ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Alibaba」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Alibaba」に関する情報が集まったページです。

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
生成AIにけん引される半導体業界、現在の勝者と今後の展望
生成AIブームにけん引され、データセンター向けGPUおよびAI ASIC市場は2029年に2330億米ドル規模にまで成長することが予測されています。(2024/5/13)

事例から見る「中国企業のDX」:
なぜ、P&G Chinaは「外資苦戦の地」で踏ん張れるのか? アリババが提唱する「ミドルプラットフォーム」とは?
生まれた時からさまざまな商品に囲まれてきたZ世代にどうすればモノが売れるのか。P&G Chinaが「脱テレビ」「脱スーパーマーケット」「脱EC」世代に向けて実施した施策と、それを支える「4つのDX」、そしてアリババが提唱する「ミドルプラットフォーム」とは。(2024/5/17)

Synergy Research Group調査:
「ハイパースケールオペレーター」19社のデータセンター数が1000の大台を超える、総容量は4年ごとに倍増
Synergy Research Groupが発表したデータによると、ハイパースケールデータセンターの数は2024年初頭には1000の大台を超えた。また、ハイパースケールデータセンターの総容量は4年で倍増した。本記事ではSynergy Research Groupが紹介した、その背景を取り上げる。(2024/5/8)

アナリストの見解:
中国政府の「Intel/AMD禁止令」、中国企業への強い追い風に
中国政府は2024年3月、政府機関向けのPCやサーバにIntelとAMDのCPUを使用することを使用することを禁じるガイドラインを発表したという。この措置は、Intel/AMDの競合にあたるHygon Information Technologyのような中国企業の売り上げ拡大を後押しするとアナリストらは指摘している。(2024/4/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。【訂正あり】(2024/4/16)

AI×ファッションの可能性【前編】
“大ヒット商品”に隠された「画像生成AI」の秘密とは? デザイナーが明かす
クリエイティブ分野でのAI活用には賛否両論がある中で、“ある画像生成AI”を使ってヒット商品を生んでいるデザイナーがいる。デザイン制作に生成AIをどう活用しているのか。(2024/4/12)

ビジネスモデルが分かる:
「iPhone」と「Android」の違いは何か エコシステムで考える
エコシステムとは、プラットフォーム事業者と補完事業者から構成されるグループを意味する用語です。例えば……。(2024/3/21)

中国Alibaba Cloud、過去最大の値下げ発表 最大55% AI顧客獲得狙う
中国Alibaba Cloudが、一部製品価格を最大55%引き下げると発表した。AIソフトウエア開発者などヘビーユーザーの獲得競争が激化する中、これまでで最も大幅な値下げとなった。(2024/3/1)

Alibaba、1枚の画像と音声でリアルな動画を生成する「EMO」発表
Alibabaは、1枚の人物画像からその人物が歌ったりしゃべったりする動画を生成するAIシステム「EMO」(Emote Portrait Alive)を発表した。(2024/3/1)

越智岳人の注目スタートアップ(10):
地域や年齢に関係なく自由に移動できる社会を――ホンダ出身スタートアップ「Striemo」
群雄割拠の様相を呈するマイクロモビリティ分野において存在感を放っているのが、ホンダからスピンアウトしたStriemo(ストリーモ)だ。開発のきっかけやこれまでの歩み、今後の展開などについて、創業者の森庸太朗氏に話を聞いた。(2024/2/29)

欧州委員会、TikTokをDSA(デジタルサービス法)違反の可能性で調査開始
EUの欧州委員会は、TikTokがDSA(デジタルサービス法)に違反している疑いがあるとして、正式な調査を開始した。「ウサギの穴効果」の可能性や未成年保護方法などを調べる。(2024/2/20)

アリババからAIへ、シフト鮮明に 四半期ベース黒字転換を果たしたソフトバンクG
ソフトバンクグループの第3四半期に純利益9500億円と黒字転換を果たした。後藤芳光CFOは「久しぶりの四半期ベースの黒字。ほっとしている」と安堵の表情をみせた。(2024/2/9)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」 米小売業との決定的な違いは?
セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。(2024/2/8)

