ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロジカルシンキング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

論理思考

関連キーワード

コスト 数千万円→数百万円、開発期間 1年間→4カ月:
PR:大手調味料メーカー「ダイショー」はなぜ、倉庫管理システムを内製できたのか
開発エンジニアではない業務内容を熟知する現場スタッフが開発するから、本当に必要なシステムが作れる――ローコード開発ツールとiPhoneでさまざまシステムを内製する非エンジニアたちの挑戦。(2024/6/26)

新人時代に不足していたスキル 「論理思考」「ビジネスマナー」を抑えた1位は?
新入社員の時に「ビジネススキル・知識の習得で苦労した経験がある」とした人は5割に上った──。具体的にどのようなビジネススキル・知識が不足していたと思うのか、グロービズが調査を実施した。(2024/6/21)

退職者が選ぶ:
「すぐに辞めたけど良い会社」ランキング トップ20社の傾向は?
新入社員の退職代行サービスの利用増が話題となっている。超短期での退職が増えることは問題だが、自身にあった会社を「選ぶ」ことは大切なこと。3年未満に退職した人に、その会社を評価してもらったところ……。(2024/6/13)

業界・職種未経験者の採用で重視するポイント 2位は「成長意欲」、1位は?
就活情報サイトを運営する学情(東京都中央区)は、企業・団体の人事担当者を対象として、「業界・職種未経験者の採用」に関する調査を実施した。他業界・他職種出身者の採用において、企業が重視するポイントとは。(2024/6/12)

海外が大半:
なぜカシオの「関数電卓」は2200万台も売れているのか 電卓から見えてきた、海外と日本との“違い”
カシオ計算機の関数電卓が売れている。年間2200万台ほど売れているというが、その大半は海外の国が占めている。なぜ日本ではなく、海外で人気を集めているのか。(2024/5/27)

Metaはなぜ、AIを無料公開するのか? ザッカーバーグ氏がインタビューで回答
なぜ、MetaはAIを無料公開するのか? CEOのMark Zukerberg氏がインタビューで回答していたので、内容をまとめてみました。(2024/5/27)

マネジメント力を科学する:
第26回:個人がやりがいを持ち成長し、組織が理想的に回る「3つの望ましい状態」とは
上司と部下、お互いが「Will・Can・Must」についてしっかり話し合う、共有し合うことで、共に未来に進む推進力が増す。(2024/5/20)

デザインの作り込みは無駄!? 売れる提案書を作る「CLEAR」の法則に迫る
営業パーソンにとって「提案資料」は商談時の意思決定を後押しする重要な存在だ。実は、売れる提案資料には共通した法則がある。本記事では、売れる提案資料に必要な要素と、実際の作成時に重視すべき5つのポイントを紹介する。(2024/4/25)

小寺信良のIT大作戦:
「AIがあればプログラミングは勉強しなくていい」は本当か? 現実的な反論を試みる
今教育界で話題になっているのが、「AIがあればプログラミングは勉強しなくていいのでは?」という子供達の疑問について、いかに納得する反論ができるか、という事である。この質問をAIに投げてみると、(2024/3/14)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティングの「学習範囲と8つのスキル」 プロは「理論」から学ぶ
一言で「マーケティング」といっても、その領域は広く深いため、どこから学べばいいか迷子になっている人も多いです。今回はマーケティングの全体像を示すとともに、学習すべき範囲や求められるスキルについて解説します。(2024/2/21)

プロンプトエンジニアリングツール7選【前編】
生成AIの回答を「指示の出し方」で洗練させるプロンプトエンジニアリングとは
LLM(大規模言語モデル)を活用しようとするエンドユーザーにとって、望ましい出力を生成させるために鍵となるのが「プロンプトエンジニアリング」だ。どのようなものなのか。実施するためのツールとは。(2024/2/12)

AIは論文発表を変える? 民間企業が“学会で発表する意義” サイバーエージェントなどが議論
企業において、研究開発組織はどのような役割を果たすべきなのか。AIは、研究開発をどう変えていくのか。サイバーエージェントとCygames、パナソニックホールディングスの3社で研究組織を率いる3人が議論を交わした。(2024/2/5)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(8):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[前編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[前編]ではデザイン思考の概要を解説するとともに、実際の経験を踏まえた筆者自身の見解を述べる。(2024/1/11)

