ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天カード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天カード」に関する情報が集まったページです。

三木谷氏、楽天モバイルを「0円でずっと使われても困る」と本音 赤字から反転へ
楽天グループの三木谷浩史会長が、同社の決算について説明し、2030年に向けての戦略「Vision2030」や楽天モバイルの新サービスについて語った。質疑応答では、同日午前に発表された新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」についての質問が集中した。今期(2022年第1四半期)が赤字のボトムとし、「黒字化していくシナリオが見えてきた」という。(2022/5/14)

Mobile Weekly Top10:
「PayPayカード」は「PayPay」の支払い用クレジットカードとして登録できない?
「PayPay(ペイペイ)」で使える後払いサービス「PayPay後払い」は、「PayPayカード」を発行するPayPayカードが手がけるサービスです。一体、何が違うのでしょうか……?(2022/5/14)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイル“0円撤廃”で業界に波紋 常識を覆す新プランは受け入れられるのか
楽天モバイルが新たに発表したプラン「UN-LIMIT VII」への反響は、これまでとは様相が異なっている。ネットでは「改悪」との声が多く、料金プランが自動移行されることに対しても批判が集まっている。悪い意味で“常識を覆す”モットーを実行してしまった楽天モバイルだが、挽回のチャンスはあるのか。(2022/5/14)

楽天モバイルの「月額0円」廃止、なぜ既存ユーザーにも適用? 三木谷氏が釈明
楽天モバイルは新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表した。従来の段階制プランを踏襲しつつ、月間1GB以下の「月額0円」は廃止された。(2022/5/13)

エンタメ・ホテルが多数:
顧客満足が高い企業、1位は「宝塚歌劇団」 10年以上業種別で1位を取り続けている企業は?
顧客満足が高い企業・ブランドランキングの結果を発表した。上位にはエンターテインメント・通信販売・飲食などの業種が多くランクイン。業種別のランキングで10年以上に渡り1位を獲得し続けている企業・ブランドは6社だった。(2022/5/11)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月24日最新版】 10%〜50%還元が目立つ
2022年4月24日〜5月2日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイとUber Eatsの連携に伴うキャンペーンでは、注文金額の最大20%が付与される。(2022/4/24)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月17日最新版】 10%〜30%還元が続く
2022年4月17日〜25日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。(2022/4/17)

メリットはある?:
マイナンバーカード「持っている」6割にとどまる 発行しない理由は?
保険マンモス(東京都港区)は、男女500人を対象にマイナンバーカードについてアンケートを実施した。現在マイナンバーカードを持っていない人は37%に上った。発行しない理由は「メリットがないから」などが挙がった。(2022/4/17)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月10日最新版】 10%〜30%還元が目白押し
2022年4月10日〜18日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。Coke ON Pay対応自販機では100円以上の製品の購入で毎週100円相当がもどってくる。(2022/4/10)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月3日最新版】 最大100%還元施策で新生活をお得に
2022年4月3日〜10日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。楽天ペイは抽選で最大全額をポイント還元する。(2022/4/3)

スマホ決済3〜4月のキャンペーンまとめ【3月27日最新版】 新年度も高還元率の施策が続く
2022年3月27日〜4月4日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayはセブン-イレブンアプリで1%〜1000%を還元。au PAYは高速バスチケット購入で最大30〜50%を還元。楽天カードの分割払い手数料が返ってくるキャンペーンも行われている。(2022/3/27)

最初からリボ払い設定になっているクレカは? カード別注意ランキング
 保険相談サービスを提供する保険マンモスは、クレジットカードのリボ払いで後悔した経験がある人を対象に、「クレジットカードのリボ払いに関するアンケート調査」を実施した。その結果、後悔した理由で最も多かったのが「手数料が高く、返済が終わらない」という理由だったことが分かった。(2022/3/25)

どこで買うと一番安い? 「iPhone SE(第3世代)」の価格まとめ
3月11日22時から「iPhone SE(第3世代)」の予約販売が始まる。そこで、Appleと大手キャリアにおける端末販売価格を簡単にまとめた。参考になれば幸いだ。(2022/3/11)

オリジナルデザインカードを発行:
楽天×西友のOMOが新フェーズに 「楽天ポイント」を軸に協業を強化
西友と楽天グループは、西友が運営する「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗において、「楽天ポイント」を軸にしたOMO戦略の新たな協業体制を4月から本格的に展開すると発表した。楽天の三木谷社長は「スーパーマーケットはOMO時代に突入した」と力強くアピールしているが、どのような戦略を描いているのか。(2022/3/10)

