ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ライフネット生命保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

信頼性・安心感がある生命保険会社 3位「第一生命」、2位「県民共済」、1位は?
生命保険の加入率は約75%に上ったことが、マイボイスコム(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。信頼性・安心感があると思う生命保険会社とは。(2024/1/20)

満足度が高い「生命保険」 3位「アフラック」、2位「ソニー生命」、1位は?
oricon ME(東京都港区)が「保険会社」についての満足度調査を実施した。満足度の高い「生命保険」は?(2024/1/16)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ DX eマガジン 2024冬」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/1/5)

ポストサードパーティーCookie時代の新たな選択肢:
リアル店舗向けリテールメディア「AdCoinz」、既存のDOOH(デジタル屋外広告)との違いは?
リアル店舗の価値最大化に向けて小売業支援を行うLMIグループが新たに広告事業に参入。新たなリテールメディアが消費者と広告主、店舗(ロケーションオーナー)にもたらす価値とはどのようなものか。(2023/11/17)

人的資本経営とCHROの役割(3):
これからは「人事計画」ではなく「リソース計画」が重要なワケ
人事の業務やCHROの役割が大きく変わろうとしています。これからの人事には「人事計画」ではなく「リソース計画」が重要なワケとは?(2023/9/7)

人的資本経営とCHROの役割(2):
マネジャーが育たない! 「プロ野球型」日本企業の根深い問題
なぜ日本でマネジメント人材が育たないのか。マネジャー登用システムの「プロ野球型」「プロサッカー型」とは? 日本のマネジメント育成に関する問題点と解決策について解説する。(2023/9/6)

人的資本経営とCHROの役割(1):
「組織にコミットせよ」は古い? 採用でしくじる人事トップが見落としていること
採用が難しい中「いかに人材を確保していくか」は人事トップにとって大きな課題となりつつあります。そんな中、採用で失敗しないためには何を意識すべきなのでしょうか。よくあるしくじりから、具体的な解決策まで解説します。(2023/9/5)

「クレジット」「デビット」「プリペイド」を切り替えられるカードに注目! SMBCグループが新サービス「Olive」を3月から提供
三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行と三井住友カードの3社が新しい金融サービス「Olive」を開始することになった。Visaが開発した技術を活用した「フレキシブルペイ」に対応するVisaカードを発行することで、余計なカードを増やすことなく「クレジット」「デビット」「プリペイド(ポイント払い)」の3種類の決済モードを利用可能だ。(2023/2/3)

信頼性・安心感があると思う生命保険会社 3位「第一生命」、2位「県民共済」、1位は?
マイボイスコムは、「生命保険会社のイメージ」に関する調査を行った。信頼性や安心感があると思う生命保険会社1位は?(2023/1/17)

三井住友カード、ライフネット生命、ライフネットみらいとオンライン保険で協業
三井住友カードは10月13日、ライフネット生命保険およびライフネットみらいと、オンライン保険事業での協業に向けて、業務提携したと発表した。(2022/10/13)

金融ディスラプション:
「あなたは保険に入る必要はありません」のマネフォの保険はどう進化してきたのか?
マネーフォワードがネット専業保険会社のライネット生命と組んで、2021年7月にスタートした「マネーフォワードの生命保険」。診断を受けると「あなたは保険に入る必要はありません」と表示されるユーザーが続出。約8割のユーザーがそう診断されたという。そこから1年と少々経ち、さまざまな機能が追加されてきた。(2022/9/13)

価格.com保険調べ:
生命保険の人気ランキング 2位はオリックス生命「定期保険Bridge」、1位は?
カカクコム・インシュアランスは、保険の人気ランキングを発表した。生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、ペット保険、バイク保険、自転車保険で人気だったのは?(2022/7/14)

火災、ペット保険なども紹介:
生命保険人気ランキング 3位はアクサダイレクト生命、2位はオリックス生命 1位は?
各種保険の人気ランキングを発表した。生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、ペット保険、バイク保険、自転車保険の5種類。TOP3をそれぞれ紹介する。(2022/6/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
“正直に わかりやすく、安くて、便利に。”DXで生命保険の顧客体験をリデザインする――ライフネット生命 森亮介社長
現在、多くの企業が、デジタル化やDXにより、顧客とのタッチポイントに工夫を凝らしている。ライフネット生命では、生命保険業界を取り巻く現状や課題をもとに、「顧客体験の革新」に取り組んでいる。(2022/4/25)