野村総研が「ICT産業における生成AIのインパクト」を分析 AIが人材と業務をマッチングする将来とは?
生成AIをビジネスにどう生かすか、試行錯誤が続いた2023年。2030年に向けて生成AIはビジネスや企業経営にどのようなインパクトをもたらすのか。野村総合研究所がICT産業が取り組むべきだとしている課題と解決策の中から4点紹介する。(2023/12/20)

東大松尾研究室がインフラエンジニア募集 物理サーバ・クラウド双方の経験がある人材募る
東京大学松尾研究室が、新たにインフラエンジニアの募集を始めた。(2023/12/5)

徳丸 浩氏に聞いてみた 「なぜサイバーセキュリティ人材は足りないの?」
サイバーセキュリティ人材はなぜ不足しているのか。企業は素養がある人材をどのように見極めて、獲得に向けて何をすればいいのか。徳丸 浩氏がこの難問に答えた。(2023/11/15)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
未来を考える“SF思考” 初心者こそやってほしいワケ 「意思決定者を度外視」がポイントに?
20年先、50年先、100年先――本気で「未来」を考える企業が増えています。注目が集まるのが、「SF」の力を借りてビジネスの将来像を考える手法「SFプロトタイピング」です。その取り組み方を取材しました。(2023/10/3)

師匠の胸を借りて、鍛えるんじゃ:
お悩みその14 事なかれ上司が動かない(32歳 男性 SE)
気概の骨密度を上げる「力」をお主に授けるぞい!(2023/9/4)

データサイエンティスト目指すVTuber「七夜聖りあら」デビュー ITパスポート対策動画など公開へ
データアナリストを目指すVTuber「七夜聖(なよせ)りあら」がデビュー。統計スキルやITリテラシーを高める教育動画などを投稿していく。(2023/8/18)

スピン経済の歩き方:
ビッグモーターの“叱責LINE”に驚愕 なぜ社長の息子は「恐怖政治」にハマったのか
ビッグモーター騒動が収まらない。兼重宏一前副社長の「恐怖政治」に注目が集まっているが、なぜ“叱責LINE”などを行っていたのか。(2023/8/1)

やりがいは心の中にあるとお思いかの?:
お悩みその9 仕事にやりがいを感じたい(29歳 男性 組み込みエンジニア)
自分のやりがいを完全に理解しているとうぬぼれるんじゃないぞい。(2023/6/12)

東京学芸大学付属小金井小学校に見る「プログラミング教育」の可能性と課題【後編】
プログラミング教育で「児童の邪魔をしてはいけない」のはなぜ? 学芸大付属小金井小が語る
小学校でプログラミング教育が必須化したのは、何のためなのか。理想的なプログラミング教育の在り方とは。先駆的なプログラミング教育を実践する、東京学芸大学付属小金井小学校の教員に話を聞いた。(2023/9/29)

デジタル変革のメソッド どこから挑む? どこから変える?:
ブッキング・ドットコムも実践した生き残り戦略、DX人材に求められる7つのリテラシーとは?
「DXを成功させるために何から着手すべきか?」――という悩みに目的の設定や人材育成、データ活用などのさまざまな観点から答える本連載。第3回となる本稿は、ブッキング・ドットコムも実践したビジネスを高速に成長させる方法と、DX人材に求められる7つのリテラシーについて解説する。(2023/5/19)

ゼロから学ぶ! 製造業のスキルマネジメント(1):
激変する製造業、今こそ「スキルマネジメント」で組織力向上を!
昨今、製造業を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。この中で、力量管理で扱う人材情報に注目し、戦略的な人材育成/配置や組織力強化への活用を目指す企業が増えてきました。こうした組織的なデータ活用による発展的な力量管理を、本連載では「スキルマネジメント」と呼び、その考え方や取り組み方を解説していきます。(2023/5/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(100):
「仕事が『つまんない』ままでいいの?」の竹内さんに聞く、「これからの働き方」
連載100回を続ける中で変わってきた心境、人脈とは何か、複業との向き合い方、人生100年時代のキャリア戦略、などをふんわりと語ってもらいました。(2023/4/12)

東京学芸大学付属小金井小学校に見る「プログラミング教育」の可能性と課題【前編】
プログラミング教材を小学生はどう使っているのか? 学芸大付属小金井小に聞く
2020年に、小学校におけるプログラミング教育が必須化した。小学校はどのようなプログラミング教材を活用し、どのように授業に生かせばよいのか。東京学芸大学付属小金井小学校の事例から探る。(2023/3/31)

