ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「休職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「休職」に関する情報が集まったページです。

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

知人紹介の“リファラル採用”は会社全体のパフォーマンスに好影響 理由は?
自社の社員から友人や知人などを紹介してもらう「リファラル採用」は、組織パフォーマンスの向上につながる――「リファラル採用研究所」とビジネスリサーチラボによる共同研究結果が発表され、こうした結果が判明した。(2021/11/22)

看護師さん「おかあさん、お疲れさまでした!」 子どもの予防接種をすべて終えた母の漫画に涙
あんなこと、こんなこと、ありました。(2021/10/31)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(4):
キャリアを大きく変えた一本の電話
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第4回は、筆者がコンサルティングの英才教育を受けるチームへの参加を決めたときのいきさつを紹介する。(2021/10/27)

日本発の音声サービスで世界を変える うつむきスマホの生活スタイルにさよなら Voicy・緒方憲太郎CEO
ミュージシャンや文化人、ビジネスの専門家といったパーソナリティーが、スマートフォンで“声のブログ”を配信する「Voicy」が急成長している。GAFAをはじめとする巨大IT企業も相次いで参入している音声にはどんな可能性があるのか聞いてみた。(2021/10/15)

子どもを産むと、ワンコへの愛情は消えてしまうの? 出産前後の愛犬への気持ちを描いた漫画に共感
休むことで見えてくるものもある。(2021/9/28)

HuaweiのCFOを釈放 カナダ裁判所 司法取引成立
米ニューヨークの連邦地裁は24日、米司法省と中国通信機器大手、Huawei副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟(もう・ばんしゅう)被告の司法取引成立を認めた。同省の要請でカナダ当局が拘束し詐欺などの罪で起訴された孟被告は、2022年末まで合意の条件を守れば起訴猶予となる。カナダから米国へ身柄を引き渡す要求は取り下げられ、カナダの裁判所は孟氏の釈放を決定した。(2021/9/27)

「ぼくはうつになった」 うつ病になり復職したゲーム会社のデザイナーの体験談漫画「ぼくのうつやすみ」に反響
復職するまでをつづっています。(2021/9/13)

「派手髪、楽しくて最高では……」 思い切って金髪ベリーショートにしたら良いことしか起きなかった漫画が「すてきすぎる」と大反響
今すぐ美容院に行きたくなりました。(2021/9/14)

社員の病と人事:
「働き続ける」か「療養に専念」か 病のある社員を“両輪”で支援する、日本オラクルの人事制度
日本オラクルでは、病のある社員への支援をきめ細かく行っている。どのような制度なのか。(2021/9/16)

USJがクルーのドレスコード一部改訂 ボディピアス、タトゥーは制服に隠れる場所なら可
多様性推進の一環。(2021/9/2)

【漫画】5歳息子「ママが頑張っていること、知っているよ」 慣れない海外生活とコロナ禍で悩むママが“宝物”をもらった話
とてもやさしいプレゼント。(2021/8/28)

【がんに気付くまで】いつもよりツラい生理「気が付くと床に倒れていました」 “生理中の失神”で子宮体がんが発覚した……というお話
3年前にがんが見つかって治療→現在は普通に仕事、生活しているという方の体験談。(2021/9/21)

今日からできる組織改善のススメ:
「誰の心にも響かないエンゲージメント向上策」を生まないために、人事ができること
コロナ禍をきっかけに、エンゲージメントサーベイを活用する企業が増えた。しかし、サーベイ結果により組織の問題点が分かっても、適切な解決策につなげられない場合が多い。効果の高いエンゲージメント向上施策を行うためにはどうしたらいいのだろうか? 3つのポイントを紹介する。(2021/8/18)

【漫画】1歳娘が誤飲したのは一見無害な小さなものだった…… ペットボトルフィルムを誤飲させてしまった話がもしもの時の参考になる
子どもにとって危険なのは、たばこやボタン電池、薬だけじゃない。(2021/8/16)

調査データから理由を探る:
権利であるはずの「無期雇用への転換」を、多くの有期雇用労働者が希望しないワケ
働き手の権利の一つ、「無期転換ルール」。一見すると有期雇用より無期雇用の方が恵まれているようにも思えるが、このルールを希望する人は意外に少ない。なぜなのか?(2021/8/12)

保険会社ならではの制度も:
がん罹患社員に、健康な社員が積み立てた休暇を“プレゼント” ライフネット生命が「一風変わった休暇制度」を作る訳
がんなど重い病気に罹患した社員に、健康な社員たちが積み立てた休暇を“プレゼント”できる独自の社内制度を持つライフネット生命(東京都千代田区)。このほか、一風変わった休暇のメニューとは?(2021/7/29)

逃げた方法は?:
「仕事から逃げたいなあ」と思った瞬間ランキング
ビズヒッツは、仕事から逃げたくなったことがある男女500人を対象に調査を実施。どんなときに仕事から逃げたくなるのか、また実際に逃げたことがあるか聞いた。(2021/7/28)

