ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「E-CORE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「E-CORE」に関する情報が集まったページです。

LEDシーリングライトも買い時?——ビックカメラに聞く、この夏の注目製品
夏商戦で賑わう家電量販店。今年の夏はどのような商品が人気を得ているのだろうか。今回は、省エネ照明器具として注目される「LEDシーリングライト」についてリポートしよう。(2013/8/12)

注目製品/LED照明:
横に長く光が広がるメタルハライド代替LED照明
東芝ライテック、2013年1月発売(2013/2/4)

LED照明:
天井が高い空間に向くLED照明、既存照明との入れ替えで消費電力を大幅カット
倉庫や工場といった天井が高いところでは、水銀灯やメタルハライドランプといった強い光を放つ照明を使っていることが多い。しかし、強い光を放つ分消費電力もかなりのものだ。東芝ライテックはこのような照明を代替するLED照明を発売する。(2012/11/14)

東芝ライテック、広配光角の「LED電球ミニクリプトン形 5.6W 光が広がるタイプ」2機種
東芝ライテックのLED電球「E−CORE」(イー・コア)シリーズに、高輝度かつ広配光な「LED電球ミニクリプトン形 5.6W 光が広がるタイプ」2機種が追加された。断熱材施工器具や密閉形器具にも対応する。(2012/9/3)

我慢しないLED照明選び(6):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜シチュエーション別ランキング
今回は特集の締めくくりとして、今まで紹介してきた大光量/全方向タイプのLED電球をランキング形式で紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2012/8/17)

我慢しないLED照明選び(2):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜東芝ライテック“E-CORE”「LDA11L-G」編〜
全方向タイプLED電球特集の第1回は、東芝ライテックの「LDA11L-G」だ。スペック上の配光角は約260度と、同社の従来品(LDA9L)が約120度なのに比べると2倍以上になる。(2012/8/13)

我慢しないLED照明選び――2012年夏
節電をしない人に理由を聞くと、上位には「面倒だと思うから」「我慢するのが嫌だから」といった意見が並ぶ。しかし、LED照明なら手間は器具を買ってきて取り換えるだけ。近年の性能アップにより不満のないレベルに達している。(2012/8/10)

東芝ライテック、スリムなLED電球「T形7.4W」2機種を発表
東芝ライテックは、LED電球「E-CORE」シリーズの新製品として、「T形7.4W」を発表した。電球形蛍光ランプD形と同等サイズで光の広がり約300度を実現したLED電球。(2012/2/3)

生活シーンで明かりを切り替え:
東芝ライテック、導光パネル方式のLEDシーリングライトを発売
東芝ライテックは、ムラの少ない全面発光タイプのLEDシーリングライト「LEDH95010Y-LC」を発売する。(2012/1/25)

節電体質の家にしよう:
白色LED電球、シチュエーション別“使える”ランキング
シチュエーション別に昼光色/昼白色のLED電球の中から「おすすめベスト3」を紹介する。光色ごとにランキングを作ってみたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/11/1)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA9N」
今回紹介するのは、東芝ライテック“E-CORE”シリーズの「LDA9N」。全光束850ルーメンという明るさを誇る昼白色タイプのLED電球だ。(2011/9/9)

