ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「情報収集」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情報収集」に関する情報が集まったページです。

半径300メートルのIT:
もはや安全な場所はない? 情報の「のぞき見」を防ぐためにできること
テレワークやハイブリッドワークが普及して場所を選ばない働き方が進む中、注意が必要なセキュリティ脅威が“のぞき見”です。不正アクセス逮捕者のうち、これを利用して情報収集する犯罪者が増加している今、私たちはどのように対策を講じるべきでしょうか。(2021/10/12)

今日のリサーチ:
ウェビナーへの自発的な参加者が2021年には5割以上に増加――シャノン調査
「企業の情報収集とウェビナーの参加状況に関するアンケート」の結果です。(2021/10/5)

避難所の混雑状況を可視化「VACAN Maps」 全国で170超の自治体が導入、導入避難所数1万件を達成
IoTやAIを活用した空席情報の収集と提供を行うバカン(東京都千代田区)は9月2日、提供するマップ型リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN Maps」の導入が全国で170超の自治体を達成したと発表した。(2021/9/3)

FAニュース:
スマート工場の情報収集に、最大120chで小型軽量のアナログセンシングユニット
横河電機は2021年8月31日、「OpreX Components」のラインアップとして「OpreX Multi-Sensing Remote I/O」を開発したと発表した。その第1弾製品として、アナログセンシングユニット「VZ20X」を同日から64の国や地域で発売する。(2021/9/1)

製造業DXが生む3つの価値:
モビリティでリアルタイム情報収集を実現、AI活用でさらに強力なツールに
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/8/27)

製造業IoT:
複数のIoTセンサーとデータ可視化サービスを容易に連携するサービス
クラウド間相互接続サービスを展開するIoT-EXは2021年8月11日、多種多様なIoT(モノのインターネット)センサーから収集した情報を複数のデータ可視化サービスと簡単に接続できる「事業者向けIoTデータ可視化サービス」の提供開始を発表した。(2021/8/20)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(106):
Windows 10クライアントのエディションやバージョン情報を収集する便利な方法
膨大な数のWindowsクライアントPCやWindows Serverを管理している企業や組織にとって、どのバージョンのOSが稼働しているのかを把握することは重要です。半期に一度、新しいバージョンが登場するWindows 10を導入した場合はなおさらです。(2021/8/17)

訪日旅行に関する意識調査:
コロナ禍でも、9割のタイ人が「日本旅行の情報を求めている」 知りたい情報3位「グルメ」、2位「宿泊」、1位は?
アジア・インタラクション・サポートはタイ人に「訪日に関する意識調査」を実施した。コロナ禍でもタイ人は日本旅行の情報を収集したいと考えていることが分かった。タイ人の関心のある情報はなにか。(2021/8/14)

Webテスト主流の就活・筆記試験 必要なのは情報収集
就活の現場では、選考の手段としてWebテストが主流化しつつある。Webテストにも種類があり、選考に通らない学生はこれらをひとくくりにしてしまっており、対策が不十分になっている可能性がある。(2021/8/13)

コロナ感染報告、「医療施設や福祉施設」は急減 「店舗」は約2倍に増加
ニュース速報アプリ「NewsDigest」は、全国の新型コロナ感染事例のある施設の情報を収集し、ユーザーが地図で確認できる。同機能の蓄積データ、累計3.6万件を分析したところ、従来と比べ第5波では「医療施設」や「福祉施設」の全体に占める割合が急減、一方、「店舗」の割合が約2倍に増加したことが分かった。(2021/8/5)

「マネーフォワード クラウド人事管理」提供開始 従業員や組織情報の一元管理を実現
マネーフォワードは7月26日、「マネーフォワード クラウド人事管理」の提供を開始した。従業員情報の収集や管理におけるペーパーレス化と、従業員や組織情報の一元管理を実現する。(2021/7/27)

今日のリサーチ:
SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加しており、SNSがそれをけん引しています。(2021/7/26)

今日のリサーチ:
インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りました。中でも「Instagram」が60.2%と圧倒的に人気であることが分かりました。(2021/7/22)

