ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会計基準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会計基準」に関する情報が集まったページです。

PR:新リース会計基準の強制適用期日は27年度以降に! 円滑対応の具体的な“処方箋”とは?
(2024/3/29)

仕事が多すぎて経理のミスが多発 解決するコツは? 技術導入時に考えること
ただでさえ業務過多でミスが起こりがちな経理担当者に対し、法や監査の厳しさが追い打ちをかけている。技術導入で疲弊する経理担当者を救うことはできるが、成功には“コツ”を理解する必要がある。(2024/3/22)

ソフトウェアのグリーン化が製造業に与える影響(1):
製造業で進むCO2排出量算定の要請 脱炭素ルール化の潮流とその影響
本連載ではソフトウェア開発/運用でのCO2排出量見える化と、製造業における取り組みのポイントや算定における留意点を3回にわたり解説する。第1回となる今回は、そもそも製造業がなぜCO2排出量算定へ取り組まなければならないのかを解説しよう。(2024/3/6)

ERPでサプライチェーン管理の高度化を:
PR:SAP IBPで実現するSCM計画業務の高度化
サプライチェーンマネジメント業務の標準化や高度化を狙う上で、ERPシステムは重要な役割を果たします。しかし、標準機能だけで十分な成果を上げることは難しく、サプライチェーン計画ソリューションと組み合わせたシステム構築が求められます。本稿ではSAP Integrated Business Planning for Supply Chainの導入事例を紹介していきます。(2024/3/1)

強制適用のタイミングは2026〜27年か
「新リース会計基準」で変わる経理システムの要件 対応に必要な機能とは?
経理業務の担当者にとって法改正は悩ましい。国際会計報告基準との整合性を図るため、2026〜2027年には新リース会計基準が適用される見込みだ。すでに公開された草案を基に、システム対応のポイントを探る。(2024/3/6)

サステナビリティ規制「ISSB」が変える、企業の財務情報開示 日本企業はどう備える
2023年6月に発表された「ISSB基準」によって、企業の財務情報開示はどう変わっていくのでしょうか? TCFDとの違いや、対応が迫られる日本企業がやるべきことを解説します。(2024/1/31)

PR:「新リース会計基準」の適用は1年延長の見通し IFRS適用企業に学ぶ対応のポイントとは?
(2024/1/30)

SaaS for SaaSの世界:
SaaS管理が情シスに“刺さる”背景 freeeが買収した「Bundle」の戦い方は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はfreeeに目を向ける。(2023/12/25)

磯部孝のアパレル最前線:
三陽商会「バーバリーショック」から復活? 7期ぶり黒字の裏側
三陽商会の2023年2月期連結業績は、売上高が582億円(会計基準変更前の前期は386億円)、営業損益が22億円の黒字(同10億円の赤字)、純損益が21億円の黒字(同6億6100万円の黒字)となった。本業のもうけ=営業損益が黒字になるのは7期ぶりで、「バーバリー」のライセンス事業を失って以来初となる。(2023/12/22)

エネルギー管理:
電力先物市場の現状は? 政府が市場活性化に向けた検討をスタート
卸電力市場価格が大きく変動するなか、電力調達のリスクヘッジ手法の一つとして今後の取り引きの拡大が期待されている電力先物市場。政府は電力先物市場の活性化に向け新たな検討会を設置し、具体的な対策の検討を開始した。(2023/12/5)

強制適用のタイミングは2026〜27年か:
PR:「新リース会計基準」で変わる経理システムの要件、対応に必要な機能とは?
経理業務の担当者にとって法改正は悩ましい。近く国際会計報告基準との整合性を図るため、2026〜27年には新リース会計基準が適用される見込みだ。すでに公開された草案をもとに、システム対応のポイントを探る。(2023/12/1)

PR:強制適用見込み間近!? 「新リース会計基準」について今から取り組むべき課題をプロが徹底解説
(2023/12/1)

世界の「開示」動向を知る(後編):
強まる気候関連情報の開示、欧州・米国の動きは? 企業の開示対応の3つの指針
気候関連情報の開示要請が世界的に強まっている。欧州や米国ではどのように動いているのか? それに伴い企業にも対応が求められている。開示対応のための3つの指針を解説。(2023/11/28)

