ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学歴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学歴」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

学費無料のエンジニア養成学校「42」が日本上陸 講義なし、学生が互いにコードレビュー 運営はDMM
DMM.comが、ITエンジニアの養成学校「42 Tokyo」を東京・六本木に設立。学費が無料で、校舎を24時間365日利用できる。講義は行わず、学期や卒業の概念もない。学校側は課題のみ提供し、学生はお互いにコードをレビューしながら成長を目指す。(2019/11/13)

発達障害者を企業の中心で活躍する“AI・データサイエンスのプロ”に パーソルが就労支援施設を秋葉原にオープン
パーソルチャレンジが、IT分野に特化した就労支援施設「Neuro Dive」開設した。発達障害者に先端IT領域の教育や就職あっせんの機会を提供し、先端IT人材不足の解消を目指す。(2019/11/1)

キャリアニュース:
仕事に関する学びの実態――労働時間の短縮は必ずしも学びにつながらない
リクルートマネジメントソリューションズが「職場での個人の学びに関する実態調査」の結果を発表した。「過去1年で仕事に直結する新しい学びがあった」と59.7%が回答し、労働時間が最も多いグループが多くを学んでいることが分かった。(2019/10/31)

2019年春入社の新入社員、初任給はいくら?
2019年春入社の新入社員は、初任給をどのくらいもらっているのだろうか。経団連または東京経営者協会に加盟している企業に聞いたところ……。(2019/10/30)

人気の強制「修羅場」道場に密着【後編】:
ANA常務に聞く人材育成競争の“死角”とは――「ダイバーシティを目的化しない」
ANAで人事の責任者を務める常務の國分裕之氏に、社外の人材育成プログラムに参加した狙いを深堀りすると共に、現在の働き方改革をどのように捉え、ANAの人事や採用にどんな課題があるのか、いかにして乗り越えようとしているのかをインタビューした。(2019/10/30)

キャリアニュース:
転職コンサルタントの6割が「応募書類を改善すべきミドル層が多い」
ミドルの転職が「職務経歴書、履歴書のポイント」についての調査結果を発表した。転職コンサルタントの61%が「応募書類を改善すべきミドルが多い」と回答。また、応募書類の作成でやりがちな失敗の1位は「仕事の成果に具体性がない」だった。(2019/10/18)

収入は? 学歴は? 推定された自分の属性や関心を確認できる「Googleの広告設定」が話題に
ユーザー自身の属性や興味関心を確認できる、Googleの広告設定がTwitterで話題になっている。(2019/10/3)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(5):
機械学習の精度を左右する「データ加工」の基礎知識――「攻めのデータ加工」=「特徴量エンジニアリング」編
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。前回から2回に分けて「データ加工」の手法を紹介します。今回は「攻めのデータ加工」です。(2019/10/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「セクシー大臣」を騒ぎ立てる“ジジイの壁” 失われる日本の競争力
小泉進次郎環境相の「セクシー」発言が話題になったが、そんなことを言っている場合ではない。かつてリーダー的立場だった「地球温暖化対策」で、日本は世界から取り残されている。“前例主義”から抜け出さないと、日本の競争力はどんどん失われていく。(2019/9/27)

パンテーン、「令和の就活ヘアをもっと自由に」広告キャンペーンを展開 令和初の内定式に向け
賛同企業の人事担当者からのコメントも。(2019/9/23)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「来なくていい」と言われても不安? 台風があぶり出す“会社員という病”
大きな被害を出した台風15号。駅に詰めかけた人たちが長蛇の列を作り、混乱が続いた。これを変えるには、働く人たちの意識の問題も大きい。世の中の仕事の多くは「不要不急」。会社員としてではなく、人として「出社しない」判断ができる社会であるべきだ。(2019/9/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
繰り返される「のぞき見採用」 リクナビ問題に透ける新卒採用の“勘違い”
「リクナビ」の内定辞退率予測データを巡る問題が広がりを見せている。採用側のコミュニケーション能力が貧弱だと感じる事例が毎年のように繰り返されている。学生にとって「就職先を志願する」ことは重い。採用側の姿勢を見直すことが必要だ。(2019/8/23)

「誰もが知っているこわい話」の共通点とは? “こわい話”を解剖する
こわい話を解剖すると、もっとこわいものが出てくるかも。(2019/8/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
月13万円で生活できるか 賃金を上げられない日本企業が陥る悪循環
米フォードの創業者はかつて賃金を上げて生産性を高めた。現代の日本では、海外と比べて最低賃金は低いまま。普通の生活も困難な最低賃金レベルでの働き手は増えている。従業員が持つ「人の力」を最大限に活用するための賃金の適正化が急務だ。(2019/8/9)

知の賢人・田坂広志が語る仕事術【後編】:
田坂広志が語る「“AI失業”しないために磨くべき能力」――学歴よりも体験歴の時代に
ダボス会議のGlobal Agenda Councilメンバーを務めた田坂広志に聞く「AI時代に活躍するために必要な能力と、その磨き方」――。(2019/8/7)