コロナワクチン接種、自治体の8割が11月までに完了か JX通信社調べ
報道ベンチャーのJX通信社が新型コロナワクチンの接種を希望する住民への接種について、11月までに完了すると回答した自治体が約8割に上ったとする調査結果を発表した。(2021/7/27)

5歳息子に「将来の一人暮らし」について聞いてみると、思わぬ言葉が…… 子どもの成長を思う親心を描いた漫画に「うるっときました」の声
やがてくる日のことを思わずにいられない。(2021/7/15)

最長2年、勉学のために休職できる 社員の学び直しを支援する、ヤフーの人事制度
社会人が高等教育機関で学ぶ1つの足かせになっているのは、学びというものに対する会社、特に現場の上司らの無理解である。会社として全面的に社員の学びを支援しているのが、ヤフーだ。(2021/7/15)

育児が辛くて何度も泣いたけど…… 「親にしてくれてありがとう」と子への愛と感謝をつづる漫画があたたかい
愛にあふれています。(2021/7/14)

【漫画】ママが勇気を出して、子どもたちに体調不良を打ち明けてみると…… ママの代わりに弟を見てくれた兄の優しさに涙
やさしい子に育っています。(2021/7/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
トヨタは「人間の顔をした会社」に変われるか? 「パワハラ再発防止策」を読み解く
2017年、トヨタ自動車で男性社員が上司のパワハラにより自殺に追い込まれる事件があった。これを受けトヨタは「再発防止策」を発表し、「風通しの良い職場風土を築くよう努力を続ける」とコメントした。この再発防止策を読み解きながら、トヨタの取り組みが今後の手本になりうるか──期待できる点や欠けている点を考える。(2021/6/25)

新たな可能性、「プロフェッショナル派遣」は日本を救えるか?
日本の終身雇用制度は数年前から崩れ始めている。市場変化の激しい今、正社員のみでは、社内の改革やイレギュラーな事象に対応できない。では、どうするべきか。筆者は「プロフェッショナル派遣」を解決策の一つと見ていて……。(2021/6/11)

ヤフー、不妊治療で1年まで休職可能に 男性・未婚もOK
ヤフーは、不妊治療のために最長1年間、無給で休職できる制度を導入した。性別や既婚・未婚にかかわらず取得できるという。(2021/6/2)

学び直し:
留学・通学のために時短・休職も可能、パーソルキャリアの「FLASH」制度
パーソルキャリアは2016年から、社員が働く日数・時間・場所・休業/休職を選択できる制度「FLASH」を導入している。具体的には、どんな仕組みなのか。(2021/5/17)

報酬体系・評価手法は?:
「米国型の血の通わないドライな制度」なのか オリンパスも導入する「ジョブ型雇用」への誤解とは
オリンパスが2019年4月から1800人いる管理職に対し、ジョブ型の人事制度を先行導入した。同社ヒューマンリソーシズヘッド(人事・総務担当)の大月氏は「日本の人々は、ジョブ型人事について誤解している部分がある」と力説する。どういう誤解だろうか。(2021/4/16)

NJSの事例:
70歳定年を導入「ベテランのやる気を高める」企業 等級・報酬をどのように設定したのか
NJSは2019年4月から「70歳定年制」を導入している。その背景や導入経緯、実際の制度をうかがいながら、シニア社員を活用する際に人事担当者が心得ておくべき点やスムーズな導入につながるコツを探っていこう。(2021/4/15)

“2歳の息子へ、この日々があなたの人生の土台になりますように” 母の祈りを描いた漫画に「泣きました」の声
じんわりきます。(2021/4/5)

4人目を妊娠中、家族で買い物していたら…… たくさんの人のサポートで“買い物中に出産した”漫画があたたかい
人の優しさを感じます。(2021/4/2)

3歳の息子が、突然哲学者に……? 子どもの“深すぎる言葉”に戸惑う母親の漫画がシュール
子どもの世界はフリーダム。(2021/3/30)

4歳娘「かあちゃんズボン履いてない、ダメでちょ!」→あなた、ほぼ裸…… 娘の理不尽な怒りを受ける母の漫画
育児はたたかいだ。(2021/3/29)

外ではお利口な赤ちゃんが、鼻で「フッ」と笑う理由は…… 大物感ただよう赤ちゃんの漫画が面白い
おうちでは、ちゃんと赤さんっぷりを発揮してますよ。(2021/3/27)

真夜中に地震→夫の無意識な行動に胸キュン……! 妻と子を守ろうとする夫を描いた漫画に「ほれてまうやろ」の声
ほれてまうやろー!(2021/3/20)

駐車が苦手なママが困っていると、救世主があらわれて…… 心あたたまるエピソード漫画に「ほっこりしました」の声
ほっこりします。(2021/3/19)

【漫画】「赤ちゃんを守れるのはあなたしかいない」 妊娠で休職した時に上司がかけてくれた言葉に「涙がでました」の声
力強くもやさしい言葉。(2021/3/16)

