ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生命保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

信頼性・安心感がある生命保険会社 3位「第一生命」、2位「県民共済」、1位は?
生命保険の加入率は約75%に上ったことが、マイボイスコム(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。信頼性・安心感があると思う生命保険会社とは。(2024/1/20)

明治安田生命、ブランド名称を「明治安田」に変更、ロゴも刷新 三浦知良選手の起用も発表
明治安田生命保険が、ブランド名称の変更と新ロゴを発表した。その他、企業タレントとして三浦知良選手を起用することや、新たなキャラクターも発表している。(2024/1/16)

満足度が高い「生命保険」 3位「アフラック」、2位「ソニー生命」、1位は?
oricon ME(東京都港区)が「保険会社」についての満足度調査を実施した。満足度の高い「生命保険」は?(2024/1/16)

専門性と適用性の高いコンテンツ制作を可能に:
生成AIを活用して最短1分で動画を自動作成 アルサーガパートナーズが「ARSAGA VIDEO CREATE」を提供開始
最短1分でニーズに適した短尺動画を自動作成するサービス。生命保険業界に特化したサービスも提供開始した。(2023/12/29)

人材・プロセス・意識も変えるアジャイル
第一フロンティア生命保険がクラウド/アジャイル化の課題を乗り越えられた秘訣
インフラを変えるだけでなく、メンバーの意識、価値観から変える……。第一フロンティア生命保険のインフラ刷新プロジェクトはどのように進められたのか。アジャイル開発をどう適用させたのか。成果を得るまでの軌跡を対談で振り返る。(2023/11/16)

生成AI 動き始めた企業たち:
企画書作り「1週間→1日」に 住友生命の生成AI活用法
住友生命保険は7月から職員約1万人を対象に、ChatGPT技術を基に独自開発したチャットシステム「Sumisei AI Chat Assistant」を導入。これまで作成に1週間を要した企画書が、わずか1日で完成するなどの成果に結びついているという。(2023/10/27)

「4大生保に強い大学」ランク 2位「慶應」「同志社」、1位は?
今週は、住友生命保険、第一生命保険、日本生命保険、明治安田生命保険の就職者が多い「4大生保就職者数ランク」を見ていこう。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計した。(2023/10/20)

孫が生まれたら「年7日の育休」取得可能 SOMPOひまわり生命保険の新制度の狙いは?
甥姪や弟妹が生まれた社員も使える。(2023/10/11)

ビジネスパーソンのストレス 3年連続1位だった原因は?
ビジネスパーソンは、仕事上でどんなストレスを抱えているのだろうか。チューリッヒ生命保険は、全国のビジネスパーソン1000人を対象に調査を実施した。(2023/10/5)

教員2000人が選ぶ:
大人になって役立った教科 3位「国語」、2位「社会」、1位は?
ジブラルタ生命保険(東京都千代田区)は、20〜69歳の教員(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)2000人を対象に調査を実施した。(2023/8/25)

中途入社した人に聞いた:
「人事評価が適正な企業」ランキング 2位「プルデンシャル生命保険」、1位は?
転職・就職のための情報プラットフォームを運営するオープンワークは、「人事評価が適正な企業ランキング」を発表した。(2023/6/2)

「ツールを活用しなければSBOMの管理は不可能」:
PR:「ソフトウェアサプライチェーン対応はデジタルビジネスの要件に」――SOMPOホールディングスが取り組む理由
国内損保事業、海外保険事業、国内生保事業、介護、シニア事業を展開するSOMPOホールディングスでは、サイバーセキュリティの取り組みとして「デジタルサプライチェーン管理」と「ソフトウェアサプライチェーン管理」を開始しているという。それぞれの取り組みと、脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」の活用について、SOMPOホールディングスのセキュリティキーマンに話を聞いた。(2023/5/24)

“還暦人”の約8割がキャッシュレス派 PGF生命調査
2023年に還暦(60歳)を迎える“還暦人”の間でもキャッシュレス派が増加傾向にあるようだ。PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険)が実施した調査によると、「買い物は、現金決済よりキャッシュレス決済が多い」と答えた人が78.8%と、約8割に及んだ。(2023/5/10)

ドコモの「d払い」加盟店が拡大 TOHOシネマズや西友などで利用可能に
NTTドコモが、「dポイント」と「d払い」の加盟店拡大情報を公開した。d払いはTOHOシネマズや西友、かんぽ生命保険(ネット決済)などでも利用可能になる。(2023/3/31)

