ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「M&A」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Mergers and Acquisitions

関連キーワード

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(13):
スタートアップによる新株予約権の発行量はどう定めるべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第12回はスタートアップが行うM&Aの留意点について総論的に解説を行う。(2022/8/15)

製造マネジメントニュース:
ミネベアミツミが8本槍戦略の推進に向けM&Aを加速、本多通信やホンダロックなど
ミネベアミツミは2022年8月5日、オンラインで会見を開き、2022年度(2023年3月期)第1四半期(4〜6月期)の決算と併せて、本多通信工業や住鉱テック、ホンダロックなど直近のM&Aの狙いについて説明した。(2022/8/8)

急成長する「ハイパースケールデータセンター」【後編】
大手もデータセンター需要に降参? M&Aや投資に起きた“ある変化”とは
大規模な電力容量と広大なスペースを提供する「ハイパースケールデータセンター」に興味深い変化がある。加熱する需要が引き起こしたM&Aや投資の動向とは。(2022/7/27)

産業動向:
建設業界のM&A、2022年は過去最高の取引金額に
ストライクは、建設業界のM&Aにおける2022年の取引金額が、半年程度で早くも過去10年の最高額を更新したと発表した。不成立となったインフロニアによる東洋建設へのTOBを除いても、依然過去10年で最高額となっている。(2022/7/25)

デジタルマーケティングにとどまらない「CDP」の可能性【前編】
「CDP」(顧客データプラットフォーム)活況の謎 “あのベンダー”もM&A参戦
M&Aや資金調達が活発化するなど、大きく動いている「CDP」(顧客データプラットフォーム)市場。何が起きているのか。これまでの動きを振り返る。(2022/7/6)

ミクシィ、「投資」を事業セグメント化 M&Aさらに強化へ
ミクシィは、スタートアップ出資やVCファンド出資などの投資活動を「投資事業」として事業セグメント化する。M&Aのさらなる実現につなげる。(2022/6/29)

今後、どうする?:
相談しづらい「父の会社の事業継承」 父の日が絶好のきっかけに?
M&Aキャピタルパートナーズ(東京都千代田区)は、「父の日」にあわせて、経営者を父に持つ子どもを対象とした事業継承の実態調査を行った。(2022/6/19)

大規模買収は減少:
半導体メーカーにおける「小規模M&A」の価値
半導体業界は、困難な状況に見舞われている。半導体需要の急増とサプライチェーンの問題が同時に起こり、エコシステムが衝撃を受けている。半導体業界のリーダー各社は、新しいリソースや機能との競争力を維持するには、独自の機会を活用する革新的な方法を見つけなければならないことを理解している。(2022/6/7)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(11):
バリュエーションが想定より低かったら? EXITでM&Aを選ぶ際の注意点
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第11回はスタートアップへの投資契約における、優先株や新株予約権を利用した場合の留意点を解説する。(2022/6/3)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(6):
【第6回】建設業の成長を推進する「グループ経営」の極意
本連載では、タナベ経営の建設専門コンサルタントが各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第6回は、建設業のM&Aで多くみられる「グループ経営」を成功させて企業成長へ導くために、「ホールディングカンパニー」の果たすべき機能と経営者の資質について説く。(2022/4/14)

EU、ビッグテック規制の「Digital Markets Act(DMA:デジタル市場法)」に合意
欧州連合(EU)は、2020年12月に欧州委員会が発表したビッグテック規制法案「DMA」に合意した。アプリストアでの支払い方法の選択や、メッセージングアプリの相互運用性、企業買収に関する法案だ。発効すれば、Apple、Google、Meta、Amazonなどに大きく影響する。(2022/3/28)

Intelが半導体製造で本領発揮?【前編】
パット・ゲルシンガーCEO体制で本気になったIntelの選択
工場新設や競合との事業提携、企業買収とIntelが攻めに出ている。パット・ゲルシンガーCEO体制になった同社は競争力を取り戻すのか。(2022/3/28)

Netflix、3社目のゲーム企業買収 サブスクで無料プレイ可能ゲームラインアップ充実に向けて
昨年ゲーム分野への進出を発表したNetflixがゲームメーカーBoss Fight Entertainmentを買収する。これで3社目になる。サブスク会員は「Dungeon Boss」などのゲームを広告非表示、無料でプレイできるようになる見込みだ。(2022/3/25)

