ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「原価率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原価率」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
原油急落……「1リットル15円」でもガソリンスタンドが大幅値下げしないワケ
原油相場が暴落している。わずか3カ月の間に3分の1となった原油価格。しかし街のガソリン価格はそれほど値下がりしていない印象だ。資源エネルギー庁によれば、4月8日時点のレギュラーガソリンの小売価格相場は124.9円だった。(2020/4/17)

飲食店を科学する:
スシローとくら寿司 「価格帯」と「シャリ」から見えた戦略の“決定的”な違いとは
大手回転寿司チェーンのスシローとくら寿司。標準的な寿司の重さはほぼ一緒。しかし、価格とシャリの違いから戦略の違いが見えてきた。(2020/3/31)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
議員“マスク転売問題”から考える、転売ヤーの利益の源泉
"転売ヤー”が転売を正当化する論拠は、「需要と供給のバランスが崩れた価格設定となっているため、市場原理に則って価格をさや寄せしているにすぎない」というものである。需給バランスの偏りに根ざした正当なものだという主張があるが、その実態は消費者の信頼を換金しているにすぎない。(2020/3/13)

飲食店を科学する:
「生ビール190円」の原価率は85%? お客が3杯飲んでもしっかり利益が出る仕組みとは
「生ビール1杯190円」という看板を見かける。安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。どんな狙いがあるのか。(2020/2/26)

「ケンタッキーフライドチキン」が好調 日本KFCが上方修正、営業益3倍に
日常利用のお得感と新商品の両面で訴求。(2020/2/12)

飲食店を科学する:
マクドナルドとモスバーガー 「トマト」の使い方から見えた戦略の“決定的”な違いとは
ハンバーガー業界の2トップ「マクドナルド」と「モスバーガー」。原価率や広告宣伝費から戦略の違いが見えてきた。マクドナルドの圧倒的強さの秘密にも迫る。(2020/1/22)

「売ってナンボ」の風潮に危機感、データドリブンな居酒屋に ワタミがクラウド型ERPを導入する理由
居酒屋チェーンを運営するワタミがクラウド型ERPを導入し、データを活用した店舗運営に乗り出していることを明らかにした。レガシーシステムから脱却し、データを活用した店舗運営に切り替えるという。経営企画本部 IT戦略部 部長の若林繁氏に、その背景と狙いを聞いた。(2019/12/20)

専門家のイロメガネ:
大戸屋の赤字転落、原因は「安すぎるから」?
定食チェーンを運営する大戸屋HD(以下、大戸屋)が赤字に転落した。2019年9月期の中間決算では、上場来初の営業赤字として大きく話題に。特に値上げによる客数の減少が赤字の原因と指摘されている。しかし赤字転落の本当の原因は、値上げが足りない事にある。つまり高いからではなく「安いから」赤字になっているということだ。(2019/12/11)

飲食店を科学する:
お客が300万人増えないと割にあわない!? サイゼリヤがキャッシュレス決済導入に慎重になる理由を考察
キャッシュレス決済を導入する飲食店が増えている。大手チェーンの中でサイゼリヤは導入に慎重な姿勢だ。その理由をビジネスモデルから考察する。(2019/12/9)

飲食店を科学する:
日高屋グループの「焼鳥日高」が担う重要な“使命”とは? 省人化と満足度を両立させる戦略にも迫る
「日高屋」の運営会社が手掛ける「焼鳥日高」。焼鳥日高はグループ内における重要な使命を担っている。徹底した省人化と満足度を両立させるビジネスモデルとは?(2019/11/6)

新連載・飲食店を科学する:
リンガーハットの顧客満足度はなぜ3年連続1位? ちゃんぽんで“ひとり勝ち”のビジネスモデル
リンガーハットが3年連続顧客満足度1位となっている。独自のビジネスモデルとも密接に関係している。ちゃんぽん分野でライバル不在の理由とは?(2019/10/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
脇役だった製品がいきなり売れ筋に PC用品コーナーの裏事情
売り場が違えば、製品の回転率や利益率といった常識もまた異なる。ある売り場では脇役だった商材が別の売り場ではスポットライトを浴びたり、また低粗利であることを生かして別の売り場へ参入したりと、さまざまな可能性がある。PC用品コーナーとそのメーカーによる「薄利ビジネス」について見ていこう。(2019/9/22)