【借手視点で徹底解説】新リース会計基準が「借手の会計処理」に与える影響
2023年5月に新リース会計基準案が公表され、現行の会計基準における借手のオペレーティング・リースについてもオンバランスさせることが提案されています。多くの企業はリース取引の「借手」になり得ます。今回は、各企業の資産・負債の金額に重要な影響を与える可能性のある借手の会計処理と表示を中心に解説します。(2023/11/20)

世界の「開示」動向を知る(前編):
新規制導入で変わる「気候関連の情報開示」 全体像を把握する
企業に求められる寄稿関連情報の開示の在り方が、これまでと変わってきています。本稿では、現在の状況に至った要因とその背景の全体像を解説します。(2023/11/16)

1.4兆円の赤字:
ソフトバンクG、「AIへの戦略投資」へ アーム上場で手元流動性は高水準
ソフトバンクグループは、2023年9月中間決算(国際会計基準)の純損益が1兆4087億円の赤字だったと発表した。後藤芳光CFOは「AIへの戦略投資」を実現していくとした。(2023/11/16)

影響は2024年度にも:
新型イメージセンサー歩留まり問題が収益圧迫、ソニーの半導体事業
ソニーグループのイメージング&センシングソリューション分野の2023年度第2四半期売上高は、前年同期比2%増の4063億円となった。一方、営業利益は同37%減と大幅減の464億円になった。調整後OIBDAも同12%減の1071億円と減益になった。イメージセンサー新製品の歩留まり改善に向けた費用増などが影響した。(2023/11/9)

企業に求められる「新リース会計基準」への適応 WAPが試算ツールを無償提供
新リース会計基準への適応に向けて、企業は「新基準による影響額の試算」に取り組む必要がある。一方でノウハウがない企業には困難なのも事実だ。このような企業を支援する無料ツールが登場した。(2023/11/7)

2026年にも適用か:
【経理必見】新リース会計基準「4つの実務課題」と対応策
新リース会計基準案が導入されると、さまざまな適用上の課題があると言われています。実務上の課題にはどのようなものが想定されるのでしょうか。ここでは、そのうちの主な4点について解説します。(2023/11/7)

【2026年にも適用か】新リース会計基準で何が変わる? ポイントを解説
2023年5月に企業会計基準公開草案第73号「リースに関する会計基準(案)」および企業会計基準適用指針公開草案第73号「リースに関する会計基準の適用指針(案)」が公表されました。国際的な会計基準との整合性を図るため、オペレーティング・リースを含む借手の全てのリースについて資産および負債をオンバランスさせることが提案されています。今回は、この新リース会計基準案の概要を中心に解説します。(2023/11/1)

「月末が憂鬱だった」 定型業務を“8割削減”、メドレー経理の変革とは
月末が近づくと憂鬱になる──期限内に終わらせなければというプレッシャーを抱えていたメドレー財務経理部門では、社外のツールや自分たちでシステム開発をするというDXによって8割の業務削減に成功した。その手法を探る。(2023/10/20)

悲願のIPOへ:
ソフトバンクG「反転攻勢の切り札」アームは上場間近 3Q連続赤字もファンド事業は黒字に
ソフトバンクグループは8月8日、2023年4〜6月期の連結決算(国際会計基準)の最終損益が4776億円の赤字と、3四半期連続で赤字だったと発表した。(2023/9/5)

ポイント解説!:
【Q&A】「リース会計基準」は新指針の適用でいつ・どう変わる? 必要な準備や財務指標への影響とは
「リース会計基準」が変わる──。そんなニュースに、ドキッとした財務経理部門の担当者も多いのでは。新リース会計基準は早ければ2026年にも適用されると考えられます。いつ・何が・どのように変わるのか、公認会計士の白井敬祐がQ&A形式で解説します。(2023/9/4)

スマホ市場「想定以上に悪化」:
ソニー、イメージセンサー事業の通期予測を下方修正
ソニーグループのイメージング&センシングソリューション分野の2023年度第1四半期業績は、売上高が前年同期比23%増の2927億円、営業利益は同41%減の127億円だった。同社は同分野の通期見通しを下方修正した。(2023/8/9)

製造マネジメントニュース:
経済安全保障政策に対応したリマニュファクチャリング支援サービス提供開始
EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、経済安全保障政策に対応した企業のリマニュファクチャリング構築を支援するコンサルティングサービスを提供すると発表した。(2023/6/22)