マンション売却潜在層にリーチ 不動産査定でマネフォがツクルバと組む理由
マネーフォワードが家計簿データを活用した異業種提携を加速させている。20年11月に新電力シン・エナジー(神戸市)と「マネーフォワードでんき」を始め、ライフネット生命とも「マネーフォワードの生命保険」を開始した。そして4月11日には、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームを手掛けるツクルバと組んで、「マネーフォワード 住まい」の提供を開始した。(2022/4/11)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ eマガジン 春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2022/4/6)

「J.D. パワー 2022年生命保険契約満足度調査」:
生命保険の満足度調査 ダイレクト型1位は「ライフネット生命」、対面型1位は?
J.D. パワー ジャパンが「J.D. パワー 2022年生命保険契約満足度調査」の結果を発表。営業担当者と「オンライン 」で面談を行って契約した契約者は、2021年から4ポイント増加し、6%となった。満足度についてはダイレクト型1位は「ライフネット生命」が獲得。対面型1位は?(2022/3/9)

約1万人に聞いた:
信頼性・安心感があると思う生命保険会社 「第一生命」や「県民共済」を上回った1位は?
マイボイスコムの「生命保険会社のイメージ」に関する調査で、生命保険の加入率は76.4%だと分かった。信頼性・安心感があると思う生命保険会社を聞いた。(2022/1/21)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで生命保険の顧客体験を再定義――ライフネット生命 森亮介社長
大抵のモノやサービスはスマホで簡単に、しかも安く買えるようになった今だが、生命保険にネットで加入する人はまだ少数派だ。デジタルで生命保険の顧客体験をデザインし直し、新たな未来を切り開こうとしているライフネット生命の新たな挑戦について、ITmediaエグゼクティブのエグゼクティブプロデューサーである浅井英二が話を聞いた。(2022/1/18)

oricon MEが調査:
満足度の高い「自動車保険」ランキング 3位は「AIG損害保険」、2位と1位は?
oricon MEは、2021年オリコン顧客満足度調査「保険会社」ランキングを発表した。「自動車保険」と「火災保険」のランキングは共に「ソニー損害保険」が総合1位となった。(2022/1/6)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「非対面」でビジネス成長させる方法――ライフネット生命13年の歩みに学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「『非対面』でビジネスを成長させる方法」です。(2021/11/1)

金融ディスラプション:
「あなたは保険に入る必要はありません」 マネフォとライフネットが始めた保険診断が面白い
「あなたは保険に入る必要はありません」。保険の診断を受けると、けっこうな数の人にこんなメッセージが出る保険相談サービスがある。マネーフォワードがライフネット生命と組んで始めた「保険の見直し診断」だ。(2021/10/22)

保険会社ならではの制度も:
がん罹患社員に、健康な社員が積み立てた休暇を“プレゼント” ライフネット生命が「一風変わった休暇制度」を作る訳
がんなど重い病気に罹患した社員に、健康な社員たちが積み立てた休暇を“プレゼント”できる独自の社内制度を持つライフネット生命(東京都千代田区)。このほか、一風変わった休暇のメニューとは?(2021/7/29)

【決算】マネフォ、ARR97億円、40%増 次の成長に向けた2つの取り組み
マネーフォワードは7月15日、2021年11月期の上期に当たる20年12月-21年5月期決算を発表した。SaaSビジネスの定常的な収益であるARRは、97億円に到達し前年同期比で40%の伸びを見せた。伸びを牽引したのは、同社が集中投資領域と位置づける法人向けバックオフィスSaaSサービスだ。50%の伸びを見せ、63億4200万円となった。(2021/7/15)

マネフォ、ツクルバと業務提携し不動産領域参入 自宅評価額自動算出
マネーフォワードは7月9日、中古およびリノベーション住宅の流通プラットフォームを営むツクルバ(東京都目黒区)と提携し、不動産領域に参入すると発表した。居住用不動産を評価し、住み替えを提案、支援するサービスを2022年内に共同開発する。(2021/7/9)

