ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カシオ日立モバイルコミュニケーションズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カシオ日立モバイルコミュニケーションズ」に関する情報が集まったページです。

G'zOne初のWINモデル タフネスケータイ「G'zOne W42CA」(懐かしのケータイ)
カシオのタフネスケータイ「G'zOneシリーズ」の6代目として登場したW42CAは、シリーズ初の「CDMA 1X WIN」に対応。外部メモリーにも初対応し、リッチなauサービスを利用できました。(2017/12/30)

製造マネジメントニュース:
NEC、スマホ事業“前向き”な撤退――脱“モノ”売りを加速
NECは、NECカシオモバイルコミュニケーションズが担っていた携帯電話端末事業を見直し、スマートフォン事業からの撤退を正式発表した。同社は、主力の社会ソリューション事業に集中する「前向きな撤退」ということを強調した。(2013/7/31)

ソフトバンクのNEC・カシオ日立端末に、「みまもりケータイ」からのSMSが利用できない不具合
ソフトバンクモバイルは、NECとカシオ日立製の携帯電話に、「みまもりケータイ」からの位置情報付きSMSが利用できない不具合があると発表した。ソフト更新で対応する。(2011/9/22)

“極薄”と“タフネス”が武器:
NECカシオが総力戦で挑むAndroid市場――LTEスマホも「タイムリーに投入」
NECカシオが事業戦略説明会を開催。極薄“MEDIAS”とタフネス“G'zOne”という人気ブランドを擁する同社は、今後もAndroid開発を強化。NECグループの持つ資産を活用した総力戦で、グローバルなAndroid市場の攻略に挑む。(2011/5/18)

写真で解説する「N-03C」
NECカシオモバイルコミュニケーションズの「N-03C」は、防水・防塵機能に加えドコモケータイとしては初となる本格的な耐衝撃性能を備えたタフネスケータイ。スノーボードブランド「BURTON」とのコラボモデルもランアップに加えたアクティブなモデルだ。(2011/1/7)

開発陣に聞く「G'zOne TYPE-X」:
すべてで「これぞG'zOne」を目指して──10年目で到達した「原点回帰」
ブランド名を冠したケータイの中でも特に熱狂的なファンが多いのが、カシオ計算機のG'zOneシリーズだ。初代G'zOneの発売から10年を迎えて原点回帰を目指した「G'zOne TYPE-X」には、開発陣の熱い思いが詰め込まれている。(2010/12/13)

ワイヤレスジャパン2010:
「N-08B」でLuiのデモ、QWERTYキー付きG'zOne端末の展示も――NECカシオブース
2010年6月1日にNEC携帯電話部門とカシオ日立モバイルコミュニケーションズが統合したNECカシオコミュニケーションズは、夏モデルやG'zOneシリーズの海外向けモデルなどを展示していた。(2010/7/16)

業界再編、加速か:
富士通と東芝、携帯電話事業統合の報道にコメント
富士通と東芝は、携帯電話事業を統合する方向で最終調整に入ったという日本経済新聞の報道に対し、コメントを発表。“決まったことはない”としている。(2010/6/11)

「Androidは年内」――マルチブランドで国内外の端末市場に挑むNECカシオ
「今までの事業領域をコツコツとやっていても事業は広がらない」――NECカシオモバイルコミュニケーションズでは、NEC、カシオ、日立のそれぞれのブランドや得意領域を生かした製品展開に加え、クラウドサービスとの連携で商品力の向上を図る。さらに、Android端末を「年内に出す方向で進めている」というコメントも。(2010/5/25)

NECとカシオ日立、6月1日に事業統合へ――海外競争法審査が完了
NECとカシオ日立モバイルコミュニケーションズが6月1日に事業を統合。遅れていた海外の競争法審査が完了し、準備が整った。(2010/5/1)

NEC・カシオ・日立の携帯合弁、再び延期 6月1日に
NECとカシオ、日立の携帯電話事業の統合がさらに1カ月延期。6月1日に。(2010/4/20)

