ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BPR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業改革において、既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し、プロセスの視点で職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再設計(リエンジニアリング)するというコンセプト。「ビジネス・リエンジニアリング」「リエンジニアリング」ともいう。
BPR − @IT情報マネジメント用語事典

関連キーワード

視点:
“協調型リスクマネジメント”への発展的進化の必要性
多発化、深刻化する危機的事象に柔軟かつ広範に対応するためには、他社との連携も視野に入れる必要がある。(2020/6/1)

「これからの40年」がテーマ:
「VLSIシンポジウム2020」は初のオンライン開催に
2020年6月15〜18日(以下、特に記載がない限り全てハワイ時間)に開催される半導体デバイス/回路技術に関する国際会議「VLSIシンポジウム 2020」。本来は米国・ハワイで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、初のオンライン開催となる。VLSIシンポジウム委員会は2020年5月20日、記者説明会をオンラインで開催し、概要を説明した。(2020/5/22)

ITmedia DX Summit 2020年春・ITサービス編:
「政府が作ったSaaS」で行政をデジタル化 内閣官房IT総合戦略室の狙いとは
お役所のシステムは古く、使いにくく、分かりにくい――そんな声は「中の人」にとっても同感のものだった。内閣官房IT総合戦略室は現在、ユーザー中心のインターフェース構築とAPIを利用した民間サービスの利用による「デジタル・ガバメント」の実行を目指している。政府のDXを支えるべく宣言された「クラウド・バイ・デフォルト宣言」が具体的に何を進めているのか。第一線に立つ政府CIO補佐官が語った。(2020/4/23)

「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【後編】
「プロセスマイニング」ツール導入を経営陣に納得してもらうコツは?
「プロセスマイニング」とAI技術の関係とは。プロセスマイニングツールの導入をスムーズに進めるには。これらの疑問に、プロセスマイニングの第一人者、ウィル・ファン・デル・アールスト氏が答える。(2020/3/6)

「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【前編】
「プロセスマイニング」とは ワークフロー製品への“失望”で導入が進む?
「プロセスマイニング」は企業に何をもたらすのか。企業がプロセスマイニングを導入するきっかけとは何か。プロセスマイニングの第一人者であるウィル・ファン・デル・アールスト氏に聞いた。(2020/2/28)

RPA3大ソフトウェアロボットの違い【後編】
RPAの「アテンド型」「ハイブリッド型」ロボットとは? 意思決定も支援
RPA型botは、単純な作業を自動化するだけではない。人間と協働して高度な作業を実行する「アテンド型」botと、複数の技術を組み合わせた「ハイブリッド型」botについて説明する。(2020/2/27)

RPA3大ソフトウェアロボットの違い【前編】
RPAの「非アテンド型」ソフトウェアロボットとは? 人手介さず作業を実行
RPAのソフトウェアロボットは大きく分けて3種類ある。中でも一般的な、人の介入なしに単純作業を自動化する「非アテンド型」ソフトウェアロボットの特徴を説明する。(2020/2/20)

女性の平均年収上位は実績の分かりやすい「コンサルティング職」 2019年度版「女性の平均年収ランキング」発表
男女のキャリアの築き方の差も数字に表れています。(2020/2/10)

「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【後編】
プロセスオートメーション用語「DPA」の本当の意味は? 新用語「IPA」とは
プロセスオートメーション分野の製品分野は多種多様だが、違いはほとんどないと見る専門家もいる。一方で機械学習などの新たなテクノロジーを組み合わせて、より高度な処理を実現する新しい製品分野も登場している。(2020/2/4)

「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【前編】
いまさら聞けない「RPA」「DPA」「BPA」の違い 何を自動化するのか?
「RPA」「DPA」「BPA」など、プロセスオートメーション分野のテクノロジーを指す用語が多様化している。それぞれどのように異なるのだろうか。(2020/1/29)

視点:
企業の変身力を高める適所適財型BPR〜生産性に対する誤解を超えて〜
事業は人なり。「個」人の適所適財なくして需要創造はおぼつかない。(2020/1/8)

経営層は「IT部門こそがDXの足かせ」と認識?:
経産省が語る 「2025年の崖」克服のポイント――21年以上稼働する老朽システムが6割以上、トラブルリスクが3倍に
アイティメディアが開催した「ITmedia DX Summit 2019年秋・ITインフラ編」の基調講演に経済産業省の「DXリポート」作成者である和泉憲明氏が登壇。2025年の崖を克服するためのDX実現のポイント、DX推進ガイドラインやDX推進指標の概要について語った。(2019/11/21)

