ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「休職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「休職」に関する情報が集まったページです。

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
公益通報者が自殺――不正を暴く人が守られない「法の抜け穴」の深刻な大きさ
和歌山市で公金の不正支出を公益通報した職員が、その件で処分された職員と同じフロアで勤務をさせられたのち、自殺をしてしまう痛ましい事件が起こった。公益通報者は本来、公益通報者保護法で守られるはずだが「法の抜け穴」は深刻なほど大きい。不正を暴く人を守れない日本社会の問題点に迫る。(2024/5/24)

ペッパーフードサービスが奨学金代理返還制度を導入 全従業員の給与増額も
いきなり!ステーキなどを展開するペッパーフードサービスは5月15日、奨学金代理返還制度の導入と全従業員の給与増額を発表した。(2024/5/20)

十人十色な「キャリア安全性」:
自分のキャリアに「納得」するために必要なものは?
「この職場で働き続けることは、果たして自分にとって幸せなのか?」──と考えたことのある人も少なくないだろう。自分のキャリアに「納得感」を持つためには、何が必要なのか?(2024/5/17)

「必死でご飯食べてます」 病名不明で療養中の渡邊渚アナ、食欲減退で腰周り激ヤセに こぶし入るほどの“ぶかぶかズボン”へ「なんとかしたい!」
もともとスリムな体形だった渡邊アナ。(2024/4/26)

過度な理詰めに要注意……“ロジハラ上司”の3つの特徴
最近「ロジハラ」という言葉がビジネスの場で使われるようになっています。正論(ロジカル)を突き付けて相手を精神的に追い詰めることも、ハラスメントになりえます。今回の記事では事例をもとに「ロジハラかロジハラでないかの分岐点」「ロジハラに陥りやすい人の特徴とロジハラにならないための対処法」「企業としてロジハラにどう対応するか」について解説します。(2024/4/19)

キャリアニュース:
介護や治療と仕事の両立支援制度、取得促進を「何もしていない」が約4割
月刊総務が「育児や介護、治療と仕事の両立支援についての調査」の結果を発表した。「介護」と「治療」については、両立支援制度の通知や取得促進を約4割が「何もしていない」と回答した。(2024/4/18)

「虎に翼」、まさかのお笑い芸人が登場しトレンド入り 「裁判コントにしか見えない」「『LIFE』みたい」
まさかの。(2024/4/10)

「虎に翼」、朝ドラ受けでロケ地に注目「あの光景見覚えあるような」 一部では「元裁判所を裁判所としてロケ地に」の声
博多大吉さん「気になって、話が後半入ってこなかった」(2024/4/9)

「虎に翼」第8回、初めて法廷で傍聴する寅子 “結婚”にますます懐疑的に  
よねを尾行する寅子。(2024/4/9)

『サバエとヤッたら終わる』ドラマ化決定! “令和のグラビアクイーン”が理性ギリギリを攻める
濱田龍臣さんと沢口愛華さんW主演。(2024/4/9)

イメージ全然違う! 平祐奈、髪色が激変 「めっちゃ似合ってます」「素敵」と注目する声集まる
金髪もいい!(2024/4/8)

石川佳純、キャスターな近影に「桐谷美玲かと」「かすみちゃん美しい〜!」と注目集まる
フジテレビ系のパリ五輪SPキャスターに就任。(2024/4/8)

「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
明律大学女子部法科に入学した寅子。(2024/4/8)

「夫は無給の研究生。私も休職中」テレ朝・森川夕貴アナ、移住先の米シアトルでトラブル 「そりゃ信用がないわけで…」
「今のところてんやわんやの毎日」(2024/4/2)

【前編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠が「人事改革の失敗」から得た教訓 “働きやすい会社”を目指すのはやめて、どうしたのか
労働生産性を着実に向上させてきた伊藤忠商事。「働きやすい会社」を目指した人事制度改革の“失敗”を経て、現在はどのような戦略目標を掲げているのか。変革の裏側と、人的資本経営の真髄に迫る。(2024/3/25)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「食事はただのエサ」からの脱却へ、生涯10万時間を楽しむ方法
(2024/3/18)

学費を「全額」サポート メルカリが従業員の「大学院進学」にこだわる理由
メルカリは従業員の「大学院進学」を支援している。2022年から社会人博士支援制度「mercari R4D PhD Support Program」を導入している。(2024/3/12)

「リスキリング後進国ニッポン」で成功するために、必要な2つの戦略
国内でもさまざまなメディアがリスキリングを取り上げるようになりましたが、取組状況は諸外国に比べれば依然として遅れています。ビジネスパーソンが必ずしも勤務先に頼らず、効果的なリスキリングを行うには、どのようなことに気を付けるべきでしょうか。(2024/3/6)

