ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「24時間営業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「24時間営業」に関する情報が集まったページです。

HOTTERS24 高円寺店:
東京・高円寺に24時間営業の個室サウナ オープン前の店舗から見えた“こだわり”とは
東京・高円寺に12月1日、24時間営業の月額制男性専用プライベートサウナ、「HOTTERS24(ホッターズトゥエンティフォー)高円寺店」がオープンする。(2021/11/26)

東京・恵比寿に出店:
「ととのう」に「+α」を提供する個室サウナ 1号店は“ととのう×アート”
スキュレルは11月22日、2022年2月に完全個室サウナ「ひとりサウナ+(プラス)」の1号店を渋谷区恵比寿にオープンすると発表した。(2021/11/24)

昨年に続き:
ガストやバーミヤン、年末年始の営業時間を短縮 従業員のワークライフバランスを重視
外食大手のすかいらーくホールディングスは、ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉など約2800店舗で、年末年始の営業時間を短縮する。働き方改革の一環。(2021/11/17)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県さいたま市で延べ9.1万m2の物流施設が竣工、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、埼玉県さいたま市緑区で竣工した大型マルチテナント型物流施設「DPL浦和美園」が2021年11月1日に稼働したことを公表した。なお、DPL浦和美園の全区画が賃貸借契約済みだ。(2021/11/8)

懐かしの大垣夜行、深夜の静岡駅で駅弁を売った背景とは? 静岡駅弁・東海軒に聞く
昭和時代の東海道本線は、長距離を走る特急・急行・普通列車が昼夜を通して走り、ホームの駅弁立ち売りも盛況でした。そんな時代の駅弁事情、東海軒に聞きました。(2021/11/6)

シングル、カップル&ファミリー向け:
東京駅まで電車で30分圏内の「中古マンションが安い駅ランキング」 1位は?
リクルートは東京駅まで電車で30分圏内の「中古マンションが安い駅ランキング」を発表した。シングル向け3位は東京都杉並区の「新高円寺駅」、カップル・ファミリー向け3位には東京都葛飾区の「四ツ木駅」がランクインした。(2021/10/22)

製品動向:
三菱地所らが駐車場管理クラウドシステムを構築、清算の電子化と非接触化を実現
三菱地所パークスは、三菱地所や三菱地所リアルエステートサービスと共同で開発した駐車場管理クラウドシステム「CREPE」のモニタリング調査を神奈川県横須賀市で管理・運営する駐車場「サイカヤパーキング」で2021年8月18日にスタートした。今後は、システムやユーザビリティにおける課題などを検証し、2022年4月にCREPEの本格運用を目指す。(2021/10/14)

サウナ需要を狙う:
24時間利用可能「個室サウナ」が12月にオープン 東京・高円寺に
24時間利用可能な「個室サウナ」が東京・高円寺に12月、オープンする。月額1万3200円で入り放題となっている。三密を回避できる個室型にすることで、コロナ禍でのサウナ需要を取り込む狙いだ。(2021/10/1)

3つの疑問をぶつけた:
24H営業の無人家電店、販売好調の陰に潜む「意外な弱点」とは?
東京都大田区の蒲田に24時間営業の無人家電店「ゴジユウニ」が誕生した。オープンから約2カ月半、販売は好調だという。しかし、無人家電店ならではの「意外な弱点」があるという。そのほか、「家電って買い替え頻度低くない?」「美容家電とか置かないの?」などのギモンを尋ねてみたところ……(2021/9/30)

不動産市況:
札幌市の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、総合と単身向けの1位は「北24条」駅
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 札幌市編」を公表した。ランキングでは、「総合」「シングル向き物件」のカテゴリーで、「北24条」駅がランクインし、北24条駅は単身世帯を中心に人気なことが判明した。(2021/9/14)

週末に「へえ」な話:
盗まれないの? 東京の「無人果物店」は、なぜ“48時間”にこだわるのか
無人店舗が増えてきた。テクノロジーの進歩や人手不足などが背景にあるようだが、筆者が気になっているのは「無人果物店」である。どんなビジネスを展開しているのかというと……。(2021/9/12)