半導体業界に広がる不穏【後編】
半導体大手のM&Aが消えた本当の理由 反グローバリズムの兆候か
NVIDIAによる同業Armの買収は、半導体不足やサプライチェーンの混乱などの中で破談した。何が背景にあるのか。今後の世界に与える影響は。(2022/3/18)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
ライバル同士のM&A 大企業の「実力以上の高給」とベンチャー企業の「能力は高いが低給」を、どう調整?
ライバル同士のM&A案件。一方の企業の処遇水準は実力以上にインフレしており、もう一方の企業との差が際立つ形となった。どちらにも不満を抱かせないよう調整するには?(2022/3/11)

ArmとRISC-V:
ますます存在感と影響力を高めるRISCのいま
高額なM&A取引/提案が相次ぎ、大規模/小規模メーカーによるRISCアーキテクチャの活用が進むなど、半導体業界はかつてないほど活気に満ちた状況にある。この業界において現在、存在感と影響力を高めながら成長の可能性を後押ししているのが、RISCだ。(2022/3/4)

海外戦略でらつ腕:
アサヒグループHD勝木社長は、オーストラリアで「スーパードライ」の売り上げをいかにして5倍にしたのか
オーストラリアでの赴任当時、企業買収をテコにして「スーパードライ」の売り上げを5倍に躍進させたアサヒグループHDの勝木敦志社長。日本、オーストラリア、欧州の3極を軸に海外を重視した経営戦略を展開する勝木社長に、その狙いと勝算を聞いた。(2022/2/10)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
“管理職を降ろされ不満噴出”を避けるには? M&A後の「等級・評価・報酬制度」統合のコツ
もともと管理職クラスの報酬を得ていたが、M&A後の新会社では報酬水準が下がってしまったという社員から不満が噴出──M&A後の「等級・評価・報酬制度」統合には、さまざまなリスクが付きまとう。失敗を避けるためのポイントを解説する。(2022/2/10)

iPhoneが追加ハードなしで「タッチ決済端末」に? Appleが企業買収し開発中か
Appleはスマートフォンを決済端末に変えるカナダのスタートアップ企業を2020年に買収していた。(2022/1/28)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
M&A順調も炎上も/RISC-Vエコシステムの急速な興隆
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2021年12月の動向を拾いつつ、2021年全体を振り返ってみたい。(2022/1/14)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&A後の新会社で「ゼロから人事制度を作る」 両社が折り合わない時にプロが選ぶ方法とは
M&A後の統合会社で、人事制度をゼロから作ることになった場合。両社が折り合わないケースは決して少なくないが、そんな時、人事コンサルタントの筆者はある方法を取るという。(2022/1/14)

産業動向:
ポーランドで再生可能エネルギー発電施設の開発事業に参画、鹿島建設
カジマ・ヨーロッパは、ポーランドで再生可能エネルギー発電施設開発を展開するPAD-RESを買収した。カジマ・ヨーロッパによるポーランドにおける企業買収は、同国で学生寮を開発・運営するStudent Depot(スチューデントデポ)に次いで2件目となる。(2021/12/15)

3Dプリンタニュース:
MESの先進企業買収で、AM向けソフトウェアプラットフォーム構築を加速
Materialiseは、積層造形ワークフローおよび製造実行システムに実績を持つ、Link3Dの買収オプションの行使に合意した。取引は2021年内の完了を予定しており、全株式を3350万米ドルで取得する。(2021/12/3)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
買収する企業、される企業 2社の社内制度をどう融合? 人事がやるべきことリスト
M&Aで異なる2社を統合していくにあたっては、さまざまな社内制度や仕組みをどう折り合わせていくかが問題になる。双方の企業の了解を取り付けながら調整していくために、人事責任者にはどのようなアクションが求められるのか、解説する。(2021/11/8)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&Aで「離職者が急増」「旧出身社間の雰囲気が悪化」は、人事が解決できる
会社への不信感が生まれて離職者が増加、2社の価値観が融和せず、社内にしこりが残ってしまう──M&Aで起こりがちな問題を引き起こさないためには、「人事領域」での対応が欠かせない(2021/10/14)