西友“楽天ポイントがたまる日本最大のスーパー”に 独自の楽天カード発行など協業強化
楽天グループと西友は、4月から協業をさらに本格化させる。西友オリジナル楽天カードを発行する他、ネットスーパーアプリに店舗で使える機能も追加する。(2022/3/10)

楽天モバイルショップが1000店舗を突破 条件達成で最大3万5000ポイントを還元
楽天モバイルは3月8日、実店舗が全国で1000店舗を超えたと発表した。2月4日には、4Gの人口カバー率が96%に到達した。これらを記念したキャンペーンを行い、条件達成で最大3万5000ポイントを還元する。(2022/3/8)

クレカ積立を大転換する楽天証券 楠雄治社長が語る狙いと背景
楽天証券の戦略が転機を迎えている。新規顧客を獲得する最大の武器だったクレジットカードによる投信積立について、ポイント還元率を従来の1%から、多くのファンドで0.2%まで引き下げる。この背景には何があったのか? 楽天証券の楠雄治社長に聞いた。(2022/2/18)

新連載 房野麻子の「モバイルチェック」:
モバイル事業でさらに赤字拡大の楽天、収益改善のタイミングはいつか?
携帯電話事業はエリア構築のため先行投資が必要で、事業開始当初、コストがかさんで赤字が続くのは仕方がない。しかし、そろそろ黒字化の見通しも知りたいところだ。三木谷浩史社長や楽天モバイルの山田善久社長は「22年第1四半期を収益のボトムに、22年第2四半期以降は収益の改善を見込む」とした。(2022/2/16)

楽天モバイルの5Gは“高速”にこだわる 三木谷氏「大阪駅前で驚がくのスピードが出る」
楽天グループの2021年度の連結売上業績は、携帯電話事業で基地局整備などによる投資が響き、2021年度のIFRS営業損失は1947億2600万円となった。楽天モバイルの5G戦略について三木谷氏は、低周波数の5Gにはそれほどメリットがないと話す。新周波数のSub-6やミリ波を使ってスピードを追求していく方針を示した。(2022/2/15)

楽天証券のクレカ積立ポイント改定、「最初の目論見が外れた。ビジネスとしての正常化図る」
ここ数年で事業が大きく拡大した楽天証券。口座数は700万を超え、国内株式の売買シェアは29%に達し、SBI証券と二強の座を確実にした。一方で、急拡大の弊害も現れてきた。(2022/2/9)

「満足度の高いクレジットカード」ランキング 3位は「リクルートカード」、2位は「エポスカード」、1位は?
調査対象は「本人名義の個人向けクレジットカードを、1カ月に1回以上利用している全国の18〜79歳までの利用者」1万2030人。(2022/2/5)

転機迎える楽天証券 クレカ積立の還元率を一部0.2%に引き下げ
楽天証券は、これまで積み立て額の1%を還元していたクレジットカードによる投資信託積立の還元率を変更する。9月から、一部の投資信託については0.2%に引き下げる。楽天証券は4月から、保有する投資信託に付与するポイントを引き下げる予定で、相次ぐ還元の引き下げに、ネットでは「改悪」の声が飛び交っている。(2022/2/1)

83%超がクレジットカードを保有:
成人男女が選ぶ「クレジットカード」 最も所有者が多かったのは?
テクノロジーパートナーは、18〜99歳の5000人を対象に「クレジットカード関するアンケート調査」を実施した。所有者が最も多かったカードは?(2022/1/31)

楽天カード、発行枚数2500万枚突破 取扱高は前年同期比25%増
楽天カードは1月27日、カード発行枚数が2021年12月に2500万枚を超えたと発表した。日本クレジット協会によると、国内で発行されているクレジットカードは2億9531万枚。楽天カードは全体の1割近い枚数だ。(2022/1/27)

freee会計、楽天銀行とのAPI接続停止 契約更新できず
freeeは1月24日、楽天銀行との間で行っていたAPI連携を2月24日夕方をもって停止すると発表した。これにより、freee会計において楽天銀行の口座明細の自動取り込みが行えなくなる。(2022/1/24)

freee、楽天銀行との連携を2月に終了へ 口座の利用明細の自動取り込みが停止に
freeeは、クラウド会計ソフト「freee会計」をはじめとした同社の全サービスと、楽天銀行との連携を2月24日で終了する。これに伴い、楽天銀行の法人口座や個人ビジネス、個人口座の利用明細の自動取り込みを同日に停止する。(2022/1/24)

