ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天カード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天カード」に関する情報が集まったページです。

楽天カードを使った投信積み立て、利用者100万突破 カード保有者の約5%
楽天証券は4月13日、楽天カードを使った投信積み立て設定件数が100万口座を突破したと発表した。(2021/4/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
楽天で相次ぐ“ポイント改悪”……それでも顧客は流出しない?
楽天ゴールドカードのポイント還元率が減少するまで、あと3週間を切った。楽天がポイントにメスを入れる背景には、国際会計基準(IFRS)ではポイント還元のカットは売上高を直接押し上げる効果があるからだ。一方で、このようなポイント還元のカットが今後幾分か重なったとしても、急激な顧客離れは起きにくいと考えている。なぜなら、顧客のスイッチングコストが大きいからだ。(2021/3/12)

楽天カードかたる詐欺メールに注意 偽のログイン画面に誘導しクレカ情報を窃取
フィッシング対策協議会が、楽天カードをかたるフィッシングメールを確認したとして注意喚起。ECサイト「楽天市場」が障害から復旧したなどと偽ってフィッシングサイトへ誘導するという。(2021/3/4)

楽天カード、公共料金の獲得ポイントが5分の1に 6月1日から
100円利用につき1ポイント付いていたが、500円利用につき1ポイントに変わる。(2021/3/1)

3枚以上所有する人が多い:
クレカを選ぶ際、重視する点は? 「ポイントサービスの充実度」を抑えて1位になったのは……
リサーチ会社のマイボイスコムが「クレジットカードの利用」に関する調査結果を発表した。クレカの所有枚数や選定時の基準などが明らかになった。(2021/2/16)

万年4位にとどまるつもりはない――楽天モバイルの2020年とこれから
楽天が2020年の通期連結決算を発表した。巣ごもり需要により増収したものの、楽天モバイルにおいて基地局設置計画を前倒すなどした影響で営業赤字で終わった。2021年夏までには、2026年夏までに達成するとしていた「人口カバー率96%」を実現する計画だ。(2021/2/12)

カードで投信積み立て広がる SBIと三井住友カードも開始
クレジットカードで投資信託を積み立てるサービスに各社が力を入れている。SBI証券と三井住友カード(SMCC)は6月30日から、三井住友カードを使った投資信託の積み立てサービスを開始する。(2021/2/8)

楽天モバイルの新料金プランは「1GBまで0円」で成り立つのか? 楽天の河野CMOに聞く
ワンプランを維持しつつ、段階制を導入することで、低容量や中容量のユーザーに対する値下げに踏み切った楽天モバイル。同社の「UN-LIMIT VI」は、月額2980円でデータ容量が使い放題になる特徴はそのままに、一定容量以下の場合、自動的に料金が安くなる。1GB以下なら0円で済む。なぜ楽天モバイルは、このような新料金プランを導入したのか。(2021/2/3)

楽天証券、月間の投信積立額が350億円超に ”楽天投資エコシステム”が効果
楽天証券の投資信託積立額が月間で350億円を超えてきた。約110万人が積み立てを設定しており、前年から約2倍に。投資信託の残高は前年同期から53.3%増えて、1.5兆円を超えた。利用者の心を捉えたのは、楽天ポイントを活用した"投資エコシステム”だ。(2021/2/2)

楽天ゴールドカード、SPU倍率を4倍から2倍に変更 年会費返金も
楽天カードは、楽天ゴールドカードの特典ポイントを+4倍から+2倍に引き下げると発表した。楽天市場で適用になるスーパーポイントアッププログラム(SPU)について、4月1日以降から改訂となる。(2021/1/14)

原因は「脆弱性ではない」:
楽天、PayPayの情報漏えい、原因はセールスフォース製品の設定ミス?
セールスフォース・ドットコムが、同社の製品を導入した企業から情報漏えいの報告を受けたと発表。企業名は明かしていないが、楽天やPayPayなどがセールスフォースの製品を利用していたと報じられている。(2020/12/28)

楽天、148万件の情報流出か 不正アクセス5年間  
楽天は25日、楽天市場や電子決済サービス「楽天Edy」、楽天カードで148万件超の企業や個人情報が流出した可能性があると発表した。(2020/12/26)