無料ツールの落とし穴
“ちょっとした翻訳作業”が生産性を下げる? 企業向けAI翻訳ツールが注目の訳
日々の情報収集や海外とのコミュニケーションにおいて無料翻訳ツールを利用する機会が増えているのではないだろうか。だが、そうした便利なツールの利用は非効率や思わぬリスクを伴うことがある。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
報告者に報酬 脆弱性情報を集めるためにCISAが開始したプログラムとは?
米国で官民連携によって幅広く脆弱性情報を収集し、サイバー攻撃を未然に防ぐことを目指したプログラムが始動した。クラウドソーシングを使い、脆弱性の報告者に報酬を支払うこの仕組みはどのようなものか。(2021/7/17)

Japan Drone2021:
20時間飛び続ける大型機で広域災害を支援、福島に未来と希望をもたらすテラ・ラボのドローン事業
福島県南相馬市を中心に、災害支援の研究開発を進めるテラ・ラボ。「Japan Drone2021」の出展ブースでは、災害時の情報収集用大型ドローン3機(うち2機はモックアップ)と、後方支援する移動管制システムなどを披露した。展示パネルでは、2021年秋に竣工予定の「TERRA LABO Fukushima」の基本仕様を公開。復興支援として地域企業とともに産業集積を目指し、住民が未来と希望を持てる社会とまちづくりを進めている。(2021/7/9)

中国サイバースペース管理局、DiDiにApp Storeからのアプリ削除を命令 違法な個人情報収集と
配車サービス大手のDiDiに、中国政府からの通達が下った。(2021/7/5)

グルメサイトで飲食店の感染対策を”採点” 7月中にも導入
西村康稔経済再生担当相が、飲食店が新型コロナウイルスの感染対策を適切に講じているかを、大手グルメサイトを通じて利用者から情報収集するシステムを導入することを明らかにした。「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」の協力を得て、7月中にも開始する方針。(2021/7/5)

Googleが考えるプライバシーの在り方 「広告にはユーザーデータを使わない」
Web検索やマップ、カレンダーなどさまざまなWebサービスを展開するGoogleは、同意を得た上でユーザーの情報を収集、分析し、サービスに活用している。同社はサービス設計の段階でプライバシーに配慮し、世界最高水準のセキュリティを確保することを基本方針としている。Googleがユーザー同士の会話を盗み聞きすることもないという。(2021/6/30)

スマホとクラウドで一元化:
1983年出版の本が、2020年に6万5000部も売れた理由 猪瀬直樹が「ベストセラーを生み出す情報整理術」を語る
40年近く経過して新装版として再び書店に並んだ猪瀬直樹著の『昭和16年夏の敗戦』が、2020年に年間で6万部以上売れた。その秘密に迫る。そこには猪瀬氏の「公」の思想と、「流行に左右されない」情報収集術があった。(2021/6/26)

製品動向:
奥村組が補修・補強材料のトレーサビリティーシステムを開発、作業時間を40%削減可能
奥村組は、既存インフラ構造物維持工事で生じる各種施工情報の収集や施工管理記録の作成といった施工管理を効率化する「補修・補強材料のトレーサビリティーシステム」を開発した。今後、同社は、既存インフラの維持工事に新システムを適用することで、ブラッシュアップを行い、生産性向上につなげていく。さらに、施設管理者の維持管理業務にも有用であることを踏まえ、施設管理者にもシステムの活用を提案することも検討している。(2021/6/25)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「巣ごもり」「国産」「Z世代」、中国ネットセールに見る消費の新潮流
も耳にしたことがあるだろう。では「618セール」はどうか。そもそも知られていない「618セール」だが、「中国の消費の成熟を示す新しいトレンドが出てきて面白い」と聞いたため、自身の情報収集も兼ね、今年のトレンドを紹介する。(2021/6/17)

今日のリサーチ:
ウェビナーは「2020年に開始」が過半数――シャノン調査
動画での情報収集についての調査です。(2021/6/2)

スーパーシティ構想 危うさ潜む個人データ活用
AIやビッグデータを活用し、未来型の都市の実現を目指す「スーパーシティ」構想。大阪府など国の公募に応募している。しかし、運営には購買や移動履歴といったさまざまな個人情報の収集・活用が必要で、実現への課題になっている。(2021/5/11)

スーパーシティ構想 危うさ潜む個人データ活用 
 4月16日を期限として国が公募していた「スーパーシティ」構想に大阪府市が応募した。人工知能(AI)やビッグデータを活用し、未来型の都市の実現を目指す構想で、選定されれば国家戦略特区として独自の規制緩和が可能になる。ただ、スーパーシティの運営には購買や移動履歴、健康状態といった、さまざまな個人情報の収集・活用が必要で反発も予想される。実現へのハードルはけっして低くない。(黒川信雄)(2021/5/10)

