ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

「24時間営業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「24時間営業」に関する情報が集まったページです。

国内8チェーンの加盟店が対象:
「24時間営業問題」にメス!? 公正取引委員会がコンビニ本部と加盟店の実態調査に着手
公正取引委員会が「コンビニエンスストア本部と加盟店との取引等に関する実態調査」を実施する。国内8チェーンの全加盟店オーナーに調査票を送付。24時間営業問題についての実態などを調べる。(2020/1/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
すかいらーくの「24時間営業撤廃」を手放しに喜べないワケ
「ガスト」や「ジョナサン」を手がけるファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、24時間営業を全廃すると発表した。本件は「働き方改革」という文脈で片付けられやすい。しかし、問題はそれほど単純ではない。これは新たな”実質値上げ”の類型だ。(2020/1/24)

接客に集中できる:
PR:フィットネスクラブが「会員カード」を廃止!? 「顔認証システム」はなぜ従業員の負担を減らし会員の満足度を向上できたのか
フィットネスクラブでチェックインの手続きをする際、会員カードを使うのが一般的だ。しかし、「フィットネス&スパ あすウェル小田急相模原」(神奈川県座間市)では、顔認証システムを導入することで、店舗運営における従業員の負担低減と、利用者の満足度向上を両立させている。業界では先進的な取り組みだ。「ハイクオリティなサービスをお手頃な価格で提供する」というコンセプトに欠かせない、顔認証システムの全貌に迫る。(2020/1/22)

外食業界にも深夜営業見直しの波:
ガストやジョナサンの24時間営業廃止へ すかいらーくHDが人手不足受け決断
(2020/1/20)

すかいらーくHDが全店舗で24時間営業を廃止 「女性やシニアが活躍する社会の実現」のため
24時間営業、今後どんどん減っていきそう。(2020/1/20)

CES2020:
カーシェアや交通機関を外国人にも使いやすく、話者に合わせて言語を自動切換え
英語で話しかけると英語で、ドイツ語で話しかけるとドイツ語で、乗客の問いかけに答えるバスが2020年内にも走り出す。(2020/1/16)

ポケモンGO、“裏技”を使って色違い高個体値シャドウポケモン捕獲に挑戦
ポケモンGOのGOロケット団戦で裏技発覚。リーダー(幹部)に勝利した後、ゲットチャレンジに登場する「シャドウポケモン」の個体値を簡単に変えられるようです。(2020/1/8)

スピン経済の歩き方:
企業不祥事トレンドは「人口減少型」、2020年はどうなる?
2019年も、さまざまな企業不祥事があった。レオパレス21やセブン-イレブン、かんぽ生命など、そうそうたる大企業が次々にやらかしたわけだが、20年はどうなるのか。筆者の窪田氏が分析したところ……。(2019/12/31)

スピン経済の歩き方:
日本郵政の元凶は「多すぎる郵便局」と考える、これだけの理由
かんぽ生命の営業現場が、大変な騒ぎになっている。高齢者をだまし、契約を結ぶ。その一線を超えられない人に対して、「お前は寄生虫」などと罵声を浴びせる。典型的なブラック企業なわけだが、なぜこのような組織になってしまったのか。(2019/12/24)

学費無料・24時間体制のエンジニア学校「42Tokyo」、対象年齢を18歳以上に引き上げ 青少年保護育成条例に配慮
2020年4月に開校予定のITエンジニア養成学校「42 Tokyo」の運営事務局が、入学試験に出願できる生徒の年齢を16歳以上から18歳以上に変更した。同校は校舎を24時間365日開放する予定だが、18歳未満の青少年が24時間営業の施設に出入りすることは都の条例で制限されている。これに配慮した判断という。(2019/12/9)

新連載・コンビニオーナー“大反乱”の真相:
コンビニおでん「無断発注」「販売中止」問題が暴く画一的ビジネスの限界
冬のコンビニの人気商品・おでんに異変。無断発注問題や店舗によっては販売休止の動きも。オーナーへの生々しい現場取材を通じてその真因を追う。(2019/12/9)

企業のメリットは:
松屋の自販機ビジネスが本格始動 その全貌が明らかに
松屋の自販機ビジネスが本格始動。どのような仕組みになっているのかが明らかになった。企業の“福利厚生市場”に食い込めるか。(2019/11/29)

スピン経済の歩き方:
「コンビニの書店強化」が大コケすると思う、これだけの理由
コンビニが客と本を結びつける場になるのではないか、と注目を集めている。店内の書店棚を充実させたり、書店との一体型店舗を始めたり、大手3社はさまざまな取り組みを始めているが、本当にうまくいくのか。筆者の窪田氏は否定的な見方をしていて……。(2019/11/26)

ファミリーマート、加盟店の時間短縮営業を容認へ 契約改定で対応
 ファミリーマートは、原則としている24時間営業について、加盟店の希望で「時短営業」を原則認める方針を固めたことが13日、分かった。同社は6月から加盟店参加による夜間休業の実験に取り組んでおり、結果を踏まえ、12月から方針を検討するとしていた。(2019/11/14)