PR:【エンジニアは全員犯罪者】プログラミングスキルで凶悪犯罪を阻止するゲーム「異能な僕らと異常な世界」先行プレイレポ
paizaのゲームなので、中身はガチのプログラミング。(2023/4/10)

何をすべきなのか:
企業がリスキリングを成功に導く、4つのポイント
リスキリングへの注目度が高まっている。企業や個人がリスキリングに取り組むにあたって、何をしたらいいのか。ポイントを絞って解説する。(2023/3/17)

内定者にも好評:
似たような話ばかり? 定番の「ガクチカ」廃止、日立が採用を見直した理由
日立製作所は、2024年度採用計画で「ガクチカ」に関する質問を廃止する。「プレゼン選考」を新たに導入。理由は?(2023/3/10)

ChatGPT入門:
思考の連鎖(Chain of Thought)でChatGPTからよりよい応答を引き出そう
ChatGPTやInstructGPTが間違った答えを出すときには、解決の手順となる「思考の連鎖」と呼ばれる情報をプロンプトに含めることで、よりよい解答を得られることがあります。これを実際に試してみましょう。(2023/3/10)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かるデータ分析
データ分析をビジネスで活用したい人に向け、データ分析の概要と目的、データサイエンスとの違い、メリット、作業フロー、データ分析でできること、データ分析で役立つツールと思考法を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介。最後に、次の一歩を踏み出すための参考情報もまとめる。(2023/3/6)

SaaSベンダー人事に聞く「営業人材に求める素質」 「分析能力」など上位に 最も多かった回答は
SaaS企業の人事は、営業人材にどんな能力を求めているのか──エムエム総研が調査結果を発表。最も多かった回答は?(2023/3/1)

生きづらさの正体:
コミュ力、センス、アート思考……ビジネスパーソンを追い詰める「能力主義」の罠とは
書店を見渡すと「〇〇力」とタイトルに付く本の多さに驚かされる。社会人が学ぶべき「コミュニケーション力」「人間力」「リーダーシップ力」――。“能力本”であふれるほどの状況の中、異彩を放つ本が昨年末、全国の書店に並んだ。タイトルは『「能力」の生きづらさをほぐす』(どく社)。仕事ができないのは能力が低いから。センスがないのは自己研鑽が足りないから――。著者で組織開発コンサルタントの勅使川原真衣(てしがわら・まい)さんは、そんな個人の能力に責任を負わせる「能力主義」の広がりに疑問を投げかける。(2023/2/18)

ChatGPT入門:
新しいBingに組み込まれたChatGPTよりも強力な言語モデルに触ってみよう
ChatGPTはブラウザや検索エンジンの世界にも大きな影響を与え、その技術を組み込んだ検索エンジンが登場しました。今回はこれに触ってみましょう。(2023/2/17)

「楽しい」がITの入り口になってほしい:
「うぇっ!」……共通テスト「情報I」を見て、子どもたちが心配になったワケ
2025年の大学入学共通テストから「情報I」が追加されます。大学入試センターはこれに先駆け試作問題を公開しているのですが、問題の内容を見て「うぇっ」と思いました。受験する子どもたちのことが、ちょっと心配になったのです。(2023/1/28)

エンジニアからのお悩み大募集!:
お悩みデバッグ連載、始まりますわよ〜
エンジニアの皆さまのお悩みに、私たち「おbot」が、ラグジュアリーに、エスタブリッシュメントに、おキュートにお答えしますわよ。(2023/1/30)

脱「丸投げDX」のための「デザイン思考」の使い方:
”論理的な正しさ”は響かない? DXを自分事として推進するための処方箋
DXに多くの企業が取り組む一方で、「自分事」ではなく「言われるがまま」にプロジェクトを推進している企業も多いようだ。その結果、本当の変革が起きない状況が生まれているという。このような状況を打破するために有効な「ある手法」とは。(2023/1/24)

共通テスト目前! 25年度導入「情報I」の傾向と対策は? 試作問題を解いてみた
2025年度の大学入学共通テストから「情報I」が導入される。いったいどのような問題が出るのか。すでに公開されている試作問題を実際に解きながら確認していく。(2023/1/13)

