ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネット銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットバンキング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットバンキング関連の質問をチェック

銀行とセキュリティ 6人に1人がパスワード使い回し
キャッシュレス決済利用者からは、キャッシュレス決済サービスとの連携が豊富なネット銀行が高い支持を得ている。一方で、過半数がセキュリティに不安を持つが、パスワード管理はリスク高い状況続く。(2021/7/27)

ソニー銀行、振込手数料引き下げ 10月1日から110円に
ソニー銀行は10月1日から、他行宛ての振込手数料を110円に引き下げると発表した。従来は220円だった。(2021/7/20)

JAL、住宅ローンサービス開始 利用者に「JMBサファイア」など付与
日本航空のグループ会社であるJALペイメント・ポートと住信SBIネット銀行は7月9日、「JAL 住宅ローン」の取り扱いを開始すると発表した。住信SBIネット銀行の「NEOBANK」サービスを利用し、JALマイレージバンク会員専用のネット銀行口座「JAL NEOBANK」での取り扱いとなる。(2021/7/12)

スタートアップ企業と組込型金融に注力 第二創業うたうGMOあおぞら銀の新戦略
創業から4年目を迎えたGMOあおぞらネット銀行が、第二の創業を打ち出した。7月6日に行った事業戦略発表会では、従来の戦略を転換し、起業直後のスモール&スタートアップ企業へのフォーカスと、組込型金融に注力することを掲げた。(2021/7/6)

GMOあおぞら銀、振込手数料を145円に値下げ 業界最安値目指す
GMOあおぞらネット銀行は10月1日から、他行宛ての振込手数料を一律値下げする。従来157円〜261円だった手数料を、法人個人ともに一律145円とする。「今後も業界最安値水準を目指す」としている。(2021/7/6)

楽天銀行、預金残高6兆円突破 半年で1兆円増加 口座数も1100万突破
楽天銀行は、2021年6月末に預金残高が6兆円を突破したと発表した。併せてインターネット銀行として初めて口座数が1100万を突破するなど、順調に口座数を伸ばしている。(2021/7/6)

男性は減少:
2021年のサラリーマンのお小遣い額は? 昼食代は男女ともに増加
新生銀行が20〜50代の男女を対象に「サラリーマンのお小遣い調査」を実施した。(2021/6/30)

住宅ローンを利用した人の8割以上が「変動セレクト住宅ローン」を選択 ソニー銀行
ソニー銀行は、2020年度に住宅ローンを利用した人の利用動向をまとめた。その結果、「新規購入」「借り換え」ともに8割以上が、変動金利の引き下げ幅が大きい「変動セレクト住宅ローン」を選択した。(2021/6/23)

住信SBI銀、定額自動振替サービス開始 貯金箱のような利用狙う
住信SBIネット銀行は6月17日から、定額自動振替サービスの提供を開始した。円普通預金口座から、目的別口座や証券口座と連携するSBIハイブリッド預金に自動的に振り替えできるサービス。(2021/6/18)

ソニー銀行とマネックス・アセット、投資一任運用サービス提供へ
ソニー銀行とマネックス・アセットマネジメントは6月7日、投資一任運用サービスの提供に向けて協議中であると発表した。ソニー銀行が提携する代理業者の営業員が対面で接客、販売し、顧客の資産運用はマネックス・アセットが投資一任契約に基づいて行う。初秋にサービスの提供を開始する。(2021/6/7)

男女で違い:
「ネット銀行」満足度ランキング、1位は?
oricon MEは、「ネット銀行」「外貨預金」についての顧客満足度調査を実施し、その結果を発表した。1位だったのは……。(2021/6/2)

納税は「キャッシュレスで」 東京国税局や1都3県、協力へ宣言
 インターネットバンキングなど現金を介さないキャッシュレスでの納税を推進しようと、東京国税局や管内1都3県などは24日、「キャッシュレス納付共同推進宣言」を行った。宣言には日本銀行や全国銀行協会、各金融機関など計126団体が参加。納税者の利便性向上や業務の効率化に向け、協力してキャッシュレス率の向上を目指す。(2021/5/25)