ふぉーんなハナシ:
「ビックリマン」がスマホアプリで登場、シールの収集も可能……それと同時によみがえった少年時代の“苦い思い出”
マーベラスが、2024年にビックリマンのスマホアプリ「ビックリマン・ワンダーコレクション」をリリースする。全てオリジナルストーリーが展開され、ゲームオリジナルのキャラクターも登場するとのこと。パーティーを使ったバトルが楽しめることも明かされている。(2024/1/20)

コンピュテーショナルストレージの可能性【後編】
GoogleやMetaも実戦投入 「コンピュテーショナルストレージ」活用例
演算機能とストレージが一体化した「コンピュテーショナルストレージ」は優れた演算処理能力を持ち、大量のデータを扱う用途において効力を発揮する。実際の製品や活躍する場面とは。(2024/1/10)

クラウドで加速する生成AI活用【後編】
AWSは本当に「生成AIの高負荷に耐えられるクラウド」なのか? AWSに聞いた
生成AIを活用するときに悩ましいのが、コンピューティング能力の確保だ。AWSは複数のサーバで並列計算する高性能計算(HPC)を効果的に実施する機能を提供している。(2023/12/28)

TechTarget発 世界のITニュース
東南アジア言語に特化した大規模言語モデルを提供開始、Alibaba 対応言語は?
Alibabaは、東南アジアのさまざまな言語を処理できる新しいLLM「SeaLLM」の提供を開始した。(2023/12/26)

クラウドで加速する生成AI活用【中編】
「Amazon Bedrock」だけじゃない AWSで「生成AI」を使いこなす方法を深掘り
AWSは生成AIの基盤モデルを提供しているが、オープンソースや自社開発の基盤モデルは使えるのか。他システムで使っているデータを学習させることは可能なのか。(2023/12/22)

孫正義の「先を見通す力」とは? ソフトバンク・ビジョン・ファンド“参謀長”明かす
ソフトバンク・ビジョン・ファンドで「参謀長」と呼ばれている佐々木陽介さん。孫正義氏の先を見通す力や卓越した判断を見る機会もあったという。日本のスタートアップ市場に未来はないのか。佐々木さんに話を聞くと、一味違った日本の将来図が見えてきた。(2023/12/21)

クラウドで加速する生成AI活用【前編】
生成AIを「AWSのクラウド」で始める“基本の基” 知らないと損?
AWSやAzure、GCPのようなハイパースケーラーのクラウドサービスでこそ、生成AIの真価を引き出せる可能性がある。それはなぜなのか。AWSで生成AIを活用する方法を担当者に聞いた。(2023/12/14)

Qiitaユーザー約2000人に聞いた「勤め先のサーバ・クラウド」 AzureとGoogle Cloudが接戦
ITエンジニアの知識共有サービス「Qiita」ユーザーに聞く、「勤め先で使っているクラウド・サーバ」のトップは──運営元のQiita社が調査結果を発表した。(2023/12/12)

Innovative Tech:
キャラクター画像をアニメに 中国アリババなど「Animate Anyone」開発 ボーンの動きを反映
中国のAlibaba Groupなどに所属する研究者らは、画像内のキャラクターや人物をアニメーション化する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/12/6)

モナ・リザが走る! 1枚の絵とモーションデータだけでぬるぬる動き出す「Magic Animate」が話題に
画像、テキストと矢継ぎ早に新技術が開発されてきた生成AIだが、その動きが動画分野にも波及しつつある。中国Alibaba発の「Animate Anyone」が話題になったばかりだが、今度はTikTokを運営する中国ByteDanceとシンガポール国立大学が共同で開発した「Magic Animate」が登場した。(2023/12/5)

1.4兆円の赤字:
ソフトバンクG、「AIへの戦略投資」へ アーム上場で手元流動性は高水準
ソフトバンクグループは、2023年9月中間決算(国際会計基準)の純損益が1兆4087億円の赤字だったと発表した。後藤芳光CFOは「AIへの戦略投資」を実現していくとした。(2023/11/16)

Computer Weekly日本語版+セレクション
急浮上のクラウドベンダー、沈んだあの大手とは?
Gartnerの調査によると、2022年のIaaS市場は好調だったが、主要クラウドベンダーの成長にはばらつきがあった。何が明暗を分けたのか。今後のクラウドサービス市場のけん引役とは。(2023/10/18)

開発や運用における「生成AI」の実力【第4回】
「生成AI」でスキルギャップ解消 その先に必要なのは?
生成AIは、IT運用のスキルギャップ解消に具体的にどのように役立つのか。スキルギャップが解消された際に重要となるのはどの要素なのか。(2023/10/4)

