ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヘビーユーザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘビーユーザー」に関する情報が集まったページです。

AI時代のストレージを支える技術【後編】
Intel「Optane」は“ヘビーユーザー向け”止まり? 次世代ストレージの本命は
高速なデータ処理への需要を受け、拡大しつつあるのがIntelの「Optane」などを含む新興メモリ市場だ。メモリ分野は将来的にどう変わるのか。(2021/2/2)

ソフトバンクが低価格帯の新ブランドを発表 月額2980円で、LINEは容量に含まず20GB使用可能
LINEのヘビーユーザーに朗報。(2020/12/22)

松屋のメニューが何度でも割引に! 無料でもらえる「0円定期券」がヘビーユーザーにうれしすぎる
「0円」で「割引」の定期券がもらえるだと……?(2020/10/19)

医療におけるAutoMLの可能性【前編】
“AutoML懐疑派”だった医療機関がAutoMLのヘビーユーザーになるまで
「AutoML」(自動機械学習)に懐疑的だった、米国の医療機関Symphony Care NetworkのCIOは現在、AutoMLツールの「DataRobot」を積極的に利用しているという。なぜ心変わりしたのか。同機関の利用事例を紹介する。(2020/9/17)

新商品開発にも効果:
カゴメが築く「ファンを夢中にさせる」戦略 わずか2.5%のユーザーに注目したワケ
「野菜生活」などで知られるカゴメは、2015年に会員制コミュニティーサイト「&KAGOME」を開設。その背景には「少数のヘビーユーザーが売り上げを支えている」という特徴的な売り上げ構造がある。ファンとつながる取り組みによって、会社や事業に及ぼした影響とは?(2020/3/31)

ソフトバンク、大容量プランを刷新 基本は動画・SNS使い放題 通信量が少ない月は1500円引き
ソフトバンクが携帯電話の新料金プラン「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」を発表した。メリハリプランはヘビーユーザー向けで、通信量が少ない月は月額料金を1500円割り引く。ミニフィットプランは、通信量に応じて3段階の料金体系を適用する。(2020/2/25)

携帯料金 A to Z:
3キャリアの大容量プランは何が違う? 容量と料金をチェック
3キャリアは、スマートフォンのヘビーユーザーを対象に、1カ月に一定のデータ容量を利用できる料金プランを提供している。数十GBが使えるプランや、特定の通信をカウントしないプランもある。本記事では、各社の大容量プランについてまとめた。(2019/8/19)

魔剤、増量 ヘビーユーザー向けの大容量「モンスターエナジー ボトル缶500ml」コンビニ限定で7月30日から
デカい。(2019/7/17)

調査で見えてきたものとは:
ヘビーユーザーが多くてブランド力が高いのはセブン? ファミマ? ローソン?
コンビニ業界は3強体制に突入した。大手3社でヘビーユーザーが多くてブランド力が最も高いのはどこか? 調査結果から読み解いていく。(2019/7/6)

千円で散財「センポチ」ってみた:
ヘッドマウント傘の時代か ポケGOヘビーユーザー向け?
頭部に装着する傘。釣りグッズとしては知られていたが、普段使いする時代が来たのかもしれない。(2018/8/8)

ヘビーユーザー向けの大容量魔剤 473mlのボトル缶モンスターエナジー発売
捗る。(2018/8/7)

モバイル決済の裏側を聞く:
ローソンが無人決済「スマホペイ」を導入 その狙いとキャッシュレス戦略を聞く
ローソンが都内3店舗で「ローソンスマホペイ」の実証実験を行った。行列に並ばずに手持ちのスマートフォンだけで会計を済ませられるのは斬新な体験だ。ヘビーユーザーからは「やめないでほしい」と好評だという。サービスの狙いをローソンに聞いた。(2018/6/19)

データ容量50GBのプランも:
ソフトバンク、新型iPhone「48回払い」導入 KDDIに対抗
米Appleによる新型「iPhone」の発表に合わせ、ソフトバンクが新プランを発表。端末を48カ月の分割払いにできるプランや、月々のデータ容量が50GBのヘビーユーザー向けプランなどを9月22日から提供開始する。(2017/9/13)

ヘビーユーザー限定:
メルカリも「後払い」導入 2万円まで翌月一括払い可
メルカリが、購入した複数の商品の代金を、翌月にまとめて支払うことができる「メルカリ月イチ払い」を始めた。月に何度も利用するヘビーユーザー向けの救済措置で、利用可能者は抽選で選定するという。(2017/6/5)

