ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オープンミドルウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オープンミドルウェア」に関する情報が集まったページです。

ビジネス部門の要求に迅速に応えるビッグデータ基盤:
PR:「データマートレス」の実現でこれからの情報活用は変わる
ハードウェアとデータベースの処理性能が日々進化する現在、ビッグデータの活用がさまざまな業種業界で始まっている。その中でも、流通・小売業界はビッグデータをビジネスに利用している動きが顕著だ。その取り組みについて、流通・小売業界のIT事情に精通したコンサルタントに話を聞いた。(2013/9/4)

扱いやすさとサポートが魅力:
PR:ビッグデータ導入のプロも評価する「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」とは?
16年以上にわたりビジネスインテリジェンス(BI)分野のソリューションを提供してきた実績を持つ日立ソリューションズ。同社では、BIソリューションを体系化した「BIコンシェルジェサービス」の主力製品として、日立の高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」を位置づけている。(2013/8/2)

PR:正確でスピーディーな決断を促す「日立の高速データアクセス基盤」
あらゆるビジネスシーンにおいて、より正確でスピーディーな決断を迫られる今、競争に打ち勝つためにはビッグデータの活用が求められる。それには、膨大で複雑に絡み合ったデータからビジネス価値をもたらすデータのみを素早く手に入れる必要がある。日立の高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」は、それを実現する最適なソリューションとして登場した最新のテクノロジーだという。(2013/7/29)

資格取得によるスキルの標準化が急務:
PR:運用管理者はシステム運用が複雑化する中、スキル不足にどう対応していくべきか?
仮想化やクラウドの普及でシステムが複雑化する中、運用管理者の人員・スキル不足が深刻化している。この問題を解消するためには、運用の自動化や人員の全体的なスキルアップがキモになる。今回は運用管理者の効率的なスキルアップの一助となる「日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度」を紹介する。(2013/3/1)

ホワイトペーパー:
“ビジネスを加速させるクラウド活用”の前提条件とPaaS環境構築・運用の勘所
オープンミドルウェア導入ガイド(2012/10/30)

新製品Hitachi Unified Compute Platform:
日立の統合プラットフォーム第1弾は運用自動化ツールが特徴
日立が10月22日に発表した「Hitachi Unified Compute Platform」は、同社にとって、統合プラットフォームの第1弾製品。米国の日立が開発した仮想化環境運用自動化製品「Hitachi UCP Director」が、大きな特色となっている(2012/10/23)

日立、クラウド構築を支援する2つの統合プラットフォームを発売
「Hitachi Unified Compute Platform」は、サーバやストレージ、ネットワークなどのハードウェアを統合し、事前検証や基本設定を済ませた状態で提供することで、企業のクラウド構築作業を簡素化するという。(2012/10/22)

漠然とした要件を整理:
社内稟議の手助けも? クラウド構築を支援するベンダーの取り組み
コスト削減、経営のスピード化などの実現に向け、クラウドへの期待が高まる中、日立はユーザーのクラウド構築を包括的に支援する施策を始めている。(2012/8/31)

ビジネスとビッグデータの橋渡し:
達人によるビッグデータ活用指南――日立の取り組み「イノベイティブ・アナリティクス」
大量のデータの中から価値ある情報を探し出し、ビジネスにつなげていくには従来とは異なるアプローチが必要になる。そこで注目されるのが、蓄えたデータから得られる知見と実際の業務との橋渡しをする専門家の存在だ。日立の取り組みを聞いた。(2012/8/24)

ユーザー本位の開発のために:
デスクの上にペルソナを――UX向上の取り組み
ソフトウェア開発の場で注目を集めつつあるUX(User Experience)。UXを意識した製品開発についての取り組みを日立UX設計部の守島氏に聞いた。(2012/5/11)

ユーザー自身の「解」の発見を支援:
ビッグデータ活用のヒント――BIの4モデルとは
ビッグデータの活用で新たなビジネス価値を模索する動きが活発化している。顧客のニーズを明らかにし、その実現を支えるCEPやHadoopなどの基盤技術について、NTTデータのキーマン3人に話を聞いた。(2012/4/27)

技術の限界を超えて:
スポーツ分野への適用も――ビッグデータの新たな価値を見出す
新たな価値創造に欠かせないソリューションとして期待が高まるビッグデータ。JSOLは既存の事業領域における新たな価値提供と、これまでにないビジネスモデルの創出という2つのアプローチから取り組みを始めている。(2012/4/20)

朝日信用金庫、国際勘定系システムを刷新
日本ユニシスの次世代国際勘定系システム「OpenE'ARK」を導入し、2012年度下期に稼働を開始する。(2011/11/25)

導入への3つのステップ:
スマートフォンの「確実に押さえたいポイント」
企業がスマートフォンを最適な形で導入・活用していくには検討すべき課題も多い。スマートフォンの導入に際して考慮すべきポイントをあらためて整理する。(2011/10/14)