消費増税後も価格据え置き:
ワークマンが雨あり雪あり「過酷ファッションショー」を開催 秋冬商戦に1万円以下の全身コーデ
ワークマンが、2019年秋冬商品の発表会を行った。雨や風、雪など自然を再現した環境で行う「過酷ファッションショー」も実施。ワークマンプラスの大量出店や、インフルエンサーを使った商品企画など新たな策も発表。消費増税後も価格据え置きで成長を続けられるか?(2019/9/5)

50万食限定:
1食860円 吉野家がサーロインの「すきやき重」を発売 牛肉商品で最高額
吉野家は8月14日から、創業120周年記念として、牛肉のサーロインを使用した商品「特選すきやき重」を全国で販売する。価格は860円(税込)で、約50万食限定。(2019/8/13)

対立しがちな「経営」と「ものづくり」、マザーハウス代表の山口氏はどう解決してきたのか
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」――。そんなミッションを掲げてマザーハウスを成長させてきた同社代表の山口絵理子氏。同氏がビジネスをよりよくするためのフレームワークとして大事にしている「サードウェイ」で、対立しがちな「経営」と「ものづくり」を両立できるのか。(2019/9/30)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【後編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の完結編――。(2019/7/1)

【食レポ】かつやの最終兵器「カレーうどんカツ丼」 意外なほど調和した四位一体のボリュームに圧倒される
開発担当者のコメントもいただきながら、未知との遭遇を体感してきました。(2019/6/25)

蒲田 初音鮨物語 一年先まで予約が埋まる――全てが型破りな「笑顔と幸福の鮨」の正体
予約は翌年末までいっぱい――。人気の名店、初音鮨の「Amazon、Appleも通じる」成功法則とは?(2019/6/20)

令和時代に稼ぐ企業はここが違う:
赤字のUber GMやフォードを超える時価総額の根拠は「自動運転」
5月にIPOしたUber。将来への高い期待を反映し、時価総額はGMやFordを超える700億ドルに達しています。しかし現在は赤字で、今後もしばらくは赤字の見通し。Uberの事業構造を読み解くと、どうなったらこの時価総額が正当化されるのかが見えてきます。キーワードは「自動運転」です。(2019/6/17)

製造マネジメントニュース:
日系製造業の買収が失敗する理由――デューデリ不足でシナジー見誤り
PwC Japanグループは2019年6月7日、「製造業のM&Aに欠落しがちな視点〜生産改革と見えない資産を評価することの重要性」をテーマにメディアセミナーを開催。日系製造業のM&Aトレンドを解説するとともに、製造業M&Aの成否を左右する「オペレーショナルデューデリジェンス」の重要性を訴えた。(2019/6/10)

災い転じて福となす:
HUBがビールを値上げしたのに、客数と売り上げを増やせたワケ
英国風PUBチェーンの「HUB」は2018年6月にビールを値上げした。しかし、客数は減るどころか逆に増えた。どのような戦略を打ち出したかというと……。(2019/6/7)

社長が参加する会議にも潜入:
コンビニの商品開発ってどうやるの? 担当者が語ったリアルな現場
コンビニでは日々たくさんの新商品が発売されている。商品開発担当者は、日々、どのようなことをしているのか。ナチュラルローソンとローソンで開発してきた担当者に話を聞いた。(2019/6/5)

水曜インタビュー劇場(激安公演):
「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ
首都圏の繁華街を歩いていると、「角ハイボール 50円」と書かれた看板を目にするようになった。激安の雰囲気が漂うこの店は、どのような特徴があるのか。運営会社の社長さんに話を聞いたところ……。(2019/6/5)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
“天才写真家”を次々と発掘 業界に風穴空ける女性創業者の「目利き力」
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/4/19)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「工数ビジネスの限界」
SIerが得意としてきた「工数ビジネス」は、いまや限界になりつつあります。その流れを推し進めているビジネス環境の変化を踏まえつつ、理由を解説します。(2019/4/17)