PR:格安スマホへの乗り換えを迷っている人にこそ――「UQ mobile」を勧めたい5つの理由
「毎月の通信料金をもっと安くしたい」「SNSのヘビーユーザーだけどデータ通信量を抑えたい」「iPhoneを使い続けたい」「通信品質やサポートも重視したい」――そんなわがままな要望をかなえてくれる格安スマホがUQ mobileだ。その魅力を見ていこう。(2016/11/21)

CAEニュース:
ヘビーユーザーにお得な新しいライセンスカウントも――Altair、CAEプラットフォームの新製品「HyperWorks 14.0」を発表
CAEプラットフォームの新製品「HyperWorks 14.0」は最適化や非線形ソルバーの各種機能を強化し、新機能を追加。これまで買収した企業のツールのいくつかも新たに加えた。ヘビーユーザーにとってはお得になるライセンススキームも追加した。(2016/3/11)

半径300メートルのIT:
スマホ時代に帯域を食い尽くすのは「一部のヘビーユーザー」なの?
家族全員で「1カ月で10ギガ」というプランを契約しているのですが、予想とは違った使用実態が分かりました。その理由とは――。(2015/7/28)

リモートアクセスDay2015:
録画ヘビーユーザーに便利な仮想DMS技術「DiXiM VDMS」とは?
家の中にある複数のレコーダーで録画した番組を1つの画面で一覧し、再生まで行える。しかもレコーダーのメーカーは問わない。ヘビーな録画ユーザーにうれしい技術が登場した。(2015/3/18)

シャーボ誕生の秘話も明らかに:
ユーザーと二人三脚で目指す“究極のシャーボ”――ゼブラが仕掛けたユーザーイベントの狙いとは
ボールペンとシャープペンシルを合体させた筆記具「シャーボ」が誕生してから37年。“究極のシャーボ”を考えるユーザー参加型ワークショップが開かれた。こだわりが強いヘビーユーザーの生の声を聞いた、開発チームの新たな挑戦が始まろうとしている。(2014/2/21)

“仕事”にこだわるあなたへ:
PR:これがWindows 7搭載可能な“Endeavor史上最高峰”シリーズ──「Endeavor Pro8000」の超高速構成に酔いしれる
エプソンダイレクトのEndeavor Pro8000は、開発コード名:Ivy Bridge-Eで知られる超ハイエンドCPUを採用した同社最高峰のタワー型PCだ。ヘビーユーザーがうらやむハイスペックの魅力に迫る。(2013/11/26)

ヤフー・宮坂社長とブロードバンドタワー・藤原会長兼社長CEOがトップ対談:
PR:企業のデジタル化戦略を後押しする「都心・地域連携型データセンター」のススメ
「モバイル」「ソーシャル」「クラウド」「ビッグデータ」といったキーワードが企業のビジネスと結び付きを強くする中、それらの基盤となるデータセンターへの要求が大きくなっている。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」をはじめ大規模なインターネット事業を展開するヤフーは、まさにデータセンターのヘビーユーザーといえよう。同社がデータセンターに求める要件とは何か。ヤフーで代表取締役社長を務める宮坂学氏と、同社を主要顧客に持つブロードバンドタワーの代表取締役会長兼社長CEOである藤原洋氏の対談から、企業がデータセンターを効果的に活用する上でのヒントを探る。(2013/9/19)

多機能タッチアシスト(ホバー)+モバイルNo.1カメラ:
PR:「さらっとスマチェン」だけじゃない! ヘビーユーザーも納得の超高機能――「ELUGA P P-03E」ブロガーイベントリポート
ケータイユーザー向けの安心・便利機能を満載し、“さらっとスマチェン!”というキャッチフレーズで話題の「ELUGA P P-03E」。実はハイエンドクラスにも劣らないスペックと機能を持ち、ヘビーユーザーも納得の1台なのだ。(2013/8/23)

「まとめサイト」のヘビーユーザーは18.5%、なぜ利用しているの?
「まとめサイト」を利用している人はどのくらいいるのだろうか。15歳以上の男女に聞いたところ、36.5%の人が「『まとめサイト』を利用している」と回答した。電通PR調べ。(2012/7/18)

スマホ、タブレット、ノートPCにも使える:
一癖あるが高性能、ヘビーユーザー向けのモバイルバッテリー「MiLi Power Queen」
MiLiのモバイルバッテリー「MiLi Power Queen」は、1万2800円と多少値が張るものの、ボタン1つで出力が変えられたり、4時間で満充電になる急速充電など、他社製品にはない機能を備えている。(2012/4/27)

