ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不正会計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正会計」に関する情報が集まったページです。

不適切取引が発覚したコロプラ、「最果てのバベル」ユーザーに“わび石”2000個配布へ ネットで賛否両論
コロプラが「最果てのバベル」のユーザーに、有料アイテム「精霊石」を1人当たり2000個無償配布すると発表。不適切取引が発覚したことへの“おわび”という。この措置に対し、Twitterでは、「ガチャをたくさん引ける」「信頼を取り戻す手段としてはどうなのか」と賛否両論だ。(2019/7/5)

セルラン操作目的の不適切取引が発覚したコロプラ、株価が急落
新作タイトルに絡み、取引先に金を渡して課金を要請したとのことです。(2019/6/24)

コロプラの株価が急落、不適切取引騒動を嫌気
6月24日の東京株式市場で、コロプラ(東証1部)の株価が急落した。午前の取引を終えた時点での株価は50円安(−7.1%)の654円。同社は21日に、ゲームアプリ「最果てのバベル」内でアイテムを購入するよう、取引先に不適切な依頼をしたことが発覚していた。(2019/6/24)

「すてきナイスグループ」、2日連続でストップ安 粉飾決算の疑いで株価下落続く
2日で41%も下落。(2019/5/17)

粉飾決算の疑い「すてきナイスグループ」、株価はストップ安
株価はBadに。(2019/5/16)

「無実」「陰謀」主張も「中身ない」と検察 ゴーン容疑者の動画
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の弁護団が9日公開した、ゴーン容疑者がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとして会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕される前日に撮影した動画。日産自動車の現経営陣を痛烈に批判する一方、事件の詳細については語らなかった。(2019/4/10)

GAFAへの反発、世界で広がり 日本でもGoogle申告漏れ指摘
GAFAの課税逃れには世界各国で反発が広がっている。日本でも東京国税局が米グーグルの日本法人が利益をシンガポールに移していたとして、約35億円の申告漏れがあったと指摘していたことが1月に判明。収益が巨額にもかかわらず低税率国に利益を集め節税しているGAFAは、本来払うべき税金を払わず、高税率国のインフラにただ乗りしているとの批判にさらされている。(2019/4/8)

「あの有名アニメ会社に脱税疑惑」報道で「それな」と思ったこと
現金はいいものだ……?(2019/3/28)

日本の司法制度のあり方に厳しい視線:
「ゴーン被告保釈」を海外紙はどう報じたのか
会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告が6日、東京拘置所から保釈された。保釈金10億円を納付し、住居の出入り口には監視カメラを設置することや、インターネットの使用制限など厳しい保釈条件が付いた。だが、昨年11月の逮捕以降、身柄拘束は108日に上り、多くの海外メディアは、ゴーン被告よりも日本の司法制度のあり方に厳しい視線を向けている。(2019/3/19)

ゴーン被告保釈も、監視カメラ生活に 携帯メールもNG、弁護士との通話のみ
 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)が6日にも、東京拘置所から保釈される。東京地裁が5日、弁護側の保釈請求を認める決定をしたのだ。保釈保証金は10億円で、監視カメラなど行動に制限が設けられるが、1泊2日の旅行も可能で、本人の記者会見も検討されている。裁判所の判断に疑問を持つ人も少なくない。(2019/3/7)

負債総額30億円:
韓国の仮想通貨取引所が破産、幹部の横領が原因? 過去には保険金詐欺の疑惑も……
韓国の仮想通貨取引所CoinbinのパクCEOは2月20日、同取引所が2600万ドルを上回る負債を抱え破産したことを発表。破産の一因は同社の複数の幹部による横領だという。CCNが報じた。(2019/2/25)

約18億5000万円:
東京地検特捜部、ゴーン容疑者を再逮捕  日産に投資損失負わせた疑い
東京地検特捜部は21日、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。(2018/12/21)

約40億円の報酬を有報に記載せず:
東京地検、ゴーン・ケリー両容疑者と日産起訴 2人を再逮捕=報道
東京地検特捜部は10日、日産自動車の有価証券報告書に役員報酬を約50億円少なく記載したとして、前会長のカルロス・ゴーン容疑者と前代表取締役、グレゴリー・ケリー容疑者、法人としての日産を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴した。(2018/12/10)

Jリーグから制裁金300万円:
横浜F・マリノス元社員が約3300万円を私的流用
横浜F・マリノスの元経理担当社員が、2012〜18年の計7年間にわたって約3300万円の資金を私的流用していた。収入印紙を着服・換金する手口を用いていた。ガバナンス体制を問題視し、Jリーグは制裁金300万円を課した。(2018/11/20)

