ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOS PHONE 006SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOS PHONE 006SH」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

シャープ製と京セラ製:
ソフトバンクのAndroidスマホ13機種にメール・SMS関連の不具合
ソフトバンクのシャープ製と京セラ製のスマートフォン13機種に、S!メールの自動受信に失敗する、受信したSMSを正しく表示できないなどの不具合があることが分かった。(2013/6/12)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE 006SH」でGPSの不具合を解消するアップデート
ソフトバンクが、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE 006SH」で、GPS測位に時間がかかる不具合を解消するアップデートを開始した。(2013/6/12)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE 006SH」「MEDIAS CH 101N」のソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルが「AQUOS PHONE 006SH」「MEDIAS CH 101N」の最新ソフトを公開した。緊急地震速報の受信に関連する不具合を解消する。(2013/1/18)

ソフトバンクBB、「小久保裕紀選手ありがとうカバコレ」を期間限定販売
iPhoneやSoftBankスマートフォンのケースをオーダーメイドできるサービス「カバコレ」に「小久保裕紀選手ありがとうカバコレ」が期間限定で登場した。(2012/11/16)

ソフトバンクとウィルコムのスマホに、緊急地震速報の警告音が短くなる不具合
ソフトバンクとウィルコムのスマートフォンに、緊急地震速報の警告音が短くなるなどの不具合が見つかった。改善アプリの提供はこれからだが、操作方法によっては事象を回避できる。(2012/11/15)

携帯3社のAndroidスマートフォンに脆弱性、一部製品に影響
特定のファイルにアクセスした場合に当該製品では強制終了してしまう可能性がある。(2012/11/14)

ソフトバンクの「緊急速報メール」、特定条件で警告音が短くなる不具合
ソフトバンクモバイルは、Androidスマートフォン向けに提供している「緊急速報メール」に、一部の機種で警告音が1秒弱と短くなる不具合があることを発表した。(2012/11/1)

ソフトバンク、8月30日から「津波警報」を緊急速報メールで配信
ソフトバンクモバイルが、かねてから対応を予定していた津波警報の配信を、8月30日から開始する。(2012/8/27)

該当機種のユーザーは要注意:
SDHC規格の一部機種にmicroSDXCを差し込むとデータが破損する事象
一部のAndroid端末で、microSDXCカードをmicroSDXC非対応機種に差し込むと、microSDXC内のデータが破損する事象が確認されている。(2012/6/11)

SoftBank SELECTION、2012年夏モデル向けアクセサリーを発表――Mobageコラボ「カバコレ」も
ソフトバンクBBが、2012年夏に発売予定のソフトバンク夏モデル向けアクセサリー5種類を発表。「Mobage」の人気ゲームとコラボした31種類のカバコレも追加する。(2012/5/29)

PR:このパフォーマンスは、事件だ――“Android™ 4.0”だけじゃない「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」の魅力
“日本のスマートフォンはモッサリしている”――もしそんな印象があれば、触ってもらいたい端末がある。「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」は、高性能CPUやシャープ独自の技術、高速通信サービス「ULTRA SPEED」で、端末の“速さ”をとことん追求。さらに、4.5インチの大画面高精細HD液晶や裏面照射型CMOS採用の12.1Mカメラを、防水防塵の薄型ボディに詰め込んだ、この春注目のモデルである。(2012/2/28)

Android 4.0で最高のパフォーマンスを――シャープが「AQUOS PHONE 104SH」で目指したもの
Android 4.0を搭載する「AQUOS PHONE 104SH」が間もなく発売される。シャープのスマートフォンにはこれまで日本のサービスを盛り込んできたが、104SHではそのスタンスを変え、パフォーマンスや使い勝手を特に重視した。(2012/2/9)

ソフトバンクモバイル、シャープ製スマートフォン10機種のソフトウェア更新を順次開始
「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」「AQUOS PHONE 102SH」などシャープ製スマートフォンのソフトウェア更新が開始された。(2011/12/27)

PR:読者調査でひも解く、「みんながスマホに求めるもの」と「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」の魅力
デュアルコアCPUやULTRA SPEED対応など、ハイエンド端末として充実した機能を備えるシャープのソフトバンクモバイル向け端末「AQUOS PHONE SoftBank 102SH」。その魅力を、読者調査から浮かび上がってきた「ユーザーがスマートフォンに求める機能」と照らし合わせながら探ってみよう。(2011/12/12)

ソフトバンク「006SH」「009SH Y」「009SH」のソフトウェア更新開始
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン「006SH」「009SH Y」「009SH」のソフトウェア更新が開始された。(2011/10/14)

写真で見る「AQUOS PHONE 102SH」
ソフトバンク新機種の中でも高いスペックが目を引くシャープ製の「AQUOS PHONE 102SH」。発表会場では実機を操作できなかったので、外観をお伝えする。また、シャープ端末の新しい省エネアプリ「エコ技」の詳細も紹介する。(2011/9/30)

honto、他キャリアにも展開
電子書籍サービス「honto」を手掛けるトゥ・ディファクトは、au、ソフトバンクモバイルのAndroid搭載スマートフォンからもhontoを利用可能にした。(2011/9/25)