専門家のイロメガネ:
中国で受け入れられた信用スコアは、なぜ日本で炎上するのか?
筆者の育った中国では、スコアリングが当たり前のように行われ、多くの人がそれを受け入れている。そこで先行してうまくいっている中国の事例を紹介し、日本はどのような対応をすべきか考えてみたい。(2019/7/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
吉本、かんぽの炎上会見に見る「組織の病巣」 なぜ“上下断絶”が生まれるか
かんぽ生命の不正事件、吉本興業の闇営業問題と、企業のトップによる会見が相次いで批判を浴びている。“えらい人”たちの発言はなぜ不誠実なのか。そこには、権力に酔いしれたトップと、その下にいる人たちとの大きな断絶がある。(2019/7/26)

「男は男を救わない。だから女との恋愛で救われたいが、救われない」という考え方に、うーむとうなって迷路にハマってしまった話
うーむ……。(2019/7/21)

ひろゆきの仕事哲学【中編】:
ひろゆきが斬る「ここがマズいよ働き方改革!」――「年収2000万円以下の会社員」が目指すべきこと
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。中編のテーマは「働き方」――。(2019/7/19)

ひろゆきの仕事哲学【前編】:
【独占】ひろゆきが語る「“天才”と“狂気”を分けるもの」
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。前編のテーマは「“天才”と“狂気”を分けるもの」――。(2019/7/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“新リストラ時代”の肩たたきツール? 「適性検査」に潜む魔物
金融や製造などの大手企業で、大規模な早期退職や転籍などが広がっている。新手のリストラ策として使われるツールの一つが「適性検査」だ。適性を見極めて転職するのは良いことのように見えるが、「適性がある=いい仕事ができる」わけではない。なぜかというと……(2019/7/12)

中卒・独学・命懸け:
アフリカの少数民族を撮り続ける写真家・ヨシダナギが問う「自我無き日本人」
アフリカ人への強烈な憧れを抱き続け、少数民族を撮り続ける1人の女性写真家がいる。服を身にまとわずに暮らす少数民族の村で、現地の女性と同じ姿になることによって「唯一無二」の写真を生み出してきたヨシダナギさんだ。学歴は中卒、写真も独学。治安の決して良くはないアフリカに飛び込んで写真を撮り続ける彼女のモチベーションはどこにあるのか?(2019/7/3)

付き合い方:
人事部は、AIによって消滅するか?
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。それは、OSが違えば、アプリが動作しないのと同じである。欧米の真似でもない、うまくいっている会社の真似でもない、日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方や施策について思索・指南する。(2019/7/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「がんになりました」――そのとき会社は? 中京テレビが示した一つの“答え”
中京テレビが放送した、アナウンサーの「乳がん闘病記」。「抗がん剤治療をしながらキャスターを続けたい」と希望した社員に対し、会社はどのように対応したのか。“病と生きる時代”に、治療と仕事を両立させる意義とは?(2019/6/28)

AIによる差別増幅防げ G20サミットに向け提言
AIは過去の判断に学ぶため採用されにくかった人を不適とみなし、「女性差別」や「人種差別」を引き起こす危険性がある。G20に向け、20カ国の女性らによる国際団体「W20」がAIによる差別の増幅を防止するよう求める提言を発表した。(2019/6/27)

『週刊ビッグコミックスピリッツ』史上初、漫画編集者の公募企画スタート
漫画業界が気になってる人に朗報。(2019/6/24)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
ネット炎上の秘孔を突かないために
ネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏が、「正義感の強い人たち」を反応させてしまう炎上の構造について解説します。(2019/6/20)

小田桐あさぎさんに聞く:
仕事も育児も「嫌なことはやらない」 女性起業家が語る、女性“無理ゲー”時代の攻略法
仕事、結婚、育児――女性にとっての“無理ゲー”時代を生き抜く方法は? 「嫌なこと全部やめたらすごかった」の著者、小田桐あさぎさんに聞いた。(2019/6/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パタハラ回避で50代が転勤? カネカ騒動が示した“辞令と家族”のリアル
カネカの「パタハラ」騒動は、SNSに書き込んだ側も炎上するなど、さまざまな見方が出ている。一方、本来は個人の成長にもつながる「転勤」がネガティブに捉えられた。育児だけでなく「介護」とも密接に関わる転勤。そのメリットを生かす経営が求められる。(2019/6/14)

「ゲームに負けた平成」から“令和の逆襲”へ:
【独占】「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来
ミニ四駆の生みの親、タミヤの田宮俊作社長に、プラモデルの現状、そして令和時代を迎えた今後の在り方について語ってもらった――。(2019/6/7)

Books&Apps:
定年後、あなたも「孤立老人」に陥るかもしれない深いワケ
いつのまにか妻や子供、兄弟姉妹からも“相手にされない人”になっていたとしたら……。定年後、孤独に涙する寂しい老人にならないためにできることとは。(2019/6/5)