NECとカシオ日立の携帯事業統合、再度延期――6月1日に
5月1日を予定していたNECとカシオ日立モバイルコミュニケーションズの合弁事業開始が、6月1日に延期された。(2010/4/20)

Androidアプリ開発者向けモデルも:
「SO004」「SO003」「CA005」「HIY02」がJATE通過――au向け夏モデルか
auとドコモの新機種と思われるモデルがJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過。“夏モデル”の足音が近づいてきた。(2010/4/6)

NECとカシオ日立、5月1日に事業統合
NECとカシオ日立モバイルの携帯電話事業を統合する合弁会社、NECカシオモバイルコミュニケーションズが5月1日にスタート。シナジー効果を生かした端末作りで国内外でのシェア拡大を目指す。(2010/3/24)

NEC・カシオ・日立の携帯合弁、1カ月延期
NECとカシオ計算機、日立製作所は、3社の携帯電話事業統合が、当初予定の4月から1カ月ほど遅れる見通しだと発表した。(2010/3/1)

NECとカシオ日立の携帯事業統合、法審査の影響で延期
NECとカシオ日立モバイルコミュニケーションズの合弁事業開始が、1カ月程度遅れることになった。海外での競争法審査の課程で、対応に時間がかかったためとしている。(2010/2/26)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライターmemn0ck編):
FeliCa+オープンプラットフォーム――「ノブレス携帯」から期待する“和洋折衷”
撤退や統合するメーカーが相次いだ2008年に続き、NECとカシオ日立が統合するなど、2009年も携帯メーカーは苦しい状況に立たされている。オートGPSやソーラーパネルなど新たな機能やサービスも登場したが、各メーカーは海外端末やプラットフォームに、日本の技術をどのように融合させるかを思案している印象を受けた。(2009/12/21)

NECが「NECカシオ」設立 カシオ日立との事業統合に一歩前進
NECが、12月22日付で100%子会社「NECカシオ モバイルコミュニケーションズ」を設立する。2010年4月にNECとカシオ日立が携帯電話事業をこの会社に統合する計画。(2009/12/21)

ケータイ世代の女性が企画:
男の知らない“きれい”とは――4000枚以上の写真から完成したカシオ端末の「美撮り」
カシオ日立モバイルコミュニケーションズの中澤優子氏は、入社2年目にして、同社のソフトバンクモバイル向け1号機の開発チームに抜擢された。周りは年の離れた男性ばかりという環境の中、彼女に課せられたのは「女性向けモデルの企画」。そこで考案したのが「美撮りモード」だった。(2009/12/15)

パーソナライズに手応え、ネット連携のさらなる強化も――NECの携帯戦略
ユーザーの消費マインドが“こだわり”と“割り切り”とで2極化している中、NECは「パーソナライズ」型の商品に注力することで利用者の心をつかもうとしている。(2009/11/25)

多様なニーズに応える14機種58色――シャープの2009年冬・2010年春モデル
シャープがドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル向けの2009年冬・2010年春モデルのラインアップ全14機種58色を紹介する携帯電話事業説明会を開催。通信システム事業本部長の大畠昌巳氏が、新モデルラインアップの狙いと今後の戦略を語った。(2009/11/18)

神尾寿のMobile+Views:
国内メーカーを取りまく三重苦──携帯電話市場はいつ回復する?
2009年上期の端末出荷台数が、2000年以降の上期実績としては過去最低を更新した。端末市場の「冬の時代」はいつまで続くのだろうか。(2009/10/28)

「SH-01B」「SH-04B」「SOY02」などがJATE通過――各社の冬モデルか
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの新機種と思われるモデルが続々とJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過した。(2009/10/1)

ふぉーんなハナシ:
NECとカシオ日立の事業統合、シャープとパナモバは「他社のことなので……」
事業統合により、国内シェア2位のメーカーとなるNECカシオ モバイルコミュニケーションズ。現在、国内シェアトップのシャープと2位のパナソニック モバイルコミュニケーションズの反応は……。(2009/9/16)