説明の丁寧さが影響?:
生命保険会社の満足度調査 3位「ソニー生命」、2位「明治安田生命」、1位は?
J.D.パワー ジャパンは、直近1年以内に保険金・給付金の申請手続きを行った20歳以上の人を対象に満足度調査を実施。1位は「住友生命」だった。(2023/3/17)

東京海上日動、メール1300件超が漏えいの可能性 富士通の法人向けネットワークで起きた不正通信で
東京海上日動火災保険と東京海上日動あんしん生命保険が、メール1300件以上が外部に漏えいした可能性があると発表した。原因は富士通の法人向けネットワーク「FENICSインターネットサービス」という。(2023/3/10)

信頼性・安心感があると思う生命保険会社 3位「第一生命」、2位「県民共済」、1位は?
マイボイスコムは、「生命保険会社のイメージ」に関する調査を行った。信頼性や安心感があると思う生命保険会社1位は?(2023/1/17)

アフラックとチューリッヒで個人情報漏えい 業務委託先に不正アクセスか
アフラック生命保険とチューリッヒ保険会社は個人情報の一部が漏えいしたと発表した。業務委託する外部事業者が不正アクセスを受けた可能性が高いとしている。(2023/1/12)

大手保険2社で計200万件の情報漏えい、アフラックとチューリッヒ 委託企業に不正アクセス
アフラック生命保険とチューリッヒ保険は、業務委託先で個人情報が合計約200万人分が流出したと発表した。不正アクセスで盗まれたとみられる情報が外部サイトに掲載されているのが見つかったという。(2023/1/10)

「満足度が高い保険会社」 生命・医療・がん・学資保険で4冠を獲得したのは?
 oricon MEは、満足度の高い「保険会社」ランキングを発表。「生命保険」「医療保険」「がん保険」「学資保険」全てのランキングで1位を獲得したのは?(2023/1/10)

中小企業経営者に聞いた:
「いい夫婦」の秘訣 2位「食事を一緒に食べるようにしている」、1位は?
エヌエヌ生命保険は、全国の既婚の男性中企業経営者と妻を対象に、「いい夫婦の日(11月22日)」に関する意識調査を実施した。自身と配偶者ははいい夫婦だと思うか聞いたところ、夫の方が妻よりも自分たち夫婦を「いい夫婦」と思っている割合が多かった。(2022/11/11)

プロジェクト:
栃木県宇都宮市で中層木造のオフィスビルが竣工、銀行業界で初の取り組み
第一生命保険や東邦銀行、清水建設の3社は、栃木県宇都宮市で開発を進めていた中層木造のオフィスビル「TDテラス宇都宮」が2022年9月に竣工したことを公表した。第一生命保険と東邦銀行の調べによれば、中層木造オフィスの開発は、生命保険と銀行の業界で初の取り組みだという。また、今後、木質化が期待される都市型オフィスや商業施設に普及可能な計画として、林野庁補助事業「CLT活用建築物等実証事業」の採択を受けており、建築業界の技術革新と木材産業の活性化にも貢献する取り組みとなっている。(2022/10/28)

三井住友カード、ライフネット生命、ライフネットみらいとオンライン保険で協業
三井住友カードは10月13日、ライフネット生命保険およびライフネットみらいと、オンライン保険事業での協業に向けて、業務提携したと発表した。(2022/10/13)

調査レポート:
「後継者を決めていないが6割超」エヌエヌ生命保険が中小建設業の経営者に独自調査
エヌエヌ生命保険は、建設業を経営する全国の中小企業経営者1100人に、事業承継の実態について調査した。調査結果では、事業承継で会社を受け継いだ回答が半数以上に上った一方で、現時点では今後、経営の継続が難しくなった場合の後継者を決めていないが6割を超える実態が明らかになった。(2022/9/28)

金融ディスラプション:
「あなたは保険に入る必要はありません」のマネフォの保険はどう進化してきたのか?
マネーフォワードがネット専業保険会社のライネット生命と組んで、2021年7月にスタートした「マネーフォワードの生命保険」。診断を受けると「あなたは保険に入る必要はありません」と表示されるユーザーが続出。約8割のユーザーがそう診断されたという。そこから1年と少々経ち、さまざまな機能が追加されてきた。(2022/9/13)

メットライフ生命保険調べ:
老後の備えとして十分だと思う金融資産額は? 1万4900人に聞いた
メットライフ生命保険は、「老後を変える全国47都道府県大調査2022」の結果を発表。老後に対して不安を感じる原因の1位は「お金」だった。(2022/9/5)