実はファミリー層に最適?:
“手間なく確実”が最大の魅力、バッファロー“ゼン録”「DVR-Z8」を試す(後編)
バッファローの“ゼン録”「DVR-Z8」は、最大8チャンネルの全録マシン。手間なく確実に録画できるため、録画機のヘビーユーザーのみならず、ファミリー層にも適しているようだ。(2012/4/6)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“ツカミ”がうまい、さすがURoadシリーズ──薄型9時間のWiMAXルータ「URoad-SS10」の実力チェック
WiMAXヘビーユーザーにファンが多い「URoad」シリーズ。小さく、軽く、薄くなった新モデル「URoad-SS10」はその特性を受け継いでいるか。実通信速度やハンドオーバー性能を旧モデル+ライバル機とともに実力を検証する。(2012/3/30)

約3年で人口カバー率98%目指す:
ドコモ、「Xi」エリア拡充計画を急加速──「ヘビーユーザーこそXiを」の狙い
NTTドコモが、Xi対応スマートフォンを一挙投入。エリア拡充計画の前倒しとともに、「それならばXi加入しようかな、移ろうかな」と思わせるためのユーザー向け施策を多数用意する。(2011/10/19)

どうなるパケット定額制 Xiで新方式導入のドコモ「3Gは当面維持したい」
LTE「Xi」に通信量7Gバイト/月の壁を設けるドコモ。ヘビーユーザーに応分の負担をしてもらう狙いで、3Gの定額制は「できるだけ維持したい」と山田社長は話す。(2011/9/8)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
スティーブ・ジョブスからの手紙への“返信”を考えてみた
8月24日に電撃的に発表された、Appleのスティーブ・ジョブスCEOの辞任。それに伝えた「スティーブ・ジョブスからの手紙」に、Apple製品のヘビーユーザーでもある筆者が返信してみた。(2011/9/1)

「一部のスマホヘビーユーザー」の通信速度を制限、米キャリアAT&Tが実施へ
一部のヘビーユーザーによる携帯ネットワーク圧迫への対策として、AT&Tは定額プランでデータ通信量が多いユーザーの通信速度を低下させる施策を導入する。(2011/8/1)

ヘビーユーザーの3分の2が紙から電子へ完全移行――米BISGの市場調査レポート
米出版業界の調査団体であるBook Industry Study Groupが調査した米国内の電子書籍ユーザー動向によると、ヘビーユーザーの3分の2が電子書籍生活に完全移行したという。(2011/5/2)

ソーシャルゲームのヘビーユーザーは男性より女性
SNS上などで提供され、ユーザーがゲームを介してコミュニケーションできるソーシャルゲーム。1日に1時間以上遊ぶヘビーゲーマーの割合は男性より女性の方が高いようだ。イーキャリア調べ。(2010/9/14)

Microsoft、独自携帯電話「KIN」発表 SNS機能を充実
Microsoftの「KIN」はシャープ製で、タッチスクリーンとスライド式キーボードを搭載。SNSのヘビーユーザーをターゲットにしている。(2010/4/13)

調査リポート:
モバイルソーシャルゲームの収益支えるのは“一部のヘビーユーザー”  スパイアらの利用調査で
スパイアとシーエー・モバイルがモバイルソーシャルゲームに関する利用調査の結果を発表した。空き時間に積極的に活用される傾向など、ユーザーの利用実態が見えてきたほか、有料でも利用したいユーザーはわずか4.2%という結果が出た。(2010/3/9)

「日本語を楽しく」 27歳ケータイ女子が企画したIME「Baidu Type」
「ケータイIMEの楽しさをPCでも」――新IME「Baidu Type」は、auケータイヘビーユーザーの27歳女性が企画した。「楽しくて“分かってくれる”IME」を目指している。(2009/12/21)

mixiアプリで「20代女性中心」から脱却へ 開発者イベントで笠原社長
ミクシィは、20代女性中心だったmixiのヘビーユーザー層を「mixiアプリ」で広げる狙いだ。23日に開いた開発者イベントには、開発元として、SNS向けアプリ専業の米国ベンチャー企業も登場した。(2009/4/24)

モバイルネットのヘビーユーザーは消費にも積極的――IMJモバイル調べ
IMJモバイルが、モバイルインターネット利用者の生活や消費に関する動向の調査結果を発表。ネットを利用する時間の長さに応じて、異なる傾向がみられた。(2009/4/23)