「F-01B」「P-01B」「L-02B」などがJATE通過――ドコモ向け新機種か
型番の末尾に“B”の文字が付く、富士通、LGエレクトロニクス、パナソニック モバイル製の端末がJATEの認定を受けた。ドコモの冬モデルである可能性が高い。このほか、カシオ日立の「CA004」とソニエリの「SO002」も認定を受けた。(2009/9/15)

早期の国内シェアトップを目指す――NECとカシオ日立、事業統合の狙い
大きな落ち込みを見せている携帯端末市場で、再び生き残りをかけた大きな合従連衡の動きが起きた。NECとカシオ日立が事業を統合し、国内シェアトップを目指すともに海外展開を強化する。(2009/9/15)

「国内に携帯8社は多すぎる」 NEC、カシオ、日立、携帯統合で海外市場へ
「携帯電話の国内市場はほぼ半減し、回復が見込めない。合従連衡は不可避」――NECとカシオ日立が統合し、「NECカシオ」に。生き残りをかけ海外市場に攻め込む。(2009/9/14)

NEC携帯部門とカシオ日立が事業統合、NECカシオ モバイルコミュニケーションズ設立へ
NECとカシオ計算機、日立製作所が、NECの携帯電話端末事業部門とカシオ日立モバイルコミュニケーションズの事業統合を決定した。新会社には3社の携帯電話端末の商品企画、開発、生産、販売、保守事業を統合する。(2009/9/14)

「NECカシオモバイル」4月に設立 NEC、カシオ、日立が携帯電話事業を統合
NEC、カシオ、日立が携帯電話事業を統合すると正式に発表した。合弁新会社「NECカシオモバイルコミュニケーションズ」を、来年4月に設立する。(2009/9/14)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月22日〜8月28日
NEC、日立、カシオが携帯電話事業を統合すると一部メディアが報道。NokiaはミニノートPCとLinuxスマートフォンを投入すると発表した。日本通信は050電話番号のIP電話サービスの提供を開始する。(2009/9/1)

NEC、日立、カシオ 携帯事業統合の報道に「決定していない」
NEC、日立製作所、カシオ計算機の3社が、28日に報じられた携帯電話事業の統合についてコメントした。(2009/8/28)

ふぉーんなハナシ:
キャリアが提供する人気端末ランキング
NTTドコモが8月26日、同社のWebサイトのアクセス数を集計した端末の注目度ランキングを公開した。これに合わせ、ほかのキャリアが提供している端末の人気ランキングや販売ランキングも調べてみた。(2009/8/26)

「CA003」がJATE通過──auの次期新モデルか
au向けの次期モデルと思われる、カシオ日立製の「CA003」がJATE(電気通信端末機器審査協会)の認定を取得した。ドコモ向けのデータ通信カードとおぼしきLGエレクトロニクス製の「L-07A」という端末も通過している。(2009/8/17)

KDDIがLiMo Foundationに加盟
KDDIと、タッチパネル関連技術などに強みを持つ米国のImmersionが、LiMo Foundationに新たに加盟した。(2009/8/12)

「830N」と「930CA」にフリーズやリセットの不具合
ソフトバンクの「830N」と「930CA」に不具合があることが判明。ソフトバンクは7月1日からソフトウェア更新を開始する。(2009/7/1)

「F-10A」がJATE通過――ドコモ向け「らくらくホン」の新機種か
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル向けの夏モデルがJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過した。このほか、富士通製の「F-10A」も通過。ドコモ向けの次期モデルだと思われる。(2009/6/15)

センサーアプリがさらに充実――タフネスケータイの最新モデル「G'zOne CA002」
「G'zOne CA002」は、基本性能やデザインは「G'zOne W62CA」をベースに、アウトドアのアクティブなシーンでさらに使いやすく進化した。「Run&Walk」がモーションセンサーに対応し、センサーアプリ「G'zGEAR」に2つのアプリを追加した。(2009/5/25)

