ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国民生活センター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国民生活センター」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

転売チケットのトラブル増加 「公式と勘違い」「入場できない」……国民生活センターが注意喚起
ライブなど興業チケットのネット転売に関する相談が増加傾向。「転売サイトと気づかず、高額なチケットを購入してしまった」「SNSで知り合った人にチケット代金を振り込んだが、連絡が取れなくなった」など。(2022/8/5)

SNSで知り合った女性に誘われ、500万円入金したが……暗号資産トラブルに注意
SNSやマッチングアプリをきっかけとした暗号資産トラブルが目立っているとして、国民生活センターが注意を呼び掛けている。(2022/8/4)

スピン経済の歩き方:
「ハゲはセクシー」な国もあるのに、なぜ日本人は恥ずかしがるのか 背景に「加藤茶」と「アデランス」
脱毛ビジネスが好調である。男性だけでなく、子どもも脱毛エステに通っているとかで。空前のブームがうかがえるわけだが、欧米で注目されている「ハゲ」も、日本で定着するのだろうか。(2022/8/2)

脱毛エステのトラブルに国民生活センターが注意喚起 男性からの相談も増加
低価格の広告をうのみにしないように。(2022/7/30)

父が還付金詐欺の被害に遭いかけた実話漫画に約2.6万いいね 作者「『自分は絶対大丈夫!』と思わないことが大事」
作者に話を聞きました。(2022/7/29)

【漫画】“子育てサークル”だと思って参加したら…… 赤ちゃん連れママを狙った勧誘に「私もあった」「気を付けたい」と反響
サークルを騙った勧誘に注意です。(2022/7/27)

家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
家族間でのルール決め、大事。(2022/7/4)

尼崎USBメモリ紛失事件の便乗詐欺に注意 市「金銭・個人情報を要求することはない」
兵庫県尼崎市が、同市のUSBメモリ紛失事件に便乗した詐欺に注意するよう呼び掛けた。市職員や警察をかたって金銭や個人情報を聞き出す電話やメールは詐欺であり、求めに応じないよう注意喚起している。(2022/6/24)

Twitterで卵料理の写真が「え」「なんで?」と衝撃与える 鍋のふたが突然粉々に砕けてしまった…… その理由は?
ふたが部分的に熱せられるような使用方法はやめたほうが良いそうです。(2022/6/21)

6月5日は「無香料の日」:
「香害」で体調不良、4割が経験 「柔軟剤」上回る原因1位は?
無添加石けんの製造などを手がけるシャボン玉石けん(北九州市)は、全国の男女約500人を対象に「香害・化学物質過敏症に関するアンケート調査」を実施した。人工的な香料などによって体調不良を経験したことがある人は4割に上った。(2022/6/5)

クーリング・オフ、電子メールでも手続き可能に
6月1日に施行された改正特定商取引法により、クーリング・オフは電子メールやWebサイトのフォームなどで手続きできるようになった。これまでは書面が必要だった。(2022/6/1)

死んだ愛犬「闘病中」と偽りネット資金調達 企画者の女に有罪判決
死んだ飼い犬が闘病中だとうそをつき、治療費名目で支援金をだまし取ろうとしたとして26歳の女が有罪判決を受けた。女はクラウドファンディングを悪用。診断書などを偽造し、心配する愛犬家ら370人以上からお金を集めた。(2022/5/19)

ヤフオク!とPayPayフリマ、子どもが誤飲するおそれのある出品に新ルール マグネットや水で膨らむボールなど
ヤフーは13日、子どもが誤って飲み込んだりすると危険なおもちゃを出品する際には商品説明で注意喚起するよう「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」の出品ルールを変更すると発表した。(2022/5/16)

本当に免許不要でノーヘルをOKにするの? 電動キックボードの規制緩和にさまざまなメディア・団体から警鐘 多事走論 from Nom
電動キックボードの規制緩和を含む改正道交法が成立しました。(2022/5/2)

「このままでは固定電話が使えなくなる」――光回線の“便乗”勧誘でトラブル 国民生活センターが注意喚起
「このままでは固定電話が使えなくなる」――光回線の契約を進められるトラブルが増えているとして国民生活センターが4月26日に注意喚起した。(2022/4/27)

「SNSでPRすれば実質無料」でトラブル多発 国民生活センターが注意喚起
独立行政法人国民生活センターは、SNSで商品やサービスのPRをすれば一切の負担がないなどと勧誘し、商品を契約させる手口について注意喚起した。(2022/4/15)

