ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドットコムバブル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドットコムバブル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

25年の歩みを社長に聞く(前編):
PR:エプソンダイレクトの安心感と信頼感が生まれる理由 伝説から始まった“ダイレクト”の変遷
エプソングループの中でPC事業を担うエプソンダイレクト。1993年の設立から一貫して守り続けてきたこと、顧客や時代の変化に対応してきたこと、今後に向けた取り組みなどを栗林社長に聞いた。(2019/6/28)

Teradata スティーブン・ブロブストCTOインタビュー:
企業を支える「巨大な箱」からクラウドへ データウェアハウスの最前線を探る
「データ活用」という言葉が定着した裏側で、それを支えるデータウェアハウスの技術や機能は変化し続けている。クラウドからAI、企業による購入モデルの変化まで、データウェアハウスの20年間を知る人物に聞いた。(2019/6/27)

湯之上隆のナノフォーカス(14):
メモリ不況の夜明けは近い、市場動向から見たDRAMとNANDの挙動
世界半導体市場統計(WSTS)のデータを用いて市場動向をグラフにしてみたところ、両者の挙動が大きく異なることを発見した。本稿では、その挙動を示すとともに、その理由を考察する。その上で、二つのメモリ市場の未来を展望する。(2019/6/17)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
“絶体絶命”のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【後編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/30)

新連載・よくわかる人工知能の基礎知識:
あなたは人工知能が何なのか、人に説明できるだろうか?
いまや毎日のようにAIの話題が飛び交っている。しかし、「この製品やサービスではAIを使っている」というのは具体的に何を指すのか、どれほどの人が説明できるだろう。初心者向けに人工知能とは何かに迫る新連載がスタート。第1回は「AIとは何か」。(2019/3/15)

渋谷×都市×IT:
「渋谷発、“強い日本”行」――AIや5Gで“渋谷”という都市はどう変わるのか?
AIや5Gなど新しいテクノロジーが登場するのに伴い、都市も変わりつつある。今回は、「渋谷」がどのように変わろうとしているのか、渋谷未来デザインに聞いてみた。(2019/2/6)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
時流の節目こそ、勝負を仕掛けるチャンス――野村総合研究所 理事 楠真氏
「日本のITは元気がない!」と活を入れる野村総合研究所(NRI)理事の楠真(くすのきしん)氏。常にITの未来を見据えながら、35年以上にわたってITの難事難題を経験してきた楠氏が語る、日本企業とSIerが抱える問題点と改善策、元気なIT人材を育て活用するためのセオリーとは(2018/9/15)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
リスクを取って砂漠の中のオアシスを見つける、それがビジネス成長――アプレッソ 代表取締役社長 小野和俊氏
安定したエンジニア生活から一転、アプレッソに代表取締役として引き抜かれ、ベンチャーの荒波にもまれることになった小野氏。「心が動いたらブレーキをかけない」をポリシーとする小野氏が編み出した、一点突破でスキルを伸ばしていく“ラストマン戦略”や、事業成長の見極め方、エンタープライズソフト市場の価値構築法とは?(2018/9/14)

「若手のアイデア理解できなかった」 DeNA南場会長らIT大手4社、渋谷ビットバレーで業界背負う未来の人材に語る
渋谷にIT企業が集まる「ビットバレー」を再興させる──。2019年に大手IT企業のオフィス移転を控える東京・渋谷で、4社のトップが若手エンジニアにエールを送った。(2018/9/11)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
どん底に追い込まれたから大逆転がある――日清食品 執行役員 CIOグループ情報責任者 喜多羅滋夫氏
P&G、フィリップモリスジャパンなど、外資系企業の日本法人のシステム部門を経て、日清食品でCIOを務める喜多羅滋夫氏。華やかな経歴を持ちながら、実は「紆余曲折あっての人生」だったという喜多羅氏が語るITエンジニアの成長の糧となる挑戦やキャリア形成のコツとは。(2018/9/7)

