ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドット抜け」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドット抜け」に関する情報が集まったページです。

有機ELディスプレイ搭載のFOMA初号機「FOMA N2001」(懐かしのケータイ)
世界初の3G通信サービス「FOMA」に対応する初めての端末となった「FOMA N2001」。メインディスプレイに有機ELを初めて採用したケータイでもありました。(2018/5/26)

中古携帯の動向を追う:
高く買い取ってもらうためには? 中古スマホ査定のポイント
不要なスマートフォンを買い取ってもらいたいけど、分からないことや不安なことがある人は多いのではないでしょうか。今回は、中古スマホ買い取りにまつわる疑問にお答えします。(2017/10/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
実用化に向かう8K技術群――技研公開で見えた8K放送の実現性
前編に続き、「技研公開」のレポートをお送りする。今回は8Kを中心とした「すぐそこの未来」がテーマだ。長年にわたってNHKの8K開発を見つめてきた麻倉怜士氏は、今年の8K展示からどんな未来を描くだろうか。(2016/7/21)

フレキシブルディスプレイの品質向上へ:
有機EL守る材料、ガスバリア性が従来の10倍強
東ソーは2016年7月、フレキシブルディスプレイの品質向上に必要な高性能ガスバリア材料「TG−4E」を発表した。従来材と同一膜厚条件で、10倍以上のガスバリア性を実現したという。(2016/7/19)

PC USERアワード:
2014年下半期の「ディスプレイ」おすすめ“7選+α”
4Kの台頭をはじめ、ここ数年では大きな変化があったディスプレイ市場の2014年。今年下半期に登場した製品の中から、ITmedia PC USER編集部が特におすすめのモデルを選出する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/12)

“夢の4K”がグッと身近に:
「P2815Q」――7万円切りの激安“4K”ディスプレイを徹底検証
解像度3840×2140ドット――4K対応の28型ワイド液晶ディスプレイがなんと6万9979円。デルの「P2815Q」は、PCディスプレイの普及モデルに4Kをもたらす革新的な製品だ。その実力をじっくりチェックする。(2014/4/11)

4K化を強力に推進:
デル、7万円切りの28型“4K”ディスプレイ「P2815Q」発売
「P2815Q」は3840×2160ドット表示の28型“4K”液晶ディスプレイ。7万円を切る驚異的な低価格で3月18日に発売する。一部店舗では3月7日から先行予約販売を行う。(2014/3/4)

外付けディスプレイもRetina化へ:
「UP2414Q」――画質も価格も衝撃的な23.8型“4K”ディスプレイは買いか?
ここ数年でスマホやタブレット、ノートPCの高画素密度化は一気に進んだが、外付けの単体ディスプレイは画面サイズの大きさから対応が遅れてきた。しかし、デルが投入した「UP2414Q」ならば、約24型で4K対応の高精細表示を(しかもお手ごろ価格で)手に入れられる。(2014/2/27)

ドスパラ、三菱製液晶ディスプレイの「ドット抜け保証」キャンペーンを開始
サードウェーブは、三菱製液晶ディスプレイの「ドット抜け」保証を無料で行う期間限定キャンペーンを開始した。(2012/1/27)

広色域IPSパネル、WQXGA、7系統入力:
「U3011」実力診断――デルの30型ワイド液晶ハイエンドモデル
デルの「U3011」は、2系統ずつのHDMI/DVI-Dなど多彩な入力端子を備えた2560×1600ドット表示の30型ワイド液晶ディスプレイ。超高解像度・大画面の実力に迫る。(2010/9/24)

これが価格破壊か……:
「U2211H」実力診断――IPSパネル搭載で1万円台の21.5型フルHD液晶
「最近は1万円台で買えるフルHD液晶をよく見かけるけど、TNパネルなのが気になる」という人は、デルの「U2211H」を覚えておくとシアワセになれるかもしれない。(2010/8/31)

超高解像度IPSパネル、でも安い:
「U2711」実力診断――5万円台で買える2560×1440ドット/広色域の27型ワイド液晶
「フルHDやWUXGAを超える高解像度ディスプレイが欲しい、でも高いからなあ……」という人は、デルの27型ワイド液晶「U2711」に注目してみてはどうだろうか。(2010/8/24)

夏のバイヤーズガイド:
“ゲーム派”に贈る2010年夏の液晶ディスプレイ選び
液晶ディスプレイで表示の難しいコンテンツの1つがゲームだ。ゲームソフト側が作り込まれていても、それをキチンと表示できる環境がなければ魅力は半減してしまう。(2010/7/13)

PR:ビジネスに「ビジネスインクジェット」という選択 カラー活用を低コストに実現する「PX-B510」
「カラーで印刷したい! でもコストが……」というビジネスパーソンの強い味方がインクジェットプリンター。もちろん、ビジネスには「仕事に使えるインクジェット」が必要だ。エプソンのPX-B510は、生産性、経済性、信頼性の三拍子がそろったビジネスインクジェットだ。(2010/2/12)