「誰でも1日数万円稼げる」 “副業マニュアル”でトラブル多発 消費者庁が注意喚起
消費者庁は4月13日、「誰でも1日当たり数万円を稼ぐことができる」などと謳った副業マニュアルのトラブルについて注意喚起した。(2022/4/14)

成年年齢引き下げで18歳・19歳の消費者トラブル割合が高めに 副業・エステ・マッチングアプリなどに注意するよう呼びかけ
引き下げ実施は4月から。(2022/3/22)

消費者庁、「鍵のレンジャー」等の鍵開け業者に業務停止命令 Web広告で安価をうたい現場では高額な作業料金を請求
今後も同様の手口が行われる可能性があるとして、注意喚起しています。(2022/2/28)

被害額は平均14万円 「ウイルスに感染している」ウソの警告で金銭をだまし取る「サポート詐欺」に注意
動画のやりとりが生々しい……。(2022/2/26)

「その警告画面は偽物です」 国民生活センターが「サポート詐欺」に注意喚起
国民生活センターは24日、PCの画面に偽のセキュリティ警告を表示し、サポート窓口をうたう番号に電話をかけさせる「サポート詐欺」について注意喚起を行った。(2022/2/24)

「マジで信じられないくらい最低すぎ!」わたなべ麻衣、業者の対応に激怒 押し売りならぬ“押し買い”に注意喚起
怖い。(2022/1/7)

「アナログ戻し」トラブル急増、国民生活センターが注意喚起
「光回線をアナログ回線に戻せば料金が安くなる」などと勧誘し、手続き代行やオプションサービスの料金として高額な請求をする「アナログ戻し」のトラブルが増えている。(2021/12/9)

「LINE」で消費生活相談、消費者庁が実証事業 電話利用しない若年層向けに
若年層向けにLINEで消費生活相談できる実証を消費者庁が始める。SNSの利用増加に伴い、若者を中心に電話利用が減少。若年層の消費生活トラブル救済を目的としている。(2021/10/29)

実は課金されていた……国民生活センターがサブスクの請求トラブルに注意喚起
国民生活センターは、定期的に定められた料金を支払う「サブスクリプション」(以下、サブスク)に対する注意喚起を発表した。(2021/10/8)

「アプリを削除したのに……」サブスクの契約トラブル 2021年度以降で国民生活センターに月500件の相談
映像や音楽配信サービスの相談が最も多い。(2021/10/8)

「サブスク、正しく理解して」、国民生活センターが注意喚起 相談は毎月500件
国民生活センターは7日、サブスクリプション型サービスに関する消費者からの相談が毎月500件ほど寄せられているとして注意喚起を行った。(2021/10/7)

焦らされ:
トイレが詰まって業者を呼んだら44万円 あおられその場でサイン 悪質な「点検商法」相次ぐ
トイレが詰まって業者を呼んだら、次々と欠陥を指摘され、高額な修理代を請求された。そんな、水回り修理を巡るトラブルが沖縄県内で後を絶たない。(2021/9/22)

60歳以上の通販トラブルが過去最多に コロナ禍で利用増
国民生活センターは、2020年度に全国の消費者センターなどに寄せられた60歳以上からの通信販売の相談件数が10万7796件で、過去最多だったと発表。ネット通販の相談が増えているという。(2021/9/3)

「うちには、クーリング・オフはありません」「これからお宅に行かせてもらおか」 水道修理の「水道屋本舗」に一部業務停止命令
これは……。(2021/9/1)

“子供のゲーム課金”トラブルの相談件数が1年で約1.5倍に 国民生活センターが注意喚起 原因は巣ごもり?
小中学生や高校生による、オンラインゲームでの課金を巡るトラブルが増加している。国民生活センターの発表によれば、2020年度の相談件数は19年度の約1.5倍に。「『おうち時間』が長引く中、子供が保護者の許可なく課金するトラブルが急増している」という。(2021/8/14)

「巨大パインアメ」ミヨシ石鹸から新発売 香りそのままに泡立ちよく洗いあがりはしっとり
おいしそうだけど食べちゃダメ。(2021/7/14)

一方的に送り付けられた商品をすぐに捨てられるように 法改正で「14日間保管」ルールが廃止、7月6日から
「送りつけ商法」に関する法律が改正。(2021/6/30)

蓄電・発電機器:
家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意喚起
国民生活センターは2021年6月3日、家庭用蓄電池の訪問販売におけるトラブルが急増しているとして注意喚起を行った。家庭用蓄電池の購入に関する相談件数が増加しているという。(2021/6/10)