社員が成長できる企業ランキング 3位「新生銀行」、2位「三菱UFJ」、1位は?
社員が成長できる企業ランキング。1位は?(2021/5/10)

auじぶん銀行のスマホアプリでアクセス障害 Webサイト経由の利用を呼び掛け
auじぶん銀行のスマートフォンアプリ「じぶん銀行」(iOS/Android)からのアクセスがしづらい状態になっている。インターネットバンキングは利用可能。(2021/5/6)

ふくおかFGのネット銀行、顧客管理の基盤にSalesforceとAWS採用
福岡銀行などを傘下に持つ金融持ち株会社のふくおかフィナンシャルグループ(FG)は開業準備を進めるインターネット専業銀行「みんなの銀行」のコンタクトセンターのデータ基盤に「Salesforce Service Cloud」などを採用したと発表した。(2021/4/8)

PayPay銀行スタート アプリATMにも対応で「スマホで日本一使われる銀行目指す」
PayPay銀行が4月5日、ジャパンネット銀行から社名を変更し営業を開始した。PayPayとの連携を強化し、「スマホで日本一使われる銀行を目指す」としている。(2021/4/5)

CCCが銀行参入、サービス利用でTポイント付与
住信SBIネット銀行と、CCC傘下のTマネーは3月31日、T会員専用の銀行サービス「T NEOBANK」の提供を開始した。預金、決済、融資などの銀行機能を備え、セブン銀行やローソン銀行のATMで入出金が行える。サービスの利用によってTポイントを付与することが特徴。(2021/3/31)

みずほ銀、またもシステム障害 カードローンのプログラム更新で定期預金の取引できず
みずほ銀行は同行のATMとインターネットバンキング「みずほダイレクト」で一時、定期預金の取引ができなくなる障害が発生したと発表。障害はすでに復旧している。カードローンに関するプログラムの更新作業が原因だったという。(2021/3/8)

みずほATM障害、復旧にめど 停止の全国2956台が順次稼働へ
 みずほ銀行は28日、同日に発生した一部の現金自動預払機(ATM)で、出金などができなくなる障害について復旧のめどがついたことを明らかにした。同行は定期預金システムの更新作業が原因で障害が発生したと説明。午後7時40分現在、全国にある同行のATM5395台のうち、停止していた2956台は作業員が順次復旧させる。インターネットバンキングについても同様に復旧させる。(2021/3/1)

みずほ銀行でATM障害 キャッシュカードや通帳が取り込まれた人には「後日返却」
ネットバンキングも一部取引ができない状態に。(2021/2/28)

ジャパンネット銀行、500万口座達成
ジャパンネット銀行は2月5日に、普通預金口座数が500万口座を超えた。400万口座突破は2018年。約2年で100万口座増加した。口座数に比例して決済件数も増加しており、20年は2万3000件超の決済が行われた。(2021/2/8)

新生銀行とマネックスが包括的業務提携 証券口座をマネックスに移管
マネックス証券と新生銀行、および新生銀行子会社の新生証券は1月27日、金融商品仲介業務における包括的業務提携を結ぶと発表した。マネックス証券が投資商品の開発と口座管理を担い、新生銀行グループは顧客基盤を生かし販売やコンサルティングにフォーカスする。(2021/1/27)

渋谷区、税金のネット納付可能に クレカ、Apple Pay、Pay-easyに対応
渋谷区は、インターネット経由で区民税などを支払えるようにしたと発表した。「F-REGI 公金支払い」に5日から対応。クレジットカード、Apple Pay、Pay-easy(ネットバンキング)で納付が、24時間可能だ。(2021/1/15)

セブン銀行と交通9社が1000円プレゼントキャンペーン キャッシュレス利用で非接触促す
セブン銀行と交通9社が、交通系電子マネーにセブン銀行ATMでチャージした人に、抽選で現金1000円をプレゼントするキャンペーンを始めた。キャッシュレス決済の利用を促し、接触機会の削減を目指す。(2021/1/12)

