ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人材紹介」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材紹介」に関する情報が集まったページです。

RPAは「なし崩し的に導入しろ」──“しくじり先生”が語るRPA失敗談とその教訓
“RPAしくじり先生”が、RPA失敗談と教訓を語った。RPAはごく小さな業務から適用していくべきだという。(2019/6/11)

産業動向:
建設業主要10社の決算、大林組が初の2兆円突破や大和ハウスが過去最高を記録
ヒューマンタッチ総研は2019年6月5日、2019年3月期通期決算から見る建設市場動向のレポートを公表した。主要建設企業の決算結果では、ゼネコン、電気設備工事業、管工事業は10社中9社が増収となり、市場全体はいまだに拡大傾向にあることがデータから見てとれる。(2019/6/7)

モノづくり業界転職トレンド(9):
「希望退職」の募集があったら、どうすればいい?
会社側から退職希望者を募る「希望退職」。突然やってくるこの不測の事態には、どう対応していけばいいのだろうか。希望退職のメリットやデメリット、またそのときに向けた心構えなどについて転職コンサルタントに聞いた。(2019/6/5)

地方に都市部の高スキル人材 副業解禁の流れでマッチング
都市部のさまざまなスキルを持った人材と、地方を副業でつなぐ取り組みが広がっている。大手企業を中心に広がる「副業」解禁の流れとも相まって、地域に優秀な人材を送り込む動きが広がれば、地域経済の浮揚につながる可能性を秘める。(2019/5/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「いつでも転職できる」が武器になる
誰もが、このままこの会社にいていいか、モヤモヤと悩んでいるが、その不安の正体も手の打ち方も明確なのだ。(2019/5/30)

建設業の人材動向レポート(9):
国勢調査データから見る「建設技術者数」の推移
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、国勢調査をベースに建設技術者の実態をリサーチした。(2019/5/28)

モノづくり業界転職トレンド(8):
自動車業界2019年度の採用動向を読む
活況を呈した2018年度における自動車業界の転職市場。2019年度は活況を維持するのか、あるいは何らかの変化が予想されるのだろうか。転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/5/15)

オフィスの存在意義は“知恵の交流”にあり:
PR:自由な働き方を実現する「ABW」は“カタチ”から
「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガンに、国内外70社を超える企業群で構成されるパーソルグループ。そのグループ企業の一社であるパーソルファシリティマネジメント株式会社は、ファシリティの変革によって新しいワークスタイルの一つである「ABW(Activity Based Working)」を日本企業に定着させる取り組みに力を注ぎ、その一環としてパーソルグループのオフィス改革も進めてきた。ABWの文化醸成に役立つオフィス空間とはどのようなものなのか──。当事者に話を聞いた。(2019/5/15)

産業動向:
有料の「人材紹介」を利用して転職する建設技術者は年々大幅増
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年4月分のマンスリーレポートをリリースした。今回はトピックスとして、建設業に特化した人材関連のさまざまな情報、最新の雇用関連データをまとめている。(2019/5/1)

建設業の人材動向レポート(8):
データで振り返る“平成30年間”の建設業と雇用環境
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、2019年5月1日から新元号「令和」がスタートすることを機に、これまで「平成」の30年間で建設業の雇用環境がどの様に変化してきたかをリサーチした。(2019/4/26)

モノづくり業界転職トレンド(7):
自動車業界の転職市場、2018年度はどんな年だったか
活況を呈する自動車業界の転職市場。2018年度はどのような特徴があったのか。過去6回の連載テーマを総括するカタチで、転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/4/8)

建設業の人材動向レポート(7):
建設業での大学/大学院の新卒採用は?大卒者や女性の登用を強化
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、文部科学省の「学校基本調査」から人手不足が深刻化している建設技術者の採用にとって大きなポイントになる、大学、大学院の新卒採用の動向についてみる。(2019/3/28)

AI採用は「書類選考まで」なら許せる――転職希望者の5割
転職希望者の半数が、AIによる採用活動は「書類選考まで」が適切と考えているという調査結果。「導入するべきではない」という意見も15%ほどあった。(2019/3/22)