「マネジメントは、精神論では機能しない」:
60万部突破「入社1年目の教科書」著者に聞く「部下の成長を促進するマネジメント術」
「部下の成長を促進させるマネジメントとは?」と聞かれたときに、明確な回答ができる人はいるだろうか。累計発行部数60万部を突破した『入社1年目の教科書』著書は「マネジメントは、精神論では機能しない」と主張する。では、部下の成長を加速させるためにはどんなマネジメントが必要なのだろうか?(2021/7/6)

マネフォ「保険の見直し」提供開始 家計データからライフネット生命、SBIいきいき少短を提案
マネーフォワードは7月1日、家計の見直しサービス「マネーフォワード固定費の見直し」において「保険の見直し」機能の提供を開始した。「マネーフォワード ME」のデータをもとに個人の資産や家計状況に合わせた必要保障額を把握できる独自の診断ツールの提供も始める。(2021/7/2)

オンライン専業生保の販売力強化策:
ライフネット生命が手掛ける「ホワイトレーベル」「オンライン保険代理店」 他社との協業に行き着いた理由とは
ライフネット生命が経営方針の重点領域として掲げるのが「顧客体験の革新」と「販売力の強化」だ。オンラインに軸足を置きつつさらなる成長機会拡大に向け先駆者の取り組みから成功のヒントを探る。(2021/6/24)

奥村美里「あの企業の意外なビジネスモデル」:
QBハウスがコロナ禍でも「客を離さない理由」 秘密はビジネスモデルにあり
なぜQBハウスはここまで拡大できたのでしょうか。早いから? 安いから? 確かにそうかもしれません。しかしそれだけでは拡大できないのがビジネスの世界。今回は早い安いに裏打ちされたQBハウスの強みについて紹介します。(2021/5/31)

「非対面」でも成長できる:
ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー全体を最適化して永続的に収益を生み出すプロセスの構築が求められる。具体的には何をすればいいのか。先駆者の取り組みから成功のヒントを探る。(2021/4/21)

マネーフォワードME、利用者1200万突破 課金ユーザーは30万人
マネーフォワードは、個人向けの家計簿・資産管理(PFM)アプリ「マネーフォワードME」の利用者が、2021年4月に1200万人を突破したと発表した。1年前から20%増加した。(2021/4/13)

コロナ後も、来店よりオンライン希望 J.D.パワーが生命保険満足度ランキング
J.D.パワージャパンは、2021年生命保険契約満足度調査の結果を発表した。コロナ禍の中で、生命保険各社はオンライン面談を取り入れ始めている。その結果、コロナウイルス収束後もオンライン面談を希望する顧客は来店型を上回った。(2021/3/11)

立命館アジア太平洋大学・出口学長に聞く:
ジョブ型を志向するとき、大学ではどのような教育が求められるのか
企業がジョブ型を志向し、教育と産業の架け橋を作ろうとするならば、大学教育に求められるものは何か。ライフネット生命保険の創業者で、現在は立命館アジア太平洋大学の学長を務める出口治明氏に聞いた。(2021/2/26)

ライフネット生命、マネフォと業務提携 「マネーフォワードの生命保険」販売
ライフネット生命は2月9日、マネーフォワードと業務提携契約を締結し、今夏をめどに「マネーフォワードの生命保険」を販売すると発表した。(2021/2/9)

動画でのオンライン接客、最も多い商品・サービスは?
ライフネット生命保険は、「オンライン接客に関する調査」を発表。動画でのオンライン接客、最も多い商品・サービスは?(2020/12/3)

欧米と日本の“いいとこ取り”でIT化を加速 ライフネット生命のCIOが取り組む、システム内製化への道
急速なビジネス環境の変化に追いつけるシステムを――。そんなミッションのもと、ライフネット生命のCIOに就任した馬場靖介氏。外資系企業での経験を生かした、欧米と日本の“いいとこ取り”で進めるトランスフォーメーションとはどのようなものなのか。(2019/12/13)