下請け構造、給与に根深い問題:
「台風19号でもトラックの中止連絡無かった」――走り続けた零細物流が陥る“負の業界構造”とは
台風19号では多くの業界がサービスや営業を停止した。しかし筆者は「中小運輸では走っていたトラックも少なくない」と指摘。運輸業界特有の構造的問題に迫る。(2019/11/8)

人手不足解消はまだ遠く:
働けば働くほど負担が増加? コンビニ従業員の不満、経産省の調査で明らかに
経済産業省がコンビニ従業員へのアンケート調査を実施。人手不足が深刻化する中、見えてきた働き方の現状とは?(2019/11/6)

セブン-イレブン、時短営業を本格化 11月から8店舗が深夜休業に本移行
「昔は24時間営業のコンビニがいっぱいあってなあ」「おじいちゃんてば」みたいな時代になるのかも。(2019/10/21)

ゲオ、だれにも会わずに受け取れるロッカー型レンタルショップ「ゲオスピード」をオープン 
スマホであらかじめ注文しておいて、受け取るだけのレンタルショップです。(2019/10/18)

スピン経済の歩き方:
セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か
セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表した。街中にコンビニがあふれているので、「そりゃあそうだろう。ちょっと減らしたほうがいいよ」と思われたもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/10/16)

ビジネスモデル見直しに企業イメージ毀損 セブン&アイ、どう持ち直すか
セブン&アイ・ホールディングスが10日発表した役員報酬返上と事業構造改革は、厳しさを増す経営環境に対する同社の危機感を浮き彫りにした。不振のスーパーや百貨店事業に加え、稼ぎ頭のコンビニエンスストア事業も逆風にさらされる。「7pay(セブンペイ)」問題で傷ついたブランドイメージの回復と合わせ、新たな成長軌道を描けるかが問われる。(2019/10/11)

小売・流通アナリストの視点:
食品ロス削減推進法スタート 食品ロスは減らせるのか?
2019年10月から食品流通業界では注目の法律である「食品ロス削減推進法」が施行された。業界の取り組みは奏功するのだろうか?(2019/10/4)

セブン-イレブン店舗オーナーが本部を「おでん無断発注」で告発 → どんな問題があるのか弁護士に聞いてみた
セブン-イレブン店舗のオーナー5人が、「本部社員がおでんなどの商品を無断で発注した」として公正取引委員会に申告書を提出しました。(2019/9/18)

今日のリサーチ:
20〜30代女性のコンビニ消費、1日の平均額は「500〜800円」が4割――ミュゼプラチナム調査
ミュゼプラチナムは、20〜30代女性を対象としたコンビニエンスストアの利用状況調査を実施しました。(2019/8/30)

変わる?夜のコンビニ ローソンは無人営業、ファミマは時短
 コンビニエンスストア大手で24時間営業の見直しが加速している。ローソンは深夜時間帯の売り場の無人営業実験を始め、ファミリーマートは時短営業実験への参加を呼び掛ける説明会を開催した。深刻化する人手不足で加盟店の店舗運営は限界に近づいており、24時間営業という「コンビニの原則」が変わりつつあるようだ。(日野稚子)(2019/8/26)

時短のセブン店主が日曜定休通告 本部「休業なら契約解除」
自主的に24時間営業を短縮したセブン−イレブン東大阪南上小阪店のオーナー、松本実敏さん(57)が、9月から日曜日を定休日にするとセブン−イレブン・ジャパン本部に通告したことが23日、分かった。本部側は日曜に休業した時点で契約を解除すると書面で回答(2019/8/24)

変わる? 夜のコンビニ ローソンは無人営業、ファミマは時短
コンビニエンスストア大手で24時間営業の見直しが加速している。ローソンは深夜時間帯の売り場の無人営業実験を始め、ファミリーマートは時短営業実験への参加を呼び掛ける説明会を開催した。深刻化する人手不足で加盟店の店舗運営は限界に……(2019/8/24)

消えゆく「ドライブイン」 生き証人が語る栄枯盛衰
道の駅などの広まりで、最近はあまり見かけなくなったドライブイン。昭和のモータリゼーション(自動車の大衆化)とともに勃興し、ドライブの合間の飲食や休憩に利用されにぎわったが、令和の現在、インターネットで検索すると、近畿2府4県で「ドライブイン」の名前がつくのは5施設に過ぎない。(2019/8/23)

世界初「TENGA自販機」ついに爆誕! 24時間無人営業でいつでもTENGAが購入可能に
TENGAあります。(2019/8/6)

既に達成率は8割:
従業員に「7連休とってね」 ロイヤルホストの働き方改革、次なる一手
働き方改革を次々と推進しているロイヤルホスト。24時間営業の廃止や店舗休業日の設定に続き、従業員の「7連休」取得に挑戦している。人材獲得にもプラスに働いているようだ。(2019/7/30)

