ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「関西電力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西電力」に関する情報が集まったページです。

第74回「電力・ガス基本政策小委員会」:
火力発電の動向――供給力の確保と脱炭素化の両立はどうなるのか
電力需給を支える重要インフラでありながら、脱炭素化への取り組みも急務となっている火力発電。電力・ガス基本政策小委員会の第74回会合では、火力発電を取り巻く国内外の状況や、石炭火力の脱炭素化などについての報告が行われた。(2024/5/17)

電動化:
EVワイヤレス給電協議会が設立、関西電力、ダイヘン、シナネンらが発起人に
関西電力、ダイヘン、シナネン、三菱総合研究所、米国WiTricity Corporationの5社は、電気自動車の普及を支える社会インフラとして、ワイヤレス給電を実用化し普及させていくため「EVワイヤレス給電協議会」を設立すると発表した。(2024/4/19)

電力、ひっ迫に備えは データセンター拡大、様変わりの13年 東日本大震災13年
東日本大震災から13年が経過した。東京電力福島第1原発事故の影響で、原発の稼働が滞る中、太陽光発電など再生可能エネルギーへの依存度は増している。(2024/3/12)

エネルギー管理:
半導体工場やEV充電設備の新設など、局地的な電力需要の増加にどう対応すべきか?
半導体工場の新設など、電力消費量の大きな設備が設置されることで発生する局所的な電力需要増にどう対応すべきか――。電力・ガス取引監視等委員会は新たに「局地的電力需要増加と送配電ネットワークに関する研究会」を設置し、課題の整理や対策に関する検討を開始した。(2024/3/8)

関西電力が海外拠点の管理会計基盤を強化 表計算ソフト運用からどう脱却した
関西電力の海外グループ企業は管理管理基盤の強化が求められていた。従来の表計算ソフトの経営管理からどのように脱却したのだろうか。(2024/3/7)

エネルギー管理:
急増する「電力先物取引」、先進企業の活用状況と今後の課題
電力調達を行う事業者にとって、重要なリスクマネジメントの手段となっている「電力先物取引」。「電力先物の活性化に向けた検討会」では、各社の先物取引の活用状況や市場活性化に向けた提言などが報告された。(2024/3/4)

一部エリアで「ドコモでんき」新規受付再開、dポイント進呈率を最大10%に変更
NTTドコモの電力サービス「ドコモでんき」は、3月1日から一部エリアで新規申し込みを再開。ポイント還元率を4月利用分(5月検針分)から変更し、2000ポイントを進呈するキャンペーンも行う。(2024/2/29)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:CO2排出量やコストの削減を実現する、オンサイト型の太陽光発電サービスとは
脱炭素への取り組みが活発化する中、CO2排出量削減を目的に自家消費型の太陽光発電を検討する企業が増加している。特にコストメリットの大きい手法について解説するとともに、より少ない負担で導入可能なサービスについて紹介する。(2024/2/16)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:車両・設備の選定から施工まで、EV運用の課題をまとめて解決するサービスとは
世界的なカーボンニュートラル推進を受け、自動車業界では電動化への取り組みが加速している。その一方でユーザー側には、充電設備などの課題が山積している。EV運用の課題を解説するとともに、効率的な解決策を見て行く。(2024/2/16)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:動画で学ぶ脱炭素経営の潮流、非化石証書制度の概要や最新の市場動向を解説
脱炭素経営の取り組みが進む中、“二酸化炭素を排出しない”という環境価値を証書化した「非化石証書」を取り入れる機運が高まっている。非化石証書制度をはじめ、経営層や環境関連部署担当者が知っておくべき最新動向を解説する。(2024/2/16)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:「太陽光発電」各導入方法のメリット・デメリットと活用したい補助金制度を解説
脱炭素への取り組みとして、太陽光発電の導入を検討する企業が増加している。オンサイトPPA(電力購入契約)など、それぞれの手法におけるメリット・デメリットや、導入に向けて活用したい補助金制度について、詳しく解説する。(2024/2/16)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:脱炭素セミナーで学ぶ、気候変動対応を取り巻く世界情勢と日本企業の取り組み
温室効果ガス削減への取り組みが活発化する中、国内でも、国際的な基準であるGHGプロトコルによる温室効果ガス排出量の算定が進んでいる。関西電力のセミナーより、気候変動対応を取り巻く情勢や日本企業における環境目標などを紹介する。(2024/2/14)