くしゃくしゃな領収書も、透かし文字も正しくテキスト化:
PR:経費精算業務が働き方改革の命運を握る――RPA×AIで3時間の重作業をどこまで短縮できたか
UiPathとファーストアカウンティングが、経費精算業務の自動化ソリューションを打ち出した。RPAと、くしゃくしゃの領収書も読み取れるという高度なAI OCRが組み合わさることで、経費申請のシーンや経理担当者の業務をどれほど変えられるのか。(2019/10/28)

導入検討から導入後の展開まで全行程を支援、コニカミノルタがRPAサービスを販売
コニカミノルタジャパンは、オートメーション・エニウェア・ジャパンが提供するRPAツールの導入および活用支援サービスを販売する。導入時の体制構築から活用支援、教育までを支援する。(2019/10/25)

シェアトップは2017年に引き続きNTTデータ:
2018年国内RPAソフトウェア市場は対前年比113.5%増の155億600万円 IDCが発表
IDC Japanが発表した国内RPAソフトウェア市場の動向によると、2018年の市場規模は対前年比113.5%増の155億600万円。シェアトップは、2017年に引き続きNTTデータ。(2019/10/9)

2018年の国内RPAソフトウェア市場動向、市場規模は前年比成長率113.5%
IDC Japanが発表した国内RPAソフトウェア市場の動向によると、2018年の市場規模は、前年比成長率113.5%の155億600万円。(2019/10/8)

建設現場におけるBPR(業務改善)の必要性と実践ポイント(3):
壁を乗り越え建設BPRを推進する秘策、「全社規模のマインドセットで改善の灯をともす」
ここ数年、ICTの著しい発展によって建設業界でも、その有効な活用方法が設計・施工・維持管理の各工程で検討され始めている。新たなソリューションを導入するには、さまざまな既存の障壁が立ちはだかり、ときには既存の業務形態を変革することも迫られる。ビジネスルールを抜本的に設計し直す「BPR(Business Process Re-engineering)」。建設業界で導入することによって何が変わり、そのためには何をすべきか、プロレド・パートナーズが数々の建設会社でBPRをコンサルしてきた実績をもとに、本連載で解説していく。(2019/9/18)

「UiPath」「WinActor」を選んだ理由は
RPAで残業を1人6時間減らしたテンプスタッフが語る「RPAの落とし穴」
パーソルテンプスタッフは、事務に関連する単純な業務をRPAソフトウェアで処理している。同社がRPAソフトウェアの導入で直面した課題と、「UiPath」と「WinActor」を選んだ理由を説明する。(2019/9/24)

建設現場におけるBPR(業務改善)の必要性と実践ポイント(2):
建設現場の“ムダ・ロス”解消には何を成すべきか?
ここ数年、ICTの著しい発展によって建設業界でも、その有効な活用方法が設計・施工・維持管理の各工程で検討され始めている。新たなソリューションを導入するには、さまざまな既存の壁が立ちはだかり、ときには既存の業務形態を変革することも迫られる。ビジネスルールを抜本的に設計し直す「BPR(Business Process Re-engineering)」。建設業界で導入することによって何が変わり、そのためには何をすべきか、プロレド・パートナーズが数々の建設会社でBPRをコンサルしてきた実績をもとに、本連載で解説していく。(2019/8/15)

建設現場におけるBPR(業務改善)の必要性と実践ポイント(1):
ICT導入に必須!建設業界でお金をかけずに業務改善を成功させるための秘訣
ここ数年、ICTの著しい発展によって建設業界でも、その有効な活用方法が設計・施工・維持管理の各工程で検討され始めている。新たなソリューションを導入するには、さまざまな既存の障壁が立ちはだかり、ときには既存の業務形態を変革することも迫られる。ビジネスルールを抜本的に設計し直す「BPR(Business Process Re-engineering)」。建設業界で導入することによって何が変わり、そのためには何をすべきか、プロレド・パートナーズが数々の建設会社でBPRをコンサルしてきた実績をもとに、本連載で解説していく。(2019/7/25)

視点:
能力ポートフォリオの見える化による適所適材の高度化、変革の加速
どの企業でも人材不足、採用難が叫ばれる中、リテンションやモチベーション向上による現有戦力最大化が、企業経営の重要な命題となっている。(2019/7/24)