株式会社ベネフィット・ワン提供ホワイトペーパー:
PR:テレワークの“潜在的な課題”と、それらを一括して解消するサービスとは
新型コロナウイルスの感染拡大以降、多くの企業がリモートワークを導入し、その働き方を体験した人の多くが今後も継続したいと考えている。しかし、企業視点で見るとリモートワークには課題もある。(2024/1/29)

どうして「男性育休者」の周囲ばかり“不満だらけ”なのか
(2024/1/23)

本田技研「生成AIを活用しない方がビジネス上のリスク」──日本MSはAzure導入“4倍増”で法人向け生成AIに手応え
日本マイクロソフトは12月13日、イベント「Microsoft Ignite Japan」を大阪で開催した。米国ワシントンで11月に行われたイベント「Microsoft Ignite」(以下、Ignite)の日本版で、Igniteで発表された生成AI関連の話題を日本向けにアレンジした内容となっていた。(2023/12/14)

病名不明で入院の渡邊渚アナ、動かせない手への“補助”に「はじめは躊躇」「自分の力でやれると抗って」 使用後に心境一変「前に進む為」
「自分が少しでも楽に暮らすためのグッズ。頼っていいじゃない!」(2023/12/12)

リスキリング「未実施」企業は7割 人材育成の課題とは?
リスキリングを組織的に推進できていると回答した企業は4社に1社にとどまったことが、マンパワーグループ (東京都港区)と「HR総研」を運営するProFuture(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。企業は人材育成にどのような課題を抱いているのか。(2023/11/29)

病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
早く良くなってほしい。(2023/11/26)

【マンガ】不登校の生徒が万引きする姿を目撃→“天然すぎる熱血教師”が取った行動とは…… 『3年C組鬼瓦先生』が理想の教師像と話題に
みんな笑顔になっちゃう。(2023/11/28)

病名不明で入院の渡邊渚、3カ月ぶりSNS更新で「表情に違和感」「そこまで酷い状況とは」 ベッド上で「人生をやり直すこともできません」
「最近やっとスマホを片手で持てるだけの力が出てきました」。(2023/10/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
きちんと休むことが、「高度な技術」であることを多くの人は知らない
「本当の休みをとる」とはどういうことなのか。疲れているのに、上手に休めない。その理由は何だろうか。(2023/10/19)

動きが遅く元気がない子犬を慌てて病院へ連れて行ったら…… 飼い主ズッコケの診断名に笑い「気を引くことに長けた犬でした」
「ペットロスとの寄り添い方」第18回は犬・塁くんです。(2023/10/13)

病院まであと10分、体調を崩した子猫が力いっぱい声で鳴いて…… 迎えた矢先に難病が発覚した人懐こい子猫の闘病記
「ペットロスとの寄り添い方」第17回は猫・トシくんです。(2023/9/29)

優秀な若手ほど「不安で憂鬱」なワケ 早期離職を食い止めるカギは
(2023/9/19)

新進気鋭クリエイターの鼎談:
『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』編集者が明かす 「現場を知らない上司」に企画を通す方法
日本の最前線を行くヒットメーカーたちにも、一会社員として上司との付き合いに悩める日々もあるようだ。ヒット作の生み出し方から上司の説得の仕方まで、一流の仕事人の方法論に迫る。(2023/9/16)

うつ病で休職中の夫に、元保護猫が寄り添い…… 寝ているときは必ず隣にいてくれた優しさに心が震える
「ペットロスとの寄り添い方」第16回は猫・ばんとくんです。(2023/9/15)

96%が「お金を使わない生活を意識」、なぜ?
お金を使わない生活を意識している人は、どのくらいいるのか。全国の男女に聞いた。(2023/9/5)

“無職VTuberの1日”のグラフが無職あるあるで人気に 「酷暑で時間も溶ける」「同じ現象がこちらでもおきております」
気付けば夜。(2023/8/10)

「人格を矯正します」 映像作家、“すべての表立った活動”を中止へ
多摩美術大学が金子さんの年度末での准教授退任を発表しました。(2023/8/9)

「テクノロジーとユーザーをつなぐ」を合言葉に:
PR:ハイブリッドワークの困り事も解決 PCのプロが提案するライフサイクルマネジメントの威力
Windows 10のサポート終了をにらみ、Windows 11搭載PCへの移行を検討する企業が増えている。ハイブリッドワークへの移行も増える中、新しい働き方に合ったPCをどう選ぶべきか。セキュリティや運用、保守における情報システム部門の負担を軽減しつつ効果的なIT投資を実現するための選択肢とは。(2023/7/6)