丸亀製麺の30分飲み放題はホントに「すべてのせんべろを過去にした」のか? 聞いて飲んでわかったヒットの秘訣
30分でイクところまでイケる。(2019/4/16)

CIOへの道:
オイシックスが考える、サブスクリプション時代を生き抜くためのシステム設計とIT人材とは CMT、西井氏に聞く
マーケティングのプロがIT部門にも関わっているオイシックス・ラ・大地のCMTと、クックパッドの情シス部長が、ITとビジネスの在り方について語り合う本対談。後編は全体最適の視点に立ったIT戦略の重要性と、ビジネスを加速させるシステムの在り方に関するテーマで話が進んだ。(2019/3/20)

丸亀製麺で有名:
焼き鳥からうどんへ“華麗”にシフト トリドールが戦略転換できたワケ
セルフうどん店の「丸亀製麺」で急成長したトリドールHD。実はもともと焼き鳥チェーンを経営していた。どうして畑違いともいえる別業態でも成功できたのか。(2019/3/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
チーズがビヨーンで大ブーム 「ハットグ」は「チーズタッカルビ」を超えるか?
韓国式チーズドッグ(ハットグ)がブームだ。提供するお店が増えて“乱戦”状態になっている。なぜここまでブームになったのか、背景を探る。(2019/3/5)

強さを数字で読み解く:
女子向けワイン酒場「ディプント」をヒットさせたプロントの“緻密な戦略”
プロントが運営する女性向けワイン酒場「ディプント」。2009年に1号店をオープンしてから40店舗近くまで増えた。ヒットの要因と強さの秘密を解き明かしていく。(2019/3/5)

回転レーンの土台は活用:
「回転しない寿司」路線から6年 元気寿司が思い知った“意外な効果”
大手すしチェーンの元気寿司が「脱・回転」路線を打ち出している。回転レーンをやめて、注文された商品のみを特急レーンで提供。国内の152店のうち122店を「脱・回転」させた結果、思わぬ効果が生まれた。(2019/3/4)

スピン経済の歩き方:
やっぱり、前澤社長が悪いのか 「ZOZO離れ」の原因
「ZOZO離れ」が止まらない。有名ブランドが次々に離れている事態を受けて、「前澤社長の言動が悪い」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は、ちょっと違う見方をしていて……。(2019/2/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
東京と大阪の“抗争”が激化 今年も高級食パン戦争から目が離せない
2018年には高級食パン専門店が大ブレイクした。これまでは関西で生まれた専門店が続々と東京に“殴り込み”をかけていたが、東京勢がここにきて関西に進出しはじめた。19年の高級食パン戦争の行方はどうなるのだろうか。(2019/1/6)

驚異の需要予測システム:
回転すしの廃棄率は? くら寿司が「3%」に抑えられるワケ
大手回転すしチェーンではたくさんのすしがレーン上を回転している。くら寿司では「廃棄率3%」を達成している。廃棄を減らす鍵である需要予想システムとは?(2018/12/5)

中期目標も引き上げ:
「ザ・ノース・フェイス」人気のゴールドウイン、大幅上方修正 株価も好調
「THE NORTH FACE」などを展開するアパレルメーカー、ゴールドウインが19年3月期の通期業績予想を上方修正。純利益が従来予想比18.9%増となる63億円になる見込み。同ブランドなどが人気だった。中期経営計画の数値目標も引き上げる。(2018/11/6)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
格差4倍! 自動車メーカー 1台当たりの営業利益ランキング
自動車メーカーは車を1台売るといくら儲かるのか? オートモーティブ・ジョブズが国内自動車メーカーの「1台当たりの営業利益」を算出したところ、トップと最下位には4倍の差があることが分かった。(2018/10/31)

