ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GMOクラウド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2011年4月1日、社名をGMOホスティング&セキュリティからGMOクラウドに変更

PR:「Shall we ダンス?」「がんばっていきまっしょい」「ウォーターボーイズ」――ヒット作を連発する映画プロダクションを支えるクラウドサーバとは?
「Shall we ダンス?」「がんばっていきまっしょい」「ウォーターボーイズ」など、数々の人気映画を生み出してきた映画プロダクション、アルタミラピクチャーズ。同社は専任の情シスを置かず、映画の助監督などを務める堀田弘明氏がサーバ担当者を兼任している。堀田氏は就任当初、映画公式サイトに熱心なファンのアクセスが殺到した時の“サーバ落ち”など、共用サーバの負荷が高まった際のパフォーマンス低下に悩んでいた。そこで社内のITインフラを見直し、GMOクラウドのクラウドサーバ「ALTUS」に切り替えた。このサーバをなぜ選んだのか? 日々の映画製作にどう役立っているのか? 堀田氏の見解を聞いた。(2019/6/11)

「Plesk」導入でコマンド要らず:
PR:“初心者にやさしい”って本当? 文系記者がGMOのクラウドサーバ「ALTUS(アルタス)」でWebサイトを立ててみた
専任のIT担当者を置かず、業務部門の担当者にサーバ管理などを任せる例が、中小企業やベンチャー企業などで散見される。そんな“ムチャぶり”を受けた人の助けになるのが、GMOクラウドが提供するIaaS型パブリッククラウドサービス「ALTUS(アルタス)」である。UIを工夫し、初心者でも簡単に使いこなせる点が特徴だ。今回は、文系出身の記者が同サービスをゼロから体験し、その使い勝手をレポートする。(2019/4/8)

「文化2年(1805年)」から続く和菓子屋、AIで来店客を分析――好みの把握や需要予測に活用
創業200年以上の老舗和菓子屋・船橋屋は、東京・広尾の姉妹ブランド「船橋屋こよみ広尾本店」に、GMOクラウドのリテール向けAI分析サービスを導入。店内カメラ映像から、来店客の属性や行動などを分析し、客の好みに合わせた菓子作りや、製作する菓子の需要予測などに活用する。(2019/4/2)

製造マネジメントニュース:
コネクテッドカーの市場開拓や新サービスで業務提携
GMOクラウドと双日は、自動車向けIoTソリューション「LINKDriveシステム」を活用したコネクテッドカー関連事業の推進に関する業務提携契約を締結した。LINKDriveシステムの国内外における市場開拓などを共同で推進する。(2018/10/4)

スマホで撮影:
人工知能でメーター表示を読み取り、GMOクラウドが工場などに向けてサービス提供
GMOクラウドは各種メーターをスマートフォンで撮影するだけで表示値を集計できるサービスの提供を開始した。撮影したメーターの画像を人工知能が読み取り、集計する。固定カメラなどの設置工事は不要で、導入コストを抑えられる。(2018/8/2)

第7回IoT/M2M展:
商品バーコードを読み取り、クレカ決済 手ぶらで帰れる「Smart Shopper」
GMOクラウドが「第7回IoT/M2M展」に出展する「Smart Shopper」は、商品のバーコードを専用端末で読み取り、クレジットカードで決済するだけで買い物が行える。商品は自宅などへ配送でき、手ぶらで帰れる。(2018/5/11)

GMOクラウド:
深層学習技術を活用したコンピュータビジョン
GMOクラウドは、深層学習技術を活用し、高精度に物体検知ができるコンピュータビジョンを「IoTの窓口 byGMO」にて開発。トーハンが展開する「ほんをうえるプロジェクト」と共同で実証実験を開始した。(2018/3/15)

人工知能ニュース:
深層学習技術を活用したコンピュータビジョンを開発
GMOクラウドは、深層学習技術を活用し、高精度に物体検知ができるコンピュータビジョンを「IoTの窓口 byGMO」にて開発。トーハンが展開する「ほんをうえるプロジェクト」と共同で実証実験を開始した。(2018/2/27)