狙いは恐喝と日本企業の知的財産:
約半数の企業がサイバー攻撃の対象に、PwC Japanが調査レポートを発表
PwC Japanは「経済犯罪実態調査2018 日本分析版」を公開した。経済犯罪と不正の他、サイバー攻撃についても扱っている。日本では「事業活動に関する不正」の割合が高く、サイバー攻撃対象にも特徴があった。(2018/8/1)

「不正従業員調査」ネットエージェントが開始 情報持ち出しや職務怠慢……Webやメール履歴など調査
社員の通信履歴などを解析し、社内情報の不正な持ち出しや横領、セクハラ、職務怠慢などの証拠を調べる「不正従業員調査サービス」をネットエージェントが始めた。(2018/7/25)

仮想通貨への投資目的で出資募る 無登録2社に業務禁止申し立て 計41億円集金
証券取引等監視委員会は、仮想通貨で運用する金融商品への出資を無登録で募っていたとして、オレンジプランとゴールドマインの2社と両社の社長に2人ついて、業務の禁止を命じるよう、東京地方裁判所に申し立てたと発表した。(2018/5/30)

多く発券し、払い戻し:
JR東海、新大阪駅の社員を懲戒解雇 切符代10万円を着服
新大阪駅で切符を販売していたJR東海の社員が、外国人客などから切符代10万円を着服。5月24日付で懲戒解雇された。切符を客の注文より多く発券し、払い戻す手口だった。(2018/5/24)

米携帯子会社の会計処理巡り:
ソフトバンクGが約939億円申告漏れ、追徴税額約37億円
ソフトバンクグループが米携帯子会社の会計処理をめぐり、東京国税局から約939億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。(2018/4/18)

負債総額1兆9000億円に:
17年度、コンプラ違反倒産が増加 「粉飾」原因は前年度の2.5倍
東京商工リサーチの調査で、2017年度にコンプライアンス(法令順守)違反が一因で倒産した企業の件数が195件と、3年ぶりに前年度を上回ったことが分かった。虚偽の決算書や不適切な会計処理などの「粉飾」が2.5倍と急増しており、好業績が目立つ大企業と対照的に、経営不振から抜け出せない中小企業が多い一面を浮き彫りにしているという。(2018/4/5)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
企業、役員を対象とする日本版司法取引――「攻め」と「守り」が制度の肝
不正経理、不当労働、個人情報や機密情報の漏えい、独占禁止法違反、贈収賄、政治資金規正法違反など、企業不祥事に関する報道は尽きることがない。日本版司法取引が始まる今、こうした不祥事に、企業はどのように対応すべきなのか。(2018/3/26)

NHK、4月から受信料の現金取り扱いを原則廃止 受信料着服の再発防止で
NHKは4月から同協会職員による受信料の契約・収納業務における現金の取り扱いを原則廃止すると発表。10月から委託先訪問員による契約手続きの際の現金取り扱いも廃止するという。(2018/2/28)

429社に:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 電通本社はリスト外に
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。掲載企業数は429社となった。事業主が元従業員の給与を着服した土木建設請負業者などが追加された。(2018/1/17)

自己申告で判明:
元代表取締役が1億円着服か JASDAQ上場企業で発覚
(2017/9/22)

堺市の店舗:
ローソン店舗で自動車税など112万円着服 従業員を解雇
ローソンの堺市の店舗で、客が支払った自動車税など総額約112万円を従業員が着服していたことが分かった。(2017/7/20)

「クラウドファンディング保険」登場 支援金を最大80%補償
クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で、プロジェクトの実行者が資金を横領したり、会社が倒産したりした場合、支援者に返金する保険サービスが登場。(2017/2/17)

懲戒解雇:
カシオ元従業員が4億4000万円横領
カシオの元従業員が4億4000万円を横領していたことが発覚。(2017/2/10)

BiSの公式ライバルグループ・SiS(仮)、お披露目ライブ翌日に活動中止 結成責任者の背任行為を理由に
ファンからは残念がる声や、詳細を求める声があがっています。(2016/9/27)

スピン経済の歩き方:
700万円を遊興費に使った市議が、メディアに「老後の不安」を漏らした理由
富山市の議員が白紙の領収書を使って政務活動費を着服していた問題で、これはスゴいなあと思う報道があった。不正を行った人が赤裸々に語っているので、多くの人は「いいインタビューだ」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う視点で見ている。それは……。(2016/9/27)

製造マネジメントニュース:
東芝新社長に綱川智氏、キヤノンに売却した東芝メディカルシテムズ社長など歴任
東芝は、代表執行役副社長の綱川智氏を、新たな代表執行役社長候補に決定したと発表した。綱川氏は、キヤノンに売却した東芝メディカルシテムズの社長をはじめ、東芝グループ内で一貫してヘルスケア領域を担当しており、PCや半導体といった不正会計に関わりのあった事業から縁遠い“クリーン”な人材だ。(2016/5/6)