ジャパンネット銀行のデビット利用額が月間200億円突破 年間で40%増
ジャパンネット銀行は、2020年12月の同社デビットカード「JNB Visaデビット」の月間利用額が200億円を超えたと発表した。10年2月のサービス開始から、月間利用額として過去最高となる。(2021/1/7)

楽天銀行、ネット銀行初のリバースモーゲージ提供
 楽天銀行は1月5日、不動産事業を展開するハウスドゥの子会社フィナンシャルドゥと提携し、リバースモーゲージ「楽天銀行リバースモーゲージ」の提供を開始した。(2021/1/5)

新生銀行がWeWorkと提携、無人拠点を都内に開設 行員がビデオ会議で接客
新生銀行がWeWork Japanと業務提携を締結。新生銀行の行員がリモートで接客する無人拠点を都内にオープン。資産運用に関する相談に遠隔で対応する。(2021/1/5)

静岡銀行、勘定系システム刷新当日に障害 給与振込などでトラブル
静岡銀行は、勘定系システムの刷新後に障害が発生し、セブン銀行ATMでの取引や、給与の振込で不具合が生じたと発表した。給与振込の不具合は5日現在も続いている。(2021/1/5)

都会にいては分からない、地方銀行のオンラインバンキングに嘆息した話
地方在住の小寺信良さんが、オンラインバンキングの地方格差について実体験を語る。(2020/12/24)

お年玉もキャッシュレス? 1割が「いつもと違う方法で渡す」
住信SBIネット銀行は、同社口座を保有するユーザーを対象に「お年玉に関する意識調査」を実施した。コロナ禍の影響もあり、同居していない姪や甥に対するお年玉は、9.4%が「例年とは違う方法で渡す」と回答した。(2020/12/23)

ふくおかFGのネット銀行「みんなの銀行」、21年5月に事業開始 地銀として初
ふくおかFGのネット銀行「みんなの銀行」が、銀行業の営業免許を取得。2021年1月に銀行システムの稼働を始め、5月下旬に事業を始める。地方銀行によるネット銀行の設立は初。(2020/12/22)

ソニー銀行、外貨預金残高5000億円突破
ソニー銀行は12月17日時点で外貨預金残高が5000億円に達したと発表した。国内個人の外貨預金残高は約6.8兆円であり、同行のシェアは7%となっている。(2020/12/21)

ジャパンネット銀行が「つばめ支店」など新設 4つの鳥の名前を一般公募で
ジャパンネット銀行は、開業20周年企画として新支店名となる「鳥の名前」と「ニックネーム」を一般公募した。7747件、469種類におよぶ応募の中から、4つの鳥の名前を選定し、2021年4月5日のPayPay銀行スタートとともに新たな支店として開設する。(2020/12/17)

メインバンクシェア、3メガ過去最低更新、ネット銀行は0.13%に拡大
帝国データバンクは2020年の金融機関別メインバンクシェアを発表した。3メガバンクのシェアが引き続き減少し過去最低を更新した一方で、地銀のシェアは11年連続で拡大している。また、ネット銀行のシェアは2009年から10倍超に拡大し、0.13%となった。(2020/12/16)

Kyashが年利1%の「残高利息」サービスを提供 「ためても1%、決済しても1%」
Kyashは1日、銀行口座から入金した残高に対して年利1%の利息を付与する「残高利息」サービスを12月8日から提供する。対象となるのは銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニエンスストア、ペイジーから入金された残高。利息はKyashバリューとして付与されるため、出金はできず、Kyashの決済でのみ利用できる。(2020/12/2)

PayPayがジャパンネット銀行の勧誘強化 口座開設などの媒介開始
PayPayとジャパンネット銀行は12月1日、銀行代理業務に関して業務提携すると発表した。ジャパンネット銀行の口座開設は、既に3割程度がPayPay経由となっており、さらに加速する狙いだ。(2020/12/1)

住信SBI銀、預金残高6兆円突破
住信SBIネット銀行は、預金総残高が11月25日に6兆円を突破したと発表した。(2020/12/1)

PR:たった2分で、だと……? セブン銀行のATMで「マイナポイント」申し込みがあっさり完了した件
セブン銀行のATMでマイナンバーカードが使えるって知ってました?(2020/11/16)