識者が語る日本の課題:
日本のCIOは「BCPは自分の仕事ではない」と考えている――早稲田大・小尾教授による指摘
東日本大震災を機に多くの企業が自社の事業継続性への取り組みに対する見直しを進めているが、特に日本企業にとっては震災以外にも事業の成長を阻むさまざまな制約がある。この困難をどう乗り切るべきか、国際CIO学会顧問で早稲田大学大学院教授の小尾敏夫氏に話を聞いた。(2011/10/7)

Open Middleware実践講座:
運用管理の自動化にはまず業務手順を可視化すべし
昨今、企業では業務の多様化に伴い、運用管理を自動化し誤操作のリスクを軽減したいというニーズが高まっています。ではどのように自動化できる部分を判断すればよいのでしょうか。(2011/7/15)

アナリストに聞く:
属人化した運用管理に別れを告げるには――自動化への道
仮想化の普及やマルチプラットフォームの増加などに伴い複雑化するIT運用管理。課題と対策をアイ・ティー・アールのシニア・アナリスト金谷敏尊氏に聞いた。(2011/7/8)

3銀行で日本ユニシスの国際勘定系システムの共同利用がスタート
肥後銀行と山陰合同銀行、みちのく銀行は、日本ユニシスの国際勘定系システム「OpenE'ARK」の共同利用を開始した。(2011/5/23)

Open Middleware実践講座:
「大量データ」活用に向けた技術の選択基準は
世の中で扱われるデータ量が増加する中、企業ではこうした「大量データ」を活用する動きが本格化しつつあります。ではどのような技術を適用していけばよいのでしょうか。(2011/4/15)

データの活用範囲を拡大する:
リアルタイム処理で「大量データ」を使いこなせ
実世界から流れ込んでくる大量のデータを即時分析するニーズが高まっている。膨大なデータをリアルタイムに処理する技術の裏側、そしてデータ活用の今後に迫る。(2011/4/8)

増加する「大量データ」活用に向けて:
Hadoopを本当に使いこなすための現実解
オープンソースの分散処理ソフトウェアとして注目を集めるHadoop。企業ITコンサルタントの鵜澤幹夫氏がHadoopにおけるベンダーの取り組みを聞いた。(2011/4/1)

Open Middleware実践講座:
仮想化環境へのストレージ再構築に求められる運用管理ソフトの基準とは?
コスト削減や運用負荷低減を目的に、ストレージの仮想化が進みつつあります。そこで課題となるのがストレージの状態を正確に把握することですが、解決のポイントは「仮想環境を可視化」することです。(2011/2/4)

グループウェアSaaS化の実際:
SaaSで始めるコラボレーション――基盤を支えるデータセンターもポイントに
グループウェアの全社展開というニーズがありながらも、さまざまな不安から躊躇している企業がある中、日立はセキュアな協働作業環境を提供するSaaS型グループウェアのサービスを開始している。そのメリットと安全性の裏側を探る。(2011/1/28)

そのITリソース、効率的に使えていますか?:
PR:ITリソースの予約、配備、見直しまで、一元的な運用サイクルを管理――「JP1/ITRM」
日立が2010年6月に発表した統合システム運用管理ソフトウェア「JP1 V9.1」シリーズに加わることとなった「JP1/IT Resource Management – Manager(JP1/ITRM)」は、仮想化/非仮想化、異種OSの混在環境におけるITリソース管理を一元的に行える、仮想化時代の効率的なITリソースプール運用を支援するツールである。(2010/12/6)

日本でSaaS型CRMを使うには:
SaaS型帳票サービスはビジネスに何をもたらすか
現在、SaaS型CRMを利用している企業は少なくないだろう。だが、日本企業に根強く残る「帳票」との相性は必ずしも良いとは言えない。日立ブレーンの事例から、帳票を効率化し、ビジネススピードを向上する方法を探る。(2010/10/22)

海外進出する日系企業に向けて:
JP1、アジアでの10年、そしてこれから
アジア各国の急伸によりグローバル市場が新たな局面を迎える折、日系企業が海外展開を加速させている。企業がグローバル化を進める上で常に課題となるのが海外拠点でのシステム運用管理だ。日立JP1のアジア市場における取り組みを聞いた。(2010/10/15)

対談:
グローバル化――そこに横たわる課題解決のために
企業にとってグローバル化は避けては通れない道となっているが、それに伴うさまざまな課題もある。企業はこうした課題にどう対処すべきなのか。日本マネジメント総合研究所 理事長である戸村智憲氏に、アイティメディア ITインダストリー事業部 編集統括部長 浅井英二が聞いた。(2010/10/8)

Hitachi OMW “JP1 Day” Report:
クラウドは企業にチャンスと脅威をもたらす
クラウド時代を迎え、一般ユーザーはクラウドのメリットを享受することに慣れつつある。これは企業にとって脅威だが、同時にチャンスでもある。この機会を生かすには、仮想化技術と、それに最適化された運用管理環境が必要だという。(2010/9/8)