楽天市場や楽天Edyに外部から不正アクセス 148万件強の個人情報流出の可能性
楽天、楽天カード、楽天Edyは、社外の営業管理システムに外部からアクセスがあったことを告知した。原因はセキュリティ設定の不備。個人情報の悪用など実害を被った場合、誠意を持って対応するとしている。(2020/12/25)

楽天に不正アクセス、最大148万件以上の情報流出の恐れ 営業管理用SaaSの設定にミス
楽天グループが、利用中の営業管理用SaaSに不正アクセスを受け、保管していた個人情報など最大148万6291件が流出した可能性があると発表した。営業管理用SaaSのセキュリティ設定にミスがあったことが原因という。(2020/12/25)

楽天カード、12年連続の顧客満足度1位 生保、損保、キャッシュレス決済トップは?
日本生産性本部は12月22日、日本版顧客満足度指数(JCSI)の調査結果を発表した。宅配便、生命保険、損害保険、クレジットカード、キャッシュレス決済の5業種において、企業・ブランドの顧客満足度を調査したもの。(2020/12/22)

PR:使い切れない「楽天ポイント」は「楽天ペイのSuica」にチャージすべし! 2人に1人、必ず当たる! 1000ポイントゲットのチャンスも見逃すな
「楽天ペイのSuica」は、「楽天ペイアプリ」から簡単に発行でき、楽天カードからチャージをするたびに楽天ポイントが貯まるサービス。12月9日から、貯まった楽天ポイントからSuicaにチャージをすることが可能になった。その便利さや、どんな人にピッタリなのかを解説しよう。(2020/12/18)

楽天証券500万口座突破 9カ月で100万口座増
楽天証券は12月15日、証券口座数が500万に達したと発表した。コロナ禍の中、オンライン証券の利用者は増加しており、後押しとなった。(2020/12/15)

楽天ペイで「楽天ポイント」から「Suica」へのチャージが可能に
スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」で「楽天ポイント」から「Suica」へのチャージが可能に。これを記念して、抽選でポイントチャージ分の全額が楽天ポイントで還元されるキャンペーンを行う。(2020/12/9)

最大10万円当選や20%還元など大型キャンペーンが続出 スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
年末らしく、12月は特に大型キャンペーンが続くスマホ決済。PayPayの最大10万円を還元する「ペイペイジャンボ」や、au PAYが12月にスタートした最大20%還元キャンペーン目立つが、ドコモもdカード5周年を記念した5億円還元キャンペーンを始める。(2020/12/7)

楽天ペイ、全国12都市で最大10%還元キャンペーン 12月1日から
楽天ペイは、12月1日から全国12都市の対象店舗で「最大10%還元!楽天ペイで地元のお店応援」を開催。済金額の最大10%分を「楽天ポイント」で還元する。(2020/11/27)

楽天ペイ、マイナポイント申し込みで2000万ポイントの山分けキャンペーン
楽天ペイメントは、決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」でマイナポイントを申し込んだ利用者へ楽天ポイントを2000万ポイントを山分けする独自のキャンペーンを開催。エントリーは不要で、キャンペーン発表前に申し込みを行っているユーザーも含まれる。(2020/11/16)

【楽天BLACK FRIDAY】最大44倍ポイントアップの事前エントリー開始! 1500円OFFクーポンも配布中
6日間開催!(2020/11/15)

楽天モバイルの申込数が160万を突破 三木谷氏は“携帯料金値下げ”の動きを歓迎
楽天モバイルの累計契約申込数が、2020年11月時点で160万を突破した。MVNOからの乗り換えはまだ進んでいないが、2021年夏に人口カバー率96%を達成することで、移行も進むと三木谷氏はみている。月額2980円で使い放題という料金プランは、他社にはマネできないだろうと自信を見せる。(2020/11/12)

楽天カード、マイナポイント申し込みでポイント10倍キャンペーン
楽天カードはマイナポイントの申し込みで、楽天市場での買い物のポイントが10倍になるキャンペーンを実施する。抽選で1500人。(2020/10/27)

女性が魅力を感じるクレジットカード、1位「アメックスプラチナ」 2位「楽天カード」と、「高収入そう」「堅実そう」で票が割れる結果に
正反対のイメージのカードが1位と2位にランクイン。(2020/10/20)

「分割」が「一括」に――楽天モバイルで端末代金の「請求ミス」が発生 原因は「システム不具合」
楽天モバイルで、端末やアクセサリーを「分割払い」で購入した一部のユーザーにおいて、代金が「一括払い」で請求されるトラブルが発生した。請求システムの不具合が原因だという。(2020/10/6)