産学連携の取り組み:
生成AIの社会実装へ、ベネッセなどが新団体「Generative AI Japan」を設立
ベネッセコーポレーションとウルシステムズが共同発起人となり、一般社団法人Generative AI Japanを発足した。安全で、生産性を高める生成AIの社会実装を目指す。(2024/1/26)

“クルマ”が空を行き交う世界は実現するのか 人類の願いに際限はない
便利で快適な乗り物を追求する人類の願いに際限はない。すでに電気で走る自動車は普及した。近い将来、クルマが空を行き交う世界は実現するのだろうか。(2024/1/23)

関西電力株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:空調の省エネで電気料金削減と脱炭素を実現、AIを活用した空調制御の実力
空調の省エネは電気料金削減や脱炭素に向けた有効な対策だが、それによって室内の快適性が損なわれてしまっては、業務に支障が出てしまう。そこで注目したいのが、AIを活用した制御によって、省エネと快適性を両立するソリューションだ。(2024/1/23)

関西電力株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:初期費用ゼロで脱炭素経営とコスト削減を推進、太陽光発電サービスの実力とは?
脱炭素経営の第一歩として太陽光発電設備を設置する企業が増加しているが、高額な初期費用や維持管理に伴う負担から、導入を断念するケースも多い。企業のこうした悩みを解消するサービスを紹介する。(2024/1/23)

関西電力株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:気候変動に対応するために企業が知っておくべき「47の基本用語」とは?
気候変動に関する問題が顕在化し、脱炭素経営の推進が求められている昨今。その取り組みを進めるためには、国際的な取り組みや、法令・制度などについて理解しておく必要がある。そこで47の基本用語について、分かりやすく解説する。(2024/1/23)

抽選でAmazonギフトカードが当たる:
PR:「脱炭素の取り組み」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる:
PR:「脱炭素ソリューションの導入意向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「脱炭素の取り組み」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「脱炭素ソリューションの導入意向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/12)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「自社のコスト削減」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「太陽光発電サービスおよび空調の自動制御」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/1/11)

姿見え始めた「なにわ筋線」 大阪に人が集中して“人口格差”を懸念
令和13年に開業する新線「なにわ筋線」の姿が見えてきた。(2024/1/1)

太陽光:
マンション屋上の太陽光発電で入居者の電気料金を割引、阪急阪神不動産が神戸市で
阪急阪神不動産が神戸市で販売する同社の分譲マンション「ジオ神戸三宮」において、太陽光発電で発電した電力を専有部の電気使用量から差し引き、各住戸の電気料金を低減するシステムを導入する。(2023/12/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
便乗値上げ? 電力会社が異例の「最高益ラッシュ」そのカラクリとは
エネルギー価格の高騰に伴う値上げで、全国の電力会社が大幅増収・増益を達成しており、異例の「最高益ラッシュ」が相次いでいる。顧客が値上げに苦しんでいる中で電力会社の懐は暖かいようにみえるこの現象は、一見便乗値上げのように映るかもしれない。何が起きているのか。(2023/12/1)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「脱炭素の取り組み」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/11/22)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「脱炭素ソリューションの導入意向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/11/22)

エネルギー管理:
旧一電の「グロス・ビディング」休止、スポット市場に影響は出ているのか?
大手電力が自主的な取り組みとして、社内取引の一部を卸電力市場を介して行う「グロス・ビディング」が10月から休止となった。制度設計専門会合では、この廃止がスポット市場に影響を与えていないかを調査し、その結果を公表した。(2023/11/10)

PR:子どもの成長をひっそり見守る、謎の声の正体は? 「最後まで見ると意味が分かる」Webムービーがじんわり温かい
子どもを育てている親御さんなら、より一層じんわり来ちゃうかも。(2023/11/8)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「自社のコスト削減」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/10/30)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「太陽光発電サービスおよび空調の自動制御」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/10/25)

関西電力、「飛雷竜 トビカガチ」の目撃情報をSNS上で募集開始 ……一体、何が起こってるんです?
ふざけてはいないもよう。(2023/10/16)

スマートエネルギーWeek 秋 2023:
関西電力が展開するAI搭載の分散型サービス基盤「K-VIPs+」とは?
関西電力が「スマートエネルギーWeek 秋 2023」に出展。グループ会社のE-Flowが展開する、AIを搭載した分散型サービスプラットフォームを披露した。(2023/9/27)

