ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国民生活センター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国民生活センター」に関する情報が集まったページです。

物を手放さない祖母の家、母娘で泣きながら片付けて…… 物も心も整理する姿が450万再生「大切な事に気付かせてくれた」「涙が溢れました」
見ると生前整理をする気持ちが湧いてくる動画です。(2024/2/13)

スマホ複数台持ちの筆者が「一部のスマホにロックを掛けない」理由
筆者は手持ちのスマートフォンのうち、何台かは画面のロックをかけない状態で利用している。SNSをはじめとしたオンラインコミュニティーにその現状を第三者が発信できるようにしているため。「デジタル遺品、遺産」をどう残すかを考えておきたい。(2024/2/12)

FX詐欺に巻き込まれるシニア増加 SNS投資グループに注意
国民生活センターは、シニア層からのFX取引に関する相談が寄せられいると注意を呼び掛けている。(2024/1/29)

国民生活センターが“暗号資産のもうけ話”に注意喚起 「20代は特に注意して」
国民生活センターは1月23日、暗号資産に関するもうけ話について、注意を呼び掛けた。20代の人たちから「SNSで知り合った人に勧められて暗号資産の投資をしたが出金できない」などの相談が寄せられたという。(2024/1/23)

国民生活センター、震災に便乗した消費者トラブルの相談窓口を設置
国民生活センターは15日、被災地域を対象とした相談窓口「能登半島地震関連消費者ホットライン」の運用を始めた。(2024/1/15)

日本赤十字社、能登半島地震の義援金受付開始 ニセサイト・ニセメールに注意喚起も
日本赤十字社が令和6年能登半島地震に際する義援金の受付を開始した。一方、同法人をかたる偽サイトや、偽メールが出回る可能性もあるとして、注意を呼び掛けている。(2024/1/5)

震災に関連する義援金詐欺に注意 消費者庁などが呼びかけ
「公的機関が、各家庭に電話等で義援金を求めることは考えられません」と注意喚起。(2024/1/5)

近大のチョウザメ研究で「メスだけを生む“超メス”」選抜に成功 養殖キャビアの生産効率向上に期待
ロシアチョウザメは外見では雌雄を見分けられないため、生殖腺が発達するまでの数年間はオスも飼育する必要があるという課題の解決に期待。(2023/12/15)

東北新幹線にディズニー特別車両「Magical Dream Shinkansen」 車体にミッキーやミニー
東京ディズニーリゾートで開催中のアニバーサリーイベントのグランドフィナーレを記念し、期間限定で運行。(2023/12/14)

「リラックマ」のもちもちソファ登場 包まれるように座りたいし抱きしめたいフォルム
「キイロイトリ」のオットマンも同時発売。かわいい!(2023/12/14)

リサ・ラーソンの福袋「ふくよびぶくろ2024」発売 エコバッグなどアイテム7点とランダムのおまけ入り
「マイキーセット」「ハリネズミセット」の2種。(2023/12/14)

お菓子缶好きにはたまらない! 「ガウディとサグラダ・ファミリア展」の愛知会場グッズが「許しがたい可愛さ」「絶対買わなきゃ」と話題
展示は名古屋市美術館で12月19日から開催。(2023/12/14)

ぷっくり立体的なうさぎと竜が「可愛すぎて食べられない」 紀文の「干支かまぼこ」に注目集まる
盛り付けや料理も参考になりそう。(2023/12/14)

「ほくろが取れる」とうたう海外製クリームで皮膚障害の恐れ 国民生活センターが使用中止呼びかけ
ほくろなどが取れるとうたう海外製クリーム「点痣膏」について注意喚起しています。(2023/12/13)

ペアーズ運営元、都のマッチングサービスを歓迎 「業界にとって追い風」
マッチングアプリ「ペアーズ」を運営するエウレカは12月7日、事業戦略発表会を開催。そこにて、東京都が提供するマッチングアプリについて「業界にとって追い風」とコメントした。(2023/12/8)

賃貸退去時のトラブル 3位「経年劣化の傷」、2位「元々あった傷」、1位は?
賃貸物件退去時のトラブル経験者304人はどんなトラブルを経験し、どのように対処したのか。AlbaLinkが調査結果を発表した。(2023/12/5)

「だまされてもいい……」出会いはSNS 拡大するロマンス詐欺の被害者心理
SNSなどを通じ、暗号資産や外国為替証拠金取引(FX)への投資に勧誘されるトラブルが増えている。ただその入り口の多くが、ある古典的な手法から始まることが分かっている。そこに潜む悪意をどう見抜けばいいのか。(2023/11/16)