プロ棋士が試験官の「将棋選考」、不動産投資サイト運営会社が導入 対局結果で採用までのフローに変化
不動産投資サイト「楽待」を運営するファーストロジックは、プロ棋士が試験官を務める「将棋選考」を導入すると発表した。プロ棋士と対局することで、その結果によっては選考フローを一部ショートカットできるという。(2023/1/11)

「不真面目」DXのすすめ:
まだ「ロジカルシンキング」を信奉しているの?
「ロジカルシンキング」は日本のビジネスパーソンの多くに信頼を置かれている思考法です。しかし、筆者は「DXにとってロジカルシンキングは邪魔」と言います。もともとロジカルシンキングで考える癖があったという筆者が、こう主張する理由とは何でしょうか。(2022/12/23)

14歳が「データベーススペシャリスト試験」合格、最年少記録を更新 難易度は最高レベル
国家試験「データベーススペシャリスト試験」に14歳の中学生が合格し、最年少記録を更新。「中学生が合格するには難しい試験」(IPA)という。(2022/12/22)

トヨタ式TQM×IoTによる品質保証強化(3):
トヨタ式TQMの体系と管理上のポイント(その2)
高い品質を特徴としてきたはずの国内製造業だが、近年は品質不正や重大インシデントなどの発生が後を絶たない。本連載は、品質管理の枠組みであるトヨタ式TQMと、製造現場での活用が期待されるIoT技術を組み合わせた、DX時代の品質保証強化を狙いとしている。第3回は、前回に続きトヨタ式TQMの体系と管理上のポイントについて紹介する。(2022/10/11)

自治体DX最前線:
自治体の8割が「DX未着手」 農業DXに全力投球の姫路市、頭角を現すか
8割の自治体が「DXに未着手」という中で、姫路市は意外な分野でDXに取り組んでいる。それは「農業」だ。しかもドローンやロボットトラクターを導入するだけでなく、農業分野のデジタル人材育成にも力を入れているという。(2022/10/5)

身に付けてほしいスキルは?:
企業の9割がリスキリングの必要性を感じる一方、実際に取り組んでいるのは3割未満
総務担当者向けの月刊誌『月刊総務』の調査で、読者の約9割がリスキリングの必要性を感じているが、実際に取り組んでいる企業は3割未満だったと、発行元の月刊総務(千代田区)が発表した。(2022/9/6)

就活は不安:
「論理的思考を生かしたい」 入社後、理系学生が考えていること
理系の学生で、就職活動に不安を感じている人はどのくらいいるのだろうか。2024年卒業予定の理系学生に聞いた。(2022/8/29)

採用担当300人に聞く:
ITエンジニアの中途採用 不合格理由の2位は「技術力不足」、1位は?
レバテックは、企業の中途採用担当者300人を対象に、ITエンジニアの選考についての調査を実施した。その結果、エンジニアの中途採用では技術力と同等にコミュニケーション能力を重んじる傾向にあることが分かった。(2022/8/26)

医療技術ニュース:
論理的な思考に関係する神経メカニズムを解明
東北大学、東京大学、公立はこだて未来大学は、サルを用いた研究で、論理的な思考過程に関係する神経活動を発見し、その理論モデルを構築することで脳内の論理的思考に関わる神経メカニズムを解明した。(2022/8/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(91):
「難しいロジックが、ふと解ける」感じをイノベーションに生かそうよ
クリエイティブ、イノベーション、トランスフォーメーション――最近よく耳にするこれらの言葉。でも、どうすれば創造性が生まれ、変革できるのでしょうか?(2022/7/13)

リトルソフト調べ:
使ったことがあるExcel関数 3位「COUNT関数」、2位「AVERAGE関数」、1位は?
リトルソフト(東京都豊島区)は、「社会人のITスキル・利用ツール」に関する調査を実施した。Excelの関数で実際に使用したことがあるものを尋ねたところ、「SUM関数」(71.5%)が最多となった。以下、「AVERAGE関数」(52.2%)、「COUNT関数」(50.9%)と続く。(2022/7/12)

「Microsoft Education ICT教育フォーラム」レポート(第2回):
データで分かった生徒と教職員にとっての“最適な学び”とは? 東京都教育委員会の取り組み
日本マイクロソフトがICT教育に関するオンライン講演会を開催した。この記事では東京都教育委員会の取り組みに関するセッションの模様を紹介する。(2022/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。