ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「24時間営業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「24時間営業」に関する情報が集まったページです。

実食:
1杯約1万円の“インバウン丼”話題の「千客万来」 現地で見えた、高価でも売れる意外な実情
果たして、実際に“インバウン丼”は注文されているのか、またそれは外国人ばかりなのか――。(2024/5/26)

「チョコザップ」にまた新サービス? ライザップの瀬戸健社長が語る
トレーニングジムを運営するRIZAP(ライザップ)グループの瀬戸健社長は、24時間営業の小規模無人ジム「chocoZAP(チョコザップ)」の会員向けに、店舗外で利用できるアウトドア分野の新たなサービスの提供を検討していると明らかにした。(2024/5/16)

地域経済の底力:
「一蘭」幹部に聞く カップ麺「一蘭 とんこつ」の開発で譲らなかったこと
福岡市発祥のラーメン店「一蘭」で働く社員には、基本的に肩書や役職がない。組織運営の独自性が企業としての強さの源泉になっている。(2024/5/16)

店舗網急拡大も人口減見据え、新たなコンビニ像を模索
国内で本格的なコンビニチェーンが誕生して15日で50年を迎える。豊富な品ぞろえや24時間営業など利便性の追求で消費者の心をつかみ、コンビニは「社会インフラ」として瞬く間に店舗網を拡大してきた。(2024/5/15)

7%の加算:
すき家「深夜料金導入」から一カ月、客離れは起きていない? 広報「一定の理解得ている」
すき家は4月3日、値上げと深夜料金の導入に踏み切った。深夜料金の導入は牛丼チェーン業界では初の試みだが、生活者からはどう受け止められているのか。(2024/5/12)

Marketing Dive:
サッカー欧州CLを早朝に観戦するアジアのファンのためにハイネケンが仕掛けた意外過ぎるキャンペーンの中身
時差のためUEFAチャンピオンズリーグを早朝に視聴せざるを得ない韓国のサッカーファンのため、ビールブランドのHeineken(ハイネケン) がコインランドリーとコラボしたユニークなキャンペーンを実施している。(2024/5/6)

星野リゾート、浦安に“テーマパーク旅”の新ホテル 東京ディズニーリゾートからバスで約30分 狙いは?
星野リゾートは、6月20日に開業を予定している「星野リゾート 1955東京ベイ」(千葉県浦安市)の狙いを明らかにした。(2024/4/17)

クセになるスープがドライバーを魅了! 「ラーメン山岡家」がコロナ禍明けで一気に成長できたワケ
ラーメンチェーン「ラーメン山岡家」の成長が著しい。他のラーメン店とは一線を画す運営方針も影響しているとみられる。あらためて、コロナ明けに絶好調の要因を探っていく。(2024/4/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
カラオケ、洗濯、セルフフォト…… 無人ジム「チョコザップ」が続々と新サービス コンビニみたいな進化を遂げている背景
RAIZAPグループの無人ジム「チョコザップ」が続々と新サービスを展開している。これまでもセルフネイルなどを始めて話題になったが、新たにカラオケなども始める。(2024/4/3)

7県で100店舗超を運営する老舗企業、システム乱立抑止への挑戦:
PR:従業員のコンプライアンス向上を「すぐに」「低コスト」で実現
多数の店舗や拠点を抱える企業にとって、迅速な情報共有や昨今厳しさを増すコンプライアンスの向上施策は喫緊の課題となっている。ローコードツールであるkintoneとグループウェアのGaroonの導入で問題を解決しつつ、今後のIT戦略の中核に両ツールを据えるスーパーマーケットチェーンの事例を紹介する。(2024/4/10)

チョコザップの月額料金3278円「ずっと変えない覚悟」 ライザップの瀬戸社長が明言
トレーニングジムを運営するRIZAP(ライザップ)グループの瀬戸健社長は、24時間営業の小規模無人ジム「chocoZAP(チョコザップ)」の月額料金3278円を今後も変えない方針を示した。(2024/3/29)

フィットネス市場、前年度から10%増の6500億円に到達見込み chocoZAPなど「少額ジム」急増で市場が回復
コロナ禍で需要が落ち込んだフィットネス需要が急回復している。帝国データバンクが実施した調査によると、2023年度の「フィットネス市場」は6500億円前後となることが分かった。(2024/3/29)

