ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大前研一」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大前研一」に関する情報が集まったページです。

大前研一大いに吠える!【後編】:
大前研一が息子たちに施した「21世紀型教育」とは?――「先生の言うことを聞くのよ」と言ってはいけない
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/9)

大前研一大いに吠える!【前編】:
大前研一が尊敬した「ウォルト・ディズニーの構想力」――ワニしかいない湿地帯に「ディズニーワールド」を作った
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/8)

勉強しない日本人に喝!:
大前研一が「年金2000万円問題」を斬る! 終身雇用「崩壊」時代はこう乗り切れ
大前研一氏は、金融庁が出した「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」という報告書を巡る議論について「ウソと誤解ばかりだ」と、喝破する。(2019/7/31)

モノづくり最前線レポート:
大前研一氏が語るAI、「使いこなせない企業は淘汰される」
技術商社のマクニカは2018年7月12〜13日、ユーザーイベント「Macnica Networks DAY 2018」を開催。その2日目にビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長で、ビジネス・ブレークスルー大学の学長である大前研一氏が「AIと日本経済再生」をテーマに基調講演を行った。(2018/7/17)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(7):
シリコンバレーがボストンを圧倒した理由
意外にもあまり知られていないのだが、米国における最初の“ハイテク企業密集エリア”は、東海岸のボストン郊外である。1940年〜1960年代にかけて、ハイテク産業が発展したボストン郊外のエリアだったが、その繁栄を長く謳歌することはできなかった。なぜシリコンバレーは、ボストンを打ち負かすことになったのか。今回はその辺りを探ってみたい。(2016/9/16)

3C分析:
フレームワークは、使用上の注意をよく守ってお使いください
マーケティングの難しさを口にする人の話を聞くと、分析・立案の際のフレームワークが誤用されている場合が多い。そこで、「間違いがちなフレームワークを総点検する」というシリーズを開始したいと考えた。第1回は「3C分析」だ。(2015/12/24)

cybozu.com conference 2014:
あなたは“クラウド”の本質をつかんでいますか?
“クラウド”という言葉を耳にする機会がかなり多くなったと感じる人は少なくないだろう。この言葉の本質をつかみ、効果的な利用法を考えたいと考える人に向けた講演がある。(2014/9/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功者になれる人にしか理解できない!? プラスの現実逃避
現実逃避とは「やけ酒」や「ギャンブル」のようにマイナスのものではない。あらゆるストレスや苦悩を吹き飛ばす強力なパワーをもつ、常識を超えたプラスの現実逃避術とは。(2014/7/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
できる経営者は会社を作るとき明確な理由を持っている!
事業を起こして成功する人、1、2年でダメになる人。この2つのパターンは何が違うのだろうか。(2014/7/3)

ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉:
過去の栄光を手放せば成功する
過ぎた栄光を人生のピークにするなんて、もったいないことなのです。(2014/7/2)

これからの働き方、新時代のリーダー:
赤字部門の書籍編集部が生まれ変わった秘密とは?――プレジデント社
平均年齢53歳、雑誌を引退したベテランの“名誉職”だったプレジデント社の書籍部門。一時は廃部も検討されたという弱小編集部が、赤字部門の汚名を返上し、ヒットを連発するようになった秘密とは? 書籍部長の桂木栄一氏に聞いた。(2013/12/27)

出版40周年記念デジタルリマスター版「大前研一 BOOKS」が「good.book」で提供開始
オンデマンド出版ソリューション「good.book」から、大前研一の出版40周年を記念したデジタルリマスター版『大前研一 BOOKS』が提供開始。既刊本や絶版本に新たなコンテンツを追加している。(2013/11/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/11/5)

Fab9実行委員長 田中浩也氏インタビュー:
未来は予測できないから、何でも作れるようにする! FabLab流の教育とビジネス観
未来は完全に予測できない。「流行に乗る」「先を見越して無駄なく行動する」のではなく、不確かな未来に備え、モノを作る力を磨くこと。それがFabLabの考えだ。(2013/10/11)

マッキンゼー流仕事術:
常に、妥協しない――“モテる”マッキンゼー流の共通点
仕事は自分が目指すレベルに達するまで妥協せず、朝まで仕事をして、また普通に出社してくる。そんな人がマッキンゼーの仕事でも「モテる」のですが、その姿は、修行僧にも似たストイックさがあったかもしれません。(2013/10/4)

『不格好経営』の著者が伝えたいこと(前編):
南場智子さんが語る、マッキンゼーの経験が役に立たなかった理由
社長を退任してから2年――。DeNAの創業者・南場智子さんが現場に復帰した。会社を離れていてどんなことを感じていたのだろうか。講演会で語った、南場さんの“今”をまとめた。(2013/9/27)

外資系コンサルで新卒が3年で辞めるワケ
外資系コンサルティングファームの中でも有力な「マッキンゼー」。そこで行われる新人研修やマッキンゼーの内側について、『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書』の著者、大嶋祥誉さんにインタビューを行いました。(2013/9/25)