後払いのトラブル解消に向けて 「日本後払い決済サービス協会」が設立
後払い決済サービスを提供する7社は5月11日、業界団体「日本後払い決済サービス協会」を設立した。(2021/5/12)

カバンの中で勢いよく発火、発煙 リチウムイオン電池の事故、国民生活センターが再現動画で注意喚起
国民生活センターがリチウムイオン電池や充電器の発煙、発火事故の再現動画を公開した。日常生活に潜む危険な状況をサーモグラフィの画像付きで動画にした。(2021/3/19)

専門家のイロメガネ:
映画「えんとつ町のプペル」を大ヒットに導いたオンラインサロンは信者ビジネスなのか?
映画「えんとつ町のプぺル」がヒットした背景には、西野氏が率いる「オンラインサロン」がある。7万人以上が参加するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は映画のヒットにも寄与したといわれているが、サロンを活用した集客・マーケティングは賛否も呼んだ。このオンラインサロンの実態とは?(2021/2/18)

【料理で事故った体験談】スライサーで指先をスパッ → 治るのに1カ月かかったし、指紋がズレたままくっついた
“あるある”だけど気を付けたい。(2021/4/13)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(1月編):ドコモショップの不適切メモ/au PAYで毎週10億円還元
2020年1月のアクセスランキングトップ10を紹介。1位はスマホ決済の1月キャンペーンまとめ。au PAYをPontaを統合する発表もありました。ドコモショップでの「不適切メモ」は、業界に驚きを与えました。(2020/12/18)

偽サイトに注意:
お金を振り込んだのに「Switch」が届かない! 多数の相談を受け、消費者庁が注意喚起
通信販売サイトで人気の家庭用テレビゲーム機を注文して代金を支払ったのに、商品が届かないという相談が多数寄せられている消費者庁は偽サイトの被害に注意するよう呼び掛けている。(2020/12/11)

【料理で事故った体験談】鍋を洗っているとき、“小さなうっかり”から強化ガラス製の鍋ブタが粉々になった……というお話
たぶん「分かっていてもついやってしまう」系のトラブル。(2021/1/12)

占いサイトのトラブル増加 無料のはずが「宝くじが当たる」などと称し多額の鑑定料を要求
無料なのは最初だけで、鑑定に必要だとして有料のやりとりを求めてきます。(2020/11/30)

「モバゲー」の利用規約は不当との二審判決 「多重課金に返金されない」「身に覚えのない利用停止措置」など苦情
「当社は、一切損害を賠償しません」など、DeNAが責任を負わない旨の規定となっており、消費者契約法に抵触するとの判決。(2020/11/6)

ダイソンなど装う偽サイト、注文しても商品届かず 消費者庁が注意喚起
代金を払っても商品が届かないという相談が寄せられています。(2020/10/22)

【料理で事故った体験談】初めてスライサーを使ったら“玉ねぎの状態異常”のせいで一晩たっても血が止まらない件
玉ねぎに目をやられてしまってな。(2020/11/12)

「持続化給付金を不正受給してしまった」相談相次ぐ 逮捕者は30人に
梶山経済産業相が、全国の国民生活センターに「持続化給付金の不正受給をしてしまったが返金したい」などとする相談が相次いでいると明らかにした。(2020/10/7)

改正法と新型コロナが“中古スマホ市場”に与えた影響は? RMJ粟津代表に聞く
2019年10月の電気通信事業法改正で端末割引が制限されたことで、脚光を浴びているのが中古端末だ。一方で3月以降はコロナ禍に見舞われるなど、中古端末を巡る環境も大きく変わりつつある。業界団体のリユースモバイル・ジャパン(RMJ)、代表理事の粟津浜一氏に、中古市場の現状を聞いた。(2020/8/11)

「サラリーマンでも持続化給付金が受け取れる」 不正受給を持ち掛ける悪徳商法に注意、国民生活センターが呼びかけ
誘いに乗った消費者も詐欺罪に。(2020/7/11)

エコバッグ洗ってる? 花王がタイプ別お手入れ術を公開 「汚れてない」→拭くだけ、「洗濯機OK」→ネットに入れて
レジ袋有料化で使い始めました。(2020/7/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
窓口対応で土下座まで……「カスハラ」対策、“理不尽なおもてなし”から解放されるか
6月から職場でのパワハラ対策が大企業に義務付けられた。公務員ではパワハラ対策と合わせて、「カスタマーハラスメント」対策も進められる。“おもてなし”という言葉でごまかさずに、感情労働にはお金とケアが必要だという認識が広まってほしい。(2020/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。