住信SBI銀、ブランド刷新「NEOBANK」掲げる
住信SBIネット銀行は11月13日、「NEOBANK」をブランド名として採用し、ロゴやブランドサイトを刷新した。同社は新たなフェーズに入ったとし、銀行という形にこだわらず、必要なものだけに削ぎ落とした「銀行機能」をあらゆる業種に溶け込ませることが、存在価値だとする。(2020/11/13)

セブン銀行ATMで、マイナンバーカードの健康保険証利用申し込み可能に
セブン銀行は2021年春を目処に、マイナンバーカードを健康保険証として使うための申込みを、ATMで受け付けると発表した。(2020/11/9)

セブン銀行ATM、マイナンバーカード・保険証の一体化に対応 来春から
セブン銀行がマイナンバーカードを健康保険証として使うための申し込みをセブン銀行ATMで受け付けるサービスを、来春めどに始める。(2020/11/9)

住信SBI銀行、スマホ保険が付いたクレジットカード 年会費3300円
住信SBIネット銀行は、スマートフォンが破損した際の保険機能を、クレジットカード「ミライノ カード GOLD(JCB)」(年会費3300円税込)に自動付帯する。カードを持っているだけで、最大3万円までの修理補償を受けられる。(2020/11/2)

住信SBI銀行、スマホがキャッシュカード代わりになる「アプリでATM」
住信SBIネット銀行は10月29日から、スマートフォンアプリをキャッシュカード代わりにATMが利用できる「アプリでATM」サービスの提供を始めた。セブン銀行ATMとローソン銀行ATMで利用でき、現金の入出金のほか、カードローンの借り入れと返済が可能。(2020/10/30)

オンラインで普通預金口座を即日開設 ジャパンネット銀行が開始
ジャパンネット銀行が個人向け普通預金口座の即日開設に対応したと発表した。オンラインで開設を受け付ける。(2020/10/29)

ジャパンネット銀行、即日オンラインで口座開設可能に PayPay連携強化
ジャパンネット銀行は10月29日から、個人向け普通預金口座をオンライン申し込みから即日開設できるようにしたと発表した。平日夜間や土曜、日曜日でも開設できる。同社によると、日本の銀行では初。(2020/10/29)

ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え
自分の銀行口座からいつの間にか預金が引き出されてしまうという、金融セキュリティの根幹を揺るがした「ドコモ口座事件」。「口座振替という“裏口”ではなく、セキュリティが高い表玄関を利用すべきだった。ネットバンキングや銀行API接続の中で、電子マネーチャージをうながしていくべきだった」。そう話すのは、電子決済等代行事業者協会の代表理事であり、マネーフォワードの取締役を務める瀧俊雄氏だ。(2020/10/27)

ヤマダ電機、銀行サービスに参入
ヤマダ電機を傘下に持つヤマダホールディングスは10月26日、個人向け銀行サービスの提供を進めると発表した。住信SBIネット銀行が、銀行機能をBaaS(Banking as a serviec)として提供し、それを利用する。(2020/10/26)

三井住友銀行が「ネットバンキングを利用しない人」に新たな手数料
ネットバンキングの利用者に向けた手数料無料キャンペーンも開始予定です。(2020/10/7)

三井住友銀、ネットバンキング未利用者に手数料 紙通帳にも年550円 来年4月の新規口座から
三井住友銀行がペーパーレス化で新手数料。来年4月以降に新たに口座を開設する顧客が、ネットバンキング未設定かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満の場合、年1100円を貯金残高から差し引く。同月以降に新規口座で紙の通帳を利用する場合、年550円の手数料を取る。(2020/10/7)

三井住友銀行が通帳有料化、ネットバンキング未利用者に手数料 2021年4月新規開設口座から
三井住友銀行は10月7日、2021年4月1日以降に新規開設する普通預金口座について、通帳利用やネットバンキングを利用していない口座について有料化すると発表した。通帳については個人法人ともに年額550円(税込)、ネットバンキング不使用の場合、口座維持手数料として年額1100円(税込)を課す。(2020/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。