ジブラルタ生命保険が調査:
先生が選ぶ「同僚したい芸能人」 3位「武田鉄矢」、2位「天海祐希」、1位は?
ジブラルタ生命保険は、20〜69歳の教員2000人を対象に「教員の意識に関する調査2022」を実施した。「理想の校長先生」のイメージに合う芸能人を聞いたところ、1位は「武田鉄矢さん」(147人)が選ばれた。(2022/8/15)

価格.com保険調べ:
生命保険の人気ランキング 2位はオリックス生命「定期保険Bridge」、1位は?
カカクコム・インシュアランスは、保険の人気ランキングを発表した。生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、ペット保険、バイク保険、自転車保険で人気だったのは?(2022/7/14)

2000人に聞く:
還暦を迎える人の貯蓄額、約4割が「500万円未満」 平均は?
プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険(PGF生命)が、今年還暦を迎える2000人を対象に、還暦に対する意識やライフスタイル、貯蓄額調査を実施した。(2022/6/8)

火災、ペット保険なども紹介:
生命保険人気ランキング 3位はアクサダイレクト生命、2位はオリックス生命 1位は?
各種保険の人気ランキングを発表した。生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、ペット保険、バイク保険、自転車保険の5種類。TOP3をそれぞれ紹介する。(2022/6/4)

不快:
「家族のタバコにいらいら」7割、理由は?
SOMPOひまわり生命保険は、喫煙習慣がある家族と同居する全国の非喫煙者約1000人を対象に、同居家族への感情などを調査をした。その結果……。(2022/5/31)

2022年版「女性が活躍する会社」ランキング 3位「アフラック生命保険」、2位「りそなHD」、1位は?
「日経WOMAN」を発行する日経BPと、日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」が、2022年版「女性が活躍する会社BEST100」を発表した。(2022/5/31)

ベアの期待値も低く:
会社員の6割が「給料に不満」 預貯金以外では「生命保険」「投信」に人気
転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、20〜40代のビジネスパーソンを対象に給料への満足度や、資産形成に関するアンケート調査を行った。勤務先の給料に満足しているか聞いたところ、60.3%が「満足していない」と回答。給料の上昇に期待を抱けないことから、投資信託や株式など、預貯金以外の金融資産を保有する人も6割に上ることが分かった。(2022/5/16)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
“正直に わかりやすく、安くて、便利に。”DXで生命保険の顧客体験をリデザインする――ライフネット生命 森亮介社長
現在、多くの企業が、デジタル化やDXにより、顧客とのタッチポイントに工夫を凝らしている。ライフネット生命では、生命保険業界を取り巻く現状や課題をもとに、「顧客体験の革新」に取り組んでいる。(2022/4/25)

マンション売却潜在層にリーチ 不動産査定でマネフォがツクルバと組む理由
マネーフォワードが家計簿データを活用した異業種提携を加速させている。20年11月に新電力シン・エナジー(神戸市)と「マネーフォワードでんき」を始め、ライフネット生命とも「マネーフォワードの生命保険」を開始した。そして4月11日には、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームを手掛けるツクルバと組んで、「マネーフォワード 住まい」の提供を開始した。(2022/4/11)

ホテル・旅行業界に復活の兆し:
23年卒の就職企業人気ランキング 理系の1位は「ソニーグループ」、文系は?
「マイナビ・日経 2023年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。理系ではNTTデータやSkyなど、情報技術に強みを持つ企業が上位に入った。文系は生保・損保が人気を集めた。(2022/4/7)

「J.D. パワー 2022年生命保険契約満足度調査」:
生命保険の満足度調査 ダイレクト型1位は「ライフネット生命」、対面型1位は?
J.D. パワー ジャパンが「J.D. パワー 2022年生命保険契約満足度調査」の結果を発表。営業担当者と「オンライン 」で面談を行って契約した契約者は、2021年から4ポイント増加し、6%となった。満足度についてはダイレクト型1位は「ライフネット生命」が獲得。対面型1位は?(2022/3/9)

保険業務専用ルールエンジンとAI-OCRで支払業務を自動化:
「生命保険エコシステム」共同利用へ チューリッヒ生命、メディケア生命
アシストとアイリックコーポレーション、Ubicomホールディングスの3社が共同開発した「生命保険給付金支払いプラットフォーム」をメディケア生命が採用した。同プラットフォームを導入する企業はチューリッヒ生命に続いて2社目となる。(2022/2/17)