モノづくり業界転職トレンド(6):
選考期間が短くなっている自動車業界の中途採用、なぜ?
急激に求人が増えている自動車業界で、中途採用者選考がスピードアップしている。わずか1日で内定が出るケースも出ている中、採用シーンでどのような変化が起きているのだろうか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/3/5)

2019年3月期第3四半期:
道路舗装業各社は苦戦、建設業4業種の第3四半期決算から見る市況概要
ヒューマンタッチ総研は独自に分析した「2019年3月期第3四半期決算から見る建設市場の動向」を公表した。ゼネコンは10社中9社が増収で好調。土木は道路舗装が減収減益だった一方、橋梁(きょうりょう)や法面保護の工事が伸長した。(2019/3/4)

AIが転職サポート、経歴と価値観で分析 スマホアプリ「VIEW」
経歴と価値観を登録すると、AIが自分に合った職業を提示する――若手人材の転職をサポートするスマートフォンアプリ「VIEW」が登場。(2019/2/27)

建設業の人材動向レポート(6):
労働力調査データから見る建設技術者の雇用動向、就業者数は対前年5万人増
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、労働力調査データから見る建設技術者の雇用動向についてまとめた。(2019/2/25)

27歳起業家が挑む:
つらい飛び込み営業は駆逐できるか 「リファラル営業」の可能性と限界
飛び込み営業やテレアポの代わりに、企業と商材の売り込み先を紹介できる人をマッチングさせるSaleshubというサービスが登場。こうした「リファラル(紹介)営業」の可能性と課題とは。(2019/2/21)

急募をなくす:
どのようにすれば“いい人”を採用できるのか ポイントは4つ
一緒に働けるかどうかは、一緒に働いてみないとよく分からない。しかし、一緒に働くためには採用を決めなければいけない。ここに採用が抱えるジレンマがあるわけだが、この問題を解決するには……。(2019/2/21)

昇給率は日本が最低:
中国では年収6200万円以上のCEOも アジア5カ国の給与水準調査
中国の製薬会社で働くカントリーマネジャーは年収6200万円超え――。人材紹介会社のヘイズがこんな調査結果を発表した。(2019/2/8)

モノづくり業界転職トレンド(5):
自動車業界のAI求人動向
自動車業界では今、AI技術者がさまざまな分野で必要とされている。自動車業界におけるAI関連の転職はどのような状況なのか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/2/5)

建設業の人材動向レポート(5):
長期時系列データから見る「建設技術者を取り巻く雇用環境の変化」、人材不足はかつてない次元に
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、建設技術者を取り巻く、雇用環境の変化についてまとめた。(2019/1/29)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
“自称AIエンジニア”を見破るには? 採用担当に伝えたい「ゴレンジャイ問題」
「AI人材の採用がうまくいかない」と感じている採用担当者は少なくないだろう。また、いざ採用しても求めていた人材と異なるというミスマッチの問題もある。どうすれば良いのだろうか。(2019/1/24)

モノづくり業界転職トレンド(4):
機械系技術者、自動車業界でのニーズや採用動向
CASEなど新潮流で電気、ソフトウェア、制御などのエンジニア求人が活況な自動車業界。ではこれまで自動車業界の中心的存在であった機械系技術者の採用はどうなのだろうか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/1/10)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
成功の可能性よりロマンや面白さでチャレンジしたい――ワンファイナンシャル創業者・CEO 山内奏人氏(後編)
元ハンズラボCEOの長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。後編では山内さんがどのように育ったのか、また、高校生活や将来のことを聞きました。(2019/1/9)

人事担当者が語る、成功する採用戦略
優秀な人材を獲得する 採用マーケティングを高める6つのポイント
求職者が主導する売り手市場では、最高の人材の獲得は困難を極める。人材獲得競争に勝つための、採用マーケティング戦略の6つのポイントを説明する。(2019/1/9)

建設業の人材動向レポート(4):
建設業における外国人労働者の実態、「技能実習生」だけでなく「建設技術者」などの専門職でも増加
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。政府は2019年4月からの新制度導入を目指して、詳細な制度設計などの準備を進めている。本稿では、ヒューマンタッチ総研が、外国人労働者受け入れ拡大の流れを踏まえながら、建設業における外国人労働者の実態についてまとめた。(2018/12/21)