クラウドから「プロの車両診断」が受けられる:
マイカーを「コネクテッドカー」化、GMOクラウドが“予防整備”を実現するカーIoT製品「LINKDrive」を発売
GMOクラウドがカー製品分野に参入。マイカーを「コネクテッドカー」にするIoTソリューション「LINKDrive byGMO」と自動車整備店向け製品「LINKPit byGMO」を2017年9月に発売する。車両状態を遠隔診断し、不調を未然に防ぐ「予防整備」などを実現するという。(2017/7/28)

太陽光:
低コストに太陽光設備を“見える化”、センサー不要のクラウドサービス
設置数が増えた太陽光発電設備の運用保守関連サービスが続々と登場している。GMOクラウドは出力50キロワット未満の低圧設備向けに、シンプルで低価格なSaaS型の発電設備の“見える化”サービス「エナジーモニター エア」の提供を開始した。(2015/12/8)

「Cisco Data Center Forum 2015」レポート:
PR:GMOクラウド、ビデオリサーチが採用、次々に具体化するCisco UCS、Cisco ACIのビジョン
シスコシステムズ(以下、シスコ)は2015年4月17日、パレスホテル東京で、次世代データセンター向けソリューションを紹介するイベント「Cisco Data Center Forum 2015」を開催。同社のサーバー、ネットワーク製品が新たな段階に入っていることを印象付けた。その模様を詳しくリポートする。(2015/5/25)

エネルギー管理:
電流センサーとパワコンが発電量を監視、メガソーラーの出力制御も遠隔から
太陽光発電の稼働状況を遠隔から監視するサービスが増えてきた。インターネットを使ってエネルギー管理事業を展開するGMOクラウドは電流センサーとパワーコンディショナーを組み合わせた遠隔監視サービスを開始した。通信機能を生かして太陽光発電の出力を制御することもできる。(2015/5/21)

マチルダ中尉がGMOクラウドのイメージキャラに着任 「もっと多くのIT戦士を笑顔に」
GMOクラウドがイメージキャラクターにマチルダ中尉を起用。特設サイトがオープンした。(2013/10/8)

ガンダムのマチルダ中尉がGMOクラウドのイメージキャラに
マチルダさぁぁん!(2013/10/7)

GMOクラウドの専用サーバで障害 データセンターの火災で
GMOクラウドの専用サーバサービスの一部で障害が発生。データセンターで火災が発生したのが原因という。(2013/2/25)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第12回】
インスタンス型ではなく“リソース型”を提唱する「GMOクラウド Public」
GMOクラウド Publicの最大の特徴は、仮想サーバ(インスタンス)の「貸し出し方」にある。「インスタンス型クラウド」と称される他のパブリッククラウドとは区別される「リソース型クラウド」とは?(2012/10/4)

スマホから「GMOクラウドPublic」を操作――無料アプリ「雲パネル」登場
GMOクラウドが、IaaS型パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」をiOS/Android端末から遠隔操作できるアプリ「雲パネル」を提供開始する。(2011/11/16)

SaaS版は3つの“イージー”――Movable Type EZ
インストール、バージョンアップ、データバックアップをGMO-HSが提供するマネージドタイプのMovable Typeが登場した。(2010/4/6)

ホスティング基盤を支えるサードウェーブ:
PR:サーバ構築を通じて、ITサービスを作り上げるということ
GMO-HSが運営するアイル「CORE Managed Service」に使われているサーバの大多数において、サードウェーブ製が使用されている。あえて大手メーカーでなくサードウェーブを選んだGMO-HSの考えはどこにあるのか、そしてそのメリットは何なのか、両社の声を聞いた。(2009/8/17)

SaaSベンダーにも提供:
PR:マネージドホスティングがITコスト削減の決定打になる
IT関連予算の中で、人的コストは大きな存在だ。特に予算規模が大きくない中堅・中小企業では、システムの運用に必要な人員を確保するだけでも負担になってしまう。こうした課題に対する解として、ホスティングサービス大手のGMO-HSはマネージドサービスを提供しているという。(2009/7/16)