東芝ライテック、昼白色と同等の明るさを持つ電球色LEDランプ2種を発売
昼白色と同等の明るさを持った電球色LEDランプを東芝ライテックが発売。ビームランプ型とボール電球型をラインアップ。(2011/8/29)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、パナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”「LDA9D-H」。密閉器具に対応した昼光色で825ルーメンの明るさを誇る大光量のLED電球だ。(2011/8/26)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA8N-G」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA8N-G」は、独自の「マルチ拡散グローブ」の採用により、従来のLED電球よりも広い配光角を実現した昼白色のLED電球だ。(2011/8/18)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、東芝ライテック“E-CORE”「LDA6N/2」
今回紹介するのは東芝ライテックの“E-CORE”「LDA6N/2」。白熱灯に似たフォルムで密閉形器具にも対応したスタンダードなLED電球だ。(2011/8/3)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方、シチュエーション別ランキング
今回はE17口金のLED電球特集の締めくくりとして、各社のおすすめベスト3を紹介する。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/6/13)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(6)東芝ライテック「LDA5L-E17」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA5L-E17」は、今回取り上げるE17口金対応のLED電球の中ではもっとも明るい製品だ。410ルーメンとE26形の中価格帯モデルに匹敵する明るさを実現した。(2011/6/8)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(5)シャープ「DL-JA42L」
今回は、シャープの“ELM”シリーズから「DL-JA42L」をピックアップしよう。E17口金のLED電球の中でも全光束400ルーメンという明るさを持ち、かつ密閉型照明器具にも対応した製品だ。(2011/6/6)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(4)パナソニック「LDA6L-E17」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”シリーズの「LDA6L-E17」。全光束390ルーメンで、密閉形器具にも使用できるのが特長だ。(2011/6/2)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(3)日立アプライアンス「LDA7L-E17」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-E17」。大きなグローブが特徴的なこのE17形LED電球について詳しくレビューしよう。(2011/5/31)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「LDA5L-H-E17」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHON”「LDA5L-H-E17」。白めのさわやかな色合いが特長のこのミニタイプLED電球について詳しくご紹介しよう。(2011/5/26)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(1) 東芝ライテック「LDA4L-E17」
前回まではもっとも一般的なE26口金に対応したLED電球を紹介してきたが、今回からはE17口金に対応したLED電球を取り上げる。第1回は、東芝ライテックの“E-CORE”「LDA4L-E17」。密閉形器具に対応しているため、幅広い使い方ができるミニタイプLED電球だ。(2011/5/24)

失敗しないLED電球の選び方(11):
シチュエーション別、LED電球“使える”ランキング
今回は特集の締めくくりとして、各社のLED電球のおすすめベスト3を紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2011/5/13)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(10) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-G」
最後に紹介するのはパナソニックの「EVERLEDS LDA7L-G」。今年3月に発売されたばかりの最新モデルで、白熱灯に匹敵する300度の配光角が特長だ。この製品ついて詳しくリポートしよう。(2011/5/12)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(9) パナソニック“EVERLEDS”「LDA9L-H」
今回紹介するのはパナソニックの“EVERLEDS”「LDA9L-H」。同社の電球色タイプの中ではもっとも明るいこの製品について、詳しくレポートしよう。(2011/4/26)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(8) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA9L」
今回紹介するのは東芝ライテックの「E-CORE LDA9L」。従来よりもコンパクトになり、明るさも増したこの最新モデルについて詳しくリポートしよう。(2011/4/19)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(7) シャープ“ELM”「DL-LA62L」
今回紹介するのはシャープの「ELM DL-LA62L」。シャープのスタンダードモデルの中でもっとも全光束の高いLED電球で、メイン照明として使える明るさが魅力だ。(2011/4/18)

最軽量のボール電球形も:
東芝、ミニクリプトン形やボール電球形の“E-CORE”新製品
東芝ライテックは、LED電球「E-CORE(イー・コア)」シリーズの新製品として、ミニクリプトン形やボール電球形の6機種を発売する。(2011/4/14)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(6) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA7L」
今回紹介するLED電球は東芝ライテックの“E-CORE”「LDA7L」。明るさと発色の良さが魅力のこのLED電球について使用感をリポートしよう。(2011/4/6)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(5) 日立アプライアンス「LDA7L-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-A」。ホコリのたまりにくいフィンレスのデザインが特徴のこの製品ついてリポートしよう。(2011/4/5)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(4) シャープ“ELM”「DL-LA42L」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA42L」。一般家庭用のLED電球が普及し始めたのはここ数年の出来事だが、そのきっかけの1つが2009年7月にシャープが新規参入したことだと言われている。そのELMシリーズの現行モデルをチェックしよう。(2011/4/4)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(3) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-A1」
今回紹介するLED電球は、パナソニックの“EVERLEDS”「LDA7L-A1」だ。軽量・コンパクトで密閉型器具でも使用可能なこのLED電球について、詳しくリポートしよう。(2011/4/1)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「PARATHOM LDA7L-H」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)「LDA7L-H」。コストパフォーマンスが高い最新モデルの使い心地を詳しくレビューしよう。(2011/3/31)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(1) NECライティング“LIFELED'S”「LDA8L」
節電が求められている今、白熱灯よりも大幅に消費電力を減らせるLED電球が注目されている。そこで今回の特集では、店頭でよくみるLED電球をピックアップ。洋室、和室、廊下、トイレといった場所ごとに適した製品を探していこう。(2011/3/30)

