ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チューハイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

9年連続2桁成長へ:
過去最高更新を続ける、キリン「本搾り」 “熱いファン”に支えられるブランド戦略
キリンビールの缶チューハイ「本搾り」は、2019年まで8年連続で2桁成長しており、20年も過去最高を更新しそうだ。その背景には、熱いファンの存在がある。果汁とお酒だけという難しい製法を続けているのは、その特徴的な味わいにほれ込む顧客の期待に応えるためだ。(2020/10/28)

アルコール度数は7%と4%:
キリン「氷結」に“甘くない”新商品 「無糖レモン」でビール類ユーザーの獲得狙う
キリンビールは10月20日、缶チューハイのブランド「氷結」の新商品「無糖レモン」を発売する。糖類や甘味料を使用せず「甘くない」味わいに仕上げ、これまでチューハイをあまり飲まなかったビール類のユーザーを取り込む。(2020/10/17)

ぎゃぁぁ! 店の入口で遭遇した「消毒液を飲むおじさん」の実録漫画が下手なホラーより怖い
腰抜かしかねない。(2020/10/15)

缶ビールのネイルが驚きのクオリティー! 「スーパードライ」「金麦」から缶チューハイの「ストロングゼロ」まで
爪の上に手描きでお酒パッケージを描いています。(2020/9/25)

カドが45個もある消しゴム「ZIGZAG」登場 折り紙の応用で“カドで消したあとにカドが出る”形を実現
メーカーのサンスター文具いわく、「業界最多カド数」。(2020/9/17)

PR:「チューハイ市場に衝撃」「驚くほどうまい」と絶賛の声続出の麒麟特製レモンサワーで優勝しました
上質さを感じられる新感覚チューハイ体験!(提供:キリンビール)(2020/9/8)

初のRTD:
「いいちこ」ブランド初の缶入りハイボールが登場 「主要顧客が50代以上」を打破
「いいちこ」ブランド初となる缶入り焼酎ハイボール「いいちこ下町のハイボール」が登場。麦焼酎のいいちこは主要顧客が50代以上だが、若者と潜在層を開拓できるか。(2020/9/3)

飲食店を科学する:
吉祥寺でステーキ戦争勃発 「いきなり!」「やっぱり」「ステーキ屋松」の決定的な違いをプロが分析
沖縄発の「やっぱりステーキ」が東京・吉祥寺に進出。この地には「いきなり!ステーキ」と「ステーキ屋松」がある。プロが3店舗を分析して分かった決定的な違いとは?(2020/8/17)

砂浜に埋められた大量の空き缶に「勘弁してほしい」 過去にはバーベキューゴミで子どもが大やけどした事例も
ゴミが原因で一生残る傷を負う場合も。(2020/7/24)

アフターコロナでは、東京一極集中の歴史が終わる〜森永卓郎が提言
上半期のヒット番付はほとんどが自粛がらみ。(2020/6/18)

見ただけで唾液が出ちゃう! 極刺激の「シゲキックス」を再現した「シゲキックスチューハイ」が発売
シゲキシゲキシゲキーーックス!!(2020/6/15)

PR:果汁への思い入れが母性愛レベル!? “果汁とお酒だけ”なのに「本搾り™」がおいしいワケを担当者に問い詰めてみた
圧倒的な果汁感がたまらん。(2020/5/19)

モンエナやストロング缶が島を駆け回る! 「あつまれ どうぶつの森」で作られた“缶になれる服”がキュート
着るストロングゼロという新ジャンル。(2020/3/26)

レモンサワースクワッド:
ローソンのEXILE監修レモンサワーが異例のヒット 強気の「220円」でも最速で100万本を販売
ローソンのEXILE監修レモンサワーが売れている。当初はファンを中心に買われていたが、客層が広がっているようだ。強気の220円でも支持されている。(2020/2/13)

人がいねぇ、店もねぇ、クルマもそれほど走ってねぇ あえて「終電で終点へ」行くというユニークな旅人がTwitterで話題に
深夜徘徊はワクワクしますもんね。あえてやってみるのも面白いです。(2020/1/31)

レモンサワーの味が製造所で全然違う! Twitterで話題の「檸檬堂」を飲み比べ、コカ・コーラに問い合わせるも「味わいには影響ない」
確かに味が違う印象を受けました。(2019/12/20)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた
ミニストップが省人化実験店舗を運営している。店内には無人レジしかない。実際に行ってみたら無人レジ以外でも実験的な試みをしていた。(2019/11/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら
“3人合わせてγ-GTP1000”になるメンバーで同作の感想を話す座談会。(2019/11/20)

気合が入りまくった運営:
カメラ売り場をどかして酒の試飲カウンターを設置したビックカメラの狙い
ビックカメラの酒売り場に試飲カウンターがじわりと増えている。1日で数百人単位が利用するほどにぎわってる店もある。新宿西口店ではカメラ売り場をどかして酒売り場に変えた。(2019/11/11)

ストロングゼロに期間限定新フレーバー 「から揚げ専用ストロングゼロ」という強すぎるネーミングで新たな文学が生まれそう
恐ろしいまでに合いそう。(2019/11/5)

サントリーの缶チューハイ「カロリ。」販売終了 「好きだったのに」惜しむ声続々
「マーケティング上の理由」とのこと。(2019/10/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

黄金銃を持つ教官、号泣高速実習、チャラ男と鳥人間コンテスト……忘れられない合宿免許の思い出
普段なら出会わないような人に会う、それが合宿免許。(2019/10/3)