開発や運用における「生成AI」の実力【第1回】
ChatGPTだけじゃない「生成AIブーム」を生んだお役立ちツール
世間をにぎわす「生成AI」ブームはいつ始まって、どう拡大してきたのか。各主要ベンダーは生成AIをどのようなツールに組み込んでいるのか。主要な動きを紹介する。(2023/9/26)

Microsoftのクラウド向けライセンスに変化の兆しか【第2回】
AWSやGCPだけじゃない「Officeライセンスを持ち込めないクラウド」はこれだ
Microsoftは自社ソフトウェアをクラウドサービスで利用することに対して、ライセンス上の制約を設けている。このライセンス制約の内容を詳しく説明する。(2023/9/22)

Alibaba Cloudの生成AI【後編】
生成AIが出そろうAlibaba Cloud 「通義千問」や「聴悟」とは?
中国のクラウドベンダーであるAlibaba Cloudは複数の生成AIモデルを発表している。具体的には、それぞれどのような特徴を持つAIモデルなのか。(2023/9/20)

まるで「TikTok×Amazon」:
「タテ型動画」通販アプリ、なぜ人気? 背景に日本の小売りの“弱点”
「7sgood」というアプリをご存じだろうか? 一言でいうと中国発の「タテ型動画の通販アプリ」だ。リリースから1年程度で、累計ユーザー数はすでに100万を超える。アプリが流行った背景には、日本の流通や小売り業における弱点がある。(2023/9/12)

Alibaba Cloudの生成AI【前編】
Alibaba Cloudの生成AI「通義万相」とは? 実行できる画像生成タスクは?
Alibaba Cloudは画像生成用の生成AIモデル「通義万相」を発表した。このAIモデルはどのような機能を持つのか、詳しく説明する。(2023/9/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が米テスラに“撤退圧力” 企業が再考すべき「チャイナリスク」とは
「処理水」海洋放出を決めたことで、中国から日本国内の各所に迷惑電話が多発し「中国リスク」というものが浮き彫りに。同様に中国では米テスラへの撤退圧力が強まっており、企業は中国との関係を再考する時期が来ている。(2023/9/8)

悲願のIPOへ:
ソフトバンクG「反転攻勢の切り札」アームは上場間近 3Q連続赤字もファンド事業は黒字に
ソフトバンクグループは8月8日、2023年4〜6月期の連結決算(国際会計基準)の最終損益が4776億円の赤字と、3四半期連続で赤字だったと発表した。(2023/9/5)

製造業におけるクラウド市場は今後成長傾向:
製造業におけるクラウドプラットフォームの収益は2033年までに3000億ドルを超える見込み ABI Research予測
ABI Researchは、製造業における産業用クラウドプラットフォームの総売上が、2033年までに年平均成長率22.57%で3000億ドルを超えるとの予測を発表した。(2023/9/4)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
中国で大流行の「ライブコマース」 日本で全然流行らないのはなぜ?
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「ライブコマース」です。(2023/8/26)

Google、EUのデジタルサービス法の発効に向けて広告に関する透明性向上を約束
Googleは、EUのデジタルサービス法(DSA)発効の前日、ターゲティング広告などに関する透明性向上について発表した。EUに超大規模プラットフォームと指定されたプラットフォームは、DSAに違反すると罰金を科される可能性がある。(2023/8/25)

IaaS市場の今後【前編】
AWSでもMicrosoftでもない“急浮上”のクラウドベンダー、沈んだあの大手
Gartnerによると2022年のIaaS市場は、全体としては好調を継続した。ただし主要クラウドベンダーの成長には明確な“明暗”があった。その実態とは。(2023/8/24)

2023年中国年中商戦「618」徹底解説【後編】:
「SNSとECの連携」「ライブコマース」が鍵 618に学ぶ中国市場向けプロモーションのヒント
訪日中国人によるインバウンド消費の本格的な復活を目前に、対中国の事業戦略に役立つヒントをエキスパートが語った。後編のテーマは「インバウンド本格復活に向けて知っておきたい中国ECプロモーションの実態」。(2023/7/27)