MS Exchnageを利用:
GMO-HSとMOVIDA、スマートフォンのホスティングサービス開始
GMOホスティング&セキュリティは、MOVIDAと共同でスマートフォンからMicrosoft Exchangeを利用するためのホスティングサービスを開始した。(2009/1/19)

GMO-HS、ホスティングサービスに不正アクセス遮断メニューを追加
GMOホスティング & セキュリティは、システムに対する不正アクセスを遮断するサービスメニューを追加した。(2008/12/10)

最大で50倍:
GMO-HS、エントリー層向けホスティングサービスでディスク容量を増加
GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は、ホスティングの低価格帯におけるサービスを拡充すると発表した。(2008/9/3)

iPhoneでExchangeを利用、GMO-HSがサービス化
GMOホスティング&セキュリティは、Microsoft ExchangeのホスティングサービスでiPhone 3Gを利用できるようにした。(2008/8/6)

GMO-HS、スマートフォンでExchangeを使うASPサービス開始
GMOホスティング&セキュリティは、「Exchangeサービス」にスマートフォン対応メニューを追加した。(2008/4/25)

NEWS
GMOホスティング、月額980円のスマートフォン向けExchangeサービス新プラン
「Microsoft Exchange Server 2003」をASPで利用できる「Exchangeサービス」のスマートフォンユーザー向けプラン「EX-00」を提供開始。月額利用料は1アカウント980円。(2008/4/25)

GMO-HS、迷惑メール遮断サービスをオプションで提供
GMOホスティング&セキュリティはトレンドマイクロと協業し、迷惑メール遮断サービスを提供する。(2008/4/16)

NEWS
GMOホスティング&セキュリティ、Webアプリケーション脆弱性診断サービスを提供
「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」を提供(2008/1/7)

GMO-HSアイル、「WEB1グランプリ」コンテストが14日締め切り
GMOホスティング&セキュリティが2007年を代表する秀作のホームページを募集中。総額100万円の商品を用意し、エコをテーマとした取り組みを掲げている。(2007/11/30)

GMOホスティング&セキュリティ「iSLE(アイル)」:
PR:品質保証のホームページ制作サービス――GMO-HSのアイルが業界初の試み
デザイナーが制作し、納期と品質を保証。それでありながら安価さをアピール。相反するようなサービスをGMO-HSが発表した。ホスティングブランド「iSLE(アイル)」の一環として、単なるオプションではない想いが、今回のサービス発表の裏に込められている。その真価を探ってみよう。(2007/10/25)

GMO-HS、エムフーズ「ゾッカコーヒー」事例:
PR:ゾッカコーヒーWebサイト構築の舞台裏には
ホスティングサービスの選定基準はさまざまだ。しかし、確かなことは信頼できるベンダーが提供していること、Webというメディアの特性上、その情報発信のための迅速さに対応できるサービスであることだ。エムフーズがGMO-HSを選んだ理由は、多くのサイト構築で参考になるものだった。(2007/9/26)

GMO-HS、“アドエス”が手に入るExchangeサービスキャンペーン実施
GMOホスティング&セキュリティは、Advanced/W-ZERO3 [es]や「Exchangeサービス」を特価で提供するキャンペーンを実施する。(2007/9/11)

GMO-HS、ASPのカレンダー表示予約システム「SmartReserve」を販売
Webサイトに実装可能なカレンダー表示で一覧性のある予約システム。GMOホスティング&セキュリティがASPとしてサービス開始した。(2007/6/7)

日立ビジネスとGMOホスティング&セキュリティがテレワーク事業で協業
日立ビジネスとGMOホスティング&セキュリティは、社外業務や在宅勤務を円滑に行うための中小企業向けサービスを始めた。(2007/4/19)

特集:Web2.0をはるかに超える最先端のインターネット活用術:
PR:専用サーバ運用管理の面倒を払しょくする新サービス「セキュアマネージド・シリーズ」登場!
GMOホスティング&セキュリティが提供する法人向けホスティングサービス「アイル」が2006年12月20日から提供を開始した「セキュアマネージド・シリーズ」は、運用をサポートするための機能が豊富に設けられている。これまで自らの企業で専用サーバを運営するのが面倒だと感じている場合でも、新サービスによって専用サーバの難しさを払しょくしてくれるに違いない。その理由を説明しよう。(2007/1/16)