視点:
新たな製造業の未来
新たな製造業の世界ではどのような事業機会が生まれるのだろうか。またその事業機会に対して日本のメーカーはどのような戦い方をするべきだろうか。(2019/7/10)

製造IT導入事例:
東洋紡が財務経理をアウトソーシング、高付加価値業務に注力
日本IBMは東洋紡とBPO契約を締結し、財務経理業務を受託した。東洋紡はBPOによって生じた財務経理部門の人的リソースを、より高付加価値な業務に回していく考えだ。(2019/7/2)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
「役員のIT教育」「ビジネス課題の改善」「企業の競争力強化」――企業にCIOが必要なこれだけの理由
変化の時代を生き抜くために、なぜ、CIOが必要なのか――。フジテックCIOの友岡賢二氏とクックパッド情シス部長の中野仁氏が、対談で明らかにする。(2019/6/14)

リクルート流RPA大作戦 「ROIを考えると導入はムリ」な業務にどう導入した?
リクルートグループでRPA導入を進めるリクルートコミュニケーションズ。グループ全体で効率よくRPAを開発するコツとは。(2019/6/17)

CIOへの道:
日本郵便の“戦う専務”が指摘――IT業界の「KPI至上主義」「多重下請け構造」が日本を勝てなくしている
先進国の中でもIT活用が遅れている日本。その原因はどこにあるのか――。日本郵便の“戦う専務”鈴木義伯氏とクックパッドの“武闘派情シス部長”中野仁氏が対談で明らかにする。(2019/4/26)

縮減率は平均66.8%:
RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験
東京都は、RPAによる作業自動化の共同実証実験結果を発表した。主税局やオリンピック・パラリンピック準備局などの29業務を対象に実施した結果、25業務で年間換算438時間の縮減効果が得られたという。(2019/4/1)

エンジニア不足は社内で解決できる 驚きのジョブチェン、営業メンバーをSalesforceの開発者にしたビズリーチの挑戦
Salesforceを導入した企業の多くが悩んでいるのが、アプリの開発者不足。この課題を解決すべくビズリーチが取り組んだのは、営業メンバーをエンジニアにスカウトすることだった……。(2019/2/28)

「働き方改革」プロジェクトリーダーを命ず:
【第2話】現場任せでは成果は出ない!?
X製作所の働き方改革リーダーとして小田社長に任命された経営企画の日野下。社内の各部署のリアルな意見を聞くために、さっそく同期入社のメンバーを居酒屋に呼び出したわけだが……(2019/2/15)

特集・RPAで仕事が変わる:
「失敗しないRPA」のススメ 導入・運用で注意すべきポイントは?
多くの企業が注目している「RPA」を導入・運用する際に注意すべきことは? 大きな失敗をしないために押さえておくべきポイントを解説。(2019/2/8)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
“企業の死”につながる「意思決定の遅れ」、改善のカギはIT部門が握っている?
目の前の課題を叩き続けた結果、本質的ではないシステムを構築してしまって業務の複雑化が進んでしまった――。こうした課題と無縁のIT部門を作るにはどうしたらいいのか。(2019/2/8)

RPAは“誰主導”で進めるべき? 富士フイルムと大日本印刷、意見異なる2社が議論
業務効率化や生産性向上のカギとされる「RPA」。RPA化する業務の洗い出しに苦労する企業が多い中、先行して業務プロセス自動化に取り組んできた2社が導入のコツについて議論した。(2019/1/31)

佐々木希、柳葉敏郎や鳥居みゆきら出席の「秋田県人会」に歓喜 「嬉しくて嬉しくて…最高でした!!!」
加藤夏希さんが幹事を務めたもよう。(2019/1/14)

コンサルなどが多くランクイン:
18年版「女性が稼げる職種」ランキング、弁護士を抜いて1位だったのは……
パーソルキャリアが、2018年版「女性の平均年収ランキング」を発表。2位は「弁護士」(632万円)、3位は「アナリスト」(603万円)だった。1位は……?(2018/12/7)

技術系も上位にランクイン:
18年版「正社員の平均年収ランキング」、全体は414万円 職種別1位は829万円の……
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアは12月3日、2018年版「正社員の平均年収ランキング」を発表。全体の平均年収は414万円だった。職種別1位は829万円の……(2018/12/3)

