ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Informatica」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Informatica」に関する情報が集まったページです。

「量子安全」なテープストレージも:
IBM、量子コンピューティング時代に対応した安全な暗号サービスをクラウドで提供へ
IBMは、将来の量子コンピューティング時代を見越した一連のサイバーセキュリティの取り組みを発表した。クラウドで転送中のデータの暗号化や、TLS/SSLの実装の強化などを2020年までに進める。量子コンピュータによる暗号解読に対応したテープストレージも開発した。(2019/8/27)

コード変換サービス、ハンズオンなどを提供:
Microsoft Azureのクラウドアナリティクス支援プログラムを発表 MicrosoftとInformatica
MicrosoftとInformaticaは、企業が「Microsoft Azure」を使ったクラウドアナリティクスの取り組みを容易に開始できるようにする共同プログラムを発表した。(2019/8/8)

怒濤の5並列プロジェクトを振り返る:
Workdayのファイナンスにクラウド版Informatica、壮絶な“初物導入の舞台裏”全部見せます
あの、話題のプロジェクトの現場で、実際にどんなことが起こっていたのか――。初物ソリューション導入の「いいことも悪いことも全て」公開するというイベントが開催された。(2019/7/4)

CIOへの道:
日本郵便の“戦う専務”が指摘――IT業界の「KPI至上主義」「多重下請け構造」が日本を勝てなくしている
先進国の中でもIT活用が遅れている日本。その原因はどこにあるのか――。日本郵便の“戦う専務”鈴木義伯氏とクックパッドの“武闘派情シス部長”中野仁氏が対談で明らかにする。(2019/4/26)

SAP ERP導入支援ビジネスを展開するALSIに聞く:
PR:データをコピーするだけで3〜4日はかかる――SAP ERPにおけるテストデータマネジメントの課題とは
業務改革を推進するための中核的なソフトウェアとして1990年代から導入が進められたSAPシステム。現状のSAP ERPについてユーザーは何を課題に感じているのか。それをどのようにすれば解決できるのか。SAP ERP導入支援ビジネスを展開するアルプス システム インテグレーションと、開発、運用を手助けするさまざまなツールの国内展開を手掛けるアシストの対談から、SAP ERPにおけるデータマネジメントやデータ活用の課題、その解消方法を探っていきたい。(2019/4/22)

レガシーデータへの対処がポイント
ビジネス変革プロジェクトを成功させる 「短期的解決策」と「長期的解決策」
ビジネス変革には強固なデータ基盤が必要だ。本稿では、データ品質に関する問題の短期的解決策と、データ品質向上に向けた長期的アプローチの基礎を専門家が紹介する。(2019/2/14)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
「ごみデータ」を入れれば「ごみ」が出てくるだけ――変化の時代に勝つためのデータ活用、IT部門はどう関わればいい?
変化の時代に勝ち残る企業になるためには、データを駆使したリアルタイム経営が欠かせない。生きたデータを経営に生かすために、情シスができることは何なのか――。フジテックCIOの友岡賢二氏とクックパッド情シス部長の中野仁氏が、対談で明らかにする。(2018/12/29)

ビッグデータ活用法を考える
徹底比較:データウェアハウス、データレイク、データマート、ODSの違いは?
データウェアハウス、データレイク、データマートなど、ビッグデータを収容する方法は少なくない。とはいえ、どの方法を選ぶかはデータの使用目的や使用者によって変わる。本稿では、これらの違いを考える。(2018/11/22)

APIの活用を幅広く支援:
Google、「Apigee APIプラットフォーム」にAPI監視やサービス拡張などの機能を追加
Googleは、ライフサイクルAPI管理に役立つ「Apigee APIプラットフォーム」について、新機能である「Apigee APIモニタリング」「Apigeeエクステンション」「Apigeeホステッドターゲット」の正式提供を開始した。(2018/10/16)

Product 360、IICSはどのような効果があったのか
三越伊勢丹、クックパッド 効率的なデータ管理のための基盤づくりを語る
インフォマティカのデータ管理システムを使ったデータの連携や統合について、三越伊勢丹グループ、クックパッドの事例を紹介する。(2018/9/21)