「ビットバレー」再び DeNAやCAなど、渋谷区とタッグ 「ITの世界的拠点」目指す
渋谷をITの世界的技術拠点にすることを目的にした「SHIBUYA BIT VALLEY」(シブヤ・ビットバレー)プロジェクトがスタート。渋谷区に拠点を置くサイバーエージェントとDeNA、GMOインターネット、ミクシィの4社が区とタッグを組む。(2018/7/27)

宇宙ビジネスの新潮流:
ジェフ・ベゾスはなぜ月を目指すのか?
ロケット開発を進める米Blue Originの創業者、ジェフ・ベゾス氏は、「人類は月に戻るべきだ。そして今回は滞在しなければならない」として、月に人類の恒久的拠点を築くことを目指している。(2018/6/18)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
求人数は2年で2.5倍! 半導体製造装置は未経験者も積極採用
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、業界未経験者が増えている半導体製造装置メーカーへの転職についてお話しします。(2018/3/2)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
種まきと水やりを続ける忍耐が成長の原動力を生む
育てるのって忍耐が必要ですよね。(2018/2/6)

イノベーションのレシピ:
シリコンバレーで新規事業を始めたいときに勘違いしてはいけないこと
経済産業省と、米国シリコンバレー在住の4人の日本人による有志活動「シリコンバレー D-Lab」は、日系の大手企業向けにシリコンバレーでの新規事業開発に関するセミナーを実施した。(2018/2/2)

記事と注目キーワードから探る
2018年の「デジタルトランスフォーメーション」、その最重要課題は?
2017年に掲載したCIO向け記事では、デジタルトランスフォーメーション、高速化、スケーリング、そして明確なコミュニケーションの必要性に関するテーマが注目された。2018年は?(2018/1/22)

あと1年弱:
平成の終わりに考える、世界を変える3つの潮流
平成は30年余で終わることになる。この間にわが国の社会はさまざまな変化に見舞われた。とりわけ日本経済を大きく変えつつある潮流とでも言うべき、3つのシフトに整理できるだろう。(2018/1/10)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(21):
ジャパンパッシングを経て、今再び日本に注目するシリコンバレー
関心を寄せる対象が、日本を通り抜けて他のアジア諸国へと向かってしまう「ジャパンパッシング(Japan Passing)」。だが数年前から、このジャパンパッシングが終息しているともいわれてきた。今回は、1980年代から現在にかけての、日本とシリコンバレーとの関係の歴史を振り返ってみたい。(2017/11/22)

夏目幸明の「経営者伝」:
組織を引っ張るためには「夢を語るしかない」
自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち。彼らはどのように困難を乗り越え、成功を手にしたのか。前回に引き続き、経済ジャーナリストの夏目幸明氏がマクロミルの創業者、杉本哲哉氏のエピソードをお伝えする。(2017/8/15)

MONOist編集部から:
MONOist10周年、製造業エンジニアと一緒に作り上げてきた10年、これからも
2007年8月1日の誕生から、ついにMONOistは10周年を迎えました。本記事では、あらためて10年間支え続けていただきました読者や広告主の方々に感謝を述べるとともに、読者調査から振り返る10年前と現在の変化について紹介します。(2017/8/1)

現在も未来も注目
超売り手市場のIT人材、5年後も現役でいるために求められる「5つのスキル」
あらゆる企業がIT企業となった昨今、IT系の人材に対する需要がかつてなく高まっている。特に注目されるITスキルを紹介する。(2017/6/23)

Go AbekawaのGo Global!〜Doug Cutting編:
Hadoop生みの親が、ゼロックスからアップルに転職した理由
Apache、そしてHadoopを作ったDoug Cutting(ダグ・カッティング)氏が常に目指すゴールとは――。 ※「お子さんがエンジニアになりたいと言ったら、どうアドバイスしますか?」〜カッティング氏の動画付き(2017/4/11)