スピン経済の歩き方:
「イトーヨーカドー」はなぜ大量閉店に追い込まれたのか “撤退できぬ病”の可能性
なぜイトーヨーカドーは大量閉店に陥る事態になってしまったのか。同店がかかえる本質的な問題は……。(2024/3/20)

3フロアで構成:
新綱島駅直結の商業施設「SHINSUI」オープン、特徴は?
新水は、東急新横浜線「新綱島駅」に直結する「新水ビル」の商業施設「SHINSUI」をグランドオープンする。同ビルのうち、地上1〜3階のフロアに入店する。(2024/3/15)

「イオンタウン浜松新橋」3月29日オープン、12の専門店が出店
イオンタウンは、静岡県浜松市にショッピングセンター「イオンタウン浜松新橋」を3月29日にオープンする。(2024/3/4)

国内9番目:
「長崎マリオットホテル」現地を取材 どんな戦略でお客を集めるのか
JR長崎駅前を中心に、長崎県の再開発が進んでいる。2024年1月には九州初、国内で9番目となるマリオットホテルとして「長崎マリオットホテル」が開業。現地を訪れ、長崎マリオットホテルのビジネス戦略を聞いた。(2024/2/26)

タイムアウト東京のオススメ:
2024年に行くべき新施設3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/2/6)

豊洲市場に隣接の「豊洲 千客万来」2月1日オープン 東京湾を望む露天風呂や江戸の街並みを再現した飲食施設
一般開放された無料の足湯スポットも。(2024/1/29)

ディズニーファンに親しまれていた「東京ベイ東急ホテル」の跡地に星野リゾート進出 「古き良きアメリカ」コンセプト
「星野リゾート 1955 東京ベイ」は6月20日に開業予定。(2024/1/18)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
東急歌舞伎町タワー、開業9カ月でどんなことが見えてきた?
4月に東京・新宿に開業した「東急歌舞伎町タワー」は少し変わった複合施設だ。エンタメとホテルに特化しており、オフィスや高級ブランドは入っていない。ちょっと変わった業態の9カ月の軌跡について、運営するTSTエンタテイメントの木村社長に取材した。(2023/12/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪の新店舗が大盛況! 資さんうどんが乗り越えてきた、各地の「うどん文化」
福岡に地盤を持つ資さんうどんが、徐々に勢力圏を広げている。11月、大阪市に新店舗をオープンした。今後、どのような戦略をとっていくのか。同チェーンの人気メニューや各地のうどん事情を基に解説する。(2023/12/10)

解約しない人の傾向:
月額5万5000円のサブスク別荘が好調 なぜ“入会待ち”が続くのか
月会費5万5000円でセカンドホームを持てるサブスク別荘「SANU 2nd Home」が、2周年を迎えた。運用開始からずっと「会員待ち」がいる人気ぶりで、続々と新たな拠点が開業している。人気の秘密は……。(2023/11/20)

大阪の「サウナに通いやすく、家賃が安い駅」ランキング 1位は?
不動産・住宅情報サービスを運営するLIFULL(東京都千代田区)は、大阪の「サウナに通いやすく、家賃が安い駅ランキング」を発表した。(2023/10/8)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「チョコザップ」異例の急成長にあやかって他業種でも何かできないかChatGPTに相談した
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「チョコザップ」です。(2023/10/7)

プロジェクト:
豊洲市場のウオーターフロント名称が「豊洲 千客万来」に決定 2024年1月開業
万葉倶楽部がプロデュースする温浴棟「東京豊洲 倶楽部」と食楽棟「豊洲場外 江戸前市場」とで成る、豊洲市場場外の新エリア名称が「豊洲 千客万来」に決まった。(2023/10/5)

スピン経済の歩き方:
日本のタクシーは本当に大丈夫なのか 海外との“差”が広がる
海外で「完全無人タクシー」の運行が始まっている中で、日本でどのような動きがあったのか。個人タクシーの年齢を80歳まで引き上げたり、外国人労働者の受け入れを拡大したり。日本の未来はどうなるかというと……。(2023/9/19)