PR:楽天ポイントをためるなら“楽天ペイのSuica”を使うべし お得の理由を徹底解説
「楽天ペイ」アプリから「Suica」を発行できることはご存じだろうか。楽天カードからSuicaにチャージをすれば、楽天ポイントをためられる。JRE POINT Webサイトに登録したモバイルSuicaでJR東日本の鉄道を利用すると、50円ごとに1ポイント(※カードタイプのSuicaの場合は、200円ごとに1ポイントたまる)のJRE POINTがたまるので、ポイントの二重取りができる。(2020/9/30)

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 9月時点の追加特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/9/10)

楽天ポイントで100人に50%還元、マイナポイント登録で当選確率が50倍に
共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」で、楽天グループのキャッシュレス決済を「マイナポイント」で登録すると当選確率が50倍となる50%ポイントバックキャンペーンを開催。期間は9月4日から12月31日まで。(2020/9/4)

ICT総研調査:
マイナポイント開始、「登録した」は16% 今後増える?
マイナンバーカードを使ったポイント還元策「マイナポイント」が始まったが、ICT総研の調査によると、登録者は16.6%にとどまった。「今後、登録・利用したい」と答えた人と合わせると、半数弱になるという。(2020/9/1)

クレカ払い時のみ利用可:
楽天モバイルが「キャリア決済」を開始 Google Playストアに対応 10%還元キャンペーンも実施
楽天モバイルがキャリア決済サービスを開始した。ただし、クレジットカードで利用代金を支払っているユーザーが対象となる。(2020/9/1)

マイナポイント還元事業スタート キャッシュレス決済・チャージで最大5000円相当を還元
総務省が、キャッシュレス決済などを行ったマイナンバーカード所有者を対象に最大5000円相当のポイントを還元するマイナポイント還元事業を始めた。(2020/9/1)

マイナポイントの登録サービスはPayPayとWAONが上位 理由は?
ICT総研は、8月31日にマイナポイント利用状況に関する調査結果を発表した。認知度は87.5%と前回調査時から34.8ポイント、理解度も前回調査時から22.7ポイントアップ。登録キャッシュレス決済のトップは「PayPay」の22.3%がトップとなった。(2020/8/31)

クレカ顧客満足度、楽天カードが複数部門トップに JDパワー調査
J.D.パワー ジャパンは8月25日に、2020年のクレジットカード顧客満足度調査の結果を発表した。無料カード含む複数部門で楽天カードがトップ。また、年会費1万円未満ではエポスカード、年会費2万円以上ではトップはJCBカードだった。(2020/8/25)

マイナポイントの認知度は83.1%、設定サービス上位は「PayPay」「楽天カード」「WAON」 MMDが調査
MMD研究所は、8月14日に「マイナンバーカードとマイナポイントに関する調査」の結果を発表した。マイナポイントの認知度は83.1%で、利用意向は29.9%。設定した決済サービスや利用意向者が設定したい決済上位は「PayPay」「楽天カード」などになった。(2020/8/14)

楽天モバイルは2021年夏に人口カバー率96%へ、5Gは「大々的に発表する」と三木谷氏
楽天の三木谷浩史会長兼社長が、8月11日の決算説明会で、MNOサービス「楽天モバイル」の現状を説明した。基地局は2021年3月までに70%、2021年夏頃までには96%の人口カバー率を達成する見込み。9月末に提供予定の5Gサービスの料金プランは「驚きもある」という。(2020/8/11)

マイナポイント決済手段争奪戦 5000円還元に加え上乗せキャンペーンで各社激戦
マイナポイント事業は、7月1日より事前予約がスタートし、キャッシュレス決済会社が顧客獲得に向けて早々に独自のキャンペーンを展開している。選べる決済方法は1種類で、後から変更もできないため、各社は追加の上乗せキャンペーンを行い、顧客囲い込みに動いている。(2020/8/11)

ポイントや決済サービスの利用者が多い携帯キャリアは? MM総研が調査
MM総研は、8月7日に2020年6月末時点のポイント/決済サービスの携帯キャリア別利用状況の調査結果を発表。ポイントサービス、クレジットカード、ECサイトのクロスユース率は楽天モバイルがトップで、QRコード決済ではソフトバンクが大幅に増加した。(2020/8/7)