3分インタビュー:
好きな時間にサウナを独り占め 24時間営業の「個室サウナ」ができた理由
兵庫県にある24時間営業で月額制のプライベートサウナが話題となっている。好きな時間に密を避けた状態でサウナを楽しめる施設が2021年冬に東京と岡山に出店する。(2021/8/23)

失くした財布を届けてくれた「親切な警察官」、その出会いが恐怖の始まりで…… 落とし物から始まるホラー漫画
警察官が直接、落とし物を届けに来る……?(2021/8/17)

月額制:
24時間利用できる「個室サウナ」 東京・岡山に今冬開業
日笠は、24時間営業の月額制プライベートサウナ「HOTTERS24(ホッターズトゥエンティフォー)」を、東京と岡山に出店すると発表した。(2021/8/13)

ウマさ“金級”? 選手村の「焼き餃子」SNSで話題 TikTokに食べて踊る動画も
東京・晴海の五輪選手村に滞在する世界各国のアスリートから、日本流のおもてなしにさまざまな反応が届いている。中でも焼き餃子は人気で、さまざまなSNSで投稿が相次いでいる。(2021/8/4)

「TikTok」に食べて踊る動画も:
ウマさ“金級”の評判、選手村の「焼き餃子」 世界的ブーム到来か
東京・晴海の五輪選手村に滞在する世界各国のアスリートから、日本流のおもてなしにさまざまな反応が届いているが、「生涯最高」「世界一」とまで熱い絶賛を集めている“勝負メシ”が焼き餃子だ。(2021/8/3)

大東建託調べ:
秋田県の「住みここちランキング2021」発表 3位に「大仙市」がランクイン 最も支持を得た自治体は?
大東建託は、秋田県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。(2021/7/21)

働き方の「今」を知る:
それ、本当にブラック企業? 日本社会に誤って広がる「ホワイト企業信仰」が迎える末路
「ブラック企業」というワードの一般化に伴い、あれもこれもブラックだと指弾されることも。筆者は、そんな風潮に警鐘を鳴らす。そもそも「いい会社」って何だろう。(2021/7/21)

コロナ禍で4店舗を展開:
オープン初月で全店黒字化 24時間無人の古着店「秘密のさくらちゃん」を読み解く5つの秘密
コロナ禍でアパレル企業の業績が落ち込む中、続々と出店数を伸ばしている24時間無人の古着店がある。「秘密のさくらちゃん」だ。2020年1月に1号店を出店し、7カ月で4店舗まで拡大、全店でオープン初月黒字化を達成している。秘密のさくらちゃんを読み解く5つの「秘密」を探った。(2021/7/12)

クイズDEドラマ:
ド深夜の飯テロに空腹不可避! 伊藤万理華が“チェンメシ”愛を熱弁するドラマ「お耳に合いましたら。」 第1話は「松屋」
好きなことには冗舌になるのとても分かる。(2021/7/9)

コロナ禍で退会者は1.4倍:
東急系のスポーツジム、オンライントレーニングを本格化 個人の健康を「チーム」でサポート
東急不動産グループの東急スポーツオアシスが、新しいオンライントレーニングサービス「weltag(ウェルタッグ)」を7月中旬から提供する。(2021/7/6)

プロジェクト:
船橋市で「MFLP 船橋III」と「&PARK」が竣工、総延べ70万m2の大規模物流施設が完成
三井不動産は、物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク 船橋III」と緑地空間「&PARK」の竣工をもって、千葉県船橋市で2013年から開発を進めていた総延べ床面積約70万平方メートルの街づくり型ロジスティクスパーク「MFLP 船橋」が完成したことを発表した。(2021/7/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)

スピン経済の歩き方:
10年で116万台減少! 「世界一の自販機大国ニッポン」はなぜ衰退したのか
「日本は世界一の自販機大国」という話を聞いたことがあるが、本当にそうなのか。一人当たりの台数は世界一だが、機能面でいえば世界の潮流から遅れているようで……。(2021/6/23)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(4):
脱炭素に向けた日本の自動車政策はどう進む、「欧州に追従する必要はない」
国土交通省と経済産業省は2021年5月19日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第5回の会合を開き、業界団体などを対象としたヒアリングの結果をまとめた。(2021/5/31)

