ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エコポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エコポイント」に関する情報が集まったページです。

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【後編】:
「ファーウェイ排除」が意味するもの――Googleが中国のモノづくりをS級に変えた
米国による「ファーウェイ排除」の背景――。Googleが、品質の悪かった中国のモノづくりをS級に変えた変遷をひも解く。(2019/5/22)

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準
シャープがスマートホームサービス「COCORO HOME」を発表した。IoT家電同士の連携に加え、秋にはセコムやKDDI、関西電力などと協力し、食材の宅配や家事代行などの生活サービスを追加する。(2019/5/20)

猛暑の夏は終わるも:
暮らしに新風! AIとビッグデータ分析を実装した今どきのエアコン事情
記録的な猛暑だった今夏はエアコンの販売に大きな弾みがつき、年間出荷台数は過去2番目の規模となる920万台が見込まれている。そうした中、来年を見据えて早くも各社がエアコンの新製品を相次いで発表している。その特徴とは……?(2018/9/14)

なぜかなくならない慣行:
家電以外の商品を売り始めた家電量販店を悩ます「リベートの減少」
家電量販店は少子化や家電市場の飽和を踏まえ、家電以外の商品の取り扱いを増やそうとしている。しかし、家電の販売額を減らすことは、リベートという収入の減少にもつながる。そもそもリベートとは何か? そしてなぜリベートという慣行が続いているのかを考察してみよう。(2018/7/30)

ファンを増やし選ばれ続けるブランドへ:
ソニーが逆境の時代を乗り越えるために実践したワンツーワンマーケティングとデータ活用の取り組み
ファン創造に向けカスタマーマーケティングを展開しているソニーマーケティング。どのような顧客コミュニケーションを目指し、いかにデータを活用しているのか。(2018/6/12)

CIOインタビュー:
成長復活の秘策に? ヤマダ電機が挑む現場改革のいま
家電量販トップのヤマダ電機はかつての右肩上がりの成長から近年は業績が伸び悩む。成長復活に向けた現場改革に、どうITを活用しようとしているのか――。(2015/11/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の明暗は思わぬ場所にも現れていた――メーカー関係者が語る“熱意の差”
家電量販店は業績不振と言われるが、大きく減収減益したところもあれば、健闘しているところもある。その明暗は、あるイベントでの状況とほぼ一致していると、メーカー関係者の間でささやかれている。(2015/7/26)

ナレッジワーキング!!:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(後編)
SWOT分析を使って有名企業のビジネス戦略を立案してみる第2回。「機会」と「脅威」をPEST分析を使って整理してみます。(2015/1/28)

シャープに聞いた4Kテレビ拡販戦略――そして8Kのこと
NexTV-Fによる試験放送が始まり、市場では製品ラインアップの拡大に低価格化も手伝って大画面4Kテレビが売上を延ばしている。4Kテレビの販売状況と戦略について、シャープに話を聞いた。(2014/12/1)

本田雅一のTV Style:
手が届く“全部入り”――東芝「Z9X」はリビングのための4Kテレビ
この春の4Kテレビ新製品で個人的に注目しているのが、東芝「Z9X/J9X」シリーズだ。手が届く価格帯と画面サイズながら、画質面と機能面の両方が充実した“全部入り”のモデルといえる。(2014/4/28)

好調の「クアトロン プロ」――シャープが展開するランクアップ作戦とは?
シャープが“AQUOSクアトロン プロ”「XL10シリーズ」の販売戦略を説明した。緩やかな回復基調にある国内のテレビ市場で“買い替え”と“置きかえ”を進め、実際に効果を上げているようだ。(2014/3/26)

薄型テレビ販売は28カ月ぶりに金額ベースで前年比プラスへ、GfK Japan調査
ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)が、薄型テレビの国内販売動向および2013年、2014年の市場見通しを発表。(2013/12/17)

薄型テレビ販売は回復基調へ、週次の金額ベースでプラスに転じる――GfK発表
GfKが家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表した。9月第1週は、金額ベースで前年同期を上回り、プラスに転じたという。(2013/9/10)