小売・流通アナリストの視点:
「5000円分還元」にとどまらないマイナポイント事業の効果と、真の狙いとは?
6月に終了したキャッシュレス還元に続く、マイナポイント事業。登録・利用で1人につき5000円分のポイント還元を受けられるが、それ以上に得られるものがあると筆者は解説する。キャッシュレス政策が持つ真の狙いに迫る。(2020/8/4)

楽天ペイが「JCB」「American Express」に対応
楽天ペイアプリで、7月29日から支払い元に、楽天カード以外のクレジットカード会社が発行するJCB、American Expressのカードが登録可能に。VISA、Mastercard、JCB、American Expressの国際ブランドカードで支払い可能となる。(2020/7/30)

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 主要サービスの特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/7/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
25%還元のマイナポイント 2100万枚のマイナンバーカードを倍増させられるか
キャッシュレス還元事業が、6月30日に終了した。政府が次に用意した還元策が「マイナポイント」事業だ。マイナンバーカードと任意のキャッシュレス決済サービス1つを紐づけることで、支払額の25%が還元される。前提となるマイナンバーカードの保有者数は2100万人。マイナポイントではこれを約2倍の4000万人に持っていく狙いだ。(2020/7/3)

マイナポイントの認知度は53%、登録意向トップは「PayPay」 ICT総研の調査
ICT総研は、6月29日にマイナポイント利用意向に関する調査結果を発表。「聞いたことがある」は計52.7%となった一方、内容を把握している回答者は14.1%にとどまった。利用意向者は34%だが、マイナンバーカード未取得者ほど消極的となっている。(2020/6/29)

米国株、若者に人気 楽天証券では投資家が数倍以上に
日本人の投資といえば日本株が当たり前だった。ところが若者を中心に、米国株取引が急増している。楽天証券によると、同社で米国株を取引する人の数は、前年比で数倍以上に増加した。その背景には何があったのだろうか。(2020/6/19)

楽天ペイなら計26.5%還元 楽天ペイメントら3社が「マイナポイント」の詳細を案内
楽天グループの楽天カード、楽天ペイメント、楽天Edyの3社は、総務省が実施する「マイナポイント事業」における決済事業者として、各決済サービスで「マイナポイント」への申込受付を7月に開始する。3社は6月17日、各サービスサイトにてマイナポイント事業の特設ページを開設した。(2020/6/17)

Rakuten Linkアプリに「ニュース」と「ウォレット」機能が追加
楽天モバイルの「Rakuten Link」アプリが、アップデートで機能を拡充。新たに「ニュース」と「ウォレット」の機能が追加された。ニュースでは、新聞社やIT系メディアが配信するニュースを閲覧できる。ウォレットでは、楽天の決済・金融サービスにアクセスできる。(2020/6/16)

楽天ペイ、7月から「楽天キャッシュ」と「楽天ポイント」での支払いも1%還元対象に
7月1日から「楽天ペイ」のコード決済で、楽天ポイントと楽天キャッシュで支払った際にも、1%の楽天ポイントを還元する。楽天カードからのチャージで200円(税込み)につき1ポイント(0.5%)の還元と合わせ、最大で1.5%の還元を受けられる。楽天キャッシュで支払った際に1〜200ポイントを還元するキャンペーンも実施する。(2020/6/15)

楽天ペイアプリでSuicaを発行してみた どんな人にメリットがある?
楽天の決済サービス「楽天ペイ」にSuica機能が追加されて利用できるようになり、これまでよりも便利に使えるようになった。そこで楽天ペイでSuicaを使えるようにする際のポイントと、その活用についてご紹介しよう。(2020/6/12)

スマホ決済6月のキャンペーンまとめ PayPayは最大1000%還元、オンラインやコンビニで最大10%〜20%還元も
6月のコード決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。PayPayは抽選で決済金額の最大10倍(1000%)のPayPayボーナスを付与するキャンペーンを展開している。au WALLET ポイントがPontaに統合されたり、楽天ペイアプリからSuicaを発行可能になったりと、キャンペーン以外での動きも多い。(2020/6/8)

楽天ペイを初めて使うと5%還元キャンペーン 6月30日まで
楽天ペイメントは、5月25日にキャンペーン「初めての楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」を開催。スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を初めて利用するユーザーが対象で、対象店舗はテークアウトも含む導入全店舗。(2020/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。