最新スマートフォン徹底比較(2011年夏モデル編):
第4回 ワンセグ、赤外線通信が使いやすい機種は?――Android夏モデル
日本のケータイの定番機能である「ワンセグ」と「赤外線通信」が、スマートフォンにも続々と搭載されている。使い勝手にどんな差があるのか? 対応機種と主な機能を比べてみた。(2011/9/20)

動画で見るスマートフォン――2011年夏モデル(製品版)
ケータイの動作速度はカタログからは分からないが、使用する上で満足度を大きく左右する。特にスマートフォンは、タッチパネルがスムーズに反応するかが重要だ。本記事では、2011年夏モデル17機種の動画をまとめた。(2011/9/13)

ホークスをテーマにしたカバーを作れる「ホークスカバコレ」
福岡ソフトバンクホークスをテーマにした「ホークスカバコレ」の販売が開始される。アプリとホーム画面のパッケージ「スマセレ」では「ホークスセレクト」が提供され、ユニフォームなどが当たるキャンペーンも実施される。(2011/9/12)

最新スマートフォン徹底比較(2011年夏モデル編):
第3回 通知ランプ、キーの操作性、端子類を比べる――Android18機種
Android18機種の違いをレビューする本コーナー。第3回では着信・通知ランプ、ディスプレイ下のキー、スリープとロック解除方法、各種端子の有無について調べた。(2011/9/12)

最新スマートフォン徹底比較(2011年夏モデル編):
第2回 内蔵メモリ、処理能力、通信速度、起動時間を比べる――Android18機種
アプリの保存に使う内蔵メモリ容量は? CPUの処理能力の高さは? 通信の実効速度はどれくらいか?――今回はスペック表には記載されていない項目について、編集部で調査・計測したデータを掲載する。(2011/9/7)

開発陣に聞く「006SH」「007SH」:
携帯電話の機能を求めている人に――“ジャパニーズスタンダード”を注入した「006SH」「007SH」
ソフトバンク向けに豊富なスマートフォンを供給しているシャープ。中でも代表的なモデルが、最先端のスペックを盛り込んだ「AQUOS PHONE 006SH」と、折りたたみスタイルを採用した「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」。これら2機種から、シャープのスマートフォン開発へのこだわりをひもとく。(2011/9/6)

最新スマートフォン徹底比較(2011年夏モデル編):
第1回 最強の全部入りは? 本当に“持ちやすい”機種は?――Android18機種を横並び比較
この夏は、過去最大数となる20以上のAndroid搭載スマートフォンが発表、発売された。これだけの数だと、どれを選ぶべきか悩ましい。比較レビューの第1回では基本スペックを総ざらいしたほか、「持ち心地」を比べてみた。(2011/8/26)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」を8月26日から販売
上質なデザインが特徴のソフトバンクのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」が、8月26日から販売される。(2011/8/24)

ソフトバンクBB、スマートフォンを“CanCam仕様”にできる「CanCamカバコレ」
ソフトバンクBBは、世界にひとつだけのデザインカバーをオーダーメードできる「カバコレ」にて、人気女性ファッション誌「CanCam」とコラボレーションした新サービス「CanCamカバコレ」を開始する。(2011/8/22)

ポケモンを使ったオリジナルiPhoneカバーが作成できる「Pokèmon×カバコレ」
ソフトバンクBBは、ポケモンを使った自分だけのスマートフォンカバーが作成できる「Pokèmon×カバコレ」を8月18日から開始する。iPhoneや003SHなど、ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け。(2011/8/11)

NMB48のオリジナルスマートフォンカバーが作成できる「カバコレNMB48」
ソフトバンクBBが、アイドルグループ「NMB48」のオリジナルスマートフォンカバーが作成できる新サービス「カバコレNMB48」を8月11日午前10時から開始する。抽選でメンバー直筆のクリスマスカードをプレゼントする期間限定キャンペーンも実施する。(2011/8/4)

「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」の“ここ”が知りたい:
第3回 カメラ機能の実力は? 3Dは楽しめる?――「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」
007SHには1610万画素CCDのカメラが搭載されている。スマートフォン向けカメラとしてはトップクラスのスペックだが、その実力やいかに。また3D撮影はどのように操作するのか。(2011/7/29)

準備はOK?:
AndroidのモバイルSuica、7月23日スタート キャリア毎で時間が異なる点に注意
おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンで、7月23日からモバイルSuicaが利用可能になる。ただしサービス開始時間はキャリアごとに異なる。(2011/7/22)

「AQUOS PHONE 006SH」「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」「Libero 003Z」のソフト更新開始
ソフトバンクモバイルは、「AQUOS PHONE 006SH」「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」と「Libero 003Z」のソフト更新を提供開始した。(2011/7/22)

AQUOS PHONE向け:
シャープ、リモコンアプリ「AQUOS Remote」を公開
シャープは、“AQUOS”「L5シリーズ」を操作できるリモコンアプリ「AQUOS Remote」を公開した。「AQUOS PHONE」ユーザーは無償でダウンロードできる。(2011/7/20)