モノづくり業界転職トレンド(3):
製造業で外資系企業の人気が高まっている理由
製造業外資系企業への転職が直近4年で3.3倍になるなど大幅に増加している。外資系企業の人気が高まっている理由や日系と外資系の働き方の違いについて転職コンサルタントに聞いた。(2018/12/10)

外の世界とのタッチポイントを増やせ!:
PR:今、最も面白い職種は「プロダクトマネジャー」だ――及川卓也氏が説く、DX時代のIT業界サヴァイブ術
Microsoft、Googleなどの時代の先端を行く米国テクノロジー企業でプロダクトマネジャーやエンジニアリングマネジャーを歴任し、現在複数の企業の顧問を務める及川卓也氏に、日本のシステム開発界隈が今度どのように変わっていくのか、そこで活躍するエンジニアに必要な資質などを聞いた。(2018/12/7)

建設業4業種の第2四半期決算から見る市況概要、ゼネコンが収益性改善
ヒューマンタッチ総研は独自に分析した「2019年3月期第2四半期決算から見る建設市場の動向」を公表した。ゼネコンは大林組が売上高・営業利益ともに過去最高益。鹿島建設、大成建設は通期の利益予想を上方修正し、全体的に収益性の改善が進んでいることが判明した。(2018/12/5)

市場分析や国交省の講演など建設業の問題をICTで解くセミナーを開催、ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界を魅力ある業界へ 生産性向上と働き方改革」をメインテーマに掲げた建設技術者を対象としたセミナーを開催した。建設現場の最前線で活用されているICT技術やIoTネットワークインフラ、建設生産支援クラウド、話題となっているRPAの建設業界への導入についてなど、豊富な事例を交えて紹介した。(2018/11/30)

凡人だから有利な点がある:
凡人の起業法 40カ月でKDDIグループに事業売却できた社長の秘密
小原さんは、スマホゲームメディア企業を創業し、わずか40カ月でKDDIグループに売却を果たした起業家だ。しかし、起業には素晴らしいビジョンもいらないし、極端な話事業計画さえなくていいと言う。代わりに最も重要なこととは……。(2018/11/28)

建設業の人材動向レポート(3):
建設業の求人に関して企業に詳しく公開してもらいたい情報とは?独自のアンケート調査から探る(3)
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。まず「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果について3回にわたり詳しく紹介する。建設技術者にフォーカスした調査は非常に少なく、本調査の結果が、建設技術者の転職に関する実態を的確に把握して、その採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。(2018/11/28)

大事なのは根性や粘り強さじゃない?:
電話営業の会話をデータ解析して判明した「デキる営業」の法則とは
人材会社のレバレジーズが電話営業の会話内容を分析。優秀な営業マンの会話のコツを解明した。相手の体を気遣うなど顧客への細やかな配慮が目立つ結果に。(2018/11/26)

モノづくり業界転職トレンド(2):
5年で求人が3倍増、活況を呈する自動車業界の転職事情
日本の産業をけん引してきた自動車業界で、求人がここ5年で3倍になるなど大幅に増加している。その背景を転職コンサルタントに聞いた。(2018/11/12)

年々深刻化:
ハイスキル人材不足、日本は世界33カ国中「最悪」 技術進化に追いつけず
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンはこのほど、世界33カ国を対象としたハイスキル労働市場に関する調査結果を発表。日本はハイスキル人材不足問題において33カ国中「最悪」であることが分かった。(2018/11/7)

激変の新卒採用サバイバル:
1000万円かけてたった1人採用の企業も 海外エリート大学生を狙え!
日本企業が海外に留学した日本人学生や現地の外国人学生の採用を積極化している。狭い国内では優秀な層を取り切れないため。メルカリでは新卒の過半数が外国籍に。(2018/11/7)

後継者探しもお手伝い:
“外食大国”福岡を救え! 地元信金が人手不足対策に乗り出したワケ
福岡県を中心に地元密着型の営業を続けてきた信用金庫が飲食業支援に乗り出す。具体的には、取引先の人材不足や後継者不足に対応する。将来的には“外食大国”福岡を救うことになるかもしれない。(2018/11/1)