不動産市況:
コロナ禍における注文住宅の購買行動を調査、Webでの情報収集時間が増えた人が41.9%
全研本社は、コロナ禍で注文住宅の購入を検討している105人を対象に、コロナ禍における注文住宅の購買行動の変化をインターネット上で調査した。結果、コロナ禍によるワークスタイルの変化で、注文住宅の購入を検討する人はインターネットを用いて情報収集する時間が増えた一方、ポータルサイトなどで表示されり候補企業が多すぎて絞り込めていないことが判明した。(2021/4/27)

今日のリサーチ:
コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コミサイト」「観光協会のサイト」が高く、「SNS・ブログ」は具体的に行動するための情報収集先としての参考度は高くはないことが分かりました。(2021/4/12)

JR東、新幹線や特急列車の「文字ニュース」を廃止 スマホやタブレットの普及受け
JR東日本が、新幹線や特急列車の車内で2002年から提供している「文字ニュース」を終了すると発表。スマホやタブレット端末の普及が進み、乗客が自分で情報を収集できるようになったためという。(2021/3/5)

日立、AIでIoT機器の脅威・脆弱性情報の収集・分析を迅速化する新サービスを開始
日立は、製造業などで増加するIoT機器の脆弱性を狙うサイバー攻撃の脅威・脆弱性情報をAIで迅速、高精度に収集・分析するアウトソーシングサービス「脅威インテリジェンス提供サービス」を開始する。月数万件に及ぶ情報収集・分析時間を80%削減し、早期の製品セキュリティ対策を支援する。(2021/3/8)

FAニュース:
充てん機、包装機に標準搭載できるIoT機能を標準化、ラインの監視や制御が可能
凸版印刷は、充てん機や包装機に標準搭載できる、製造支援DXソリューションパッケージの提供を開始した。装置の導入と同時に、IoTで収集した情報を活用し、充てん包装ライン全体の監視や制御、製品ごとのトレーサビリティーが確保できる。(2021/2/24)

日本陸連、アスリートの身長・体重情報を非公開に 情報収集も基本控える方針
選手への誹謗(ひぼう)中傷や誤った情報の拡散が背景にあると説明しています。(2021/2/15)

ユーザーが閲覧した情報を収集? 物議を醸すブラウザアプリ「Smooz」がサービス終了 「提供を継続することは困難」
問題点を指摘するブログ記事が話題に。(2020/12/23)

DNPと産経新聞社、「情報銀行」で新会社 個人情報を収集、同意の上で外部提供
大日本印刷と産業経済新聞社が、「情報銀行」の事業化に向け新会社を設立。折半出資で、資本金は9000万円。2021年2月にサービスを開始する予定。(2020/12/10)

FAニュース:
出荷台数管理から日報作成まで、現場を支援するWindows搭載プログラマブル表示器
富士電機は、1台で情報収集から管理業務まで対応可能なプログラマブル表示器「MONITOUCH X1 Series」を発売した。Windowsの搭載により、表示器としての機能に加え、情報処理端末で対応していた作業も1台でカバーし、現場作業を効率化する。(2020/12/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
感染者最多の米国に「海外出張」 空港で実感した水際対策の違いとビジネス渡航の現状
新型コロナの感染者が最も多い米国に出張した。現地の入国では、新型コロナに関して緩い対応。一方、日本入国の際は多くの書類を渡され、一時隔離されて検査を受けた。訪問先の国によって対応も異なる。十分な情報収集と細心の注意があれば、ビジネス渡航は可能だ。(2020/12/3)

CEATEC 2020 ONLINE:
「隣のブース」があることの価値 CEATEC初のオンライン開催で考える、情報収集の難しさ
家電・ITの見本市「CEATEC 2020」が10月23日までオンラインで開催されている。自宅や職場から移動せずに参加できる点は、来場者としても大きなメリットだ。一方で、筆者が気掛かりなのはオンライン化によるブース回遊のしづらさや、情報収集の手間だ。(2020/10/21)

「Instagramで調べもの」「いいねはせず、とりあえず保存」 デジタルネイティブ世代は何を使って情報収集している?
SNSで情報を集めている若者が多いようです。(2020/10/2)