それゆけ!カナモリさん:
オンナ心をわしづかみ!? ソニーのVAIO type P
“小さい、軽い、美しい”がキャッチコピーのソニー「VAIO type P」。「予約しないと買えない」などと話題になっているが、実際に購入を検討しているのは、PCのヘビーユーザーだけではない。女性の心もわしづかみにしているようだ。(2009/1/16)

松村太郎のiPhone生活:ユーティリティ:
第11回 公衆無線LANスポットを乗りこなせ──「Easy Wi-Fi」
今回のご紹介は「Easy Wi-Fi」。このアプリは、ウェブブラウザで認証作業が必要な公衆無線LANサービスの認証作業を1ボタンで済ませてくれる、無線LANのヘビーユーザーにとってはのどから手が出るほど欲しいアプリである。(2008/10/21)

CATVに最適な帯域制御装置「PureFlow FS10-CATV」
CATV事業者/ISPが注目する帯域利用効率化の切り札「公平制御」とは
動画共有や音楽ダウンロードなどが常用化、ネットユーザーの利用帯域が急拡大する中、一部の“ヘビーユーザー”がベストエフォートの回線を圧迫している。この状況を改善する「公平制御」の考え方が注目されている。(2008/10/8)

EZwebヘビーユーザーの通信速度を制限
au携帯電話のネット接続サービス「EZweb」で、連続的に大量に通信している一部のユーザーについて、10月1日から通信速度を制限する。(2008/7/30)

ヘビーユーザーの帯域制御、事業者団体がガイドライン公表
一部ヘビーユーザーがネットワーク帯域を圧迫している問題で、電気通信事業者4団体が、帯域制御を行う際の基準となるガイドラインを公表。実施の場合にはユーザーな同意が必要だとしている。(2008/5/23)

ブログのヘビーユーザーはニュースサイトもお好き――米調査
ブログ利用頻度の高い人は、平均的なネット利用者と比べ、ニュースサイトやエンターテインメントサイトをよく利用することが分かった。(2008/3/11)

+D Style News:
闘う前に飲む!――マカ&ガラナ配合缶コーヒー「POWER COFFEE」
仕事の合間のリフレッシュとして缶コーヒーが欠かせない――そんなヘビーユーザーを想定し、伊藤園がマカやガラナを含む缶コーヒー「POWER COFFEE」を販売する。価格は120円。(2008/3/6)

あなたのクレジットカード見せてください:
100円使うごとに1円キャッシュバックされます──斎藤健二さん
編集部が気になる人を直撃、クレジットカードをどのように使っているか教えてもらおうという本企画。2人目に登場するのは、ITmedia Biz.IDの斎藤健二編集長です。自他共に認めるクレジットカードのヘビーユーザーがメインで使うカードとは?(2007/12/27)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(10)〜「テープを作ってあげるよ」から生まれるボランティア精神とリスペクト
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。今回は自分が興味を持っているジャンルのヘビーユーザーにレコメンデーションしてもらう、というユニークなサービスを取り上げます。(2007/11/19)

石丸電気、秋葉原地区で一斉リニューアル
石丸電気は10月9日、東京・秋葉原地区の全11店舗を一斉リニューアルした。駅前店をヘビーユーザー向け「パソコン館」に変更するなど、専門店化を進める。(2007/10/9)

電子マネーの利用率が高いのは20代、ヘビーユーザーが多いのは40代──楽天リサーチ調べ
楽天リサーチが電子マネーに関するインターネット調査の結果を発表した。それによると、電子マネーの利用経験があるのは約6割。ヘビーユーザーが多いのは40代となっている。(2007/7/3)

「P2P活用を」「ヘビーユーザーの帯域制御OK」――総務省懇談会、ネット混雑緩和へ提言
ネットトラフィックが急拡大している現状に対応すべく、総務省の懇談会がまとめた報告書案では、P2P技術の積極的な活用を提言しているほか、トラフィックを圧迫する一部ヘビーユーザーに対する一時的な帯域制御は容認される――などとしている。(2007/6/21)

ケータイネットの現場から:
「下流」ではないケータイヘビーユーザー
携帯向けネットサービスのヘビーユーザーは「PCを使えない“下流”な人々」と誤解されることもある。だが実際は、自分でサイト構築して情報発信しているリテラシーの高い人も多いようだ。“新しい携帯ヘビーユーザー層”が見られる日も遠くないかもしれない。(2007/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。