ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「稲盛和夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「稲盛和夫」に関する情報が集まったページです。

石野純也のMobile Eye:
「コスパ」と「5G」を武器に日本で台頭したOPPO その歩みと今後の戦略を読み解く
OPPOの5Gスマートフォンがauとソフトバンクから発売される。SIMフリー市場では、コストパフォーマンスに優れたRenoシリーズでシェア拡大を目指す。今後はスマートフォンの周辺機器も拡張して満足度向上に努める。そんなOPPOの日本での戦略を解説する。(2020/7/24)

新連載・古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ゴンチャ新社長の原田氏がタピオカブーム“最後の希望”の理由
SNSで大きな話題を呼んだのが、国内大手タピオカ飲料店の「ゴンチャジャパン」社長人事だ。同社は12月1日付で原田泳幸氏を新たな社長に任命した。冷たい飲み物というイメージが強いタピオカの「冬越え」問題や、大手カフェチェーンなどのタピオカ参入という競争激化も業界全体の課題になりつつある。(2019/12/6)

「当事者意識」を浸透:
「賞与を年3回にします」 シャープ社長が社員に送ったメッセージの中身とは
シャープが賞与を年3回支給へ。マネージャークラスから導入。社長メッセージで発表。メッセージの最後では、役員に対する激励や社員への感謝の言葉も。(2019/8/8)

なぜモノづくり日本でアートシンキングなのか【後編】:
オリジンベースドアートシンキングで創造的なモノづくりを進めるには
「オリジンベースドアートシンキング」とは何か? 今回はデザインシンキングやロジカルシンキングとの違いを交えながら理解を深めていきます。また京セラをアートシンキングの角度から考察。まとめとして、日本のオリジンとモノづくりの関係性について紹介します。(2019/6/12)

実在の経営者:
転職コンサルに聞く、いま求められるリーダー像
ミドル世代の転職者に対して、企業はどのようなリーダー像を求めているのだろうか。転職コンサルタントに聞いたところ……。エン・ジャパン調べ。(2019/5/29)

JAL新社長に赤坂常務、植木氏は会長に 4月1日付
日本航空は、4月1日付で植木義晴社長が会長に就き、後任の社長に赤坂祐二常務(現JALエンジニアリング社長)が昇格する人事を決めた。(2018/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
エグゼクティブリーダーのための禅的仕事術
一流の経営者や超優良グローバル企業がなぜ禅にたどり着くのだろうか?(2017/11/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

ITmedia エグゼクティブ オープンセミナーリポート:
最大限に引き出すには思考のシンプル化
超一流といわれる人とは、常に最大の成果を上げることができる人である。それでは、どうすれば超一流になれるのか。(2016/8/3)

日米展開の今後は?:
スマホ1億台出荷の中Huawei 海の向こうで華開いたニッポン的物作り
2015年に1億台以上のスマホを出荷したHuawei。数から品質への戦略転換を果たし、世界的なブランドイメージの向上に努めている。躍進の原動力とはなにか? グローバルの担当者に聞いた。(2016/1/18)

小林正弥の「幸福とビジネス」:
もし経営者がアリストテレスを読んだら?
ビジネスの世界でよく語られる「経営哲学」。これはいわゆる学問的な哲学と関係するのだろうか。この難問についてアリストテレスはどう考えるのだろうか?(2016/1/7)

水曜インタビュー劇場:(JAL公演):
“ザ・縦割り”だったJALが、変貌できた理由
JALの業績が好調だ。景気が回復してきたり、訪日外国人が増えたり、原油が安くなったり、さまざまな外部要因があるが、記者は内部に注目した。破たん前の企業文化は縦割りだったのに、破たん後はかなり変化してきている。その理由は……。(2015/9/30)

ワコールの事業拡大を支える、新グループウェアの効果とは?
下着から水着業界へとビジネスを広げているワコール。最近は海外展開や事業買収により、グループの規模も大きくなっているが、その変化に社内ポータルが対応できなくなってしまった。社内ポータルの刷新を決意した同社が選んだシステムとは。(2015/2/3)

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(2):
「アメーバ経営」の3つの目的
「アメーバ経営」を製造業の運営にどう当てはめるかという手法と事例を解説する本連載。第2回となる今回は、アメーバ経営で目指すべき“3つの目的”を紹介する。(2014/10/6)

いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(1):
「アメーバ経営」とは何か
グローバル競争の激化により多くの日系製造業が苦しむ中、にわかに注目を浴びているのが「アメーバ経営」だ。京セラをグローバル企業に押し上げ、会社更生法適用となったJALを復活させた原動力は何だったのか。本連載では、「アメーバ経営とは何か」を解説するとともに、その効果を示す事例としてJAL整備工場での変化について紹介する。第1回となる今回は「アメーバ経営」そのものを紹介する。(2014/9/12)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
JALの最新ビジネスクラス「SKY SUITE 777」を創った男たち――第3回「空の上のレストラン」
いまやそのサービスはファーストクラスに近い……JALのビジネスクラスでの食事「BEDD」はそう感じさせてくれるほどレベルが高い。「和」にこだわり、4人の著名な日本人シェフを中心にドリームチームを結成。ドリームチームが手がけるその美食とは?(2014/9/5)