「クラウドだけ」を使うユニリーバの戦略【前編】
ユニリーバが完全“脱オンプレミス”で「クラウドオンリー」に その本気度は?
大手消費財メーカーUnileverはクラウドサービスへの大掛かりなシステム移行を完了した。同社が採用したクラウドサービスは何か。クラウドサービスだけを使う狙いとは。(2023/7/3)

Jagu'e'rが切り取るパブリッククラウドの現在(2):
マルチクラウドエンジニアの仕事とキャリア、その生態に迫る!
もうクラウドエンジニアにとってはマルチクラウドが当たり前なのか――。気鋭のマルチクラウドエンジニア3人のお話から、その答えを探ります。(2023/6/28)

「AWS」×「Terraform」で学ぶクラウド時代のインフラ管理入門(1):
「AWS」×「Terraform」でインフラ自動化に挑戦してみよう
自動化ツールの一つである「Terraform」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、Terraformの導入方法や、基本的な使い方を紹介していきます。初回は、Terraformの概要と導入方法を解説します。(2023/6/26)

竹中平蔵氏とLIXIL、旭化成、日揮が語る「企業間連携DX」の現在地
DXは企業間で連携することによってさらに大きな効果を生み出す。企業間あるいは国や自治体も含めた連携は現在、どのように進んでいるか。また、今後さらに推進するためには何が必要か。LIXILと旭化成、日揮の事例から解き明かす。(2023/6/21)

クラウドファーストを掲げる香港の保険会社【中編】
「Alibaba Cloud」と「Azure」を使う保険会社が実践するベンダーロックイン対策
システムのクラウド移行を進める保険会社AIA Group。マルチクラウドの活用やベンダーロックイン回避の対策などについて、同社でクラウド移行を推進するディレクターに話を聞いた。(2023/6/14)

Google Cloud、AWSやAzureと10Gbps/100Gbpsの専用回線でインターコネクトできる「Cross-Cloud Interconnect」
Google CloudとAWSやMicrosoft Azureを10Gbpsもしくは100Gbpsの専用回線を通じてインターコネクト可能なネットワークサービス「Cross-Cloud Interconnect」が登場。Oracle Cloud、Alibaba Cloudにも対応する。(2023/6/6)

設定はどこまで楽?:
Google Cloudが競合クラウドと簡単に直接接続できる「Cross-Cloud Interconnect」を発表
Google Cloudが、他のメジャークラウドと直接接続できるネットワークのマネージドサービスを発表した。発表時点では、AWS、Azure、OCI、Alibaba Cloudに対応している。(2023/6/2)

エンジニア100人超に聞く、活用しているパブリッククラウドランキング 国産クラウドの順位は
勤め先で活用しているパブリッククラウドは?──クラウドの活用支援などを手掛けるクラウドエースがITエンジニア112人を対象に実施した調査結果を発表。上位は“3大クラウド”が占めた。国産クラウドの順位は?(2023/5/31)

MLインフラの断片化を解決する取り組みの一環:
Google、MLハードウェアとフレームワークの統合を簡素化する「PJRT」を発表
Googleは、オープンソースの機械学習(ML)コンパイラエコシステム「OpenXLA」プロジェクトの一部として、「PJRT」をオープンソースとして公開した。PJRTは、MLハードウェアやMLフレームワークに依存しないMLコンパイラインタフェースやMLランタイムインタフェースを提供する。(2023/5/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「個人情報なんて気にしない」、スマートシティー実現には潔さが必要なのか
スマートシティーやDX(デジタルトランスフォーメーション)と個人情報/プライバシーは、表裏一体だといつも感じます。(2023/5/11)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
AIは著作権を持てるか……中国でバーチャルヒューマンの「権利」を巡る初の判決
ChatGPTなどの生成AI技術に注目が集まるなか、AIを巡る知的財産権の法的枠組みの整備も急務となっている。AIを活用したバーチャルヒューマンの普及が進む中国では、バーチャルヒューマンの権利侵害を巡る訴訟で国内初の判決が下された。しかし、今回の判決では解決できない問題も残る。(2023/5/11)

「リベンジ消費」を取り込めるか:
中国の高級ブランド品購入者が求める体験とは? アリババが指摘する3つのポイント
アリババグループは中国人旅行者に提供すべき買い物体験の3つのポイントを発表。中国の海外旅行需要は急速に回復している。高級ブランド小売り各社はどう対応すべきか?(2023/5/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。