企業の経理/会計業務に大影響:
PR:「改正リース会計基準」が2026年度にも強制適用か! 円滑対応に必要な4つのポイントを徹底解説
(2023/6/12)

AWS Startup Ramp Meetup vol.2レポート(前編):
公共分野は面白い! スタートアップと自治体は共に未来を開拓できる
スタートアップ企業が自治体とビジネスをするのは無理なのか。決してそうではない。 関係者が集ったパネルディスカッションでは、どちらの側にも協力により自治体の未来を開拓する心意気が見て取れた。この議論をレポートする。(2023/5/23)

楽天、825億円の赤字ながら収益改善をアピール 「新ローミング契約は財務の安定性に貢献」
楽天グループの2023年1月から3月の国際会計基準による連結業績は、825億円の赤字だった。前年同期比と比べて赤字額は縮小したが、携帯電話事業で基地局設置などの先行投資が継続中で、それが負担となった形だ。KDDIとの新ローミング契約が「大幅な顧客体験向上とコストコントロールに大きく寄与する」という。(2023/5/13)

小売・流通アナリストの視点:
来たる大手ホームセンター再編、カギを握るのはコーナン商事──そのワケは?
ホームセンター各社の業績を見ると、巣ごもり需要が過ぎ去り苦戦する様子がうかがえる。厳しい状況の中、各社はどのような戦略で新たな需要をつかもうとしているのか? また、いずれ必ず来ると言われる大手ホームセンター再編で、命運を握るのはコーナン商事だと筆者が推察する理由とは?(2023/5/9)

マネックスG、仮想通貨評価損を35.83億円計上 連結決算には影響なし
マネックスグループは4月27日、保有している暗号資産(仮想通貨)について35億8300万円の評価損を計上すると発表した。(2023/4/28)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
ERP導入のメリットとデメリットを、分かりやすくかつ詳しく解説します
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第7回は「ERP」です。ITエンジニアの自学用、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説用にご活用ください。(2023/4/5)

エネルギー管理:
開始が近づく企業の排出量取引制度「GX-ETS」、第1フェーズのルールを解説
企業のGX(グリーントランスフォーメーション)の加速を目的に創設された「GXリーグ」。いよいよ2023年4月から企業間の自主的な排出量取引制度「GX-ETS」の試行期間が始まる。このほど公開されたGX-ETSにおける各種制度・ルールの概要をまとめた。(2023/2/17)

商社・卸売業界年収ランキング 3位「三井物産」、2位「伊藤忠商事」、1位は?
営業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWorkは、SalesNow DBに登録されている日本全国500万社以上の企業情報から「商社・卸売業界会社の年収ランキングトップ10」を発表した。(2023/2/17)

マクニカがSAP S/4HANAへの移行を完了 基盤はAzureに
マクニカが基幹業務システムの「SAP S/4HANA」へのマイグレーション(移行)を完了させた。2年がかりの大プロジェクトがスムーズに完了した要因は。(2023/2/3)

「楽天モバイル 郵便局店」200店を閉店 チラシ設置で代替
楽天モバイルは、約280店舗ある「楽天モバイル 郵便局店」のうち約200店舗を4月末までに閉店する。あわせて1月25日より、全国約2万局の郵便局に「楽天モバイル」のサービスを案内するチラシを順次、設置するという。(2023/1/20)

IFRS16先行事例にみるインパクトの大きさ:
PR:「改正リース会計基準」が2026年度にも強制適用!? 円滑な制度対応のために今から準備すべきことは
企業会計基準委員会(ASBJ)による「改正リース会計基準」の策定が大詰めを迎えつつある。借り手リース契約の全てを原則、貸借対照表に資産計上するこの改正は、多くの日本企業に多大な影響を与える。強制適用に備え、どう準備を進めるべきなのか。(2023/1/13)

NXグループ、子会社100社以上の経理業務プロセスを標準化
NXグループは子会社100社以上の経理業務プロセスの標準化、効率化のために「Celonis Execution Management System」を導入した。今後はグループの主要事業会社である日本通運でも活用する予定だ。(2022/12/9)

GRIスタンダードなどから集約:
2023年に「統合報告書」はIFRS基準に サステナビリティ開示ルールはどう変わる?
「統合報告書」や「サステナビリティレポート」におけるサステナビリティ開示基準が2023年に変更、IFRS基準にグローバルで適用される。準備しておくべきことについて解説する。(2022/11/30)