太陽光:
注目集まる太陽光発電所のM&A、東京海上がリスク評価と補償を行う新保険
東京海上日動が太陽光発電事業の売買(M&A)のリスクを保証する保険商品を発表。買収対象発電所の事前の各種リスク評価から、M&A実行後の「表明保証違反リスク」への補償をワンストップで提供する。(2021/9/17)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
2021年8月のM&Aを振り返る
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、8月に多数行われたM&Aについて、それぞれの方向性や目的をまとめてみた。(2021/9/13)

日本企業に必要なことは:
M&Aの失敗に学べ! 今こそ経営人材の育成に舵を切るタイミング
かつて一大イベントだった日本企業のM&A。今では恒常的に行われるようになってきたが失敗も目立つ。20年近くM&Aのアドバイザーとして活躍してきた筆者は、「経営人材の育成」を重視する必要があると考えている。(2021/9/13)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
大きなM&A関連ニュースが続く、半導体業界
先週、半導体業界ではM&A関連ニュースが相次いで報じられました。(2021/8/30)

AI市場に押し寄せるM&Aの波【後編】
MicrosoftがApple「Siri」の開発元を買収 「AI企業買収」なぜ活発化?
AI分野でベンダー買収が活発化している。その背景には何があるのか。直近の買収傾向とアナリストの見解から読み解く。(2021/7/13)

AI市場に押し寄せるM&Aの波【前編】
AI企業を買収する側とされる側、それぞれの事情
新型コロナウイルスの流行に伴って、AIソフトウェア関連の合併買収(M&A)が活発化している。その背景には何があるのか。(2021/7/5)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキング
ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?(2021/6/11)

製造マネジメントニュース:
日立が1兆円規模で米デジタルエンジニアリング企業買収、Lumadaの強化を目指す
日立製作所は2021年3月31日、DX支援を行う米国のデジタルエンジニアリング企業GlobalLogicを約96億ドルで買収する契約を締結したと発表した。買収を通じて日立製作所は、GlobalLogicが持つ、エッジデバイスで収集したデータをクラウドに送る「Chip-to-Cloud」を実現するソフトウェア開発力を獲得し、IoTプラットフォーム「Lumada」の事業展開を強化する。(2021/4/1)

M&Aに乗り出す半導体3社の思惑【第2回】
“永遠の二番手”「AMD」がIntel、NVIDIAに勝つためのハードル
相次ぐM&Aで、企業向けのプロセッサ市場の競争は激化している。IntelとNVIDIAに対して、AMDはXilinxの買収で攻勢を掛ける。勝算はあるのか。(2021/1/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「6年前のM&A」でアリババに罰金、企業分割もちらつかせる中国当局の真意
アリババなど中国大手IT企業3社が12月14日、独占禁止法違反で50万元(約800元)の罰金を課せられた。いずれも過去のM&Aを当局へ申請しなかった点が問題視されている。世界ではGAFAへの規制が強まっているが、中国をデジタル大国に押し上げた立役者であるメガIT企業に対しても、同様に当局の姿勢が締め付けへと変化している。(2020/12/17)

欧州連合、IT大手を規制する2つの法案を発表 企業買収の事前通知や不適切投稿の迅速な削除を義務付け
欧州委員会は、IT企業を規制する2つの法案「デジタルサービス法」と「デジタル市場法」を発表した。Google、Facebook、Amazon、AppleなどのIT大手が対象になる。(2020/12/16)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
2020年の半導体業界を振り返る ―― 電子版2020年12月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版2020年12月号を発行しました。2020年納刊となる今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)では、コロナ禍、米中貿易摩擦、そしてM&Aの嵐に見舞われた2020年の半導体業界を振り返ります。そのほか、iPhone 12の分解記事も掲載しています。ぜひ、ダウンロードの上、お読みください。(2020/12/15)