親子3人でシフト:
飲み屋街で24時間営業の本屋さん、支持される理由とは
沖縄で昭和の街並みが残る飲み屋街、那覇市栄町。日付が変わる午前0時ごろ、飲食店が次々と店を閉め始めても、明かりがともり続ける店がある。街の本屋「ブックスおおみね」だ。約30年、家族4人で沖縄の書店で唯一24時間営業を続けている。(2019/7/17)

スピン経済の歩き方:
「二段階認証うんぬん」発言から読み取れる、セブンの危機的状況
不正アクセスの問題を受けて、7payの社長は記者からの質問に詰まってしまった。「二段階認証も知らないのか」「信じられない。それでも社長?」といった声が飛び交っていたが、メディアトレーニングを行っている筆者の窪田氏はこの会見をどのように見ているのか。(2019/7/9)

LINE CONFERENCE 2019:
朝起きてから寝るまでをサポート LINEが目指す“Life on LINE”戦略
LINEが6月27日、最新のテクノロジーやサービスを披露する「LINE CONFERENCE 2019」を開催した。同社は「Life on LINE」という戦略を掲げ、ユーザーの1日をサポートできるよう、多彩なサービスを展開する。キーになる技術は「オフライン」「フィンテック」「AI」の3つだ。(2019/6/28)

スピン経済の歩き方:
「コメダローソン」が誕生する日は、本当にやって来るのか
「コメダ珈琲店」などを運営するコメダホールディングスが三菱商事と資本・業務提携することを発表した。提携の目的はコメダが進める海外出店で、三菱商事のネットワークを活用していくためだというが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2019/6/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
小売業でリアルの逆襲始まる、製造業はどうなのか
逆襲っていいですよね。ゴジラとか帝国とかシャアとかもやってますし。(2019/6/13)

ヤマト運輸が24時間営業のセルフ型店舗、フリマユーザーのニーズくみ取る
ヤマト運輸が24時間営業のセルフ型直営店を豊洲にオープンすると発表した。(2019/5/29)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

ロイホが一斉休業! 何があったのか聞いてみた たまに休業しても売り上げはアップ
2018年から年3回ほど一斉休業しています。(2019/5/10)

ここにしかない要素が満載:
豊洲市場の吉野家が面白い 「時給1500円」に「超少ないメニュー数」
2018年10月に吉野家の1号店は築地から豊洲市場に移転した。他店とは違うユニークな運営がされている。創業精神を受け継ぐお店に行ってみた。(2019/4/29)

小売・流通アナリストの視点:
「24時間からの撤退」を突き付けられたコンビニ本部の“生存戦略”
コンビニ本部と加盟店が対立し、クローズアップされる24時間営業の是非。今、コンビニ本場が取るべき「生存戦略」とは――。(2019/4/26)

ファミマ、恵方巻など季節商材を完全予約制に 「廃棄ゼロ」目指す 加盟店支援策を発表 
加盟店支援にファミマが本腰。(2019/4/25)

ミニストップ、加盟店と本部の利益分配を見直し 24時間営業問題など「変化への対応不十分」と反省
「加盟店と本部の共存共栄」を目指すとのこと。(2019/4/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

シンガポールに新業態店を展開:
ドンキが海外で焼き芋を売りまくっていた! “特化型”の小さな店も国際空港にオープン
“シンガポール版ドンキ”ともいえる「DON DON DONKI」。17年1月にオープンしてから、連日人気ができるほど人気なのが焼き芋だ。ついに焼き芋をメインにした小型店を現地の空港内にオープンすることになった。(2019/4/23)

「ビッグマック ジュニア」日本初上陸 「グランド ビッグマック」「ギガ ビッグマック」も復活して春のビッグマック祭り開幕
小腹が空いたときに良さそうな!(2019/4/11)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
それでもコンビニは24時間営業をやめられない
24時間営業をやめたくないから、いろいろ手を打っているわけでもあり。(2019/4/9)

利益が少ない:
コンビニオーナーの4割は「本部に不満」、その理由は?
コンビニのオーナーは、フランチャイズ本部との関係をどのように感じているのだろうか。加盟店のオーナーに満足度を聞いたところ「満足している」と答えたのは53%に対し、「満足していない」は39%だった。経済産業省の調べ。(2019/4/5)

いつ行っても働いてるコンビニ店長 「ブラックか」と心配するも意外な事実が判明する漫画に「声を出して笑った」「衝撃」
1年後、謎は解き明かされた。(2019/4/3)

顔認証で入店・決済、ファミマとパナソニックが実証実験
ファミリーマートとパナソニックが横浜市に実験店舗をオープン。店内のカメラ映像から売り切れている商品を判断。両社員を対象に、顔認証で入店・決済できる仕組みも導入する。(2019/4/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。