パネル設置から補助金申請までおまかせ:
PR:太陽光発電「初期投資ゼロ」で コスト削減と脱炭素を同時に実現
脱炭素社会の実現に向けて注目が集まる太陽光発電。企業にとっては電気料金の削減につながるというメリットへの期待も大きい。効果を高めるには太陽光パネルの設置場所や電気の使い方を工夫する必要がある。ポイントを関西電力に聞いた。(2023/9/8)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「太陽光発電サービスおよび空調の自動制御」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/9/8)

自動車業界の1週間を振り返る:
脱炭素社会と循環型社会の両立は一筋縄ではいかない
まだまだ暑いですね。1週間お疲れさまでした。来週は台風が接近してくるようです。台風といえばお盆期間を台風が直撃した際、NHKでは台風の影響を逐一テロップで流していました。鉄道などの情報が主でしたが、物流に関しても言及があったのが印象に残っています。(2023/8/26)

電気自動車:
使用済みEV用電池で蓄電システムを構築、関電と東芝が実証へ
関西電力と東芝が使用済みのEV用電池を利用した蓄電システムの実証を発表。リユース蓄電池を活用したシステムの利活用に関する各種サービスを検証し、2024年度中の提供を目指すとしている。(2023/8/22)

電動化:
EVリユース電池の蓄電システムや劣化診断で関西電力と東芝系が協力
関西電力と東芝エネルギーシステムズはEVのリユース電池を使用した蓄電池システムや、EVの電池劣化診断の実証を開始する。(2023/8/21)

家庭向け「停電費用保険」、関西電力と日本生命が発売 月々100円で最大1万円の補償
ニッセイプラス少額短期保険は1日、関西電力との協業による「停電費用保険」の販売を関西エリアで始めた。月々の保険料は100円。(2023/7/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“期待外れ?”の京阪電鉄中之島線はこのままなのか 再生のカギは2つ
京阪電鉄中之島線は、大阪市の中之島地区を東西に貫く約3キロメートルの地下路線だ。大阪中心部の東西交通と、中之島西部地区再開発の期待を受けて建設されたが、その期待に十分に応えられずに今日に至る。しかし、今度こそ使命を果たせるかもしれない。(2023/7/18)

首位との差を詰めた:
オープンイノベーションに積極的な大企業 3位は「ソニー」、2位は「トヨタ」、1位は?
プロジェクトニッポンは、経済産業省と共同で「イノベーティブ大企業ランキング」を発表した。スタートアップとの連携を通じてオープンイノベーションに積極的な大企業……(2023/7/14)

法制度・規制:
電力の「新・基礎排出係数」を創出へ、非化石証書等の取引を反映可能に
一定量以上の温室効果ガスを排出する事業者に対し、その排出量などの報告が義務付けているSHK制度。同制度において報告内容の算出に利用する電力の「基礎排出係数」について、環境省と経産省では、非化石証書等の取引実績を反映できる新たな仕組みを導入する方針だ。(2023/7/13)

電力供給サービス:
大手電力会社の卸取引は適切か――2023年度の評価結果が公表
発送電分離が行われた電力自由化以降、健全な市場環境の維持においては、旧一電の電力小売部門による適切な卸取引の遂行が重要なポイントとなる。このほど、2023年度通年の相対契約などについて、内外無差別な卸売が実施されているかの評価が行われた。(2023/7/4)

グランデータに業務改善勧告 通知が不十分、委託先が紛らわしいサイトで勧誘
電力・ガス取引監視等委員会が新電力のグランデータに対し、業務改善勧告を行ったと発表した。(2023/6/30)

サーバ&ストレージニュースフラッシュ
関西電力が“3万人超が快適に使えるVDI”の実現を託した「HCI」はこれだ
関西電力グループのHCI採用事例や、クラウドストレージの使用動向調査、データセンター事業者のクラウドストレージ導入事例など、サーバ&ストレージに関する主要なニュースを3本紹介する。(2023/6/30)

スズキ、「空飛ぶクルマ」開発元に工場を提供 2024年春ごろから製造開始
スズキが「空飛ぶクルマ」の製造を手掛けるSkyDriveとの協力に合意。2社はスズキグループが静岡県内に保有する工場を活用し、2024年春ごろから空飛ぶクルマの製造開始を目指す。(2023/6/20)

法制度・規制:
再エネ出力制御の低減へ新施策 「新設火力」の最低出力を30%に引き下げ
国内でも複数のエリアで実施されている再エネ電源の出力制御。その低減に向け、政府は新設火力の最低出力を引き下げるなどの新たな施策を導入する計画だ。(2023/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。