CIOへの道:
1年半でシステム刷新のクックパッド、怒濤の「5並列プロジェクト」に見る“世界で勝つためのシステム設計”
海外展開を視野に入れ、“世界で勝つためのシステム構築“に取り組むことになったクックパッド。海外企業を参考にプロジェクトを進める中、日本企業のシステムとそれを支える組織との間に大きな差があることを認識した同社は、どう動いたのか。また、分散と分断が進み、Excel職人が手作業で情報を連携している状態から、どのようにして統合された一貫性のあるシステムに移行したのか――。怒濤のプロジェクトの全容が対談で明らかに。(2018/8/14)

DXに取り組みながらGDPR対策もできる:
PR:ハイブリッド環境で複雑化するデータ管理、「攻め」と「守り」のデータガバナンスを実現する方法とは
データレイクサービス「Data Lake Store」やNoSQLデータベース「Cosmos DB」など、デジタルトランスフォーメーション(DX)向けの機能強化が進むMicrosoft Azure。そのような中、クラウドを含めた「攻め」と「守り」の両面で、データガバナンスの実現に向けて「データカタログ」の展開に力を入れているのがインフォマティカ・ジャパンだ。iPaaS(Integration Platform as a Service)市場のリーダーである同社の考えを聞いた。(2018/6/11)

Amazon、Baidu、Clouderaなど紹介
人工知能(AI)インフラ製品、主要ベンダー18社の特徴をつかむ(前編)
人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。Amazon、Baidu、Clouderaなど、主要な18社を紹介する。(2018/5/29)

機械学習/AI技術も活用:
インフォマティカ、EU新個人情報保護規則(GDPR)に向けた対応支援ツールを提供開始
インフォマティカ・ジャパンは、EU一般データ保護規則(GDPR)に対応する企業を支援するガバナンスソリューションの提供を開始する。データの格納場所や構造を問わず管理できる。機密データを素早く特定できる他、データに対する異常行動を探知することも可能。(2017/9/19)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(2):
「PoC」の進め方──メンバー選定、環境構築、データ収集と活用、評価まで
本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から具体的に理解し、実践していくためのナレッジアーカイブです。今回は、導入前検証である「PoCの進め方」全8工程を解説します。(2016/10/21)

製造ITニュース:
「波形特徴量抽出エンジン」で予防保全を可能に、アクセンチュアが分析事業に注力
アクセンチュアは、「波形特徴量抽出エンジン」「アクセンチュア インサイト プラットフォーム(AIP)」「分析BPOサービス」をはじめとする分析サービスに注力している。波形特徴量抽出エンジンを使えば、これまで人手で数カ月かかっていた時系列データの特徴量抽出を数時間で完了させられるという。(2016/10/18)

製造IT導入事例:
大手情報機器メーカーがマスターデータ管理ソリューションを導入
インフォマティカ・ジャパンと東洋ビジネスエンジニアリングは、コニカミノルタが、インフォマティカのマスターデータ管理(MDM)ソリューション「Informatica MDM」を導入したと発表した。(2016/4/4)

米国に続く海外展開:
VAIOがブラジルで販売開始――Fit 15E/Pro 13G/Zを投入
現地PCベンダーに委託し、3シリーズを順次発売する。(2015/10/16)

120種類以上のデータ接続形式に対応:
インフォマティカ・ジャパン、クラウド〜オンプレミス間でのデータ統合ソリューションをリリース
インフォマティカ・ジャパンは2015年9月9日、クラウドやオンプレミスの環境上に分散したデータを統合するためのソリューション「Informatica Cloud Data Integration」の日本国内での提供開始を発表した。(2015/9/11)

目指すはロボット製造のVAIO?:
「2017年度にPCと新事業の収益を1:1へ」――大田新社長が語るVAIOのこれから
発足から1年を迎えたVAIO新会社は、PCの販売も新規事業も強化する。6月に就任したばかりの大田新社長は、都内で記者会見を行い、今後の事業方針について語った。(2015/8/20)

「VAIO」海外進出 米国とブラジルに参入
VAIOが海外市場に進出。第1弾として米国とブラジルでVAIOブランドのPCを展開する。(2015/8/19)

ブラジルでは現地生産モデルも:
VAIO、米国市場でVAIO Z Canvasを10月5日から発売
米国における実売予想価格は2199ドルから。ブラジル市場にも進出して現地パートナー企業にVAIOブランドのPC製造も委託する。(2015/8/19)

