ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「関西電力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「関西電力」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
五輪マラソンはどうなる? 無謀なプロジェクトでコケる組織、3つの「あるある」
IOC(国際オリンピック委員会)が、東京2020のマラソンと競歩の開催地を札幌へ変更すると言いだした。東京都は地元開催を訴えているが、無謀なプロジェクトでコケる組織の香りがぷんぷん漂っているのではないか。どういう意味かというと……。(2019/10/29)

CEATEC 2019:
“つながるガス機器”で描く未来を提案、大阪ガスがCEATECに初出展した理由とは?
大阪ガスが幕張メッセで開催中の「CEATEC(シーテック)」に初出展。家庭用燃料電池「エネファーム」関連のIoTサービスや同社が考える“未来の生活”など、さまざまな展示を披露している。(2019/10/15)

スピン経済の歩き方:
「日本経済が成長しないのは、中小企業が多いから」は本当か
少子化に歯止めがかからない。出生数は90万人割れが確実となっていて、これは推計よりも早いペースだという。このままだと日本経済がさらに悪くなりそうだが、“治療法”はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「中小企業改革」を挙げていて……。(2019/10/8)

須田慎一郎が語る〜森山栄治元助役の人物像
関西電力役員に多額の金品を渡していた元助役とはどんな人物?(2019/10/7)

「山吹色のお菓子」という名のお菓子、人気で売り切れに 「理由はお分かりいただいてますよね」
「どこかのだれかが、本物使っちゃったからですね……」と販売元。(2019/10/5)

関電が金品受領問題で会見〜「恫喝した」森山元助役という人物
明確にされていない森山氏の背景。(2019/10/4)

「俺も悪代官になりたい」と思った時に気になる「そもそも小判って買えるの?」
「おぬしもワル」になれる。(2019/10/3)

「お菓子の下に金貨があった」関西電力役員への金品、小判や金の延べ棒も 「悪代官かよ」とネット仰天
ただし悪代官はどっちだ問題が浮上。(2019/10/2)

スピン経済の歩き方:
関電幹部たちが「原発キャッシュバック」の受け取りを拒否できなかったワケ
関西電力が揺れている。福井県高浜町で「影の町長」としてささやかれていた元助役・森山栄治氏から、計3億2000万円分の金品を受け取っていたことが明らかに。いわゆる“原発キャッシュバック”と呼ばれるものだが、なぜこのようなことが起きるのか。歴史をさかのぼってみると……。(2019/10/1)

関西初のSST、2022年に街びらき:
パナソニックが吹田市に“再エネ100タウン”、ALSOKや竹中工務店ら14社と超高齢社会の課題解決
パナソニックは、吹田市の同社工場跡地を活用して、スマートタウン「Suita SST(サスティナブル・スマートタウン)」を2022年に開業する。街のコンセプトには、日本の超高齢社会が抱える3つの課題を解消する「多世代居住」「健康」「地域共生」のキーワードを据え、これらを実現するパートナー企業14社の新たなサービスを実証する。例えば関西電力とは、消費電力を再エネ100%で賄う「再エネ100タウン」、ALSOKとは画像検知やロボティクスによるセキュリティ、竹中工務店とは住めば健康になれる街を実現する建築デザインコードの開発などに取り組む。(2019/9/27)

製造ITニュース:
IoTで工業炉の「見える化」、関西電力が炉運用支援サービスを開始
関西電力は、IoTを活用した「工業炉最適運用サービス」の提供を開始する。顧客の工業炉の予防保全と省エネルギー化を目的に、エコム、オプテージと共同でIoTを活用した「見える化」を支援する。(2019/9/30)

カメラで見守り、顔認証で支払い……。パナが吹田でスマートタウン
画像認識技術を活用した見守りや地域の医療機関と連携し、住民が健康アドバイスを受けられるなどのサービスを計画する。(2019/9/18)

太陽光:
関西電力も卒FIT向け「仮想預かり」プラン、蓄電池なしで余剰電力を有効活用
関西電力が卒FITを迎える住宅用太陽光発電ユーザー向けに、同社が余剰電力を同社が仮想的に預かったとみなす仮想預かりプラン「貯めトクサービス」の申し込み受付を開始。蓄電池などを設置せずに余剰電力を有効活用できるプランだ。(2019/9/13)