“遠隔操作”でスマホの設定代行 1回2100円――OCNの新サービス
スマートフォンが幅広い層に広がりつつある中、設定方法が分からないといったトラブルも増えている。OCNでは、Android端末をPCにつないでもらうことでスマートフォンの各種設定を遠隔操作で代行するサービスを始める。(2011/7/20)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」を8月中旬以降に発売
ソフトバンクモバイルが8月中旬以降に、上質なデザインをウリにするシャープ製Android 2.3搭載スマートフォン「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」を発売する。(2011/7/19)

「ATOK for Android」の対応機種を追加、アップデート版も提供
ジャストシステムが「ATOK for Android」の対応機種を追加した。あわせて、アップデートも版の提供も開始した。(2011/7/15)

おすすめアプリとホーム画面をまとめて入手できる「スマセレ」に6つの新セレクト追加
ソフトバンクモバイルは、おすすめアプリとホーム画面をパッケージで提供する「スマセレ」に、6つのパッケージを7月中旬より順次追加する。(2011/7/7)

電子コミックストア「ソク読み」のAndroidサポートが大幅強化
デジタルカタパルトは、運営する電子コミックストア「ソク読み」のAndroidサポートを大幅強化した。(2011/7/4)

Windows Phone “Mango”にも対応:
ミルモと電通、デバイスやOSを問わないコンテンツ配信プラットフォームをリリース
ミルモと電通は、マルチOS、マルチデバイスが特徴のコンテンツ配信プラットフォーム「ROTA2U」をリリースした。DRMにはMSのPlayReadyを採用し、クラウドサービスの「Windows Azure」を利用した柔軟な運用が行える。(2011/7/1)

Android版モバイルSuica、対応機種は?
JR東日本は、7月23日よりサービス提供を開始するAndroid向け「モバイルSuica」について、対応機種を発表した。FeliCa搭載Android端末がすべて対応機種というわけではないため、注意が必要だ。(2011/6/30)

JR東日本、「モバイルSuica」対応スマホを発表
JR東日本は「モバイルSuica」に対応するAndroidスマートフォンを発表した。スマートフォン向けモバイルSuicaは7月23日にスタートする。(2011/6/30)

smart ways、スマホ夏モデル用のジャケットや無気泡/キズ修復液晶フィルムなどを発売
モバイルアクセサリブランド「smart ways」は、Xperia acroやMEDIAS WP、GALAXY S IIなどスマートフォンの2011年夏モデル向けアクセサリーの販売を開始した。(2011/6/29)

バブルフリー加工で気泡が入らない「気泡ゼロフィルム」全13モデル
エレコムは、バブルフリー加工を施すことで液晶画面への貼り付け時に気泡が入らないスマートフォン向け液晶保護フィルム「気泡ゼロフィルム」13製品を7月上旬に発売する。(2011/6/29)

ソフトバンクモバイル、「AQUOS PHONE 006SH」をアップデート
ソフトバンクのスマートフォン「AQUOS PHONE 006SH」の最新ソフトウェアが公開された。更新をすることで、一斉同報配信サービスをより確実に受信できるようになる。(2011/6/28)

「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」、新規契約の実質負担は2万8320円
シャープ製の折りたたみ型Androidスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」の新規一括価格は、都内量販店の場合で約8万円。新規契約の場合、2200円が月々割として適用されるため、実質負担額は2万8320円になる。(2011/6/24)

おサイフケータイでトクをする:
Androidでもおサイフケータイ対応機種が拡大中――キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイでも利用できる電子マネーやケータイクレジットサービスの、さまざまなキャンペーン情報をまとめて紹介する「おサイフケータイでトクをする」。おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンも増えており、改めておサイフケータイ向けのキャンペーン情報を整理しておこう。(2011/6/17)

13機種の動画を掲載:
動画で見るスマートフォン――2011年夏モデル(試作機)
ケータイの動作速度はカタログからは分からないが、使用する上で満足度を大きく左右する。特にスマートフォンは、タッチパネルがスムーズに反応するかが重要だ。本記事では、これまで掲載してきた夏モデル13機種の動画をまとめた。(2011/6/17)

ソフトバンク「AQUOS PHONE 006SH」 一括9万円強、実質3万円台後半から
ソフトバンクのスマートフォン「AQUOS PHONE 006SH」が店頭に並んだ。都内量販店では一括価格が9万720円、新規契約時の実質負担額が3万7920円と案内されていた。(2011/6/13)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(5月30日〜6月5日)
アイティメディアID会員向けサービスとして提供している、スマートフォンのブラウザに最適化した表示ページ「ITmedia スマートフォンビュー」をご存じだろうか。スマートフォンからのみ閲覧できるこのページのアクセスランキングを集計した。(2011/6/6)

動画で見るスマートフォン――「AQUOS PHONE 006SH」(試作機)
ケータイの動作速度はカタログからは分からないが、使用する上で満足度を大きく左右する。特にスマートフォンは、タッチパネルがスムーズに反応するかが重要だ。今回はソフトバンク夏モデルのフラッグシップモデル「AQUOS PHONE 006SH」の動画をお届けしよう。(2011/6/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。