2020年の取引額は史上2番目になる可能性も:
半導体業界に巨大M&Aの波が再来
数年に一度、大きなM&Aの波が来る」といわれてきた半導体業界だが、2015年あたりからは毎年のように度肝を抜くようなM&Aが続いている。もちろん、事業部門の買収/売却も含めて半導体業界のM&Aはずっと続いてきたが、業界を揺るがすような、場合によっては業界関係者が今後に不安を抱くような大型M&Aが過去5年間で増えているのではないか。(2020/10/30)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
半導体業界に巨大M&Aの波が再来 ―― 電子版2020年10月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版2020年10月号。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)では、昨今の半導体業界のM&A動向をまとめた「半導体業界に巨大M&Aの波が再来」をお送りする。(2020/10/15)

米下院司法小委員会、「GAFAは分割すべき」 調査報告書公開
Google、Apple、Facebook、Amazonについて約16カ月にわたって調査してきた米議会下院の独禁法小委員会が、長大な報告書を公開した。デジタル市場での健全な競争を回復させるため、4社はそれぞれ分割し、企業買収についても規制を強化すべきと提案している。(2020/10/7)

大山聡の業界スコープ(33):
日本の半導体業界にとって“好ましいM&A”を考える
日本の半導体メーカーにとって好ましいM&Aとはどのようなものか。事業規模/内容で国内半導体メーカーをいくつかのグループに区分し、それぞれに適したM&Aを考えていく。(2020/9/9)

所有と経営:
「会社を買う」はありか
「会社を買う」という言葉をよく見るようになった。「M&A」のマッチングサイトの広告もよく見かけるようになり、ここにきて一気に身近に感じるようになった気がする。 「サラリーマン」が会社を買うのは、大丈夫なのか?(2020/9/5)

2025年の崖を克服するために
既存システムをカスタマイズせず連携、シームレスな会計データハブ
システム連携の複雑化、属人化に伴うメンテナンス性の低下、グループ企業ごとに異なるERPの導入、企業買収による決算期の相違、基幹システムのSaaSへの移行など、会計システム連携における企業の悩みは尽きない。(2020/8/31)

今日のリサーチ:
コロナ禍でM&A市場は「活性化する」 9割超が回答――ビジョナル・インキュベーション調査
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で経済環境が激変する中、事業譲渡を検討する企業が増えているといわれています。逆に今後の成長戦略としてM&A(企業買収)を前向きに検討していることも分かりました。(2020/6/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
9000億超の赤字 結局、ソフトバンクの経営は本当に危ういのか
ソフトバンクが巨額の企業買収や投資を行う場合、デットファイナンス、つまり借入金によって資金を調達してきた。なぜソフトバンクは年間数千億円にもなる利息を支払いながら、株式ではなく有利子負債によって買収や投資を進めるのだろうか。(2020/5/8)

ZHD、20年3月期は売上高が初の1兆円超え ZOZO効果でEC強化 「激動の1年」は増収増益
Zホールディングスが2020年3月期の通期連結決算を発表。売上高が創業後初めて1兆円を突破した他、増収増益に転じた。19年11月に連結子会社化したZOZOの業績などが貢献した。川邊健太郎社長は、大きな体制変更やM&Aを相次いで行った同期を「激動の1年」と振り返った。(2020/4/30)

視点:
カーブアウトM&Aを成功に導く4要点 〜スピンオフ・インデックス変調を超えて〜
グループ内子会社や事業部門を戦略的に外部に切り出す「カーブアウト」の動きが拡がっている。企業マインドは確実に変わりつつある。(2020/4/6)

新ソリューション「Cisco Duo Security」を日本で提供へ:
「ネットワークをつなぐだけ」の時代は終わった シスコが約2億ドルの企業買収で挑む“ゼロトラストセキュリティ”とは
シスコが新たに統合型のゼロトラストセキュリティ戦略を発表した。その重要部分となるのが、同社が2億ドルを投じて買収したDuo Securityの多要素認証ソリューションだ。ネットワークを手掛けながらセキュリティベンダーを名乗る同社の新戦略の内容と、新ソリューションの役割とは。(2020/2/5)

電子ブックレット:
2019年 半導体業界再編 を振り返る
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2019年の半導体業界M&A(合従・連衡)関連ニュースをまとめた「2019年 半導体業界再編 を振り返る」を紹介します。(2019/12/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。