3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」発売 背景はビール類酒税の一本化
アサヒビールは10月11日、アルコール分3.5%にした「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」を発売する。アルコール分に多くの選択肢を用意し、ビール需要の獲得を狙う。(2023/9/1)

「AIが作ったビールのCM」が徐々に悪夢へと変わっていくタイプのホラー 不気味なジョッキ、大惨事になるBBQ会場
SAN値ピンチ。(2023/9/1)

ソーセージをストローにする動画から着想 米食品メーカーがソーセージ型ストローを開発
ビールがおいしくなりそう。(2023/8/27)

アサヒから低アルコールのスーパードライ登場 アルコール分は3.5%
缶ビールの選択肢が一つ増えます。(2023/8/24)

経済の「雑学」:
「サントリー生ビール」が売れている ヒットの背景に“違和感”あり
4月に登場した「サントリー生ビール」が売れている。その要因として、味わいやマーケティングなどが挙げられるだろうが、筆者は「パッケージデザイン」が気になった。どういうことかというと……。(2023/8/23)

タミヤの「アヒル工作セット」でビールをキンキンに!? 大人の夏休みの工作が「天才の発想」と話題
実用的だしかわいい……!(2023/8/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。