結局、2月24日に:
妻への暴行容疑で「休職」していた原田泳幸氏、ゴンチャジャパンを「一身上の都合」で辞任
妻への暴行容疑で逮捕された原田泳幸氏。ゴンチャジャパンは原田氏が代表取締役会長兼社長兼CEOを辞任したと発表した。グローバルシニアリーダーシップのチームメンバーも辞任した。(2021/2/25)

人事施策のよくある誤解と失敗例(2):
「昇格機会は多い方がいい」「優秀な現場でOJT」──なぜ失敗? 良かれと思った人事施策の落し穴
あらゆる人事施策には、メリットとデメリットがあります。他社にとっては良い施策でも、自社で導入してみると合わなかったということも起こり得ます。今回は、等級・役職に対する「昇給機会は多い方が良い」という誤解と、OJTに対する「優秀なプレイヤーの背中を見て学ぶのが良い」という誤解について、事例をもとに原因と対策をお伝えします。(2021/2/25)

谷村有美、夫の逮捕で配信番組を中止に 「ほんの少しだけ、お時間をいただくわがままをお許し頂けますと幸いです」
2002年に結婚。(2021/2/9)

おわびも:
暴行容疑の原田泳幸氏は「調査が完了するまで休職」 ゴンチャジャパンが発表
ゴンチャジャパンの会長兼社長兼CEOである原田泳幸氏が暴行容疑で逮捕されたとの報道があった。同社は一連の報道を受けて声明文を発表した。(2021/2/8)

消費のトレンドが変化 コロナ第一波と現在の第三波は何が違うのか
2020年の消費動向をまとめたナウキャストの「JCB消費NOW」のデータによると、コロナ第一波で大きく消費が落ち込んだ5-6月と、11月以降の第三波では、消費の傾向が違ってきている。(2021/1/27)

告発された「パワハラ」の実態:
【独自】ワタミ「ブラック企業に逆戻り」騒動 内部取材で明らかになった、衝撃のウラ話を暴露する
「ワタミの宅食」で起こった残業代未払い問題。それだけでなく資料改ざんやパワハラなど、「やっぱりワタミはまだブラックだったのか?」と思わせるような実情が告発された。本当にワタミはブラック企業へ回帰したのか。内部取材を敢行すると、思わぬ事情が見えてきた。(2020/11/5)

Amazon.com、ホリデーシーズンに備え米国で10万人を臨時雇用
Amazon.comがホリデーシーズンに備え、米国で10万人を臨時雇用すると発表した。(2020/10/28)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
ワタミ、ロイヤルHD、サイゼリヤ……外食チェーンが軒並み大赤字に転落 業態転換など急ぐ
酒屋など外食チェーン大手の「ワタミ」は、居酒屋から焼肉店への大々的な業態転換を打ち出した。ロイヤルHDや牛丼チェーン大手の吉野家HD、サイゼリヤなどの決算状況から今後の生き残り策を検討する。(2020/10/28)

大型機を大幅削減へ:
「ビジネス需要は戻らない」 5100億円赤字見通しのANAホールディングス、コスト削減と新需要獲得へ
ANAホールディングスが発表した2021年3月期の連結業績予想は、過去最大の5100億円の最終赤字となる見通しだ。危機を乗り切るための事業構造改革では、機材の削減などによる大幅なコスト削減を図る。「強靭な企業グループに生まれ変わる」ための施策を急ぐ。(2020/10/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ワタミは違法残業、勤務記録改ざんも…… 問題企業のトップが見ていない、過重労働の現実
ワタミが宅食事業のグループ会社で残業代未払いがあったとして是正勧告を受けた。勤務記録の改ざんもあったという。同社は労働環境の改善に努めていたはず。組織のトップと従業員たちに断絶があったのではないか。残業は単なるカネの問題ではなく、命の問題だ。(2020/10/9)

コロナ感染拡大で業務増え:
病休の9割が精神疾患 沖縄県の職員
2019年度にうつ病などの精神性疾患で休職した沖縄県職員は31人で、全病気休職者の91.1%を占めたことが分かった。(2020/10/8)

グループウェアとテレワークを活用:
PR:社員の能力をフルに引き出す環境づくりを徐々に進めるゼブラの歩み
文房具大国の日本で独創的な製品を生み出し続けているゼブラにとっての課題は、社員の能力をいかにフルに引き出すかだ。ゼブラはその実現に向け、グループウェアやテレワーク環境の活用を進めている。(2020/8/31)

専門家のイロメガネ:
東京女子医大で起きた看護師400人の退職危機は「コロナ不況」の先取りである
東京女子医大で看護師400人が一斉退職希望という異例の事態が起こった。6月に病院側が突きつけたボーナス全額カットが、その要因だとされている。しかし大量退職危機は、決して「ボーナスゼロ」だけが原因ではない。(2020/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。