AppBank、1億4000万円横領の元役員を刑事告訴
ようやく少し進展が。(2016/3/14)

AppBank、元役員を東京地検特捜部に告訴
AppBankは、横領の疑いがある元役員を東京地検特捜部に刑事告訴。(2016/3/14)

お茶でも飲みながら会計入門(103):
なぜ東芝の不正会計事件で「新日本監査法人」に処分が下ったのか?
元ITエンジニアで現会計士の吉田延史さんが会計用語や事象を解説する本連載。今回は監査法人の仕事と役割を、システム開発の「テスト」になぞらえて解説します。(2016/2/16)

AppBank「反社会的勢力と関わってきた事実はない」 コメント発表
AppBankの元役員による横領事件で、同社は「反社会的勢力と関わってきた事実は一切ない」というコメントを発表。(2016/2/8)

AppBank、元役員による1億4000万円横領の調査報告書公開 不正送金プロセス明らかに
AppBankが経理部門の元役員による業務上横領の調査報告書を公開した。被害額は1億4000万円を超え、不正送金のプロセスを明らかにしている。(2016/1/29)

株式ウォッチ:
横領疑惑発覚のAppBank、赤字転落のgumiが急落 値下がり率上位に
12月11日の東京株式市場で、赤字転落のgumiと元役員による横領疑惑が発覚したAppBankが急落、値下がり率上位に。(2015/12/11)

AppBank、元役員が1億4000万円横領の疑い
11月下旬に行った税務調査のなかで判明。(2015/12/10)

AppBank、元役員が横領の疑い 被害1億4000万円
AppBankが元役員による業務上横領の疑いを公表。被害額は現時点で1億4000万円に上る。(2015/12/10)

スピン経済の歩き方:
東芝と化血研に共通する「名門意識のおごり」とは何か
東芝が不正会計処理をめぐって、大きく揺れている。この問題について、各方面の有識者がさまざまな分析を行っているが、筆者の窪田氏が興味を示しているのは「名門意識のおごり」。その言葉の意味は……。(2015/12/8)

新幹線の車内清掃中に見つけた財布を着服 JR西グループ社員を懲戒解雇
JR西日本グループのパート社員が、新幹線の車内清掃中に見つけた財布などを着服していたことが分かった。(2015/10/15)

パイオニア社員がインサイダー取引 下方修正と提携事前に知り株式売買
パイオニア社員が下方修正と提携を事前に知って株式を売買したとして、証券取引等監視委員会が金融庁に対し課徴金納付命令を出すよう勧告。(2015/9/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(20):
業務で作成したソフトウエアの著作権は誰にあるのか?――退職社員プログラム持ち出し事件
東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は、自分が作成したソフトウエアを持ち出して起業したエンジニアが、元職場に横領罪で訴えられた裁判を解説する。(2015/9/7)

脱税容疑で告発のラノベ作家・橙乃ままれさん、読者に謝罪
脱税容疑で告発されたライトノベル作家・橙乃ままれさんが読者らに謝罪するコメントを発表した。(2015/4/14)

「まおゆう」作者・橙乃ままれさん、脱税告発報道についてコメント
修正申告を済ませたと報告しています。(2015/4/14)

「まおゆう」「ログ・ホライズン」の作者・橙乃ままれさんが脱税の疑いで告発 印税など約3000万円を脱税か
法人税約3000万円を脱税した疑いで東京国税局が告発。(2015/4/13)

「まおゆう」「ログ・ホライズン」の橙乃ままれさん、脱税の疑いで告発
「まおゆう」「ログ・ホライズン」で知られるライトノベル作家・橙乃ままれさんが3000万円を脱税した疑いで東京国税局が告発。(2015/4/13)

gumi、韓国子会社で起きた横領を確認 被害3800万円
gumiが韓国子会社で従業員による横領があったことを確認。被害額は約3800万円という。(2015/4/10)

gumi、「韓国子会社で横領」報道にコメント
韓国での横領の報道について、韓国子会社の従業員による関与の疑いが強く、金額は数千万円程度と見込まれるとコメント。(2015/3/19)

gumiの韓国子会社で横領? 従業員関与の疑い
ソーシャルゲーム開発・運営のgumiの韓国子会社で従業員による横領が起きた可能性があるという。(2015/3/19)

【新連載】教えて、木村先生! 確定申告あるある:
プロブロガー&YouTuber必見、アフィリエイトの会計処理は?
AmazonやGoogleなどのアフィリエイトサービスは、毎月のように支払明細が届くわけでもなければ、入金タイミングにもズレがあります。入金時に帳簿を付けていると脱税を指摘されるかも!?(2015/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。