岐路に立つ日本社会:
“移民”解禁で仕事を奪われる「プアー・ジャパニーズ」は出現するか
4月から外国人労働力の受け入れが拡大。事実上の“移民解禁”とも言える流れに。将来、日本人の仕事が奪われることになる?(2019/5/29)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
天才ギレン・ザビの失敗から学ぶ 宇宙世紀で生き残れる意外な“スキル”とは
宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?(2019/5/29)

Books&Apps:
「なぜか他人を怒らせてしまう人」のための自己防衛術
無意識に人に不愉快な思いをさせたり、怒らせたりしてしまったり……。そんな経験のある人は少なくないはず。人を怒らせることなく、円滑なコミュニケーションを図るための4つのワザとは?(2019/5/25)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「月28日勤務」「危険な環境」 東京五輪の建設現場に根付く“恐怖の文化”
2020年東京五輪の競技会場などの建設現場における「過酷な労働環境」を指摘する報告書が公表された。そこに記された「culture of fear(恐怖の文化)」という言葉が象徴するように、日本では非人間的な働き方が“当たり前”になっているのではないか。(2019/5/24)

新卒無職:
SNSアプリ制作→赤字、iOSアプリ制作で起業→もうからない――プロダクト開発に心血を注いだエンジニアの「うまくいかなかった」経験の評価
就職活動もアプリ作りもうまくいかず、それでも開発経験を買われてソーシャルゲーム開発会社に入社できた。自主制作アプリの事業化はうまくいかなかったが、今は名刺アプリ「Eight」iOS版のエンジニアリングマネジャー。人生はどこからでも軌道修正できるんだ。(2019/5/23)

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【中編】:
世界最強の政党「中国共産党」の実像――14億人を支配する7人
中国はいかにして「S級国家」へとのし上がったのか? 中編では「中国共産党」の権力構造に迫る。(2019/5/21)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

太っているね:
恋人はいるの? 面接時に不適切な質問を受けた人は14.5%
採用試験の面接で、不適切だと思う質問や発言をされたことがある人は、どのくらいいるのだろうか。この質問に対し、「ある」と答えたのは14.5%。連合調べ。(2019/5/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ日本人は「労働の奴隷」に? 新時代の働き方のヒント
日本のものづくりが世界に後れを取り、生産性が下がっているのは、私たちの働き方に「遊び」がなくなったからだ。江戸時代の職人たちは人間らしい働き方をしていたのに、なぜ現代の働く人たちは「労働の奴隷」になってしまったのだろうか。(2019/5/10)

新卒採用は売り手市場だが・・・:
19年度新卒入社の初任給、東証1部企業は据え置き傾向
労務行政研究所が2019年度新入社員の初任給調査の結果を発表した。東証1部上場企業241社のうち、全学歴の初任給を引き上げた企業は35.7%だった。(2019/5/8)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

東大卒の父親に見下されてきた19歳女性が周囲の友達を「あの子はバカだ」と見下す 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
上野千鶴子の祝辞は、彼女にこそ聞いてもらいたかった。(2019/4/15)

束田光陽の不動産投資の教室:
不動産投資の、金利を下げる3つの方法
不動産投資のポイントは融資を使って利益を増幅させることでした。融資では金利が違うと支払額が大きく変わってきます。この金利、どうやって決まるのでしょう? ファイナンシャルアカデミーで不動産授業を担当する束田光陽先生にポイントを聞きました。(2019/4/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「隠すことは何もない」? ネットの“のぞき見”、鈍感さに潜む危険
タクシーの配車アプリなど、ネット上のプライバシー問題が注目されている。この問題について「隠すことは何もないから気にしない」という主張が根強くあるが、本当にそれでいいのか。自分の情報を“見られる”ことの本当の問題とは?(2019/3/28)

「動物をモノのように扱って捨てる国に住んでるけどどない思てる〜?」 沖縄の海で“せやろがいおじさん”が叫ぶ動画がいろいろ考えさせられる
ユーチューバーのせやろがいおじさんが注目を集めています。(2019/3/27)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
週100時間以上働くエリートほど出世しない理由
投資銀行やコンサルティングファームで働くエリートは長時間労働をしがちだ。しかし、業務に必死に取り組むエリートほど出世しないという。どういうことなのだろうか。(2019/3/20)

キャリアニュース:
オートメーションが普及しても、人材を「維持する」「増やす」と8割が回答
マンパワーグループが、労働白書「人の力が求められている:ロボットが雇用を増やす」を発表した。オートメーションが進む中でも、従業員数を「増やす」「維持する」と回答した雇用主が、3年間で83%から87%に増加していた。(2019/3/7)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

他人事ではない?
内部関係者による犯罪を防ぐ「身元調査」「リスク評価」 どう実施する?
内部関係者による脅威は企業に重大なリスクをもたらす。本稿では、内部関係者による脅威を防ぐため、身元調査とリスク評価を利用する方法を取り上げる。(2019/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。