有価証券報告書から読み解く:
NTT、KDDI、ソフトバンク 通信大手の平均給与はいくら?
いま話題の企業の好調な事業は何なのか? 平均給与はどれくらいなのか? 有価証券報告書から企業の姿、業界の状況を探ります。今回は通信大手です。(2022/11/13)

「巣ごもり」業種の代表格だったDCMホールディングス、本業の減速を止められるか
「巣ごもり」業種の代表格だったDCMホールディングス(東証プライム 3050)は9月29日、2023年2月期第2四半期連結決算を発表した。(2022/9/30)

ネクストミーツ、「SAP S/4HANA Cloud」で経営とサステナビリティの基盤を構築
代替肉(大豆ミート)製品を開発、販売するネクストミーツは、国内外での事業成長を支えるデジタル基盤として「SAP S/4HANA Cloud」を導入。多言語・多通貨に対応し、各国の会計基準に準拠した、経営とサステナビリティの基盤を短期間で構築した。(2022/9/15)

リスクモンスター調べ:
金持ち企業ランキング 「リクルート」「ファストリ」を抑えた1位は?
リスクモンスター(東京都中央区)が、企業のネットキャッシュを比較する「金持ち企業ランキング」を発表した。(2022/8/25)

ゲームは「無料」から「稼ぐ」時代へ Play to Earnゲーム台頭の裏側(後編)
日本を代表するゲーム会社がこぞって、Play to Earnゲームに注目している。Play to Earnゲームとは、プレイすることで稼げるゲームのことだ。Play to Earnゲーム台頭の背景は、立脚するブロックチェーンまわりの動向も複合的に絡むものである。Play to Earnゲームの実例に触れながらその背景を探ってみたい。(2022/8/17)

SBI HD、4-6月決算は証券業界のトップ利益に
SBIホールディングス(以下、SBI)は、グループ全体でも証券単体でも証券業界のトップの利益だった。2023年3月期の第1四半期連結決算(国際会計基準)の発表によれば、4−6月期として過去最高となった増収であるが、投資先の評価損、暗号資産事業での損失が大きく、減益となった。(2022/8/16)

10月の増税はどうなる?:
JT、ロシア事業の売却検討を継続 12月期は円安を受け上方修正
日本たばこ産業(JT)は7月29日、2022年12月期通期の連結業績予想(国際会計基準)について上方修正した。(2022/8/1)

業務系アプリエンジニアに聞く、実務経験別の平均年収ランキング 2位はプロマネ 1位は? パーソル調査
パーソルキャリアが、日本の業務系アプリエンジニアを対象にした、実務経験別の平均年収ランキングを発表した。2番目に平均年収が高いのは、「プロジェクトマネージャー(予算・収支管理)」の経験がある人。最も平均年収が高い実務経験は。(2022/6/7)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国テンセント、51%減益でも「ゲーム規制」及ばぬ海外投資に勝機
中国IT大手のテンセント(騰訊)が5月18日、2022年1-3月期の決算を発表した。純利益は234億元(約4500億円)で、国際会計基準での最終減益は10四半期ぶり。中国政府の各種規制が収益を圧迫し、新型コロナウイルスの再流行が追い打ちをかけた。しかしゲーム事業には好転の兆しが見える。(2022/5/26)

金融ディスラプション:
ビットバンク、三井住友トラストと仮想通貨カストディ参入 鶏が先か卵が先か?
仮想通貨交換業を営むビットバンクは5月24日、仮想通貨などデジタルアセットに特化した信託会社の設立を、三井住友トラスト・ホールディングスと共同で進めていくと発表した。機関投資家や事業会社向けにデジタルアセットを保管・管理する、いわゆるカストディ業務を行う。(2022/5/24)

データで導くプライシングの技術(4):
収益力を考えた価格管理は何を優先すべきか
今稼ぐ力を最大化するための価格管理において何を優先すべきだろうか。価格決定に影響する要素から何をどう優先するかその判断指針を整理する。(2022/5/31)

データで導くプライシングの技術(3):
「ぼられている」と感じさせない値付けのロジックはどう組むか〜考え方と採算管理の実践方法
愛用品の部品交換に来た顧客から「ぼられている」と疑いの目を向けられるのは値付けロジックが正しく機能していないからかもしれない。常時変化する市場の状況に対応しながら関係者との合意をうまく取り付けるための値付けと採算管理の関係を見ていく。(2022/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。