いまだ地デジ特需の反動大きく、薄型テレビ苦戦——GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは8月14日、2013年上半期の家電およびIT市場の国内販売動向を発表した。上半期の薄型テレビは、前年比33%減の320万台。しかし、平均単価の上昇や4Kテレビの増加などプラス材料も。(2013/8/14)

ITmedia エグゼクティブ CIO インタビュー 2013:
逆張りの自前主義でデジタル専門店ナンバーワンを目指すノジマ
情報システム部門の在り方は企業ごとに千差万別だが、関東を地盤とする大手家電量販店のノジマは、デジタル専門店ナンバーワン、さらには独自のアジア戦略を視野に入れ、逆張りの徹底した自前主義を貫く。IT戦略事業部長を務める野島亮司執行役に話を聞いた。(2013/8/1)

本田雅一の「TV Style」:
薄型テレビ購入ガイド、30インチ台の傾向とオススメ機種
今回から久々に各メーカーの商品を見ていくことにしよう。まず、トップシリーズが存在しない30インチ台。意外と個性のある製品がそろっている。(2013/6/24)

50インチ以上が全体の1割近くに、4Kテレビも大きく伸長――GfK Japan調べ
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)が家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表した。5月は50インチ以上の大画面テレビが数量構成比で9.6%まで上昇した。(2013/6/3)

薄型テレビの販売台数、2012年は前年比4割の水準に
GfKによると2012年の薄型テレビの販売台数は前年比4割の水準に落ち込んだ。(2013/2/21)

2012年の薄型テレビ市場規模は6割減、サウンドバーは4割増──GfK調べ
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは2月20日、2012年の家電・IT市場動向を発表した。国内家電小売市場は前年までのエコポイント制度、アナログ停波の反動を受け、前年比11%減の7兆4800億円にとどまる見込み。(2013/2/20)

国内テレビ需要、2017年には地デジ化特需前の水準に? JEITA予測
電子情報技術産業協会(JEITA)は、AVおよびIT機器の需要動向に関する調査結果をまとめた「AV&IT 機器世界需要動向 〜2017年までの展望〜」を発行した。(2013/2/18)

PaaSベンダー6社ミーティング【前編】
【製品紹介】主要PaaSベンダー6社が語る「うちの強みはこれだ!」
注目のPaaSベンダー6社が一堂に会し、6社7サービスの特徴やターゲットについて語ったミーティングの前編。「どんなPaaSがあるのかが分からない」「サービスの違いがよく分かない」という人は必見!(2013/2/20)

相場英雄の時事日想:
電機メーカーは生き残れない――新政権のあり得ない“支援”
大晦日の日経新聞の朝刊一面に『公的資金で製造業支援=工場・設備買い取り、官民5年で1兆円超』という見出しが躍った。公的資金を注入して産業の空洞化を防ぐ狙いがあるようだが、果たして電機メーカーは生き残ることができるのだろうか。(2013/1/10)

SFC Open Research Forum 2012プレ対談:
PR:大規模データの活用が日本社会にもたらす“可能性”とは?
モバイル端末の普及や情報通信インフラの発達によって、インターネット上の情報は日々増大している。こうした膨大なデータの活用で、日本社会はどのような価値を見出すことができるのか。NTTコミュニケーションズと慶應義塾大学のキーマンが語り合った。(2012/11/12)

ヤマダ電機が業績見通しを下方修正、大幅減益に 家電市場低迷
家電量販最大手のヤマダ電機が今期の業績予想を下方修正。前期から大幅減益となる。(2012/11/2)

CEATEC 2012:
成長と環境問題――二律背反の課題を解決するのがCEATECの役割
IT&エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」開催まで1カ月を切った。新たに「Smart Innovation――豊かな暮らしと社会の創造」をテーマに掲げ、自動車産業界との連携による特別企画展やIEEEの国際会議も併催されるなど、見どころが増した今回のCEATECのポイントを運営事務局に伺った。(2012/9/11)