ビジネス書・実用書100作品が日替わりで半額に、BookLive!で期間限定キャンペーン
『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』や『50歳からは炭水化物をやめなさい』など700作品が半額となる。(2014/8/13)

やる気がわいてくるたった1つの方法:
自分の夢を語れるリーダーに人はついて行く
自分の仕事が自分のためになるだけでなく、社会的な意味も持つと考えるとき、仕事にやりがいを感じることができます。「ついて行きたい」と思われるリーダーが語る夢も、利己的なものではいけないのです。(2014/7/1)

松岡功のThink Management:
社長が選んだ「2013年の社長」と「2014年の注目企業」
今回は、産業能率大学が先頃発表した「社長が選んだ2013年の社長と2014年の注目企業」の調査結果から、今の時代のマネジメントに求められている要素を探ってみた。(2014/1/9)

電子書籍が紙の書籍の販売部数を上回る――サンマーク出版
サンマーク出版は、Amazon.co.jpで販売している11月の電子書籍ダウンロード数が、同月の紙の書籍販売部数を上回ったと発表。ベストセラータイトルの素早い電子書籍化などが要因となった。(2013/12/6)

BOOK☆WALKER、「62.5%還元」のキャッシュバックキャンペーン KADOKAWA以外の全作品対象に
電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」が3周年を記念したキャンペーン。KADOKAWA以外の出版社の全作品を対象に「史上最高」という62.5%のキャッシュバックキャンペーンも。(2013/12/3)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――10月5日から10月11日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/10/8)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――9月28日から10月4日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/9/30)

BookLiveで「日経3社フェア」開催――10%ポイントバック
BookLiveが日本経済新聞社、日経BP、日本経済出版社の発行する書籍や雑誌購入で、購入金額の10%をポイントバックする「日経3社フェア」を開催する。(2013/8/23)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/12)

8月3日から8月9日:
Kindleセレクト25情報
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/8/5)

心技隊流「未来を創るヒント」:
京セラ稲盛さんの言葉と、中小企業連合の考え方
「“経営者感覚を持った従業員”を育てて組織するのがよい」と京セラ名誉会長の稲盛和夫さん。その思いに共感したおかしらこと心技隊隊長・緑川さんのコラム。(2013/5/27)

松岡功のThink Management:
社長が選んだ「2012年の社長」と「2013年の注目企業」
今回は、産業能率大学が先頃発表した「社長が選んだ2012年の社長と2013年の注目企業」の調査結果から、今の時代のマネジメントに求められている要素を探ってみた。(2013/1/10)

社長が選ぶ2012年最優秀経営者、JALを再建させた稲盛和夫氏がトップ
従業員数が10人以上の企業経営者に2012年の最優秀経営者を尋ねたところ、トップは日本航空を再上場させた稲盛和夫氏だった。産業能率大学調べ。(2012/12/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
JAL再建や病院黒字化の事例にみる「アメーバ経営」とは――KCMC 浅田社長
JAL再建、そして20あまりの医療機関の黒字化など、京セラ発祥の「アメーバ経営」は他の企業などでも効果を発揮している。10月26日に開催された第25回ITmedia エグゼクティブセミナーの特別講演「アメーバ経営と経営改革〜企業経営の原点を考える〜」から、その考え方や実例について紹介する。(2012/12/4)

電子書籍ランキング:
ニーチェを“イマドキの言葉”で読むと……
hontoのランキングデータから、今売れ筋の電子書籍を紹介します。(2012/11/22)

クラウドが普及した市場で、生き残るエンジニアと組織:
クラウドが普及した市場で、生き残るエンジニアと組織
クラウドがもたらした変化は、技術的なものだけにとどまらない。IT企業の組織、そしてエンジニアに求められるスキルや性質が変わってきている。(2012/7/20)

井上久男の「ある視点」(13):
家電版「覇者の驕り」――名門家電メーカーは垂直統合モデルから脱却できるか
電機業界の赤字3兄弟「SKN 1.3」で最も重篤なのは? 名門再生のカギは過去の栄光を捨てられるかだ。(2012/3/23)

社長に聞く、2011年の優れたトップは誰?
2011年の最優秀経営者は誰だと思いますか? 従業員10人以上の経営者に聞いたところ、ソフトバンクの「孫正義社長」を挙げる人が最も多かった。産業能率大学調べ。(2011/12/15)

吉田典史の時事日想:
35歳になった時に心得ていないと、もっとヤバイこと
先日の時事日想で仕事の成果や実績は、職務遂行能力と仕事への意識・考え方の掛け算で決まると主張した筆者。しかし、人事コンサルタントの奥山由実子さんは、職務遂行能力×熱意×考え方でとらえるべきと主張しているようだ。(2011/9/30)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
電力料金値上げの前に……「ありがとう」を伝えてほしい
火力発電を増やすことを理由に、電気料金の値上げ申請を検討しているという東京電力。しかし、その前に東京電力にはやるべきことがあるのではないか、と筆者は主張。同じく国策会社のJALの経営姿勢と比較する。(2011/9/8)