牛丼屋をサンプルに解説いたしますわ:
お悩みその15 エンジニアと名乗っていいの?(?歳 男性 SE)
エンジニアかそれ以外か、なんてゼロイチで二値化してしまうのは、心のバグなのですわ。(2023/9/19)

敵は「磯丸水産」だけではなかった:
看板「500円ランチ」が消滅? さくら水産、知られざる「高級シフト」の今
かつて「500円ランチ」や安価な海鮮メニューを武器に人気を博した「さくら水産」。ピーク時には約150店舗を展開していたが、現在は20店舗ほどにとどまる。そんなさくら水産が、意外な変貌を遂げていた。(2023/9/16)

カラオケチェーン「ジャンカラ」、阪神優勝で “生ビール飲み放題3日間無料”に 関西地方の店舗で実施
とんでもない大盤振る舞い。(2023/9/14)

ウォルマートが「広告代理店」になる日 小売りに頼らない未来の稼ぎ方
売上総利益率は70〜80%、ロスも生じず、返品される可能性もゼロ――。ウォルマートが将来を約束された、最強の売れ筋商品とは。(2023/9/14)

「Uber Eats」24時間利用可能に 東京・大阪など国内12エリアで
フードデリバリー「Uber Eats」が一部地域で24時間利用できるようになった。働き方が多様化する中、利用者の多様な生活シーンに対応する狙いがある。(2023/8/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
そば大衆店はどこに行く? コロナで駅そば苦戦 大戸屋やすかいらーくがロードサイドに続々出店
外食大手が郊外ロードサイドに日本そば専門店を続々出店している。駅前や駅中のそばは苦戦している。そば大衆店の最新動向をまとめた。(2023/7/31)

スピン経済の歩き方:
なぜ「ビッグモーター」で不正が起きたのか レオパレスや大東建託との共通点
テレビCMでお馴染みのビッグモーターの不正が明らかになった。保険金を水増し請求するために、信じられない行為が行われていたわけだが、なぜ「買取台数日本一」の企業が不正を働いたのか。ビッグモーター、レオパレス、大東建託には共通点があって……。(2023/7/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「なぁぜなぁぜ」TikTokでの大流行は、経営学的に必然といえるワケ
TikTokで流行中のフレーズ「なぁぜなぁぜ」。経営学的な視点からひもとくと、「トヨタ自動車」や「ソニー」といった世界的企業の成功パターンといくつか共通点がある。(2023/7/14)

小売・流通アナリストの視点:
拡大続くドンキ帝国 「長崎屋」「ユニー」買収で限界突破できたといえるワケ
ドン・キホーテを中心とした小売グループであるPPIHが、目覚ましい躍進を続けている。この30年における日本の小売業で最も成長した企業といってもいいだろう。PPIHが国内屈指の売上規模にまで成長した背景には何があるのだろうか。(2023/6/30)

シリーズ売上は昨年比140%増に:
UHA味覚糖の「グミサプリ」 人気がじわり拡大している4つの理由
2021年の国内の健康食品・サプリメント市場は1兆円超を記録しました。その中で特に人気を博しているのが、UHA味覚糖が販売している「UHAグミサプリ」です。グミサプリ人気がじわじわと高まっている4つの理由を考察してみます。(2023/6/28)

総括マネージャーに聞いた:
セブン-イレブンが挑戦する「リテールメディア」 実証実験で見えはじめた“究極の強み”
小売業界で注目が高まりつつある「リテールメディア」。セブン‐イレブン・ジャパンは自社アプリを通じた広告配信に加え、22年末から店舗にデジタルサイネージを設置した広告配信の実証実験を進めている。ねらいと現状の取り組みについて、セブン‐イレブンジャパンのリテールメディア推進部 総括マネジャーの杉浦克樹氏と、協業パートナーのLMIグループ(東京都港区)の望田竜太副社長に聞いた。(2023/6/13)

ロジスティクス:
千葉・流山で大和ハウス最大の物流施設「DPL流山プロジェクト」が完成 東京ドーム15個分の延べ床面積
大和ハウス工業は、千葉県流山市で総延べ床面積73万7346平方メートルの計4棟の物流施設で構成する「DPL流山プロジェクト」の建設を進めており、このほど4棟目の「DPL流山II」が西松建設の施工で竣工したことで、プロジェクト全体が完成した。(2023/5/29)