自然エネルギー:
パナソニックが「RE100」に加盟、2050年までに再エネ100%の事業運営体制に
パナソニックが「RE100」への加盟を発表。2050年までに事業で利用する電力を100%の再生可能エネルギー由来とする計画だ。(2019/9/10)

混雑時間帯に速度制限すると携帯料金を割引 「mineo」が9月から
携帯電話サービス「mineo」で、通勤時間や昼休みの時間帯に通信速度を制限し月額料金を割引する「エココース」が9月2日から始まる。(2019/8/27)

太陽光:
丸紅が卒FIT太陽光向けでシャープと協業、蓄電池の導入で最大単価14.6円/kWh
丸紅ソーラートレーディングが卒FIT太陽光向けの買い取りサービスの詳細を発表。シャープエネルギーソリューションと協業し、蓄電池の設置を条件にプレミアム価格を上乗せするプランを展開する。(2019/8/9)

エネルギー管理:
太陽光の環境価値をブロックチェーンで取引、イオンと関電らが実証実験
イオン、関西電力らは、V2H・EV充電器を活用したVPP実証およびブロックチェーン技術を活用した環境価値取引実証を開始した。2020年3月までの実証期間を予定する。(2019/8/5)

太陽光:
初期費用ゼロの住宅太陽光サービス、京セラ関電エナジーが提供開始へ
京セラと関西電力が出資する京セラ関電エナジー合同会社が、初期費用ゼロで太陽光発電を導入できるのが特徴のプラン「ちゃんとGood!サービス」を発表。関東および中部エリアで申し込み受付を開始した。(2019/8/2)

「仮想発電所」が拡大 次世代システムへの投資広がる
点在する蓄電池や太陽光パネルなどの小規模電源を束ねて1つの発電所のように機能させる「仮想発電所(VPP)」の取り組みが拡大している。政府の実証事業にはエネルギー企業以外も参加し、コンビニエンスストアや自動販売機までネットワークの裾野が広がっている。今後の再生可能エネルギーの普及拡大を見据え、次世代システムへの投資が熱を帯びてきた。(2019/7/30)

体当たりッ!スマート家電事始め:
他社とも連携、シャープが乗り越えたスマートホームの「壁」とは
シャープにスマートホームサービス「COCORO HOME」の戦略を聞いた。他社製品やサービスと連携させる共通プラットフォームを作る狙い、それを阻んでいた壁とは?(2019/7/2)

「夕食は電子レンジに聞け」シャープが新サービス
シャープが、インターネットとつながる最新家電の拡大に本腰を入れる。自社製品だけでなく、ライバルメーカー製品との接続も可能にし、さまざまな異業種からの情報を家電にリンクさせるという。シャープが目指す家電はどんな姿なのか。(2019/7/2)

つながる最新家電:
「夕食は電子レンジに聞け」シャープが新サービス
鴻海(ホンハイ)精密工業傘下のシャープが、インターネットとつながる最新家電の拡大に本腰を入れる。自社製品だけでなく、ライバルメーカー製品との接続も可能し、さまざまな異業種からの情報を家電にリンクさせるという。シャープが目指す家電はどんな姿なのか。(2019/7/1)

太陽光:
卒FIT後の自家消費をサポート、NTTスマイルが「ちくでんエコめがね」を発表
NTTスマイルエナジーが住宅太陽光発電の卒FITに向けた新サービス「ちくでんエコめがね」を発表。住宅オーナーはスマートフォンやタブレットから、太陽光の発電量、蓄電池への充放電量、売電量と家庭内電力消費量データを基に、太陽光発電の自家利用状況を確認することができる。(2019/6/13)

主治医はスマホ 「5G」でリアルタイム診断
5Gの実用化に向けて、関西の企業や自治体が動き始めた。従来のスマホより通信速度が100倍も速くなる5Gは、過疎地と大病院とをつないだ動画診察を普及させたり、自動運転のトラクターを使った遠隔操作での農作業を可能にしたりできる。人口減少と人手不足に悩む地方での5Gの活用が、先行して始まりそうだ。 (2019/6/6)

エネルギー管理:
1万台の蓄電池を秒単位で一括制御、NECと関電が実証に成功
NECと関西電力らが1万台規模の分散電源を秒単位で一括制御できる技術の実証に成功。電力系統の安定化を図り、再生可能エネルギーの導入拡大に役立つ技術としている。(2019/5/31)