AV機器は軒並み縮小、GfKの2012年上半期販売動向調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが、2012年上半期における家電およびIT市場の販売動向を発表。エコポイント制度やアナログ停波の反動により、AV関連機器は前年同期比で軒並み縮小傾向が見られる。(2012/8/28)

相場英雄の時事日想:
家電量販店の再編劇で、報道に欠けていたことは
家電量販店で再編劇が続いている。テレビや大手新聞はこのニュースを大きく取り上げていたが、重要な要素が欠落していたのではないだろうか。メディアが報じなかった重要な要素とは……。(2012/7/26)

ヤマダ電機、ベスト電器を子会社化 業界再編加速
ヤマダ電機がベスト電器を子会社化へ。業界2位のビック・コジマ連合を突き放す最大手グループが誕生する。(2012/7/13)

大画面との“出会い”を演出、シャープ「AQUOS GL7/G7ライン」の販売戦略
テレビ販売の不振が伝えられて久しいが、家電メーカー各社はそれぞれのアプローチで切り抜けようとしている。70V型や80V型といった大画面液晶テレビに注力するシャープの“売り場戦略”とは?(2012/7/6)

ジテツウは楽しい!:
社会のみんなががんばらなきゃ――ジテツウを国民運動に!
連載最終回は、自転車社会を実現するための3つの提案をしたい。自転車は人にも社会にも地球にもやさしい。さあ、ペダルを踏みだそう。(2012/5/22)

底は打った? カカクコムが薄型テレビカテゴリのアクセス動向をリポート
カカクコムは、購買支援サイト「価格.com」に蓄積されたアクセスデータや価格情報などのデータを基に、2012年夏の液晶テレビ商戦に関するリポートを発表した。(2012/5/18)

2012年PC夏モデル:
「PCこそが、個室の情報端末の本命になる」、Ultrabookも「夏」投入を示唆──NECのPC夏モデル発表会
NECが2012年PC夏モデルの製品発表会を実施。NEC製PCの強みをより強調するラインアップを用意しつつ、同社高塚社長が2012年度の製品展開計画・方針を述べた。「Ultrabook」も夏頃の投入を予定するという。(2012/5/8)

IFA GPC 2012:
スマートテレビに3Dテレビ、そして白物――2012年の注目分野
欧州の金融危機や日本メーカーの難しい状況。家電を取り巻く環境は厳しさを増しているように見えるが、今年のIFAは過去最大規模となり、日本からの出展も増えるという。なぜか。(2012/4/20)

ソフトバンクグループ、「復興支援・住宅エコポイント」と交換できる商品券を発行
「復興支援・住宅エコポイント」と交換できる「復興支援ソフトバンク商品券」が登場。ネットショップでの買い物や被災地にあるソフトバンクショップでの支払いに利用できる。(2012/4/13)

ビジネスニュース アナリストリポート:
テレビ市場が減少に転じる、ブランド別では韓国勢と日本勢で明暗くっきり
市場調査会社の報告によると、2011年の世界のテレビ出荷台数は前年から0.3%減少した。2004年の調査開始以来、マイナス成長を記録したのは今回が初めてだという。ブランド別では韓国勢が強く、日本の家電大手が続く。しかし日本勢は大幅なマイナス成長で、ソニー、パナソニック、シャープは社長が交代する。(2012/3/15)

2011年の薄型TV、販売規模は史上2番目
ジーエフケーによると、2011年の国内家電小売市場規模は2009年とほぼ同規模の約8兆5000億円を記録。薄型TVは2010年に次ぐ販売台数を記録したという。(2012/2/15)

冬の節電DIY:
アルミ箔とプチプチは有効? 1000円でできる放熱対策を検証してみた
エアコンとセラミックファンヒーターの消費電力比較に続き、今回は部屋熱の放電対策に有効とするアルミ箔と気泡緩衝材(通称=プチプチ)が本当に効果があるのか、実際に試してみた。(2012/2/14)