ライオンとリコーが伝授、ビジネスを変えるデータ基盤の作り方
データのビジネスへの活用が叫ばれて久しいが、効果をあげられている企業はまだまだ少ないのが現状だ。ITmedia エンタープライズ編集部が主催する「データマネジメントセミナー」では、ライオンとリコーの企業事例や最新のソリューションが紹介された。(2015/6/22)

データ連携がわずか数クリックで実現:
セールスフォース、データソース統合ソリューション「Salesforce1 Lightning Connect」を発表
米セールスフォース・ドットコムは11月13日、レガシーの業務システムに格納されているデータをSalesforceに統合するためのソリューション「Salesforce1 Lightning Connect」を発表した。(2014/11/18)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaSとオンプレミスシステムの統合が直面する課題とは?
クラウドが発展を続ける中で、CIOはクラウドベース製品とオンプレミスシステムとの親和性に目を向ける必要がある。(2014/5/15)

想定すらしていなかったビジネスの仮説や気づきを発見できる!:
PR:マーケターのひらめきをデータで加速するQlikViewの真価
クリックテック・ジャパンが提供するBusiness Discoveryプラットフォーム「QlikView」が実現するのは独自の「連想アーキテクチャ」による高速/柔軟なデータ分析。この斬新な分析の仕組みがマーケターにどのような変化をもたらすのか。クリックテック・ジャパン マーケティング本部 本部長 安部知雄氏が語る。(2014/4/1)

B-EN-Gとインフォマティカ、ERPデータの活用支援で連携
基幹システムの情報活用で課題となるマスターデータの管理ソリューションを提供する。(2013/11/1)

IT担当者はインフラに時間を使うべきではない
大企業もクラウド導入は当たり前──IT担当者がやるべき次の仕事は?
導入自体ではなく、最適な活用方法が検討されるようになってきたクラウド。しかし、クラウドに移行することでIT部門は統制力を失うことになるのだろうか? IT担当者は次に何をするべきなのか?(2013/6/17)

ビッグデータ時代のデータ連携基盤を目指す、Informaticaが新施策を発表
米Informaticaが、ビッグデータ活用での円滑なデータ連携を実現するとした新ブランド「Vibe」や新製品などを発表した。(2013/6/5)

Databaseテクノロジレポート:
IBMのCTO自らが語る「データ活用時代に必要なDBアーキテクチャ」とは?
生活の半分は技術ディスカッション、残りはラボ。IBMの技術フェローがデザインした「データ活用時代」のDBアーキテクチャと技術を深掘りしてみた。(2013/4/26)

Amazon Redshiftが正式公開に
AWSのクラウド型データウェアハウスサービス「Amazon Redshift」がいよいよ正式公開となる。今後数カ月以内に各リージョンでの利用が可能になるという。(2013/2/18)

Informatica World Tourレポート:
PR:情報活用の先駆者に学ぶ、競争優位に立つデータ基盤とは?
インフォマティカ・ジャパンは10月31日、“Return on Data”をテーマに、データの真の価値を引き出すためのデータマネジメントにスポットを当てたセミナーを開催した。同セミナーでは、楽天やNECが取り組むデータ活用施策に加え、企業のデータ活用支援ツールである同日発表された「Informatica 9.5」の特徴などが紹介された。(2012/11/26)

ビッグデータの取り込みや分析も可能に、インフォマティカが基盤製品群を刷新
インフォマティカは、データのETLや統合、分析、管理のための基盤製品群の最新版「Informatica 9.5」を発表した。(2012/10/31)

Maker's Voice:
データ統合化のボトルネックは「合意形成」 組織の壁をどう越えるか
データ活用の重要性が叫ばれる中、さまざまな組織に分散するデータの整理・統合がなかなか進まないというケースが少なくない。Informatica バイスプレジデントのジョン・シュミット氏は、「ICC」というコンセプトの導入を推奨する(2012/9/21)

元大成建設CIOとデータ管理ソリューションベンダーが対談
日本企業が「データ管理」を成功させるためのCIOの役割とは
グローバル進出、ビッグデータ活用といった昨今の潮流を受けて、再びデータ管理の重要性が叫ばれている。ユーザー企業とベンダー、それぞれの識者が、データ管理の本来の意味と成功の秘訣を語った。(2012/8/30)