ドコモオンラインショップが「クレジットカード決済」の要件を厳格化 「3Dセキュア 2.0」対応カードが必須に
NTTドコモの直販サイト「ドコモオンラインショップ」で商品代金をクレジットカードで支払う場合の条件が厳格化された。1月12日以降は、「3Dセキュア2.0(EMV3Dセキュア)」に対応するカードを使うことが必須となる。(2022/1/12)

楽天カード、2枚目カードでキャンペーン ツイートで当選人数が倍に
 楽天カードは1月11日より、2枚目の「楽天カード」で5万円以上利用した人を対象に抽選で500人に1000ポイントが当たるキャンペーンを実施すると発表した。(2022/1/12)

Mobile Weekly Top10:
「2021年を代表するスマホ」は何? ライター陣の視点に注目!/「楽天モバイル×iPhone」の問題が解決
その年を代表するスマートフォンを選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」が2021年も開催されました。審査員が推薦する端末から本戦に進むものを選ぶのですが、今回は数年ぶりにiPhoneが“選外”となりました。(2022/1/7)

楽天カードが「マイナポイント第2弾」に参加 最大5000ポイント還元
楽天カードは、2022年1月1日からスタートする「マイナポイント第2弾」にキャッシュレス決済事業者として参加。条件を満たすと最大5000円相当の楽天ポイントを付与する。(2021/12/28)

PR:一回使ったら手放せない! スマホで注文&決済→お店で受け取るだけ「マクドナルドのモバイルオーダー」に、d払いと楽天ペイも仲間入り
テイクアウトの進化系サービス、あなたはもう使ってる?(2021/12/10)

楽天カード、ゆうちょ銀行デザイン 発行開始
 楽天カードは12月1日、ゆうちょ銀行と連携し、新たに「楽天カード ゆうちょ銀行デザイン」「楽天カード ゆうちょ銀行お買いものパンダデザイン」の申し込み受け付け、発行を開始した。両カードの発行を記念したキャンペーンなども、同日より実施する。(2021/12/2)

楽天カード、デザインリニューアル 表面番号レスに
楽天カードは11月25日、デザインをリニューアルした新カードの申し込み受付、発行を開始した。カード番号を表面から裏面に移行。凹凸のないエンボスレスとなり、表面にはマット加工を施した。VisaおよびMastercardについては、タッチ決済にも対応する。(2021/11/25)

「楽天カード」デザイン刷新 カード番号、表面から消える
「楽天カード」のデザインがリニューアル。カード番号と有効期限を表面から削除し、裏面に印字した。(2021/11/25)

iPhone 13シリーズはどこで買うのが安い? 「2年使う場合」の実質価格を比較
「iPhone 13」シリーズを購入する場合の負担額を調べる。前回の12カ月後に返却した場合に続き、今回は24カ月後に返却した場合だ。やはり楽天モバイルが最も安い結果となったが、それは付与される楽天ポイントを全て機種代金に充当した場合も含んでいる。(2021/10/29)

iPhone 13シリーズはどこで買うのが安い? 「1年使う場合」の実質価格を比較
「iPhone 13」を4キャリアが発売して1カ月近く経過したが、どのキャリアで購入するのが最も安いだろうか。今回は各社が実施しているキャンペーンや端末購入補助プログラムを利用した状態で、「12カ月利用後に端末を返却する」ことを条件に調べてみた。(2021/10/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“画期的”楽天ポイント利息、原資はポイントの改悪分?
楽天グループは18日、預けるだけで預金金利のように楽天ポイントが増える「楽天ポイント利息」の提供開始をアナウンスした。一度で最大50万ポイントまでポイントを預けることができ、月利にして0.009%、年0.108%ずつポイントが増えていくサービスである。楽天ポイント利息は「元本保証で、減少することはありません」と明記されている点で画期的である。(2021/10/22)