GMO-HS「アイル」、総額100万円賞品の「Web1グランプリ」開催
毎年恒例のWebサイトコンテストをGMO-HSが開催。昨年までの「ホームページ大賞」から改名を行った。(2006/10/24)

アンテナショップを渋谷へ──GMO-HSが来店型ワークスタジオ開設
GMOグループのGMO-HSは、Webだけにとどまらない販売展開に着手した。実際に対話しながらサービス導入ができることで、これまでにない層への広がりが期待できるという。(2006/10/5)

日本一のMovable Typeサイトは? GMO-HS主催でコンテスト2回目
第二回「Movable Type コンテスト 2006」の応募資格は、MTを使って構築されたWebサイトであること。GMO-HSは、ラピッドサイトでブログ構築の容易さを高める。(2006/8/18)

@YMC、Xenを採用したサーバホスティングサービスを開始
GMOホスティング&セキュリティのグループ企業であるアット・ワイエムシーは、オープンソースの仮想化ソフト「Xen」を採用したサーバホスティングサービス「YVシリーズ」を7月3日より開始した。(2006/7/5)

GMO-HS、日立と提携でイントラブログのホスティング開始
日立のBOXERBLOGがホスティングプランとなったサービスをGMOホスティング&セキュリティが提供開始。企業内コミュニケーションの活性化を狙う。(2006/5/12)

アイル iCLUSTA「セキュリティ」:
PR:5万ユーザーが選んだ新次元ホスティングセキュリティ
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」。同社の社名からも分かるように、「セキュリティ」に対する取り組みは業界屈指のものだ。2005年5月30日からサービスが開始された「iCLUSTA(アイクラスタ)」は、システム全体を「クラスタ構成」にすることにより、耐障害性とパフォーマンスの向上、そしてここで紹介するセキュリティを兼ねそろえたホスティングサービスになっている。そのセキュリティ基盤はどのようなコンセプトなのか。(2006/4/17)

サイボウズ Office 6 for ASP:
PR:月額5775円でセキュアなグループウェア利用が可能に
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」。その代表的なサービスとして次世代共用サーバの「iCLUSTA」が知られている。そしてiCLUSTAのオプションとして提供されているグループウェアが「サイボウズ Office 6 for ASP」だ。サイボウズ Office 6 for ASPを利用すると、社内の情報を容易に一元化できるだけでなく、iCLUSTAで完備されているセキュリティ面も相乗効果となる。その真価を探ってみよう。(2006/3/20)

SiteBuilder
PR:わずか10分、ブログ感覚で本格的なホームページ作成が可能に
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」が提供する次世代共用サーバ「iCLUSTA」。このオプションとして提供されているホームページ作成ツールが「SiteBuilder」だ。SiteBuilderを利用すると、従来のようにホームページ作成ソフトを使ってHTMLを意識する作成方法はもはや過去のものと実感することができる。そして構築後の真価は「iCLUSTA」だからこそ実現可能なものが多い。(2006/3/6)

GMO-HS、オンライン決済「イプシロン」を採用
オンライン決済で知られるイプシロンをホスティングサービスへと採用し、アイルはオンラインショップ開設の敷居を下げた。同社の付加サービスMakeShopでも利用できる。(2006/2/8)

GMOが企業向けホスティング「CMSスタンダードプラン」提供開始
GMOホスティング&セキュリティは、同社提供のホスティングブランド「ラピッドサイト」で企業向けのホスティングサービス「CMSスタンダードプラン」を提供開始した。(2006/1/17)

GMO-HSが210種のデザインテンプレを無償提供
GMOホスティング&セキュリティはブログ感覚でページ作成が可能なサービスを無償提供開始。同社の共用ホスティングサービス「iCLUSTA」で提供される。(2005/12/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。