Huawei禁輸、日本でも影響広がる
米政府による中国Huaweiに対する禁輸措置をめぐり、取引先企業の「華為離れ」が広がってきた。部品などを供給する日本メーカーでは、パナソニックが取引中止の方針を社内に通達。米国ではマイクロソフトが自社オンラインサイトでの華為製ノートパソコンの販売を停止した。(2019/5/24)

電力供給サービス:
関西電力、法人向けに「第三者所有」の太陽光事業を展開
関西電力が法人向けに太陽光発電のオンサイト設置サービスを提供開始。初期投資ゼロで太陽光発電設備を導入しながら、自家消費による電気料金の削減や、CO2排出量の削減などに活用できるサービスだ。(2019/5/21)

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準
シャープがスマートホームサービス「COCORO HOME」を発表した。IoT家電同士の連携に加え、秋にはセコムやKDDI、関西電力などと協力し、食材の宅配や家事代行などの生活サービスを追加する。(2019/5/20)

小さいけど壮大 黒部ダムのジオラマがカプセルトイになって発売
雷鳥セットやカレーもあります。(2019/5/15)

5年連続の企業は6社:
経済産業省が「攻めのIT経営銘柄2019」29社を発表、DXグランプリは?
経済産業省は「攻めのIT経営銘柄2019」と「IT経営注目企業2019」を発表した。上場企業の中から、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化に向けて積極的なITの利活用に取り組んでいる企業を選定した。今回は特に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業を高く評価した。(2019/4/25)

第5回国際ドローン展:
“電線を自動追尾”しながら4K撮影、アルプスアルパインが東芝のAI画像解析を用いて関電で試験導入
アルプスアルパインは、「第5回国際ドローン展」で、関西電力、東芝デジタルソリューションズと共同で2019年2月に試験導入した送電線のドローン点検システムを披露した。(2019/4/22)

電力供給サービス:
電力自由化から4年、消費者の「スイッチング意欲」は停滞傾向に
2019年4月で電力自由化から4年、ガス自由化から3年になるが、消費者の認知度や意識はどう変化したのか――。電通が2018年12月に全国を対象に実施した「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を公表した。(2019/4/2)

太陽光:
初期費用ゼロの住宅太陽光を展開、関西電力と京セラが新会社設立へ
関西電力と京セラが住宅向け太陽光発電事業を展開する新会社を共同出資で設立。ユーザー側に発電設備などの設置初期費用がかからない、第三者所有モデルの住宅太陽光発電サービスを2019年秋から展開する。(2019/3/28)

電力供給サービス:
東京電力とイーレックスが再エネ販売で新会社、“大手と新電力”の提携が加速する背景とは
電力自由化による市場環境の激化で、大手電力と新電力の提携が加速している。東京電力と“老舗新電力”のイーレックスが特別高圧・高圧向け小売事業を行う新会社を設立すると発表。「RE100」加盟企業などに向けて、再生可能エネルギー由来100%の電力プランも展開する。(2019/3/19)

自然エネルギー:
パナソニックが「CO2ゼロ工場」を達成、日本とベルギーの2拠点で
パナソニックが日本と欧州の2工場で操業時にCO2を排出しない「CO2ゼロ工場」を実現。太陽光発電による自家消費や、CO2排出係数ゼロの電力プランの契約、各種クレジットの活用などを組み合わせた。(2019/3/18)

IT活用:
電力データで金融口座の不正開設を防ぐ、関西電力らが新技術を検証
関西電力は不正アクセス検知サービスの開発を行うカウリスと共同で、電力設備情報を活用して不正な金融口座の開設を防止する技術を実証する。(2019/3/15)

自然エネルギー:
村営の小水力発電所をコープグループが改修、売電収益を地域振興につなげる
奈良県の下北山村で、地域振興への貢献を目指した小水力発電所の改修プロジェクトが進行中だ。村とコープエナジーならが取り組むプロジェクトで、稼働から20年以上経過した村営発電所を改修して新たに売電事業を行うとともに、その収益の一部を村の振興事業に活用する。事業費の一部をクラウドファンディングで募集中だ。(2019/3/7)