宇宙ビジネスの新潮流:
マスクとベゾス、二大巨頭が挑む宇宙アクセス革命
SpaceX率いるイーロン・マスク氏と、AmazonのCEOでBlue Origin率いるジェフ・ベゾス氏。世界的なカリスマ経営者であるこの2人の巨人が今、宇宙ビジネスに新たな革命を起こそうとしているのだ。(2017/4/7)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(12):
日本のメーカーに救われたスイス発ベンチャー
昔も今も、シリコンバレーでは数多くのベンチャー企業がしのぎを削ってきた。日本からはなかなか見えてこないであろう、これらの企業を、今回から複数回にわたり紹介する。まず取り上げるのはPCの周辺機器を手掛ける大手メーカー、ロジテックだ。今では世界中で事業を展開する同社だが、このような成長を遂げられることになった影には、ある日本メーカーの存在があった。(2017/3/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「共感型リーダーシップ」と「対話力」
就労スタイルの多様化したビジネスシーンでは、誰とでも、すぐに協力体制に入ることができ、心地よい就労環境をもたらすことのできる人が好まれる。(2016/11/24)

Apple Special Event現地リポート:
iPhone 7(仮)の発表を控えるAppleイベント会場を偵察
新型iPhoneの登場がウワサされるAppleスペシャルイベントが日本時間8日午前2時から開始される。会場の様子を一足先にリポート。(2016/9/7)

部内アイドル度調査はNo.1だった:
業界記者がつづる「故・秋草直之氏の思い出」
IT産業の未来を的確に予測し、IoTも17年前に先取り。「変化することで起こるリスクよりも、変化しないことで起こるリスクの方が大きい。もし迷うならば、変化を選べ」と、富士通にイノベーション体質を植え付けてきた元富士通社長・会長の秋草直之氏が6月18日に逝去した。(2016/8/10)

卓球台が売れなければシリコンバレーが衰退する
卓球台がなければIT企業ではない。そしてシリコンバレーでは、卓球台の売れ行きが減少しているという。(2016/5/24)

頭脳放談:
第191回 AIブームがやってきた?
将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。さまざまな分野での応用が発表され、1980年代に続く、AIブームを巻き起こしている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?(2016/4/27)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015:
会社は小さいが、夢はでかい! 倒産の危機から回復、そして宇宙へ
小さな企業ながら航空機部品製造や宇宙ベンチャーとのコラボレーションなどを行う由紀精密。倒産の危機からのV字回復や、新たな挑戦を続けるわけを語った。(2015/12/25)

滞りなく完了した超巨大案件:
FreescaleとNXPの合併から学ぶべきこと(後編)
2015年12月7日に、NXP SemiconductorsとFreescale Semiconductorの合併が滞りなく完了した。両社は合併を発表した当初から、今回の合併が順調に進むと自信をみせていた。ある業界アナリストは「最も難しい合併は、Avago TechnologiesとBroadcomだろう」と述べている。(2015/12/9)

CIOがビジネス向けモバイルアプリ開発で留意すべきこと
“モバイルファースト”バブルに踊らされないための4つのルール
IT企業の最高情報責任者(CIO)は、“モバイルファースト”指向の企業に広がる熱狂的な動きに踊らされることなく、モバイルアプリ開発にはバランスのとれたアプローチをとるべきだ。(2015/11/19)

@IT 15周年企画「編集長対談」:
インターネット黎明期からエンタープライズITの主導権争いに至るまで、そしてIT活用の今後は――
2000年5月22日にサイトオープンした@IT。15周年の記念企画として、これまでのITの変遷を振り返り、今後のIT活用を占う。(2015/10/26)

プログラマーは“適職”ではなかった:
PR:さまざまな仕事を経験して本当の“適職”を見つけたエンジニアの新たな目標
プログラマーに向いていると思っていた。プログラマーになろうとして回り道をした。その道程は、本当の“適職”を見つけるための旅だった。(2015/10/20)

日本型セキュリティの現実と理想:
第4回 常時接続から始まったセキュリティ対策の“無間地獄”
連日のようにセキュリティの事故や事件が取り上げられ、守る側と攻める側との“いたちごっこ”の状態が続いている。なぜ、このような事態になったのか。今回はインターネットの歴史からひも解いてみたい。(2015/8/13)

日経平均、ITバブル期超え 18年半ぶり水準
6月24日午前の東京株式市場で、日経平均株価がITバブル期の最高値を超えた。(2015/6/24)