既存店売上高が不振:
ファミレス「ココス」が業績予想を下方修正 台風・豪雨で売り上げ減、人件費も上昇
ファミレスのココスジャパンが通期業績を下方修正。夏季に天候不順が相次いだ影響で、既存店売上高が不振だったことが響いた。人件費上昇も利益を圧迫した。(2018/10/15)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法
神奈川県秦野市にある鶴巻温泉。閑静な住宅街の中に、働き方改革の先端を走る老舗旅館「陣屋」がある。業界では珍しい週休3日を実現するなど注目を集めているが、10年前は10億円の借金を抱え、あと半年で倒産というところまで追い詰められていた。(2018/10/1)

座って食べても高回転:
「いきなり!ステーキ」と「俺の」シリーズで、“脱・立ち食い”が進む背景
立ち食い形式で料理を提供することで「低単価、高回転」を実現していた「いきなり!ステーキ」や「俺の」シリーズで椅子席が増えている。なぜ方針転換があったのか。そして、椅子席で高回転は実現できるのか?(2018/9/12)

CIOへの道:
プロ経営者 松本晃会長の下、現場では何が起きていたのか――カルビー大変革の舞台裏
日本を代表するプロ経営者として知られるカルビーの元会長、松本晃氏。同氏がカルビーの経営に大なたを振るったとき、人事やIT部門はどんな施策でそれに対応しようとしていたのか。現場の取り組みに迫った。(2018/9/11)

座って食べられる:
目指すは東京新名所? 「俺の」シリーズが生演奏と肉を味わう“セレブ”な新店をオープン
「俺のイタリアン」などを運営する「俺の株式会社」が新業態店をオープンした。Tボーンステーキをリーズナブルな価格で提供し、バンドの生演奏も鑑賞できる。これまで「立ち食い」のイメージが強かった同社は何を狙っているのか。(2018/8/29)

どんなからくりなのか:
値上げをしたのに客数が増えた焼き肉店の謎
牛肉の仕入れ値や人件費の高騰に苦しむ焼き肉店が増えている。あるお店では耐え切れずに値上げをしたところ、客数は減るどころか逆に増えたという。焼き肉店をケースに、失敗する値上げ戦略と成功する値上げ戦略の違いを探っていく。(2018/8/3)

上場時の決算書を分析:
家賃が200万円もするのにスタバがもうかる理由
スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?(2018/8/2)

東芝Nextプラン:
黒字の東芝、メモリ単体で売上高1兆円超え「メモリ事業売却の失敗は考えていない」
東芝が2018年3月期(2017年度)通期決算と中期経営計画を発表した。好調のメモリ事業については「事業売却の失敗は考えていない」と売却に向けた手続きは順調であるとの姿勢を強調した。(2018/6/1)

客離れに歯止めかけられず:
シダックス、カラオケ事業から事実上撤退 「カラオケ館」運営元に譲渡
シダックスが、カラオケ事業から事実上撤退する方針を発表。「カラオケ館」運営元のB&Vに譲渡する。今後は、企業の給食事業などに経営資源を集中する。(2018/5/31)

高い集客力:
増殖続ける「俺の株式会社」が食パンに注目した理由
「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」などで成長を続けてきた「俺の株式会社」が食パンを強化している。食パンの持つ潜在力に注目したからだというが、その理由とは?(2018/5/30)

メモリの営業利益率は約40%に:
黒字の東芝、メモリ単体で売上高1兆円超え
東芝は2018年5月15日、東京都内で決算説明会を開催し、2018年3月期(2017年度)通期決算および、今後5年間の会社変革計画として「東芝Nextプラン」を策定中であることを公表した。(2018/5/16)

店名は「あっぱれ」:
沖縄で急成長「やっぱりステーキ」全国へ 売上100億円目指す
沖縄の格安ステーキ店「やっぱりステーキ」が急拡大中だ。FC制を導入して昨年は県外へも展開。出店を加速させて20年度までに100億円を目指すという。(2018/5/8)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。