Q&A これって違法ですか?:
「育休社員の分も働いているんだから給料を上げてくれ」 会社に求められる対応は?
産休・育休で社員が欠けている部のメンバーから「休んでいる社員の分多く働いているんだから給料を増やしてほしい」と言われました。こういう時、会社としてどういった対応をするべきなのでしょうか?(2023/7/6)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
カスハラ防止に“革命”も! エッジAIマイク×ChatGPTが描く未来の接客
暴言、理不尽なクレーム、威嚇や脅迫まがいの言動など、顧客や取引先による接客時の迷惑行為「カスタマーハラスメント」。こうした課題は、エッジAIによって解決の糸口が見える可能性がある。と筆者は話す。(2023/6/29)

東映「相棒」「仮面ライダー」元社員がセクハラ問題で労災申請 60代スタッフが「会いたいです」など執拗な連絡
東映グループでのセクハラ問題には前例がある。(2023/6/22)

「育児中社員のフォロー限界で辞職」に、企業はどう対応すべきだったのか
4月「育児中社員の仕事巻き取るの限界すぎて会社を辞めた」という匿名のブログが話題になった。育休を取る社員には周囲のフォローが欠かせない。フォローに回る同僚を疲弊させないために、企業はどのような手立てを取るべきなのか。(2023/6/16)

働き方の「今」を知る:
「謝り続けた」「上司は取り合ってくれない」──危険なカスハラ対応が招くもの
悪質なクレーマーによるカスタマーハラスメント(カスハラ)に悩む企業が後を絶たない。「お客さまは神様」という意識が浸透するあまり見過ごされてきたカスハラだが、放置すると大きなリスクをはらむことになる。その理由はというと……。(2023/6/15)

子猫を拾った高校生娘、「家を傷つけるから」大反対の母を“来客作戦”で丸めこみ…… アクシデントてんこ盛りな思い出にほっこり
「ペットロスとの寄り添い方」第10回は猫・蔵之介くんです。(2023/6/9)

製造マネジメントニュース:
男性従業員の育児休職の目標を「15日以上の取得率100%」に引き上げ
日本触媒は、男性従業員の育児休職に関する2024年度末までの目標を「15日以上の取得率100%」に引き上げた。業務の状況などに左右されず、対象者全員が育児休職を取得できる社内風土の醸成や体制の構築を図る。(2023/5/25)

自己表現、より多彩に:
金髪やグリーン、レッドも スタバ、髪色ルール緩和から2年 職場に起きた変化とは?
コーヒーチェーン大手のスターバックスが、従業員の髪色や服装ルールを大幅に緩和してから約2年が経過した。これまでは黒や暗い茶色などに指定されていたヘアカラーの選択肢を大幅に増やし、デニムや一部帽子も着用できるようにするなど、従業員の多様な自己表現を広く認める方向に舵を切った。この間、職場環境や従業員の心境に、どのような変化がもたらされたのか。(2023/5/26)

入社後すぐにメンタルを崩し、休職→退職に 新卒が辞めない会社はどう作る?
入社したての社員が環境にうまく適応できず、1年以内に休職し、退職してしまったとしたらどうでしょうか? 採用コストがそのまま無駄になってしまいます。休職者がそのまま退職という線選択をしてしまわないようにするためにはどうすればいいか、社会保険労務士の立場から解説します。(2023/5/25)

3カ月に1回発生:
暴言に耐えかね「退職」も freeeの「カスハラ対策方針」が悪質クレームに示したこと
freeeは2月、不当・悪質なクレームについての対応方針を明らかにした。2022年夏にかかってきた脅迫電話がきっかけだったという。カスタマハラスメントによって休職・退職者が出るなど不利益を被ることが続き、対応方針公開に至った。それに至るプロセスや公開による反響などを取材した。(2023/5/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
約3割が経験、深刻な“五月病退職”──社員を救えない企業に「足りないこと」は?
毎年多くの人が悩む五月病。働く人の半数以上が1度は五月病を経験しており、放置しておくと休職や退職にもつながってしまいます。五月病から早く立ち直れる社員とそうでない社員は、何が違うのでしょうか。また、社員を救えない企業に足りないこととは?(2023/5/12)

1000人に聞いた:
五月病で休職、3割が経験 20代が最も多い理由は?
ソフトバンクの子会社であるヘルスケアテクノロジーズ(東京都港区)は、全国の20〜50代を対象に「五月病に関する意識調査」を実施した。五月病が原因で休職をしたことがある人は3割程で、20代では4割近いことが分かった。(2023/3/31)

管理職にこそ「働き方改革」を:
「部下に残業させられない」と犠牲に──しわ寄せを受ける管理職のため、会社がすべき2つのこと
「俺が法律の犠牲になりそうだよ」と頭を抱えるAさん。コンサルタント会社でマネージャーをしているAさんには、「働き方改革」にしわ寄せがきていたのです。(2023/3/30)

日テレ・岩本アナ、電撃結婚の先輩・水卜アナを祝福 “4姉妹”ショットに「笑顔が連鎖していますね」
みんないい笑顔!(2023/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。