封筒に赤字で「必ずご確認ください」 → 開けてみたら中身は広告 関西電力のDMに「不誠実」と批判、担当者の見解は
関西電力を取材しました。(2019/3/7)

自然エネルギー:
ダムの維持流量を活用する水力発電所、関西電力が長野県に建設へ
関西電力が長野県南木曽町に所有する「山口ダム」で、河川維持流量を利用した発電所を新設すると発表。最大出力630kWで、年間発電量は450万kWhを見込んでいる。(2019/2/27)

PR:企業を狙ったサイバー攻撃で経営危機 巧妙化する手口に社内のセキュリティ人材は不足 誰を頼ればいい?
(2019/2/18)

カメラ映像のAI解析で、自動走行車の安全走行と地域住民の見守りを支援する技術――OKI、関西電力らが実証実験へ
沖電気工業、関西電力、日本総合研究所は、兵庫県神戸市北区で、屋外カメラの映像とAIを活用して、交差点における自動走行車の安全でスムーズな走行を支援する技術と、路上でうずくまる人などを検知して地域の見守りを支援する技術の実証実験を開始する。(2019/2/7)

ゲームAIの手法、火力発電所システムに応用 DeNAと関電が共同開発
ディー・エヌ・エーと関西電力が、石炭火力発電所における燃料運用のスケジュール作成をAI(人工知能)で自動化するシステムを共同開発。外販に向けて協業する。(2019/2/6)

ハウステンボスが「変なエネ」開始 再生可能エネルギー中心 テーマパークで発電した電力も
ハウステンボスが電力ベンチャーのみんな電力と提携し、「変なエネ」ブランドで家庭向け電力販売(取り次ぎ)を開始する。テーマパーク内の太陽光発電所で発電した電力を含む再生可能エネルギーが中心になるという。(2019/1/29)

「空飛ぶじゅうたんで眠りたい」を実現!? 最新技術を詰め込んだ「移動する畳」が気持ちよさそう
途中で寝落ちするやつ。(2019/1/17)

エネルギー管理:
1万台規模の蓄電池を“秒単位”で一括制御、再エネの出力変動対策に
関西電力、エリーパワー、三社電機製作所の3社が、1万台規模の蓄電池を遠隔から秒単位で充放電制御する実験に取り組んでいる。再生可能エネルギーの導入拡大に必要な周波数調整技術として実用化を目指したい考えだ。(2019/1/10)

自然エネルギー:
英国最大級の洋上風力プロジェクト、MHIヴェスタスが9.5MW風車を100基納入
三菱重工業の関連会社MHIヴェスタスが英国最大級の洋上風力発電プロジェクト向けに、9.5MWの風車を100基納入すると発表。MHIヴェスタス設立以来最大規模の受注で、発電所は2022年の運転開始を予定している。(2018/12/27)

タブレットを配るだけでは何も変わらない
「電子化なんて不便なだけ」を解決 現場視点の教育&レポーティングツール
業務の効率化を目的に紙のマニュアルやカタログを電子化して従業員に共有する企業は少なくない。しかし使い勝手の悪さから、利用が進まない企業もあるだろう。業務資料は、どんなツールでどのように共有すれば業務を効率化できるのだろう。(2018/12/28)

5G時代に向けた新たな規制のあり方を模索すべき――総務省「モバイル市場の競争環境に関する研究会」でMNOが主張
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」が5回目の会合を開催。大手キャリア(MNO)、無線ブロードバンド(BWA)事業者や中古端末業界団体からのヒアリングと、意見交換を行った。この記事では、MNOとBWA事業者の主張を簡単にまとめる。(2018/12/26)

自然エネルギー:
ため池に2.5万枚の太陽光パネル、西日本最大級の水上メガソーラー
兵庫県稲美町に西日本最大級の水上メガソーラーが完成。ため池に浮かべた約2.5万枚の太陽光パネルで、年間1900世帯分に相当する発電量を見込む。(2018/12/5)

自然エネルギー:
パナソニック、「再エネ100%」のリサイクル工場を実現
パナソニックが兵庫県にある同社の家電リサイクル工場において、再生可能エネルギー由来電力100%による事業運営を実現。太陽光発電の活用やグリーン電力プランによる調達の他、非化石証書を活用して実現した。(2018/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。