スピン経済の歩き方:
配達員トラブル多発のウーバーが、「不祥事相次ぐセブン」と妙に重なるワケ
街中でちょいちょいトラブルを起こしているウーバーイーツに、「ルール整備」を求める声があがっている。配達員の危険運転が問題になっているわけだが、筆者の窪田氏は「ウーバーとセブン-イレブンは同じ匂いをしている」という。どういう意味かといと……。(2021/4/20)

マックシェイクに「ミルキーのままの味」登場 不二家お墨付き、再現性に自信を見せる商品名に
期間限定。(2021/4/14)

PR:小売業界を変えるAI技術 「手ぶらで買い物」が当たり前の世界に
(2021/3/18)

デジタル化の現実的な課題:
無人レジとロボットの導入は、ファミリーマートの店舗をどう変えるのか? 責任者に聞いた
ファミリーマートは人手不足の解決策として、無人レジの導入やロボットを使った陳列作業などを実施することによって省力化に舵(かじ)を切っている。無人レジとロボットの導入でファミリーマートはどう変わるのか。同社執行役員の狩野智宏ライン・法人室長に、狙いと今後の店舗展開を聞いた。(2021/3/11)

ムジンノフクヤ:
開店1カ月目で黒字達成 「24時間無人」の古着店 店員不在でも支持されるワケ
東京都中野区にちょっと変わった古着店がある。24時間営業で店員がいない店、その名も「ムジンノフクヤ」(2021/3/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
時短せず「ノーマスク」で接客する店も 「ナメんじゃねーよ!!」と怒る“反逆飲食店”の言い分
緊急事態宣言を受け、時短や休業要請がされている。しかし、通常営業を続ける“反逆飲食店”も存在する。支援金などの制度を実情に沿った形に改善すべきだと筆者は主張する。(2021/2/22)

24時間営業、垂直統合をどう変える:
日本が「世界の下請け工場」になる日――2021年、「曲がり角」に立つ2つの産業とは?
2021年、曲がり角に立つコンビニと自動車産業。コロナ禍の影響もあるが、長らく続く伝統的なビジネスモデルの歪な構造が明らかになり、刷新する必要性が出てきている。両産業にはどんな課題があり、どう立ち向かうのか。(2021/1/29)

追加の7府県:
緊急事態宣言が大阪や愛知に拡大、ゴールドジムやコナミ、エニタイムの対応は? 会費を割引くジムも
2度目となる緊急事態宣言。1月13日には対象地域が大阪、兵庫、奈良の関西3府県と愛知、岐阜、栃木、福岡に拡大した。各スポーツクラブは、首都圏と同じ対応をとる店舗がある一方、慎重な動きを見せる企業もある。(2021/1/14)

オリコン調べ:
2度目の緊急事態宣言でコナミやエニタイムの対応に差 通常通り営業を続けるチェーンも
政府が1都3県を対象に再発出した緊急事態宣言。前回の緊急事態宣言では、各スポーツクラブが臨時休業や営業自粛の対応をとったが今回は各社で差が出ているようだ。(2021/1/12)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

「月50万使う太客には“獲りやすく”アシスト」「裏側を見たら絶対プレイしない」 元従業員が語るオンラインクレーンゲームの闇と法の未整備
オンクレはなぜ24時間営業できたり、高額景品を投入できたりするのでしょうか。(2021/1/4)

あえて「ぬるい温度」:
富士そば、筋トレ好き層に向けた「筋肉もりもりそば」発売 その理由は?
富士そばが筋トレサポートメニュー「筋肉もりもりそば」(税込680円)を11月6日に発売する。コロナ禍で増えた筋トレ好き層に向けた新商品だ。そば店で筋肉……その理由は?(2020/10/29)

スピン経済の歩き方:
セブンの「ステルス値上げ」を疑う人が、後を絶たない理由
消費者が知らない間に、こっそりと量を減らして価格は据え置き――。セブン-イレブンが「ステルス値上げ」をしているのではないかと叩かれている。なぜ、このように疑われているのか。筆者の窪田氏は、このように分析していて……。(2020/10/27)