PayPay、不正送金を防ぐための警告メッセージを掲示 「詐欺にご注意ください」
PayPayは11月14日、送金詐欺被害を防止するための警告メッセージを掲示すると発表した。同日、PayPayアプリに導入した。警告により、不正な送金詐欺をユーザーに認識してもらい、不正送金被害を未然に防ぐ狙い。(2023/11/14)

赤羽署の架空請求対策がアタマいい? コンビニに「未納料金支払いの方はお持ちください」カード設置 実施の経緯を聞いた
警視庁赤羽警察署が実施している架空請求詐欺対策がユニークな一手として話題に。同署に実施の経緯を聞いた。(2023/11/8)

お金稼ぎたいから「副業 簡単 稼げる」で検索して登録→想定外の費用を請求 特に20代に注意喚起
うのみにしてはいけない。(2023/10/30)

「#副業 #簡単 #稼げる」うのみにしないで 国民生活センター「20代は特に注意」
「簡単に稼げる副業」などとうたい、情報商材などを売りつける手口の相談が、特に20代から増えているとして、国民生活センターが注意を呼び掛けている。(2023/10/30)

屋根工事の点検商法に注意 典型的な勧誘トークを知っておいて
「近所で行う工事の挨拶に来た」と訪問されたがそもそも近所で工事はしていなかった。(2023/10/12)

国外でも支払い遅延:
宿泊施設への支払い遅延、原因は「システムメンテ」と主張 「Booking.com」運営元が謝罪
「Booking.com」経由での宿泊代金が、加盟する宿泊施設に支払われていない件について、運営元は、遅延の原因が決済システムのメンテナンスだったと発表した。宿泊施設への支払い遅延は、国内外で問題となっている。(2023/10/11)

アマゾンから「代引き」送り付け増加 頼んでいないのに……目的は?
通販大手のアマゾンから身に覚えのない商品が代引きで届く。どう考えても怪しいが、同居家族が注文したと思って支払ってしまうケースがあるという。(2023/10/1)

「払い戻しは○○ペイで行います」に要注意 ネットショッピングに新手の詐欺
国民生活センターは、ネットショッピングで決済アプリを使った新手の詐欺について注意喚起する声明を発表した。返金手続きを行う際、販売業者から「払い戻しは○○ペイで行います」と誘導され、返金ではなく送金をさせるという。(2023/9/27)

「棺の中に顔を入れないで!」消費者庁が注意喚起 葬式でドライアイスによる二酸化炭素中毒、死亡例も
棺に接する際に注意。(2023/9/22)

Webサイトに「水漏れ・つまり修理220円〜」実際は高額な請求 消費者庁が修理事業者に注意喚起
「水の関東 24」というWebサイトを運営するRS設備に注意喚起しています。(2023/8/25)

「ポケモンスリープ」の睡眠計測中は充電しなくても問題ない? 実際に試した結果
「ポケモンスリープ」で睡眠計測をしているときは、スマホを充電することが推奨されている。ただ、充電をしたまま放置することは、デメリットも大きい。充電せずに計測したら、どれだけバッテリーを消費するのかを確認した。(2023/8/21)

還付金詐欺「ネットバンクならおトク」 ATMだけじゃない手口に注意
役所などをかたって「税金や保険料等が還付される」などと説明し、お金をだまし取る還付金詐欺で、ATMに誘導する手口だけでなく、インターネットバンキングを悪用する手口も出ている。(2023/7/27)

消費者庁の「不当処分」疑惑 優良企業はなぜ「1年間の一部業務停止」をくらったのか
昨今、順法意識の低い企業を取り締まるはずの消費者庁による、ずさんな処分が物議を醸している。消費者保護の現場で今何が起きているのか、消費者庁による「不当処分」被害に遭ってしまった企業の実録をレポートする。(2023/7/26)

海水浴シーズン「フロートで遊ぶ子どもが沖に流される事故」に注意 帰還不能になる場合も
浮き輪やフロートは思っている以上の速さで流されてしまいます。(2023/7/19)

自動音声の詐欺電話、国民生活センターが注意喚起 NTTファイナンスなどかたる
国民生活センターは14日、自動音声の電話がかかってきて身に覚えのない未納料金を請求される詐欺の相談が多く寄せられているとして注意喚起した。(2023/7/18)

息子「パパの誕生日教えて」→「プレゼントくれるのかな」と思ったら…… したたかすぎる“まさかの目的”が話題
暗証番号に誕生日、ダメ、絶対。(2023/7/10)

刈払機での作業中に起こる事故を国民生活センターが注意喚起 回転刃が杭や石に当たって起きる「キックバック」に注意
事故の再現動画にヒヤリ。(2023/7/9)