@IT、サイトオープン15周年:
「変わらないもの」が変えていく、テクノロジ、人、社会
15年前の今日、2000年5月22日の早朝にサイトオープンした@IT。これからの15年、何が変わり、何が変わらないのか。(2015/5/22)

ビジネスニュース オピニオン:
「IoT市場は不確定要素が多い」、マッキンゼーとGSAが報告
McKinsey & Company(マッキンゼー・アンド・カンパニー)と半導体の業界団体であるGlobal Semiconductor Alliance(GSA)が、IoTに関するリポートを共同で発表した。リポートでは、「不確定要素が多いIoT市場では、半導体メーカーは“保険”的な戦略を取るべきだ」と指摘している。(2015/5/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
SDN(Software-Defined Network)に乗り遅れたCisco
ネットワークの未来がソフトウェアによって定義されることはほぼ確実だ。だがCiscoはこの動きに乗り遅れていると市場関係者は指摘する。(2015/4/23)

人間がお金をコントロールできない2つの要因
人々が「お金の賢い使い方」に習熟しない原因とは。(2014/11/18)

情シスの横顔:
社内システムは“作って終わり”ではない 楽天・荒川さん
10年以上も前から楽天の経理関連システムを支え続けてきた荒川鏡子さんは、多くの社員が使うシステムだからこそユーザー視点が何よりも重要だと話す。(2014/8/12)

CIO〜CMO〜CDO:
CMOは舞台の袖へ? 代役のCDOが登壇?
この10年間、CIOに変わり、企業の救世主的な存在として脚光を浴びてきたのがCMOです。しかし、どうやら、このCMOも次の10年間(5年間?)に向けて、かつてCIOとCMOが演じた交代劇のCIO的なポジションになろうとしています。新しい役の名前はCDO(Chief Digital Officer)と言います。(2014/7/16)

週末アップルPickUp!:
アップルストアの歴史を振り返ってみる
好調なアップルのリテール事業。アップルストアが拡大を続けられる理由はなんだろう?(2014/6/15)

8つの“強い事業”で持続的成長狙う:
三菱電機、2020年度売上高5兆円/営業利益率8%以上の新経営目標を発表
三菱電機は2014年5月19日、都内で経営戦略説明会を開催し、「パワーデバイス」「空調システム」「電力システム」などの8事業を強化し、2020年度(2021年3月期)までに売上高5兆円、営業利益率8%以上の達成を目指す新経営目標を打ち出した。(2014/5/19)

転機をチャンスに変えた瞬間(21)〜フードエディター 小竹貴子:
ワクワクが原動力〜「計画された偶発性」を地でいくキャリアの築き方
専業主婦から未経験でWebディレクターへ、そして創業当時のクックパッドに入社し、執行役となり上場を経験。「計画された偶発性」を活用してキャリアを築いた、フードエディター小竹貴子氏の転機をチャンスに変えた瞬間とは。(2014/4/24)

入門クラウドファンディング:
劇的に進展するクラウドファンディングの“今”
クラウドファンディングは古くからある資金調達手法ですが、なぜ今改めて注目されているのでしょうか? それには、大きく分けて2つの時代背景があります。(2014/4/4)

PR:進化するCIOの役割──システム管理責任者から企業戦略の担い手へ
日本マイクロソフトは「ビジネス トランスフォーメーションを実現するクラウド」をテーマに「Microsoft CIO Seminar」を開催。企業競争力を高めるためのIT活用や、CIOに求められる役割について、大手企業のCIOとともにディスカッションを行った。(2014/3/31)

産業用機器 基礎解説:
いまさら聞けない産業用ロボット入門〔前編〕
日本は「ロボット大国」とも呼ばれていますが、その根幹を支えているのが「産業用ロボット」です。それは世界の産業用ロボット市場で圧倒的に日本企業がシェアを握っているからです。では、この産業用ロボットについてあなたはどれくらい知っていますか? 今やあらゆるモノの製造に欠かせない産業用ロボットの本質と基礎を解説します。(2014/3/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。