地銀だからこそ変われる:
伊予銀行が、RPAではなく業務を再構築してチャットボットを導入したわけ
愛媛の地銀である伊予銀行が、アクセンチュアの開発でチャットボットを使った顧客サービスの提供を始めた。顧客は店頭でタブレットを使い、対話型でサービスを受けられる。既存フローを部分的に自動化するRPAではなく、業務をデジタルに最適化する形でゼロベースで再構築した。(2018/11/22)

「happyオーラでてる」 佐々木希が、出産後初となる大政絢との仲良しショットで幸せ笑顔見せる
相変わらず美女だなあ。(2018/10/24)

「うそでしょ」「ステップup楽しみにしてる」 トリンドル玲奈&玉城ティナ、『ViVi』卒業に悲しみの声
トリンドルさんは2011年から、玉城さんは2012年から同誌で活躍。(2018/10/24)

大銀行のCEOになったつもりで考えてみよう
6つの問いで明らかになる、老舗企業が生き残るためのデジタルビジネスモデル
老舗の大企業が今の時代に成功を収めるには何をすべきだろうか。老舗企業が自社のデジタルビジネスモデルに磨きをかけるのに役立つ、経営学者からの6つの質問を紹介する。(2018/9/14)

「もう興奮が止まらない」 佐々木希ら秋田出身タレント、“103年ぶり決勝進出”に沸く金足農業に続々エール
決勝は21日14時から。(2018/8/21)

CIOへの道:
日本のCIOは「CxO四天王の中で最弱」? この状況はどうしたら変わるのか
クックパッドの情シス部長とITコンサルの、「これからの情シスはどうあるべきか問題」を語る対談の後編。テーマはこれからのIT部門の役割や、攻めの情シスについての考え方、日本の「CIO不在問題」はどうすれば変わるのか――。2人の意見はいかに。(2018/8/20)

CIOへの道:
1年半でシステム刷新のクックパッド、怒濤の「5並列プロジェクト」に見る“世界で勝つためのシステム設計”
海外展開を視野に入れ、“世界で勝つためのシステム構築“に取り組むことになったクックパッド。海外企業を参考にプロジェクトを進める中、日本企業のシステムとそれを支える組織との間に大きな差があることを認識した同社は、どう動いたのか。また、分散と分断が進み、Excel職人が手作業で情報を連携している状態から、どのようにして統合された一貫性のあるシステムに移行したのか――。怒濤のプロジェクトの全容が対談で明らかに。(2018/8/14)

「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2018」レポート
アサヒビール×JAL×SOMPOホールディングス、データ活用のための組織と人材を語る
データ分析を担う人と組織はどうあるべきか、企業においてデータサイエンスに取り組む3人の担当者が語り合った。(2018/8/9)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本にCIOという職業を確立させる、それが私のミッション――フジテックCIO友岡賢二氏
「セカエレ」(世界のエレベータ・エスカレータ)を標榜し、日本から世界にビジネスを展開するフジテック 常務執行役員 情報システム部長 友岡賢二氏が語る、これからの日本企業に求められるCIOの役割や情シスの価値とは?(2018/3/23)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ5 れんがを積むだけのリーダー
言っていることと、やっていることに矛盾があれば、あなたの言葉に説得力はない。(2018/2/7)

“会社を揺るがす大事件”で火が付いた セゾン情報システムズの「働き方改革」
旧態依然とした働き方が“痛みを伴う大きな事件”につながってしまった――。二度と同じ過ちを冒すまいと誓ったセゾン情報システムズの働き方は、どう変わったのか。(2018/1/18)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ4 任せきれないリーダー
相手をリーダーだと認めて接しているだろうか? リーダーとして扱われていなければ、リーダーとして行動するはずはない。(2018/1/10)

Mostly Harmless:
RPAって、非効率なシステムを温存することになったりしないのか
RPAの導入で単純作業を自動化するのは効果的だが、非効率なシステムを温存することにならないよう、業務プロセスそのものやワークフローの見直しから取り組むべきケースも少なくない。(2017/12/7)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ3 むやみに褒めるリーダー
褒めれば褒めるほど、上下関係が強調される。そして上下関係は、指示を出す人と従う人という構造を生み指示待ち人間の温床になる。(2017/12/6)

PR:ディシジョンオートメーションは「ビジネスのデジタル化」の救世主となる存在か?
「ビジネスや業務をデジタル化したいが、うまくいかない」と悩む企業は少なくない。昨今ではRPAなども注目を浴びているが、単純作業だけではなく、人間の“判断”の部分もデジタル化するべきだ――という考え方が広まりつつある。それが「ディシジョンオートメーション」だ。(2017/11/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。