スマホユーザーのマイナポイント申請率は51.4%、登録先トップは「PayPay」 MM総研が調査
MM総研は、10月12日に「スマートフォンユーザーのマイナポイント申請状況調査」(2021年8月末時点)の結果を発表。マイナポイント申請率は51.4%、登録先トップは「PayPay」となった。(2021/10/12)

楽天モバイルが「AQUOS zero6」発売 MNPなら4万9800円
シャープは、10月14日に楽天モバイルから5G対応スマートフォン「AQUOS zero6」を発売。価格は6万9800円(税込み、以下同)で、最大2万円相当のポイント還元を受ければ実質4万9800円で購入できる。(2021/10/11)

楽天がポイント付与を改悪、税抜金額に 付与ポイントは1割減少
楽天グループは2022年4月1日から、楽天市場などにおける楽天ポイントの付与対象を変更する。これまで消費税込みの金額に対してポイントを付与していたが、税抜きに切り替える。(2021/10/4)

SBI証券、投信積立設定額500億円突破 楽天を追走
SBI証券は投資信託の積立設定金額が、9月17日の時点で月間500億円を突破したことを明らかにした。200億円を突破したのは2020年3月。そこから1年半で2.5倍となった。(2021/9/29)

「iPhone 13シリーズ」は販路で値段が違う? Apple直販+4キャリアの販売価格を比べてみよう
9月24日に発売する「iPhone 13シリーズ」の販売価格が一通り出そろいました。販路によって選べる買い方をチェックしつつ、その値段について比較してみましょう。(2021/9/19)

楽天モバイルが「iPhone 13シリーズ」の販売価格を発表 キャリアとしては最安値
楽天モバイルが、iPhone 13シリーズの販売価格を公表した。Apple Store価格と同額かわずかに安価な設定となっており、大手キャリアとしては最安値だ。(2021/9/17)

キャリアユーザーが利用するポイントやクレカは「楽天」がトップ MM総研が調査
MM総研が「携帯電話ユーザーが、契約しているキャリアの提供する各種サービスの利用率」を調べた。結果どのキャリアでもカードやECサイトで「楽天市場」の利用割合が高かった一方、QRコード決済はキャリアのサービスを利用する割合が高かった。(2021/9/9)

PayPayは最大10万円還元、20%〜50%還元も充実 スマホ決済9月のキャンペーンまとめ
2021年9月もスマホ決済キャンペーンラッシュが続く。ネットユーザー必見なのが、1等で100%還元となる「秋のペイペイジャンボ(オンライン)」。初回利用でユーザーを呼び込もうとするキャンペーンも充実している。(2021/9/6)

「楽天ポイント」発行数が年々加速 累計2.5兆ポイント突破で“楽天経済圏”拡大をアピール
「楽天ポイント」の累計発行数が2兆5000億ポイントを超えた。ポイント発行数が年々加速しているとして、楽天経済圏”の拡大をアピールしている。(2021/9/1)

スマホ決済の満足度1位は「PayPay」、マイナポイント最多は「楽天カード」 オリコンの調査
oricon MEは、9月1日にスマホ決済サービスの満足度調査について発表した。満足度総合1位は「PayPay」で、マイナポイント申込をしたキャッシュレス決済の最多は「楽天カード」となった。(2021/9/1)

Visaのタッチ決済、ファミリーマートで12万人に1000円還元
ビザ・ワールドワイド・ジャパンは、9月1日〜9月30日にファミリーマートでキャンペーンを開催。Visaのタッチ決済を500円以上(税込み)かつ2回以上利用した中から抽選で12万人に1000円をキャッシュバックする。(2021/9/1)

ファミマでVisaのタッチ決済キャンペーン、12万人に1000円を付与
ビザ・ワールドワイド・ジャパンは9月1日から、Visaのタッチ決済のキャンペーンとして、ファミリーマートで500円以上の決済を2回以上すると、抽選で12万人に1000円をキャッシュバックする。期間は9月30日まで(2021/9/1)

決済手数料有料化のPayPay、黒字化への道筋(前編)
 PayPayは8月19日、これまで無料としてきた「MPM」方式と呼ばれる店舗に印字されたQRコードを掲示してユーザーがスマートフォンアプリで読み取って支払いを行う決済について10月1日以降の手数料を1.60%または1.98%にする。これによって業界がどのように変化し、これによって赤字続きだった同社がいかに「黒字化」を考えているのか、ビジネスモデルの面から考えてみたい。(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。