デル、3D Vision対応の23型フルHD液晶「Alienware OptX AW2310」
デルのゲーム向け23型フルHD液晶ディスプレイ「Alienware OptX AW2310」は、120Hzのリフレッシュレートに対応し、NVIDIAの立体視システムが利用できる。(2010/1/8)

新CMは役所広司さんと竹内結子さんが初共演:
プリンタを“無くてはならない”ものへ――エプソン「カラリオ」09年モデル発表会
エプソンは「カラリオ」プリンタ2009年モデルの発表会を開催。主力のA4複合機や小型フォト、A2対応機など、9モデルを投入する。CMキャラは役所広司さんと竹内結子さんだ。(2009/9/18)

POPやポスターの内製を支援:
エプソン、生産性と使い勝手を追求した大判プリンタ「MAXART PX-F10000/PX-F8000」
エプソンの大判プリンタ「MAXART」シリーズに、5色インクを備えた「PX-F10000」と「PX-F8000」が追加された。流通や小売業のPOP/ポスター作成に適したモデルだ。(2009/9/16)

広視野角をもっと身近に:
IPSで3万円切りはオキテ破り!?――デルの22型ワイド液晶「2209WA」に迫る
デルの22型ワイド液晶ディスプレイ「2209WA」は、最新のe-IPSパネルを採用し、3万円以下の低価格を実現した注目製品だ。広視野角で高画質というIPS神話は安くても健在か?(2009/6/25)

12.1型WXGA液晶×革張りボディ:
“Eee PCの上を行く”Atom搭載スリムノート――ASUS「S121」とは何者か?(前編)
ASUSのAtom搭載スリムノート「S121」は、1280×800ドット表示の12.1型ワイド液晶と約8.2時間駆動のバッテリー性能、洗練されたデザインが特徴だ。その実体に迫る。(2009/5/13)

5分で分かった気になるアキバ事情:
CPU値下げ競争やHDD不具合など、いろいろあった1月のアキバ
2009年の幕開けとともにPhenom IIやGeForce GTX 295が店頭に並び、CPU市場では価格改定が発生。一方、低価格化&大容量化が進むHDDでは、シーゲイト製品の取り扱いが一時中断するなどの騒ぎがあった。(2009/2/4)

2008年ニュース総括:
PC USERニュース担当者がPC業界をなんとなく振り返る
2008年はやれ不況だの何だのと、例年以上にハプニングが多かった気がします。そんな中で、特に気になったPC業界の事柄を私的にランキングしてみました。そこ、いまさらとか言うな。(2009/1/22)

複合機08-09年モデル徹底検証:
第1回 今年は複合機の“当たり年”――最新モデルの傾向と注目機は?
「デジカメで撮影した写真や年賀状を手軽に美しく印刷したい」というニーズに応えるA4複合機の最新ラインアップが出そろった。今年はどれを買う?(2008/12/8)

最上位はタッチパネル+ADF搭載:
エプソン、小型化とデザインに注力した複合機/プリンタ08年モデル
エプソンは「カラリオ」シリーズの複合機/A4プリンタのラインアップを一新し、10月8日に発売する。小型化した新デザインの複合機がポイントだ。(2008/9/19)

インク目詰まりゼロを目指して:
エプソンが本気で作った“ビジネス”インクジェットプリンタ――「PX-B500」を試す
「PX-B500」はエプソンがビジネス向けに投入したA4インクジェットプリンタだ。家庭向けモデルにはない試みを多数搭載し、信頼性を高めている。(2008/7/29)

日本だけの3大特典とは?――ASUS「Eee PC 4G-X」説明会
ASUSの「Eee PC 4G-X」には、Eee PC海外版と異なる3つの特典が付加されている。1つは液晶のドット抜け保証、2つはSDHC、3つは……。(2008/1/23)

ヨンキュッパノートの衝撃:
ここまで分かった!――“Eee PC日本版”発売直前リポート
ASUSの激安ミニノートPC「Eee PC 4G-X」がいよいよ1月25日に国内で発売される。製品出荷に先立ち入手したEee PCの日本版で判明したことは?(2008/1/23)

エンジン音とともに起動:
ランボルギーニ×Vista Ultimateは究極のノートPCなのか!?――写真で見る「ASUS-Lamborghini VX2」
ASUSとランボルギーニのコラボレーションによる「ASUS-Lamborghini VX2」は“最高級の性能とスタイル”を目指したノートPC。それでは試乗してみますか。(2007/5/7)

500万画素で1万9800円――コンコルドカメラ「CONCORD Eye-Q 5062AF」
「CONCORD Eye-Q 5062AF」は500万画素のCCDを搭載しながら1万9800円という低価格で発売されたデジカメだ。低価格デジカメというと、画素数が多くても画質が悪かったり、機能が十分でなかったりする製品が多い。価格とのバランスをチェックしてみる。(2004/7/5)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。