「N-08A」「N-09A」「F-09A」「CA002」「SH002」などJATE通過――ドコモとau向け夏モデルか
NEC製の「N-06A」「N-08A」「N-09A」、富士通製の「F-09A」、カシオ日立製の「CA002」、シャープ製の「SH002」など、ドコモとauの夏商戦向けモデルと思われる新機種が続々とJATEを通過した。(2009/4/1)

ソフトバンク、「930CA」と「830N」のソフトウェア更新を開始
ソフトバンクモバイルは、3月24日に不具合を告知した「930CA」と「830N」のソフトウェア更新を開始した。(2009/3/30)

ドラマにもiPhone 3Gが登場:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──ソフトバンク+月9+特番編
連続テレビドラマに登場するキャストが使うケータイをチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。ソフトバンクモバイルがスポンサードする2009年冬クールのドラマには、ついに「iPhone 3G」が登場した。(2009/3/27)

カシオ製「930CA」「830CA」とNEC製「820N」「821N」「821N GLA」「830CA」に不具合――ソフト更新開始
ソフトバンクモバイルは、「930CA」「830CA」「820N」「821N」「821N GLA」「830CA」の6機種に使用時間短縮などの不具合があると告知。ソフトウェア更新で対応する。(2009/3/24)

「EXILIMケータイ 930CA」の“ここ”が知りたい:
第2回 閉じたままどんな操作ができる?――「EXILIMケータイ 930CA」
ソフトバンクの「EXILIMケータイ 930CA」は、カシオ端末としては初のスライドボディを採用したモデルだ。そこで今回は、閉じたままできる操作と、スライド開閉と連動した機能など、操作性についてチェックした。(2009/3/16)

ソフトウェアアップデート情報――ソフトバンク
カシオ日立モバイルコミュニケーションズ製とNEC製端末に不具合が判明。ソフトバンクモバイルはソフトウェア更新を開始する。(2009/3/16)

ソフトウェアアップデート情報――au
カシオ計算機製の「CA001」と日立製作所製の「Woooケータイ H001」に、ディスプレイが正しく表示されない、節電機能が動作しない、EZweb利用中にフリーズするなど複数の不具合があることが分かった。(2009/3/13)

「EXILIMケータイ 930CA」の“ここ”が知りたい:
第1回 16GバイトのmicroSDHCは使える?――「EXILIMケータイ 930CA」
809万画素CMOSカメラを搭載する「930CA」は、ソフトバンク版の“EXILIMケータイ”。また、ソフトバンクのカシオ製端末では、初めて「9xx」番台の型番を持つハイスペックモデルでもある。今回は、着信LEDや外部メモリ、キーロックなどの基本事項をチェックした。(2009/3/12)

「EXILIMケータイ W63CA」の新色、3月5日から順次発売
カシオ計算機製の「EXILIMケータイ W63CA」の新色「バーニッシュレッド」と「ビターブラック」が3月5日に発売される。(2009/3/4)

「W63CA」の新色登場――「バーニッシュレッド」と「ビターブラック」が追加
KDDIは、「EXILIMケータイ W63CA」に新色「バーニッシュレッド」と「ビターブラック」を追加したと発表した。発売は3月上旬の予定。(2009/2/24)

ソフトバンクの新機種「930CA」「830N」「830SH for Biz」、2月20日発売
ソフトバンクの2009年春モデル3機種、“EXILIMケータイ”「930CA」、“13.9ミリの薄型アークスライド”「830N」、ビジネス向けの「830SH for Biz」を2月20日に発売する。(2009/2/18)

Mobile World Congress 2009:
Opera、携帯電話向けLinux推進団体のLiMoに参加
Operaのほか、カシオ日立モバイルコミュニケーションズやSwisscomなど6社がLiMo Foundationに新たに加わった。(2009/2/17)

写真で解説する「Woooケータイ H001」
「Woooケータイ H001」はフルワイドVGAの“3D液晶”とディスプレイが横にも開く2WAYオープンスタイルが特徴のハイエンドモデル。ワンセグや5Mピクセルカメラ、編集機能付きPCドキュメントビューア、ゲームなどの機能に加えて、専用の3Dキーでさまざまなコンテンツを2Dから3Dに変換できる。(2009/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。