変わる「Cookie規制」 対応のポイントは【前編】:
欧米で厳格化するCookie規制はなぜ、日本企業にとって「人ごとでなくなる」のか
欧米を筆頭に、Webサイトからユーザーのブラウザ情報を収集するCookieを巡る規制が厳格化している。一見「対岸の出来事」に思えるかもしれないが、直ちに対応が必要な日本の組織もあるという。専門家が背景から「対応が必要な場合」の特徴を詳しく解説した。(2020/9/11)

FAニュース:
ハイブリッド車向け部品の生産ラインにIoTシステムを構築
インターネットイニシアティブは、トヨタ自動車北海道が新設した生産ラインのIoTシステムを構築した。同システムにより、設備の稼働情報の収集、蓄積から可視化、分析基盤までをワンストップで提供する。(2020/8/31)

今日のリサーチ:
「新しい生活様式」における消費者のSNS利用、買い物の情報収集や購買への意向が高まる
アライドアーキテクツが調査。新型コロナがもたらした新しい生活様式における消費者のSNS利用実態とは?(2020/8/21)

周囲の温度変化を利用:
東北大、暗所でも発電する常温発電デバイス開発
東北大学は、周囲の温度変化を利用して発電する「常温発電デバイス」を開発した。IoT(モノのインターネット)センサーと組み合わせることにより、暗所でもバッテリーレスで情報収集が可能となる。(2020/8/19)

アンケートで判明:
新型コロナ情報収集、20代は上の世代より消極的な人多め
新型コロナ情報への消費者の感度を調査。積極的な人は約6割。一方、20代は上の世代より消極的な人が多めな結果に。(2020/8/13)

名刺SNS「Eight」で情報機関員などの本名が閲覧できる状態に 非公開にする方法は
治安や防衛、情報収集活動に関わる人物の中でも、Sansanの名刺SNS「Eight」を利用している人の一部の所属と本名がGoogle検索で誰でも見られる状態だった。Eightの設定で外部に公開しないよう変更できるため、自分自身の情報を慎重に扱うべきユーザーはいま一度設定を見直すべきだろう。(2020/8/12)

FAニュース:
溶接機60年の歴史を生かす、溶接工程向け情報収集基盤をパナソニックが提供へ
パナソニック スマートファクトリーソリューションズは2020年7月31日、溶接ロボットの情報を収集、蓄積、分析することで生産性向上や品質向上、トレーサビリティー強化を実現するソリューション「iWNB(integrated Welding Network Box)」を同年8月17日に発売することを発表した。(2020/8/3)

製造ITニュース:
作業員の位置や動作を可視化し、生産性を向上するソリューション
東芝デジタルソリューションズは、IoTやAI技術を活用して、作業員の位置や動作、発話などの情報を収集、可視化、分析する「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」の提供を開始した。必要な機器やソフト一式を貸与方式で提供する。(2020/7/28)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【前編】
「Microsoft 365」の“セキュリティ専任チーム”が担うべき役割とは?
「Microsoft 365」のセキュリティを強化するために、何をすべきだろうか。組織、情報収集、認証の観点から、重要なセキュリティ対策を紹介する。(2020/7/28)

英国もコロナ追跡アプリでAppleとGoogleのAPI採用に方向転換「Appleがシステムを変更しないので」
ドイツ政府に続き、英国政府も新型コロナ接触通知アプリの方針を変え、AppleとGoogleが共同開発したAPIを採用すると発表した。位置情報を収集する独自アプリはAppleがシステムを変更しない限りiPhoneでは機能しないため。(2020/6/19)

厚労省「新型コロナウイルス接触確認アプリ」概要を公開 陽性者と「半径1m以内」「15分以上」接触で通知する仕組み
情報の収集にはBluetoothを利用。(2020/6/15)

AI・機械学習の独学リソース:
「機械学習の最先端」を効率的に情報収集! おすすめのメルマガ3選
機械学習/ディープラーニングの進化は速い。どうやってその最新技術情報に追いつけばよいのか。そんな状況の中、実際に筆者が実践活用して役立っており、本心でお勧めできる3つのメルマガを紹介する。(2020/6/11)

現場のリアルに学ぶ:
PR:顧客の心をつかむB2Bマーケティング 「点」でなく「線」で考える
顧客がインターネットで自ら情報を収集する時代、デジタルを含む全接点でどのようなアプローチをすべきか。日本ヒューレット・パッカードが数ある事例から得た知見を紹介する。(2020/6/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。