ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ニコチン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニコチン」に関する情報が集まったページです。

改正健康増進法の規制対象外:
JT、「吸わないたばこ」で梅味と抹茶ラテ味を発売 思い切ったフレーバーを選んだ理由とは?
JTが「かぎたばこ」で新商品を発売する。「ゼロスタイル・スヌース・抹茶ラテ」と「ゼロスタイル・スヌース・梅」の2種類。たばこらしからぬフレーバーだが、なぜ選んだのか?(2020/2/12)

カフェインやGABAを「吸引摂取」 元JTのエナジードリンク好きが作った電子デバイス「ston」発売
スタートアップのBREATHERが、カフェインやGABAを摂取する新しい吸引デバイス「ston」を発売。オンライン限定で販売する。(2019/12/3)

進化する医療機関向けアプリケーション【キュア・アップ編】
薬の代わりにアプリで禁煙? 薬事承認を目指す「ニコチン治療用アプリ」とは
医療ITベンチャーのキュア・アップが薬事申請した「ニコチン依存症治療用アプリケーション」。処方薬以外の治療法に道を開く可能性がある、このアプリケーションの実力と現状を探る。(2019/12/2)

インド政府、電子たばこの生産や販売などを禁止に
インドでは既に複数の州で電子たばこを禁止しています。(2019/9/19)

米、フレーバー電子たばこ禁止へ 
 【ワシントン=住井亨介】トランプ米政権は11日、ハーブの風味などフレーバーが付いた電子たばこの販売を禁止する方針を明らかにした。米国では中高生など若者の間で電子たばこの吸引が急速に広がっており、フレーバーは若者をひきつけるためだとして問題視されていた。(2019/9/12)

JT、たばこのパッケージデザインを順次切り替え 注意書きが50%占めるように
法令に対応するための変更です。(2019/7/24)

メイドインジャパンの現場力(26):
JTがプルーム・テック工場を初公開、「3年間で生産能力40倍」の原動力は
JTは2019年6月13日、報道陣向けに同社東海工場(静岡県磐田市)を初めて公開し、同社の加熱式たばこへの取り組みや生産体制について紹介した。(2019/6/19)

「吸うチョコミント」爆誕 吸うエナジードリンク「イーグルエナジー」新フレーバーにチョコミン党もにっこり
大人のハッカパイプかな?(2019/6/6)

カプセルつぶすと風味が変わる:
JT、紙巻きたばこ「メビウス・プレミアムメンソール・オプション」に2銘柄追加 芳醇なマスカット味
JTが5月16日に「メビウス・プレミアムメンソール・オプション」シリーズの新銘柄2種を発売する。いずれも通常時はメンソール味だが、カプセルをつぶすとマスカット味に変わる点が特徴。20本入りで、価格はいずれも480円。(2019/3/15)

ベルガモット&ペパーミント:
JT、かぎたばこ「ゼロスタイル・スヌース」に2銘柄追加 “無煙”強化で市場対応
JTがかぎたばこ「ゼロスタイル・スヌース」シリーズの新銘柄を発表。「ゼロスタイル・スヌース・スパイス」「ゼロスタイル・スヌース・ブラック・メンソール」の2種。煙の少ない商品を充実させて市場の変化に対応する狙い。(2019/3/5)

「YouTubeに飲酒喫煙シーンを含む動画が投稿できなくなる」 規約を誤解したデマ拡散
規約を誤読したツイートが拡散されています。(2019/2/14)

有害物質は不使用 タバコのような「吸うエナジードリンク」、日本上陸
タールやニコチンは入っていませんが、カフェインの過剰摂取も身体によくないので、これはこれで吸い過ぎに注意。(2019/2/8)

JTの土俵に“殴り込み”?:
におわない「アイコス」誕生も近い? PMJ社長、「低温型」参入の可能性を否定せず
競争が過熱する加熱式たばこ市場。フィリップモリスジャパンは、アイコス専用たばこ「HEETS」シリーズ4銘柄を全国展開し、首位固めを目指す。ただ競合のJTは、新型「プルーム・テック」を近く2機種発売する予定だ。この動きにどう対抗するのか。市場ではJTのみが手掛けてきた「低温型」を開発する計画はあるのか。シェリー・ゴー社長に意見を聞いた。(2019/1/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本のプロ野球選手に、愛煙家が多いのか
世の中は「禁煙」の動きが広がっているのに、なぜかプロ野球界はどこ吹く風といった感じ。ベンチ裏では主力選手だけでなく、スタッフもプカプカと吸っている。一方、大リーグでは禁煙化の動きが進んでいて……。(2018/12/14)