「簡単に稼げる」遠隔操作アプリ悪用、借金させる「副業」に注意 20代がターゲットか
遠隔操作アプリを悪用して借金をさせるトラブルに注意喚起。情報商材購入後に高額なサポート契約を勧誘され、お金がないと断った被害者に、遠隔操作アプリを使って貸金業者のサイトから借金させるという。(2023/6/8)

詐欺や悪徳商法に「騙されない為の教科書」、DMMグループの「ハッシャダイソーシャル」制作 高校に10万部無料配布
ゆくゆくは日本の全ての高校3年生(約100万人)への配布が目標。(2023/6/8)

法制度・規制:
問題視されるLPガス業界の商習慣、是正に向けた制度改正の内容が具体化
集合住宅における機器の「無償貸与」や、建売住宅における「無償配管」などの商習慣が問題視されているLPガス業界。資源エネルギー庁ではこれらの問題の解決に向けて、制度改正の具体的な内容の検討を開始した。(2023/5/18)

「水で膨らむボール」「磁石セット」販売禁止に 子どもの誤飲事故が多発
経済産業省は16日、子ども向け玩具に新たな規制を導入すると発表した。水を吸収することで大きく膨らむ玩具や、強力な磁石を複数個用いたマグネットセットは販売できなくなる。(2023/5/16)

「電気代が安くなる」高齢の母にかかってきた怪しい勧誘電話 撃退した体験談漫画に反響集まる
(2023/5/2)

偽物買わせるネット通販、「代引き」悪用急増 “返金不可”狙う
ネット通販で偽物を購入したトラブルに関する相談のうち半数以上を、代金引き利用によるものが占めていると、国民生活センターが注意喚起。(2023/4/28)

NEWS Weekly Top10:
“AI失業”先進国? 「原画マン3割解雇」中国の報道を考える
中国の若者の現状をリポートする「youth36kr」に掲載された記事によると、ゲームの美術デザインを請け負う中国の企業で、AIペインティングツールの導入により、原画マンの3割が解雇された(残った人は給料が上がった)という。(2023/4/24)

その「¥」表示、本当に日本円? ネット通販で価格が20倍になるトラブル 国民生活センターが注意喚起
国民生活センターは、ネット通販サイトにおける「¥」表記について注意喚起する声明を発表した。(2023/4/19)

ネットで買った「電動アシスト自転車」、実は“原付”? 警察庁など注意喚起、事故につながるおそれ
「電動アシスト自転車」として売られていた商品の中にアシスト比率が道路交通法で定める基準を超えるものがあったとして、警察庁や国民生活センターが4月19日に注意喚起した。(2023/4/19)

「ステロイド」検出されたお茶の販売会社が謝罪 飲用している人に医療機関を受診するよう呼びかけ
国民生活センターの調査により、お茶の中に「ステロイド」が含有されていることが判明しました。(2023/4/14)

解決法を24時間調べられる「消費者トラブルFAQサイト」、国民生活センターが開設
国民生活センターは3日、「消費者トラブルFAQサイト」を開設した。消費者トラブルに遭った人にFAQ(よくある質問と答え)の形で情報を提供し、相談窓口を案内する。(2023/4/5)

アイリスオーヤマ、糖質カット炊飯器めぐる報道に見解 「低減率を満たしている」
アイリスオーヤマは16日、国民生活センターが15日に発表した「糖質を低減できるとうたった電気炊飯器の実際」を取り上げた報道に対する見解を発表した。広告などでうたっていた糖質低減率を満たしているという。(2023/3/16)

アイリスオーヤマ「糖質カット炊飯器、大差なし」の報道受け見解発表 「当社製品の低減が低いという事実はない」と否定
「広告などの表示の低減率を満たしている」と訴えています。(2023/3/16)

糖質カット炊飯器、実際は「大差なし」
国民生活センターは15日、ご飯の糖質を低減できるとうたった、いわゆる「糖質カット炊飯器」を実際にテストした結果を発表した。通常の炊飯と比べ、含まれる糖質(デンプン)の総量に「大きな差はみられなかった」という。(2023/3/15)

節電テック:
電熱ウェアは保管に注意 きっちり〇と事故の原因に
今回のトピックは「電熱ウェア」。最近では一人用の暖房器具として様々な場面で活用する人が増えていますが、保管には注意が必要です。(2023/3/6)

「歌手デビューしませんか?」怪しいスカウトに遭遇したVtuberの体験談漫画に反響 作者「夢をエサにした搾取許せない」
(2023/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。