エネルギー技術:
欧州の7団体、水素貯蔵システムの構築プロジェクトに着手
欧州の7つの団体が、水素貯蔵技術を使ったエネルギー貯蔵施設を建設すべく、コンソーシアムを立ち上げた。再生可能エネルギー利用の促進を目指す。(2012/7/25)

システム構築でのデータ移行を支援、NECとインフォマティカ
データ移行ツールを期間限定ライセンスで利用することで、データ移行に伴う作業負荷やコストを軽減できるとしている。(2012/7/24)

“ビッグデータ”が経営を変える:
金融業界が抱える5つの課題
ビッグデータへの対応を含め、金融業界では新たなデータマネジメント手法の確立が喫緊の課題となっているという。(2012/3/27)

売り上げ増加につながるマスターデータ活用とは?
ビッグデータの収集・解析が注目を集めているが、今ある顧客データや在庫データなどをいかに活用するかという視点も重要だ。マスターデータを効率良く管理し、収益向上につなげるためにはどうすればいいか。インフォマティカの吉田社長に聞く。(2012/3/12)

ビッグデータ時代にも変わらないマスターデータ管理の大切さ
クラウドがコンピューティングのあり方をがらりと変えていくのは間違いないが、データマネジメントの大切さは変わらない。膨大なデータの山に埋もれてしまう前に、ぜひ第一歩としてマスターデータを整備しておきたいところだ。(2012/3/7)

MDMのリーディングベンダーが提言
ビッグデータ時代に再考する「マスターデータマネジメント」
「企業におけるデータ活用」が議論されるたびに重要性が叫ばれ続けてきたマスターデータマネジメント(MDM)。MDMのエキスパートに、ビッグデータ時代のデータマネジメントを聞いた。(2012/3/26)

強固で戦略的なデータマネジメントが求められる背景
ビッグデータ時代に金融業界が直面する5つの課題
他業界以上に強固なデータ管理体制が必要な金融業界。世界に目を向けると、これまでとは異なる課題に金融企業が直面しているという。データマネジメントのエキスパートに、その背景を聞いた。(2012/2/29)

イベントリポート:コンカー クラウド フォーラム 2012
「もう紙は要らない」――導入企業が語る経費管理クラウド「Concur」の利用実態
経費管理のクラウド化を実現した企業はどのようなメリットを感じているのか。イベントで語られた「Concur」の利用実態から、クラウドを使った業務アプリケーションの未来を考える。(2012/2/21)

インフォマティカ、マスターデータ管理ソフト「Informatica MDM」を発売
「Informatica MDM」を利用すれば、顧客データや商品データなど、複数の業務システムに分散したデータを統合的に管理できる。(2011/11/15)

Maker's Voice:
「低遅延処理システム実現のカギはミドルウェア」――Informatica
証券取引システムには限りなく“ゼロ”遅延の処理が求められる。物理的な解決策がほぼ取り入れられ、時間の遅延をさらに短縮するにはミドルウェアの活用が重要だという。(2011/9/15)

トライアルカンパニー、新基幹システムの構築にデータ連携ツールを活用
流通企業のトライアルカンパニーは、新基幹システムと複数の旧システムとのデータ連携を容易にするためにインフォマティカの「PowerCenter」を活用している。(2011/8/4)

一筋縄ではいかないMDM、先ずはデータの信頼性から
顧客や製品といった、いわゆる「マスターデータ」と呼ばれるビジネスの基本単位をどのように統一的に把握すべきか。MDMは一筋縄ではいかない大きな課題だが、先ずはデータの信頼性から始めることを専門家は勧める。(2011/8/2)

東芝ソリューションとインフォマティカ、低遅延の証券売買システムを提供へ
東芝ソリューションとインフォマティカは、証券売買に伴うシステムの遅延を大幅に改善したソリューションを共同展開する。(2011/4/26)

NEWS
半数以上の医療機関・企業で患者情報が保護されていない――米調査結果
米国の調査会社Ponemon Instituteの調査によると、多くの医療機関や企業において、患者の医療記録が情報漏えいや紛失から適切に保護されていないという実態が明らかになったという。(2011/2/16)

企業のデータ活用を支援する体制に、インフォマティカの新戦略
インフォマティカが2011年の事業戦略を発表し、製品・顧客・販売における取り組みを説明した。(2010/12/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。