建設業の新規求人数は25カ月連続で前年増で厳しい人手不足は長期化、10月人材動向
ヒューマンタッチ総研は、最新の人材市場に関する公的データをまとめた「ヒューマンタッチ総研〜Monthly Report 2018年10月」を発表した。(2018/10/26)

調査結果から探る企業のセキュリティ事情
「技術が分からないセキュリティ人材」が増えるとAI/自動化が普及する?
ITリーダーは巧妙化する脅威に対処し、新たな法制度に準拠しようと、セキュリティへの投資姿勢を強めている。調査結果を基に、企業のセキュリティ戦略の実像に迫る。(2018/10/25)

建設業の人材動向レポート(2):
建設技術者が転職先企業を決める時に重視する条件、独自アンケートから探る(2)
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。まず「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果について3回にわたり詳しく紹介する。建設技術者にフォーカスした調査は非常に少なく、本調査の結果が、建設技術者の転職に関する実態を的確に把握して、その採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。(2018/10/23)

「地方の若者には“選択肢の格差”がある」 住居費無料で食費も出る非大卒向け「ヤンキーインターン」が生まれた真剣な理由
ヤンキーがインターンしたっていいじゃない!!(2018/10/11)

モノづくり業界転職トレンド(1):
OA機器メーカーから自動車業界への転職が増えている理由
近年、OA機器業界から自動車業界に転職する人が増加している。どのような背景があり、なぜ自動車業界なのか。転職コンサルタントに聞いた。(2018/10/9)

建設技術者の有効求人倍率が医師らを抜き最も高い倍率に、人材不足の深刻化強まる
ヒューマンタッチ総研は国内の建設業の人材市場動向をまとめた9月分のマンスリーレポートをリリースした。「建築・土木・測量技術者」の有効求人倍率は、「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」を抜き、専門的・技術的職業の中で最も高い倍率となった。(2018/9/28)

防災・減災やインフラ老朽化対策に大幅な予算計上、国交省の2019年度当初予算
ヒューマンタッチ総研は、国土交通省の2019年度(平成31年度)予算概算要求から分析した建設業の将来見通しをまとめた。(2018/9/25)

建設業の人材動向レポート(1):
建設技術者の現在の勤め先への満足度、独自のアンケート調査から探る
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。まず「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果について3回にわたり詳しく紹介する。建設技術者にフォーカスした調査は非常に少なく、本調査の結果が、建設技術者の転職に関する実態を的確に把握して、その採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。(2018/9/21)

教えて! キラキラお兄さん:
文系エンジニアですが、ハッカーになれますか?
セキュリティ会社起業、ファイル共有ソフト「Winny」の暗号解読成功、政府の「情報保全システムに関する有識者会議」メンバー、「CTFチャレンジジャパン」初代王者――華々しい経歴をほこる“ホワイトハッカー”杉浦隆幸さんは、20代で創業し17年たった会社を去った後、新しい取り組みを始めた――。(2018/9/14)

2024年に適用される残業45時間/月の規制は喫緊の課題、建設業の人材市場動向8月
ヒューマンタッチ総研は国内における建設業の人材市場動向をまとめた8月のマンスリーレポートをリリース。働き方改革で2024年4月には残業の上限規制が建設業にも適用されるため、残業過多の建設業界には解決すべき喫緊の課題となるとしている。(2018/8/27)

今度はスタートアップ支援企業と提携:
レシート画像買い取りアプリで話題になった高校生CEOが今、やっていること
2018年6月に大きな話題となったレシート画像買い取りのiOSアプリ「ONE」。高校生CEOの山内奏人氏にとって、これは実験的プロジェクトなのか、それともサステイナブルなビジネスを構築しようとしているのか。どんなビジネスモデルで、長期的には何を目指しているのだろうか。(2018/8/20)

建設技術者の転職条件は「給与」「経験・スキル」が上位、年齢層で違いも
ヒューマンタッチ総研は2018年7月31日、建設技術者を対象にした「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」の結果を明らかにした。(2018/8/1)

PR:リクルートのエグゼクティブサーチ 転職はリクルートエグゼクティブエージェント
PR:IT専門の転職エージェント web・ゲーム業界の転職はワークポート



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。