マッキンゼー流仕事術:
マッキンゼーは泥臭い――新人研修でたたき込まれる「Client interest first」
機能的なオフィスでスマートに仕事をこなす。そんなイメージがあるマッキンゼーですが、実際には、机の上の分析では得られない現場レベルでの情報収集が欠かせません。(2013/9/10)

マッキンゼー流仕事術:
マッキンゼー卒業生が、入社1年で「一生使える」仕事の技術を持てるワケ
なぜ、マッキンゼー出身者は各業界で活躍できるのでしょうか? その秘密はマッキンゼーの新入社員研修にありました。(2013/9/3)

GALAPAGOS STORE、Windowsアプリをリリース
シャープが「GALAPAGOS STORE」のWindowsアプリをリリースした。これでPCからもコンテンツを購読できる。(2013/3/5)

仕事のプロになるために新入社員が身につけておくべきこと
プロフェッショナルになるために、入社してからいったい何を身につけるべきかを教えてくれる書籍を紹介。(2013/2/22)

ドラゴンボールのフルカラー版も登場――電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/5)

電子書籍ランキング:
ニーチェを“イマドキの言葉”で読むと……
hontoのランキングデータから、今売れ筋の電子書籍を紹介します。(2012/11/22)

ビジネスノベル新世紀:
“読みやすい”だけじゃない! ビジネスノベルを知るための7作品
前回までの連載「ビジネスノベル新世紀」ではビジネスノベル、あるいはビジネスライトノベルがビジネス書界隈で目立つようになってきた状況について解説しました。今回は代表的なビジネスノベル7作品を紹介します。(2012/8/31)

キーマン、本を語る【仕事が面白くてたまらなくなる3冊】:
スラムダンクに学ぶ勝ち負けの真髄――カヤック・柳澤社長
世の中で活躍するさまざまな人物が本について語る新連載。第1回は面白法人カヤックの柳澤社長が「仕事が面白くなる」3冊を紹介する。(2012/6/27)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(4月6日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/4/6)

【図解】人生の大問題:
日本人は数学的思考が苦手?
理数系に強くないと金持ちになれない? フォーブスの長者番付では若きエンジニアが名を連ねました。一方、日本の工学部志望者はこの10年間でおよそ半減しているという事実もあるのです。(2012/1/19)

大前研一氏も講演:
PR:オンラインで勉強……孤独じゃないの? ボンド大学の卒業生に聞いた
今の会社を辞めずに、海外のMBAを取得できる大学があることをご存じだろうか。日本にいながらオンラインで学ぶことができる「ボンド大学大学院ビジネススクールBBT MBAプログラム」が、それだ。オンラインで学ぶ楽しさ&難しさなどを、卒業生に聞いた。(2011/9/26)

生き残れない経営:
震災/原発対策に戦略がない、では戦略とは?
マスコミ報道から知らされる東日本大震災復興、福島原発事故対策に対する政府・与野党・東電の考え方や行動には、誠に残念ながら「戦略」のカケラも見られない。(2011/5/30)

次期リーダーにふさわしいのは、この人
次期リーダーにふさわしいのは誰だと思いますか? 政治家や官僚などに聞いたところ、自民党の衆議院議員がトップだった。ワカモノマニフェスト策定委員会調べ。(2011/5/17)

細島誠彦の経営・人生術:
東電トップはどうするべきだったのか――マネジメントを考える
組織図はあるが、組織が存在しない会社は多い。つまり、組織が機能していないということだ。例えば、東京電力のトップは原発についてすべて知り、東京電力とその下請け会社の現場が命を削って行っている処理と同じことをやれなければならないのだろうか――。(2011/4/12)

オルタナブログ通信:
震災で活躍したソーシャルメディア
ITにまつわる時事情報などが、約250人のブロガーによって、日々発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今回は緊急地震特集をお送りする。(2011/3/18)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
日本の借金1000兆円はどう返済すればいいのか?――ジャック・アタリ氏の処方箋
日本が背負っている1000兆円の借金。フランスの知性、ジャック・アタリ氏は「2500年にわたる過去の歴史から、これほどの公的債務を抱えて悲惨な運命をたどらなかった国はない」という。アタリ氏はどのようにして借金を返せばいいと考えているのだろうか。(2011/1/20)

点検 あなたは日本を出ても活躍できるか:
グローバル企業で働く人材に求められるスペック
わたしはこれまで大手総合商社などで合計20年以上にわたりクロスボーダービジネスに携わって参りました。(2011/1/6)

1時間講演することを目標に学ぶ――スター社員の仕事術
何かを学ぼうとする時、ただ単に本や資料を読めばいいというものではありません。学ぶ際に大切なことは、学びのテーマや目的を持つことと期間を決めることです。具体的にはどのようなことをすればいいのでしょうか。(2010/11/24)