店舗はトレーラーハウス:
マンション住民専用、24時間営業の無人スーパー 顔認証技術とセルフレジでNECが実現
NECソリューションイノベータは10月31日、長崎市のマンションに居住者向けの無人スーパー「FACE MART」を開店する。顔認証技術を利用した入退館システムとセルフレジを備えており、年中無休で24時間営業する。(2020/10/23)

NEC、顔認証で入退館できる無人店舗 マンション居住者専用で開店
NECソリューションベータが、顔認証技術を活用した無人店舗「FACE MART」を長崎市の分譲マンション敷地内に開店すると発表した。マンション居住者のみにサービスを提供する。(2020/10/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
逆風吹き荒れるコンビニをどう変えるか〜3兆円の巨大ビジネスの変革を担う澤田貴司社長の挑戦
踊り場に差し掛かっている巨大企業、巨大ビジネスを大きく変える。その改革は、さらなる再生を目指す日本企業にとって大いにヒントになるのではないか。(2020/10/22)

他業種から流入か:
1店舗の求人に300人が応募! コンビニの人手不足問題がコロナ禍で劇的に改善した理由
1年前は深刻な人手不足に苦しんでいたコンビニ業界だが、コロナ禍の影響で求人の応募者が増えている。その理由は?(2020/10/15)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で改革急ぐファミレス サイゼリヤとジョイフルの苦戦が長引きそうな理由
コロナ禍を乗り切るためファミレス各社はさまざまな改革を打ち出している。サイゼリヤとジョイフルは苦しい状況が続きそうだ。その理由とは。(2020/9/30)

独禁法違反の恐れも指摘:
「時短営業の交渉を拒絶」「無断で発注された」「インフルエンザでも休めない」 コンビニ加盟店と本部のトラブル、公取委の調査で浮き彫りに
公取委が、全国1万2093店舗のコンビニ加盟店へのアンケート結果を公開。「時短営業の交渉に応じてもらえていない」「本部指導員に無断で発注された経験がある」といった現状が浮き彫りに。(2020/9/2)

キンコーズ、24時間営業を廃止 “新しい生活様式”に対応
キンコーズ・ジャパンが、オンデマンド印刷サービスを提供する「キンコーズ」の全店舗で24時間営業を廃止。新しい生活様式への対応や、働き方改革の推進が理由という。(2020/8/31)

新しい生活様式:
キンコーズ、24時間営業を廃止 オンライン入稿を強化
キンコーズ・ジャパンが、全店舗で24時間営業を廃止する。新型コロナの感染拡大に伴い、3月から営業時間を短縮。コロナ禍終息後も24時間営業を取りやめる。(2020/8/31)

「コピー本作成の駆け込み寺」 キンコーズが24時間営業の終了を発表
ビジネスだけでなく、創作活動で使った人も多いのでは?(2020/8/31)

プロジェクト:
積水ハウスが「モクシー・ホテル」の国内3軒目を大阪新梅田で開業
マリオット・インターナショナルが、北米や欧州、アジア太平洋地域で60件以上展開するホテルブランド「モクシー・ホテル」の国内3件目「モクシ―大阪新梅田」が、大阪福島区で、2020年9月1日にオープンする。2020年7月17日から予約を受け付けており、現在開業を記念し、朝食が無料で食べられる宿泊パッケージ「HAPPY HOUR・・・for 24HOURS」を提供している。(2020/8/26)

「マックフライポテト」全サイズ150円キャンペーン、8月19日から ポテト型タイマーが当たる「ティロリティロリ」キャンペーンも同時開催
あの音、公式で「ティロリ音」っていうんだ。(2020/8/18)

セブン‐イレブン、「お会計セルフレジ」9月から順次導入 店員の負荷軽減、客の待ち時間短縮狙う
セブン‐イレブン・ジャパンは、会計操作を客が行う「お会計セルフレジ」を、2020年9月から全国のセブン-イレブン店舗に順次導入すると発表した。店員の負荷軽減と客の待ち時間短縮を狙う。(2020/8/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。