普通のたばこと何が違う?:
ニコチン含まぬ「VAPE」がコンビニ展開 たばこを超えられるか喫煙記者が検証
インペリアル・タバコ・ジャパンがニコチンとタールを含まぬ「myblu(マイブルー)」を、東京都と大阪府にある一部のローソンとファミマで取り扱い始めた。“たばこキラー”になりうるか、喫煙歴18年の記者が検証した。(2018/11/16)

臨床試験結果を発表:
喫煙者が「プルーム・テック」に換えると、有害物質は禁煙並みに減る――JTが安全性強調
JTが、プルーム・テックの安全性を調べるための臨床試験結果を発表。紙巻きたばこから同商品に切り替えた場合、体内の有害物質は禁煙した場合と同じくらい低減することが分かったという。来春までに発売予定の新モデルの安全も今後検証していく方針。(2018/11/9)

スピン経済の歩き方:
過熱する「加熱式たばこ」競争が、“個人情報争奪戦”になってしまう理由
加熱式たばこ「glo」「IQOS」「Ploom TECH」のCMを見たことがある人も多いかと思うが、ちょっと気になることがある。公式Webサイトに飛んで、情報を得ようとすると「個人情報」を求められるのだ。どういうことかというと……。(2018/9/18)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(10):
水蒸気蒸留が違いを生み出す、日本発の加熱式たばこ「Ploom TECH」
加熱式たばこが人気である。通常の紙巻きたばこが、たばこの葉を「燃焼」させて煙を吸引するのに対し、加熱式たばこは発火点より低い温度で「加熱」するのが特徴だ。今回は、日本発の加熱式たばこ「Ploom TECH」の開発元であるJTに話を聞いた。(2018/6/26)

日本では……:
加熱式たばこiQOSに喫煙データ収集機能
加熱式たばこiQOSには、喫煙者にはそれほど恩恵をもたらさない機能がある。(2018/5/18)

臨床試験結果を公表:
「アイコスの受動喫煙被害はない」――フィリップモリスが発表のワケ
実生活に近い環境下で加熱式たばこ「IQOS」を使用しても非喫煙者への受動喫煙被害はほぼない――とフィリップ モリス ジャパンが発表。レストランでアイコスを使用しながら飲食する試験などを行ったが、大気中の有害物質の濃度は平常時とほぼ変わらず。非喫煙者の体内からも、こうした物質はほぼ検出されなかったとしている。(2018/4/24)

「加熱式タバコ」を乳幼児が誤飲 国民生活センターが注意喚起
子どもの手が届かないところに置きましょう。(2018/1/26)

東京オートサロン2018:
GT-Rの500馬力エンジンを載せちゃった♪ 「魔改造ハイエース」が気合い入りまくり
チューニングカー系ブースでないのにこの気合い。お姉さん写真も。(2018/1/14)

加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
タバコには変わらないことを意識して使うべきでしょう。(2017/11/20)

乳幼児による「加熱式たばこ」の誤飲事故に国民生活センターが注意喚起
たばこ葉部分が誤飲しやすい形状だとしています。(2017/11/18)

デジタルヘルス革命:
スマホアプリに医療保険が下りる時代が来た
病院に行って処方される医薬品に保険が適用される。これが今や薬だけでなくスマホアプリにも適用されることをご存じだろうか? 既に日本でも実績が出始めているのだ。(2017/6/28)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

UNiCASE、iPhone 7/7 Plus向けハンドメイドケース「COWSKIN Diary」発売
スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」は、5月下旬に「COWSKIN Diary for iPhone 7/7 Plus」を発売。キメが細かく柔らかい仔牛の皮「カウスキン」を使用し、職人がハンドメイドで美しく仕上げている。(2017/5/15)

コンビニ探偵! 調査報告書:
どうなる? コンビニのたばこ販売
2016年4月、JTが主力ブランドの「メビウス」と旧3級品のたばこを値上げした。今回は、たばこの値上げがコンビニの売り上げにどう影響するのかを分析してみよう。(2016/8/23)

医療技術ニュース:
老化制御因子NMNの臨床研究を開始
慶應義塾大学は、老化制御因子として期待されるニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)をヒトへ投与する臨床研究を開始する。ヒトでのNMNの安全性や体内動態が確認されれば、加齢に伴う疾病の予防や治療に役立つという。(2016/7/29)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

歯科矯正、レーシック、禁煙治療――これって医療費控除の対象? Q&A25選
サラリーマンでもしっかり確定申告し、活用したい医療費控除。対象になるもの、ならないものをQ&A形式で解説します。(2016/2/9)

星5つ! 大正製薬「リポビタン フィール」をレビュー!
今回選んだのは大正製薬の「リポビタン フィール」(154円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/9)

「タバコを吸ってシワシワ顔を手に入れよう!」禁煙呼びかける逆転の発想
禁煙を呼びかける米国のNPO団体ASHが、禁煙を喚起するキャンペーン動画をYouTubeで配信しました。喫煙やタバコの有害性というネガティブかつ耳タコなメッセージをいかに大衆に伝えるか――。1分43秒の映像には、人の興味を誘う工夫が施されています。(2015/8/23)