高年収者に聞いた“入閣してほしい民間人”、トップは「孫正義」氏
かつて内閣の一員として、堺屋太一氏(経済企画庁長官)や竹中平蔵氏(経済財政政策担当大臣など)ら民間人が登用されたことがあったが、年収750万円以上のビジネスパーソンが入閣してほしいと思っている民間人は誰なのだろうか。ビズリーチ調べ。(2010/6/16)

ビジネス・ブレークスルー大学:
PR:ITスキルをもっと極めたい、ビジネス知識も学びたい──ITパーソンの成長意欲に応えるオンライン大学
ITスキルをもっともっと極めたい。そして自分の才覚でサイトを運営したり、会社の経営にも参画していきたい──ITビジネスパーソンが成長するために必要なスキルと知識を学べるのがオンライン大学「ビジネス・ブレークスルー大学」だ。(2010/6/9)

大前氏によるリアルタイムケーススタディも!:
PR:仕事を続けながら海外MBAを取る、という選択――ボンド大学大学院
海外で本場のMBAを取りたい。しかし会社をやめるのは不安だし、金銭面や英語力が心配……そんな人にオススメしたいのが、日本にいながらオンラインで学べる「BOND-BBT MBA」プログラムだ。(2013/2/1)

変革期をリードするIT経営者:
【第2回】 ビジネスイノベーションをリードするCIOの役割と主要課題
企業における情報システムの役割が変化しつつある。生産リードタイムの短縮などの業務的効果を狙うものが主流だ。そのとき舵取り役としてのCIOは何をすればいいのか。(2010/4/19)

ビジネス・ブレークスルー大学:
PR:ロケット成長でリストラを突破せよ!
どんなに厳しい時代になろうとも、優秀な人材を企業は求める。大前研一氏が考える、「今後の日本で必要とされる人材になれるカリキュラム」を、オンラインで学習できる大学とは……?(2010/1/20)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(1):
もう引き返すことはできないのか? ネットとメディアの関係
ジャーナリスト・上杉隆氏をホストとする対談連載1回目。ネットメディアの“仕掛け人”ともいえる、インフォバーンの小林弘人CEOを招き、主要メディアの現状などについて語り合った。(2010/1/12)

100%オンライン「ビジネス・ブレークスルー大学」認可 10年4月開学へ
通学不要・100%オンライン講義の4年制大学「ビジネス・ブレークスルー大学」の設置が認可され、10年4月に開学。「ITを分かる経営リーダー」と「経営を分かるITリーダー」を養成する。(2009/12/25)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(後編)
日本の教育を改革する際の方法は2つ。「スーパースパルタ」の韓国方式と徹底的に考える力を養う北欧方式だ。(2009/11/16)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(前編)
大前研一氏に強い日本企業をつくる上でのヒントを聞く。中国など新興発展諸国の登場でグローバル展開が新たな局面を迎える中、日本企業は大いなる覚悟で進む必要がありそうだ。アンビション(野心、大志)の欠落が危険だと大前氏は指摘する。(2009/11/9)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
『マッキンゼー現代の経営戦略』――6つの戦略フレームワーク
絶版後、数万円で取り引きされていた経営書、それが『マッキンゼー現代の経営戦略』だ。大前研一率いるマッキンゼーが、40社の経営者を集めて行なったセミナーをまとめたもので、戦略構築の基本を知るために外せない1冊である。(2009/10/16)

F1から撤退したホンダが得たものと失ったもの
2008年12月にF1からの撤退を決めたホンダ。そのホンダの後継チーム、ブラウンGPが破竹の快進撃を続けている。撤退するために、わずか1ポンドという価格でチームを売却したホンダは、何を得て何を失ったのだろうか? 撤退後の半年を振り返ってみた。(2009/5/30)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(2):
21世紀の教養は、「社会貢献」と「運動」である
特集第1回では、ITエンジニアの運動不足を指摘しつつ、世の中の運動に対する関心の高まりを紹介した。しかし、新しいテクノロジやレクリエーションにあふれる現代では、運動以外のことに時間を割きたい人も多いはず。健康状態を改善するには、食べ物や医療で対処する手立てもあるだろう。では、現代に生きるビジネスパーソンがあえて運動に時間やお金を費やすことの意義とは何か。特集第2回では、体を鍛えることの社会的意義について考える。(2009/5/26)

特集:運動で変わるシゴトとカラダ(1):
ITエンジニアの76%は運動不足に悩んでいる
本特集は、日ごろ運動不足のITエンジニアが体を鍛えることの重要性について考える。本日5月25日から5日間毎日更新で、運動をテーマに記事をお届けする。(2009/5/25)

PR:ビジネス・ブレークスルー大学院大学 経営学研究科 経営管理専攻
(2009/5/11)

PR:ボンド大学大学院 ビジネススクール BBT MBA プログラム
(2009/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。