あって欲しい施設:
家の近くにあったら嫌な施設 3位「教育関連施設」、2位「居酒屋」、1位は?
家の近くにあったら嫌な施設は何だろうか。全国の男女に聞いたところ……。(2023/5/27)

5月12日から順次:
静岡県富士宮市に「アクロスプラザ富士宮」オープン、特徴は?
大和ハウスリアルティマネジメントは5月12日より、静岡県富士宮市に複合商業施設「アクロスプラザ富士宮」を順次オープンする。地元住民にとって便利で使いやすい施設を目指す。(2023/5/11)

終電を逃したのでAIに「開いてるサウナ」を聞いたところ…… 案内を信じて歩いたら悲しい結果に
最後は平謝り。(2023/4/22)

実証実験の手ごたえは:
世田谷の「無人書店」実験、深夜と早朝に意外なニーズ 購買単価を2倍近くに押し上げた工夫とは
トーハンはスタートアップ企業のNebraskaと提携し、3月20日から同社グループの書店で、有人・無人のハイブリッド24時間営業の実証実験を行っている。実証実験の開始から約3週間が経った現時点で、前年と比較して10〜20%増収しているという。ネットでは「治安がいいから成り立つのでは」という反応も上がっている。こうした反響はどう捉えている?(2023/4/14)

ビジネスハックラボ:
牛丼(並)より110円安い! 働く若者に「すき家」「松屋」の朝食がおススメなワケ
若いビジネスパーソンは少しでもお金を節約したいが、その一方でお腹いっぱいになりたいと考えている。外食チェーンで値上げが相次ぐ中で、牛丼チェーンの朝食がありがたい理由とは?(2023/3/31)

DXを推進:
「ガスト」「バーミヤン」で深夜営業が続々復活 人手不足で中止したはずなのに、なぜ?
「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」が、3月13日から深夜営業を続々と再開。コロナや人手不足の影響で、深夜営業を中止していた。どうして続々復活しているのか?(2023/3/22)

有人の時間帯も:
シャトレーゼ、西麻布店を「24時間無人販売」に 無人決済で早朝・夜間ニーズに対応
和洋菓子大手のシャトレーゼ(山梨県甲府市)は、「シャトレーゼ西麻布店」(東京都港区)に無人決済システムを導入し、3月25日から「24時間無人販売店舗」としてリニューアルオープンすると発表した。24 時間営業とすることで、早朝や夜間の買い物ニーズにも対応する。(2023/3/20)

空きスペースの活用:
「終電間近にラーメンが売れる」 冷凍自販機の集合店はどんな使われ方をしているのか
冷凍自動販売機「ど冷(ひ)えもん」をご存じだろうか?最近は空きスペースにど冷えもんを数台置き、さまざまな商品をそろえる“冷凍自販機の集合店舗”が増加中。メリットとは?(2023/3/6)

札幌の「住みここちがいい沿線」ランキング 2位「札幌市電」、1位は?
大東建託は札幌都市圏版の「いい部屋ネット 街の住みここち沿線ランキング2022」を発表した。(2023/2/28)

駅から徒歩15分以内のシングル向け:
東急東横線の「家賃相場が安い駅ランキング」 5万8500円の1位駅は?
SUUMOジャーナルは、東急東横線沿線で駅から徒歩15分圏内にあるシングル向け物件を対象に、家賃相場が安い駅ランキングを発表した。3位は「東白楽駅」、2位は「妙蓮寺駅」だった。(2023/2/21)

地域最大級に:
ネットカフェ「DiCE大宮店」がリニューアル 特徴は?
インターネットカフェ「DiCE(ダイス) 大宮店」はアミューズメントエリアを新設し、地域最大級の24時間アミューズメント施設としてリニューアルオープンすることを発表した。(2023/1/19)

減り続ける銭湯:
「風呂なし物件」不動産、なぜ立ち上げた? 女性運営者の真意とは
「風呂なし物件」のみを紹介する不動産情報サイト「東京銭湯ふ動産」が話題。立ち上げの背景には、銭湯を取り巻く厳しい状況が――。(2023/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。