いまさら聞けない 電装部品入門(20):
カーエアコンの暖房はなぜ暖かくなるのか
カーエアコンが活躍するのは暑い夏の日だけじゃない。寒い冬の日に車室内を暖めてくれる暖房も重要な機能の1つだ。今回は、カーエアコンの暖房の仕組みに加えて、嫌な臭いを防ぐエアコンフィルター、設定温度に合わせて車室内の空調を自動で行ってくれるオートエアコンについても説明する。(2015/7/10)

夜更かしライフスタイルにさよならする「26のチェックリスト」
新生活が始まり「毎朝眠くて起きるのが大変」という人はいませんか? 睡眠生活を改善できる習慣のチェックリストと、その反対のNGリストを確認してみてください。(2015/4/15)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
電子タバコがハッキング? IoTの考えたくない未来
2014年は様々な情報セキュリティ上の事件や事故が多発した。その中から幾つか取り上げつつ、2015年以降の未来のセキュリティに向けたヒントを探ってみたい。(2015/1/16)

1兆円規模の市場に:
2014年を象徴する“電子タバコ”が日本上陸 新市場創出を狙う
以前から欧米ではブームになっていた「電子タバコ」が、昨年来、日本にも浸透しつつある。JTやフィリップ モリスが相次いで製品を販売して市場拡大を図っている。(2014/12/11)

医療技術ニュース:
東北大学、体に張ると発電し、薬の浸透が促進される皮膚パッチを開発
酵素によるバイオ発電の技術を利用して、体に張ると微弱な電流が発生し、皮膚を通した薬の浸透が促進される「バイオ電流パッチ」を開発。電池などの外部電源を必要とせず、張るだけで薬剤の浸透を加速できる。(2014/12/9)

健康診断「A判定」を取り戻す3つのポイント
秋口にも多くの会社で行われる健康診断。結果が気になる人は、「A判定」を取り戻すための生活習慣を取り入れてみるのはどうでしょうか。(2014/9/30)

初心者でも気軽に入れる、都内の“水タバコ屋”5選
水タバコでゆったり、ひと息いれませんか。(2014/8/21)

「やめる」習慣:
骨太なモチベーションとスイッチング技術が「やめる」を継続する鍵
強いモチベーションを持ち、苦痛を軽減するためのスイッチング技術を身につけることで、「やめる習慣」を実践し続けられます。(2014/2/19)

相場英雄の時事日想:
『風立ちぬ』の喫煙シーンがダメ? 禁煙学会の要望書に疑問
宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』が公開されている。その劇中、喫煙の描写に問題があるとして、日本禁煙学会が要望書を送ったことが話題になっている。なぜ禁煙学会は、この作品に要望書を提出したのか。その背景には、ある思惑が……。(2013/8/22)

タイムアウト東京のオススメ:
新しい一服のススメ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2012/8/16)

タバコ税が増税されて、喫煙者はどうなった?
現在タバコを吸っている人で、禁煙を試みたことがある人はどのくらいいるのだろうか。喫煙者に禁煙への挑戦経験を聞いたところ、55.1%が「経験がある」と回答した。ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ。(2011/12/20)

せかにゅ:
Apple、喫煙者のMac修理を拒否 「受動喫煙リスク」理由に
何人かの喫煙者がAppleにMacの修理を依頼したところ、Macが「汚染」されており、「受動喫煙リスク」があるため修理はできないと言われたという。(2009/11/26)

ウォーキングはチョコレート中毒に効く――英大学
運動は一時的にチョコレートへの欲求を抑える効果があることが、英大学の研究で示された。ダイエット中の人には朗報かもしれない。(2008/11/14)

Weekly ITmedia +D Top10:
持ち歩けるリラクセーションツール――+DランキングTOP10
禁煙や減煙のムードが高まるなか、タバコに似た形でアロマを楽しめるアイテムが登場している。(2008/9/4)

+D Style News:
日常をちょっと楽しくするお勧めギフト
ギフトショーに出品された様々なギフトから、魅力のあるお勧めギフトを“贈る相手のタイプ別”に紹介しよう。(2008/9/3)

喫煙者の7割がニコチン依存症――医者へ相談した経験者は5%以下
職場での禁煙化は、どこまで進んでいるのだろうか? 完全分煙化が進んでいるのは首都圏や大都市が多く、まだまだ分煙が主流のようだ。ファイザー調べ。(2008/5/16)

ビジネスマンの不死身力:
GW最後のミッションは睡眠管理
眠気の原因になっている疲労をゴールデンウィーク中に取り除きたいという人も多いでしょう。夜ぐっすりと眠り、朝快適に起きるためには、何を心掛ければいいでしょうか。(2008/5/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。