オリンピック効果は限定的? GfKが2012年のテレビ需要予測を発表
GfKは、2011年の液晶テレビ需要動向および2012年の見通しを発表した。先進国は需要が伸び悩む一方、新興国が引き続き成長し、前年比7%増の2億2500万台に達するという。(2012/2/3)

冬のボーナス商戦、薄型テレビとブルーレイレコーダーは需要急落?
MM総研が冬のボーナス商戦に関するアンケート結果を発表した。ボーナス額、購入意欲ともに改善傾向にあるものの、ITデジタル家電の購入意欲は横ばい。薄型テレビとBlu-ray Discレコーダーが大きく落ち込む一方、スマートフォンが需要を伸ばした。(2011/12/14)

冬のボーナス、いくら? 買いたい商品で変化も
ボーナスシーズンが近づいてきたが、使い道をどのように考えている人が多いのだろうか。昨年に比べ「旅行・外出(海外)」と答えた人が上昇。現在の円高をうけて、海外旅行に行く人が増加しそうだ。(2011/12/1)

本田雅一のTV Style:
復権!? 今年は 3Dプロジェクターが面白い
ここ数年、テレビの話題にすっかり隠れていた家庭向けプロジェクター。しかし製品としての進化は継続しており、今年はかなり力の入った製品が登場している。高級機と普及機に分け、注目モデルを紹介しよう。(2011/11/21)

「市場は一変した」、シャープが“フリースタイルAQUOS”の販売戦略を説明
シャープは“フリースタイルAQUOS”新製品「F3シリーズ」などの説明会を開催。アナログ停波後の市況についても触れ、独自の販売戦略を語った。(2011/11/15)

本田雅一のTV Style:
年末商戦向けテレビ総括(1) “テレビ不況”という誤解
毎年この時期は、すべてのメーカーが発売するテレビをチェックしてまわるのだが、今年の傾向としては、まず上位モデルと下位モデルへの二極化が挙げられるだろう。原因は昨年のエコポイント、今年の地デジ移行にある。(2011/11/7)

Wireless HD搭載機も:
新駆動技術で“明るい3D”、エプソンが初の3Dプロジェクター
エプソンが3D対応の家庭向けプロジェクター4製品を発表。480Hz駆動のD9パネルと新しい駆動技術「Bright 3D Drive」により、クロストークを抑えながら“明るい3D映像”を実現した。(2011/9/28)

スマートフォンでも再生可:
長時間録画にDLNAサーバ、東芝“REGZA”に「Z3/ZP3シリーズ」登場
東芝は9月13日、液晶テレビ“REGZA”の新製品として、上位モデルの「Z3シリーズ」、および偏光方式の3D表示に対応した「ZP3シリーズ」を発表した。長時間録画にDLNAサーバなど、多くの新機能を搭載。(2011/9/13)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
前日の反動や芳しくない機械受注統計の発表を受けて冴えない展開
(2011/9/8)

2011年上半期の家電販売動向はテレビやレコーダーの需要増加でプラス推移、GFK調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは、2011年上半期の家電およびIT市場の販売動向を発表した。東日本大震災の影響はあったものの、テレビやレコーダーの需要増加が追い風となり、売上高前年比はプラスで推移したという。(2011/8/15)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
大幅高の反動もあって冴えない展開
(2011/7/25)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
ソーシャルビジネスからエヴァの缶詰まで、広がる“おいしい”保存食の活躍(後編)
東日本大震災後、利益度外視で被災者にパンの缶詰を届けたパン・アキモト。保存食として救缶鳥プロジェクトというソーシャルビジネスに役立てられているほか、企業のプライベートブランドにも利用されている。保存食でありながらしっとりした食感でおいしいパンの缶詰はどのようにして生まれたのか。開発秘話を秋元義彦社長に尋ねた。(2011/7/22)

BCNが「上半期No.1メーカー」を発表、液晶テレビはシャープ
BCNは、106のジャンルについて2011年度上半期(1〜6月)に最も販売数量の多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。(2011/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。