約1万人に聞いた:
信頼性・安心感があると思う生命保険会社 「第一生命」や「県民共済」を上回った1位は?
マイボイスコムの「生命保険会社のイメージ」に関する調査で、生命保険の加入率は76.4%だと分かった。信頼性・安心感があると思う生命保険会社を聞いた。(2022/1/21)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで生命保険の顧客体験を再定義――ライフネット生命 森亮介社長
大抵のモノやサービスはスマホで簡単に、しかも安く買えるようになった今だが、生命保険にネットで加入する人はまだ少数派だ。デジタルで生命保険の顧客体験をデザインし直し、新たな未来を切り開こうとしているライフネット生命の新たな挑戦について、ITmediaエグゼクティブのエグゼクティブプロデューサーである浅井英二が話を聞いた。(2022/1/18)

いい夫婦の日:
夫婦仲の良さが経営状況に影響? 男性経営者と妻の意識調査で見えた「相関関係」
エヌエヌ生命保険が、男性の中小企業経営者と妻それぞれ515人を対象に「いい夫婦の日(11月22日)」に関する意識調査を実施した。(2021/11/17)

「拠点数が多い会社」ランキング 3位「一冨士フードサービス」、2位「日本生命」、1位は?
日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWorkが拠点数が多い会社ランキングを発表。その結果、1位が「ヤマトホールディングス」(6515拠点)、2位が「日本生命保険」(1657拠点)、3位が「一冨士フードサービス」(1524拠点)となった。(2021/11/9)

Alexaの音声で保険料見積もり SBI生命が業界初
 SBI生命保険(東京都港区)は10月17日から、スマートスピーカーAmazon Echoシリーズに搭載されるAIアシスタントのAlexa(アレクサ)を活用した、音声による保険料見積もりサービスを開始すると発表した。(2021/10/6)

保険の査定業務を「最短3分」で完了 エヌエヌ生命が推進するインシュアテックの中身
DataRobotは、エヌエヌ生命保険に対して、AIを活用した、人手を介さない査定業務の導入支援を開始した。従来、人の手によって実施していた査定業務にAIを導入し、大幅な業務効率化と手続きの迅速化を図る。(2021/8/23)

1万人に調査:
生命保険に加入している人は8割 申し込み方法トップは「営業職員や保険外交員を通じて」
マイボイスコムは、「生命保険の加入実態」に関する調査を行った。生命保険に加入しているか、どこの保険会社に多く保険料を支払っているか、申し込み方法は何か、情報の入手経路などを聞いた。(2021/8/21)

PR:【新作映画鑑賞券当たる】『竜とそばかすの姫』と明治安田生命のコラボCMが細田守監督の作家性と絶妙にシンクロした理由
スタジオ地図が制作を手掛けたCM「亜希のちかい『竜とそばかすの姫』」篇。定番モチーフの「入道雲」など細田守監督の作家性が表れているコラボ演出に注目です。(提供:明治安田生命保険相互会社)(2021/6/11)

アクサ生命、本社オフィスの座席数を半分に リモートワークで出社減
アクサ生命保険が、本社オフィス(東京都港区)の座席数を半分に削減。空いたスペースには、グループ企業のオフィス機能を集約する。リモートワークの実施により、アクサグループ全体で社員の出社が減ったことを受けた施策という。(2021/4/23)

住友生命保険が「ポケモンGO」のスポンサーに 歩くとアイテムがもらえる契約者向けサービスも
住友生命保険がポケモンGOを運営する米Nianticとのパートナーシップ契約を発表。23日以降、住友生命の窓口やオフィスなどが「ポケストップ」「ジム」としてゲーム内に登場する。(2021/3/22)

コロナ後も、来店よりオンライン希望 J.D.パワーが生命保険満足度ランキング
J.D.パワージャパンは、2021年生命保険契約満足度調査の結果を発表した。コロナ禍の中で、生命保険各社はオンライン面談を取り入れ始めている。その結果、コロナウイルス収束後もオンライン面談を希望する顧客は来店型を上回った。(2021/3/11)

立命館アジア太平洋大学・出口学長に聞く:
ジョブ型を志向するとき、大学ではどのような教育が求められるのか
企業がジョブ型を志向し、教育と産業の架け橋を作ろうとするならば、大学教育に求められるものは何か。ライフネット生命保険の創業者で、現在は立命館アジア太平洋大学の学長を務める出口治明氏に聞いた。(2021/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。