脱ガンジガラメの働き方:
平日の昼間から釣りがしたいから独立した私
東京の最高気温は39.5度。2004年の夏は暑かった。ふと外を見たら、平日なのに釣りをしている人がいた。すでに定年を迎えて悠々自適だったのかもしれない。しかし、そのときの私には、ただただ、うらやましかった。(2011/8/29)

年収750万円以上のビジネスパーソン、約8割が「将来、社長・役員になりたい」
企業のかじとりをする経営者。高年収者たちはその素養として、「決断力・判断力」や「リーダーシップ」が必要だと考えているようだ。ビズリーチ調べ。(2011/8/23)

「演劇と思って振る舞う」「キーマンに語りかける」……プレゼン中に心がけること
企画を売り込む時に重要なプレゼンテーション。プレゼンをうまく行うため、演劇と思ってプレゼンを行ったり、キーマンに語りかけたりしている人が多いようだ。常盤薬品工業調べ。(2011/2/7)

社長が選ぶ2010年の最優秀経営者、トップはソフトバンク孫正義社長
円高が進むなど、難しい経営のかじ取りが強いられている昨今。従業員10人以上の企業経営者に「2010年に最も優れていたと思う社長は?」と尋ねたところ、昨年調査で3位だったソフトバンクの孫正義社長がトップに。産業能率大学の調べ。(2010/12/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「経営計画書」のススメ
日本の法人は7割以上が赤字。「入ってくるお金」より「出ていくお金」を少なくすれば黒字にはなるが、できる経営者の次の一手は。(2010/8/26)

高年収者に聞いた“入閣してほしい民間人”、トップは「孫正義」氏
かつて内閣の一員として、堺屋太一氏(経済企画庁長官)や竹中平蔵氏(経済財政政策担当大臣など)ら民間人が登用されたことがあったが、年収750万円以上のビジネスパーソンが入閣してほしいと思っている民間人は誰なのだろうか。ビズリーチ調べ。(2010/6/16)

高所得者たちが新社会人に贈りたい本、トップは『7つの習慣』
書店で多く並ぶビジネス書。年収750万円以上の高所得者たちに「新社会人に贈りたい本は?」と尋ねると、トップはスティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣―成功には原則があった!』だった。ビズリーチ調べ。(2010/4/6)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
“パワーシニア”の国、ニッポン
シニアが早期引退を望み、優秀なら若い人でも経営の第一線で活躍する欧米の労働社会。一方、日本で経営の第一線に立っているのはシニアばかりだ、とちきりんさんは主張します。日本ではなぜシニアが強いのでしょうか。(2010/4/5)

日本航空の再建に、最もふさわしい経営者は誰?
経営難に陥っている日本航空の再建に、最もふさわしい経営者は誰だろうか。年収750万円以上のビジネスパーソンに聞いたところ、日本を代表する経営者が上位に並んだ。ビズリーチ調べ。(2010/3/24)

エグゼクティブ会員の横顔:
「人は育てるものではない、一緒に育つもの」――中野区役所・平田氏
プロジェクトは人を大切にして成功する。かつてプロジェクトマネジャーとして怒涛の日々を送った経験が財産になったという中野区役所の平田氏は、皆で夢を共有できれば困難を乗り越えられると話す。(2010/3/2)

重かったXGP投資、外れたストーリー──ウィルコム、自力再建断念への道
ウィルコムが自力再建を断念した。期待の次世代サービス「XGP」の投資負担を現行PHSでまかなうという目論見が外れ、資金不足に苦しみ続けた上での決断だった。(2010/2/18)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
京セラ、KDDI、そしてJAL――『稲盛和夫の実学』
経営破たんした日本航空。その経営を託されたのが、京セラやKDDIを育てた稲盛和夫氏。彼自身が語る経営哲学が『稲盛和夫の実学』に凝縮している。(2010/2/5)

誠 Weekly Access Top10(2010年1月23日〜1月29日):
UstreamがiPhone販売に与える影響は?
2月2日にUstreamで生中継されたソフトバンクの決算説明会。孫正義社長自らがiPhoneでUstreamを使った生中継を実演する場面もあったが、その様子を見てiPhoneを買おうと思った人はどのくらいいたのだろうか。(2010/2/4)

(ほぼ)完全収録:
日本航空再生の青写真は描けるか――稲盛和夫新会長就任会見
日本航空は2月1日、同日付で就任した稲盛和夫新会長、大西賢新社長の記者会見を行った。1月19日に会社更生法の適用を申請し、企業再生支援機構の支援のもと、再生への道のりを歩み始めている日本航空。京セラやKDDIの経営で腕を振るった稲盛氏は、再建に向けてどのような青写真を描いているのだろうか。会見の模様を詳しくお伝えする。(2010/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。