ライティングフェア2011:
もっと広く、もっと明るく――LED電球の開発競争
東京ビッグサイトで開幕した「ライティングフェア2011」では、LED電球メーカー各社のし烈な開発競争が浮き彫りになった。注目は、光の広がり方。さまざまなアプローチで配光角を広げ、白熱灯に近い明かりにしようとしている。(2011/3/8)

304パターンの明かり:
東芝ライテック、「楽エコ」搭載の丸形LEDシーリングライトを発売
東芝ライテックは、LED照明「E-CORE」(イー・コア)シリーズの新製品として、丸形シーリングライト3機種を4月中旬に発売する。(2011/3/7)

東芝ライテック、白熱電球のように光が広がるLED電球の新製品
東芝ライテックは、白熱電球や電球形蛍光ランプに近い光の広がりを実現したLED電球「E-CORE」の新製品「一般電球形7.7W」2機種を発表した。(2011/3/7)

自動調光で省エネ:
東芝ライテック、住宅向け「LEDシーリングライト」
東芝ライテックは、LED照明「E-CORE」(イー・コア)シリーズとして、住宅向け「LEDシーリングライト」6機種を12月6日から発売する。(2010/11/24)

東芝ライテック、より明るく軽量化した口金E26のLED電球4機種
東芝ライテックはLED電球「E-CORE」シリーズとして、明るさ向上と軽量化を達成した「一般電球形7.2W」および「一般電球形6.3W」の4機種を発売する。(2010/10/28)

インタビュー:
先駆者東芝に聞く――LED電球の現状と未来
「E-CORE」(イー・コア)というブランド名でLED電球を展開する東芝ライテック。同社はLED照明に早くから注目し、一般電球形のLEDについても低価格化や高性能化に積極的に取り組んできたメーカーだ。LED照明事業の現状と今後の展望について話を聞いた。(2010/3/29)

東芝ライテック、価格を抑えたLED電球4機種を発表
東芝ライテックは、「E-CORE」(イー・コア)LED電球シリーズの新製品として、「一般電球形6.4W」「一般電球形4.6W」など4機種を3月5日に発売する。(2010/2/18)

LED電球でエコな暮らし:
失敗しないLED電球購入ガイド
省エネ照明として注目されているLED電球は価格も大幅に下がり、そろそろ導入を検討している人も多いのではないか。そこで60W型LED電球の主要5製品を試用してみた。お奨め製品はどれ?(2010/2/15)

そろそろ知っておきたい“LED電球”の選び方(中編)
注目のLED電球に主要な家電メーカーが次々と参入。今やパナソニックや東芝、シャープ、日立など、おなじみの顔ぶれがそろっている。今回は、主なメーカーごとにLED電球のラインアップと製品の特徴について紹介しよう。(2010/2/3)

そろそろ知っておきたい“LED電球”の選び方(前編)
昨年の夏から低価格競争が始まり、急速に需要を伸ばしつつあるLED電球。次世代の照明といわれたのは過去の話。用途によってはもう導入を検討し始めても良い時期ではないだろうか?(2010/1/27)

東芝ライテック、“業界最高”の省エネ型LED電球「ミニクリプトン形3.4W」
東芝ライテックは、同社製LED電球「E-CORE」の新モデル「ミニクリプトン形3.4W」計2製品を発表。業界最高の省エネ性を実現した、としている。(2010/1/25)

「2015年度にLED照明で売上高3500億円」――東芝が照明事業を強化
(2009/11/1)

本当にエコなの? LEDの誤解を考える
液晶のバックライトから高級車のテールランプ、そして信号機などなど、各所で目にするようになったLED。しかし照明用途のLEDの現状は、そして課題は何なのか。(2008/3/5)

“すぐ温まる便座”などが受賞、第18回省エネ大賞
省エネルギー性に優れた民生用機器・システムに贈られる「省エネ大賞」。経済産業大臣賞を受賞したのは、“エコな”蛍光灯と便座だった。(2008/1/31)

LED照明の“買い時”
長寿命で省エネ――電球や蛍光灯に続く“第4の照明”として期待されているLEDだが、まだ店頭ではあまり見かけない。(2007/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。