京セラドーム大阪で「メルペイ」コード決済が利用可能に 200円引きキャンペーンも
メルペイは、8月16日に大阪シティドームが運営する「京セラドーム大阪」の飲食売店や売り子販売で提供を開始。同日から対象商品が200円引きになるなどの特典を受けられるキャンペーンも行う。(2019/8/19)

「京セラドーム大阪」でメルペイ導入 売店や売り子販売に
「京セラドーム大阪」でスマホ決済サービス「メルペイ」が導入された。売店や売り子販売でコード決済を利用できる。(2019/8/16)

一人で楽しむ「ぼっち花火大会(BHT)」のススメ 楽しそうなのに哀愁を誘う漫画
効率的に花火大会を楽しめる一方で……。(2019/8/13)

アマゾン「プライムデー」、今年は過去最長の48時間開催 数十万点がセール対象
アマゾンジャパンが、年に1回のプライム会員向けセール「プライムデー」を7月15〜16日まで開催する。実施期間は過去最長の48時間、セール対象商品も過去最大の数十万種類。(2019/7/12)

今日のリサーチ:
マヨネーズはブランド、豆腐はコスパを重視――ドゥ・ハウス「4つのショッパータイプ」に関するアンケート調査
ショッパーすなわち買い物をする人のスタイル調査です。(2019/6/20)

【Amazonタイムセール祭り】Echo Spotが6月2日限定で4500円割引! 人気のビールやチューハイも限定特価に
お得です……!(2019/6/2)

ムーミン日記:
ムーミンのいる暮らしって、どうですか? 「ムーミン日記」平成最後の春編
令和もムーミンといっしょ。(2019/5/18)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

恐るべし:
「角ハイボール」は酒の世界を変えたのか
完全にひとつのジャンルを築いた感があり、ジャンルというか、銘柄というか、メニューのひとしなというか、ひと言では片づけられないところまできた感すらある。 もはやスタンダードともいえる「角ハイボール」状態だ。(2019/5/1)

“泡”で業界底上げ目指す:
ビールの味が変わる? 「プレモル」が注力する“体験”戦略
ビール市場の縮小が続く中、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」は足元の販売が堅調だ。ビールの「泡」のおいしさを体験する機会を増やす活動に注力している。「業界全体の活性化につなげたい」と話す山田賢治社長に戦略を聞いた。(2019/3/20)

これまでは9%:
アルコール6%なのに「ストロングゼロ」 新商品を出すサントリーの狙い
安くて気軽に酔える点が支持されているストロングゼロ。これまではアルコール度数が9%だったのに、6%の新商品が発売される。狙いをサントリーに聞いた。(2019/3/11)

炭酸水メーカー「ソーダストリーム」と、ていねいに暮らしたい
憧れていた“ていねいな暮らし”に一歩一歩。(2019/2/28)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

月刊乗り鉄話題(2019年1月版):
秩父鉄道の「夜行急行」で夜明かし、その懐かしさにむせび泣く
夜中の長時間停車、駅ですする立ち食いそば!!(2019/1/17)

店舗とネットで取り扱い:
酒を売り始めたヨドバシに立ちはだかるビックカメラの厚い壁
ヨドバシカメラがネットと店舗で酒類の販売をスタートした。同じ家電量販店ではビックカメラが酒類販売を充実させている。ヨドバシはビックを超えられるか。(2018/12/14)

他の小売店はガラガラ:
渋谷ハロウィーンで稼いだのはドンキとコンビニだけ?
10月31日のハロウィーン当日、渋谷は多くの仮装した若者や見物客でごった返した。この騒動のなかでしっかり稼いだお店はあるのだろうか。記者が現場を取材した。(2018/11/1)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

九州の蔵元が上位に集中:
「焼酎メーカーの売り上げ」ランキング発表 あの蔵元は何位……?
帝国データバンクが、国内焼酎メーカーの2017年1〜12月期の売上高を集計し、ランキング化した結果を発表。九州の蔵元が上位に多数ランクインしたが、減収となる企業や赤字の企業も多かった。大手メーカーのハイボールやワインの人気に押されたという。(2018/8/13)

「お酒はガソリン」「ガソスタかと思った」 給油機ドリンクサーバーからお酒が飲めるガソスタ居酒屋
担当者からも話を聞きました。(2018/8/8)

エビスが大きく減少:
サッポロHD、今期営業益予想を下方修正 国内ビール類が不振
サッポロHDは18年12月期の連結営業利益予想を187億円から161億円(前年比25.7%増)に下方修正。(2018/8/3)

消費者の今を知る:
飲まない若者でも職場の飲み会は重視 縮小するアルコール市場、その活路は?
日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向に。さらには消費されるアルコールの種類も変容している。90年代半ばまではビールが約7割を占めていたが、今では発泡酒やリキュール、その他の醸造酒等が増えているのだ。この市場の活路は?(2018/8/3)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

キリンビールが不審メールに注意喚起 偽の「キャンペーンに当選しました」「モニター募集」が発生中
心当たりのない当選メールには注意しましょう。(2018/5/28)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(19):
人工知能が絶対にできないこと――AI研究の難問「フレーム問題」を考える
「データがあれば人工知能は正しい判断をしてくれる」。そう思う人は多いですが、一方で人工知能ができないこと、苦手とすることもあるのです。今回は、人工知能を扱う上で重要な難問である「フレーム問題」についてお話しします。(2018/5/24)

「まずはビール」はもう古い!?:
ノンアルコール飲料、飲食店で「置いて当たり前」の時代に
飲食店のうち8割がノンアルコール飲料を提供しているという調査結果が出た。中には飲み放題メニューに入れるなど提供方法も工夫している店もあるほどで、居酒屋に行った時の「まずはビール」は古くなりつつあるのかもしれない。(2018/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。