連載「病と仕事」:
「がん離職」を防ぐために100万円支給――「社員の病気=経営課題」に会社はどう向き合ったか
2017年にがんにより死亡した人は37万3334人に上る。働き盛りの年齢でがんを発症する可能性もゼロではない。精神面、経済面、仕事面のケアが求められる従業員の病に対して、職場はどういったサポートができるのだろうか。がんに罹患した社員に対する基金を創設したガデリウスグループの経営統括本部本部長に創設の経緯などを取材した。(2019/11/11)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
社内システム刷新で迅速な機材調達が急務、ライフネット生命保険の解決策とは?
ライフネット生命保険では、新たなサービス提供に伴うシステム構築やリプレースを短期間で実施するに当たり、自社リソースでの対応に限界を感じていた。そこで活用されたのが、あるベンダーが提供する「IT導入支援サービス」だ。(2019/9/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
生産性を革新する、「はみ出しもの」のマネジメント術
「働き方改革」の要諦は、生産性の革新にある。これまでの組織にはいなかった「はみ出し人材」を招き入れて、チームでイノベーションを起こそう。(2018/6/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
考えて10分遅れるなら、考えずに1秒でも速い方がいい
ああしたい、こうしたいと思っていてもそれは脳の中で起こっていることであって、あなたが超能力者でない限り、実際には何も起こらない。全ては行動だ。(2017/9/28)

デジタルネイティブ世代はセルフサービスを好む
「人間よりチャットbot」の時代、サポート担当者は失業するのか?
顧客サービスに人工知能(AI)とチャットbotを導入しても、人間のサポート担当者が不要になるわけではない。人間とチャットbotがそれぞれの役割を果たせば、よりよい顧客サービスを提供できる。(2017/7/20)

情報インフラ24時 眠らないシステム:
今さら聞けない、RPAとAI、botの違い
これからのITIL活用を考えるときに欠かせないRPA(Robotic Process Automation:ロボティクスプロセスオートメーション)について、似た技術であるAIやbotと比較しながら考察します。(2017/7/12)

PR:「思い込みは捨てよ!」――ライフネット生命・出口会長が斬る、日本人が働き方を変えなくてはならない理由
政府が躍起になって推進する「働き方改革」だが、日本企業の取り組みはまだこれからといった状況だ。企業で抜本的な働き方改革を進めるには、どうしたらよいのか。自社でいち早く、在宅勤務や同一労働・同一賃金、定年制廃止などの制度を取り入れてきたライフネット生命保険の出口治明会長に聞いた。(2017/6/12)

PR:謎の役職「会長」はいつも何をしてるの? 留年した東大生が聞いてきた
東京大学2年生・高野りょーすけがライフネット生命保険の出口会長に会ってきました。(2017/3/30)

ライフネット生命の出口治明会長、6月に退任 立ち食いそば屋で語った「高齢者の生きる価値は若い世代の育成」
ご縁で一緒に立ち食いそばを食べに行ったので、代表取締役会長の退任理由や今後について聞きました。(2017/3/17)

ライフネット生命の出口会長が退任へ
ライフネット生命保険の共同創業者、出口治明氏が6月に代表取締役会長を退任する。(2017/3/15)

AI×スマホ×生命保険が実現する未来:
ライフネット生命 岩瀬大輔氏、LINE 田端 信太郎氏が語る「若者が求める顧客接点」
ライフネット生命の新サービス説明会に同社代表取締役社長 岩瀬大輔氏、LINE 上級執行役員 田端 信太郎氏、森・浜田松本法律事務所 増島雅和氏が登壇。スマホを活用したデジタルビジネスの可能性を語った。(2017/2/21)

「デイリーポータルZ」、ノジマ傘下でどうなる? どうする? 編集長・林雄司さんに聞く
ニフティの親会社が富士通からノジマに変わる。ニフティの“看板”とも言える人気サイト「デイリーポータルZ」はどうなるのか。編集長の林雄司さんに改めて聞いた。(2017/2/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マイケル・ジャクソンはなぜ白い靴下を履いたのか?
大人になってファッションとして真っ白な靴下を履く機会はあるか? でも、誰よりもセクシーに履きこなした男は強烈に僕らの印象に残った。(2016/12/1)

au、生命保険と携帯の「セット割」廃止 還付金に変更
au携帯ユーザーが「auの生命ほけん」に申し込むと、携帯電話料金から月額200円割り引く「セット割」を廃止。同額の還付金に切り替える。(2016/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。