IT統制強化に対応:
ソフトウェア資産管理の最新ツールを追う
コンプライアンスの確保やIT資産最適化の観点から、ソフトウェア資産管理が企業において課題となっている。複雑化するライセンス形態に対応して適切に管理するためのツールを考える。(2010/8/27)

Open Middleware実践講座:
仮想化環境でのバックアップ時間を短縮するには?
仮想化環境におけるバックアップデータは増大する傾向にあり、作業時間もネットワークへの負荷も大きくなりがちです。この問題を解決する方法の1つが「重複排除」です。(2010/8/20)

JP1 V9.1 Review:
JP1は物理と仮想の統合運用環境をもたらすか?
仮想化への急速なシフトはメリットとともに運用管理上の課題も生み出す。どのようにリソースプールを運用するのか? 構成変更時の物理と仮想のマッピングをいかに効率化すべきか?――これらを解決するのが、統合運用管理ツールに求められる役割だ。(2010/8/6)

仮想環境における運用管理の課題を解決:
PR:運用者視点で構成可視化やITリソースのライフサイクル管理を図る――日立「JP1 V9.1」
2010年6月、日立の統合システム運用管理「JP1」の最新版「JP1 V9.1」が発売された。バージョンアップでは、情報システムへの投資コスト削減効果が期待できる仮想環境を強力に支援する新機能が目玉になっている。(2010/8/2)

実践! 仮想化――ビジネスに効く、真の仮想化とは:
企業の仮想化最前線 普及度合いと効果は? 現場の悩みは?
物理サーバ台数の削減など、ITコストの抑制に効果があるとして注目を集めてきた仮想化技術。しかし実際にはどのくらい普及し、どの程度の効果があがっているのだろうか。仮想化市場の現状に精通している日本仮想化技術株式会社の宮原徹氏と、日立製作所の稲場淳二氏が仮想化市場の最前線について語り合った。(2010/7/29)

Open Middleware実践講座:
仮想化したのに期待したほど構築時間を短縮できないのはなぜ?
ITシステムに関するさまざまな質問に、第一線で活躍するエンジニアが答えます。第1回は仮想化のメリットを最大限に享受するためのポイントを解説します。(2010/4/7)

情報セキュリティを支える日立オープンミドルウェア:
ISO/IEC15408認証取得製品を活用してよりセキュアな情報システムを
ITシステムとネットワークを数々の脅威から守り、安心・安全な社会を実現する「情報セキュリティ」の確保が重要な課題となっている。日立オープンミドルウェアはこの課題に対してどのような答えを出しているのか、日立製作所ソフトウェア事業部の技術者が語る。(2010/3/31)

クラウドがもたらす“本当のメリット”:
クラウド体験を企業内で実現するための仮想化テクノロジーと管理ソフトウェア
クラウドがもたらすはずのユーザー体験をどのように具現化していくか。それがこれからの企業に課せられた新たな使命と言える。日立では、ユーザーに価値を提供するクラウド的エクスペリエンスを企業ITで実現するための取り組みを推進している。(2010/3/24)

クラウドがもたらす本当のメリット:
日本のクラウド市場の現状とクラウドの価値へのフォーカス
クラウドに関する企業ユーザーの声は厳しい。それが何を意味するのかがいまだ分かりにくく、まして何を提供してどのような利便性が生まれるのかの説明がなされていないからである。クラウドがもたらす変化や体験を正しく伝え、理解されることが、本当のクラウドを企業へ推進することにつながるのである。(2010/3/17)

Cosminexus Day Report:
ITが生み出す「現場の力」が企業を成長させる
2月25日、日立製作所は「Hitachi Open Middleware World Cosminexus Day」を開催。Cosminexus V8.5にフォーカスし、製品紹介や事例など多様なセミナーが展開された。(2010/2/26)

対象はJP1やCosminexusを扱うパートナー:
日立、「オープンミドルウェア テクニカルアワード2008」を発表
日立は「オープンミドルウェア テクニカルアワード2008」を発表。JP1やCosminexusを扱うパートナーが対象となる。(2009/3/27)

PR:コスト削減と安定稼働の切り札 JP1による運用管理の自動化
(2009/3/16)

イノベーションに求められる企業情報基盤
去る11月18日、六本木アカデミーヒルズ40にて日立製作所のソリューションを紹介するOpen Middleware World 2008 Autumn Cosminexus Dayが開催された。当日は日立製作所の統合情報基盤「Cosminexus」が牽引するイノベーションについて、多数のセミナーが催された。(2008/12/2)

HITACHI Open Middleware World 2008 Autumn Report:
仮想化時代に求められる運用管理の手法とは
11月17日、日立製作所の最新ITソリューションを紹介する「Open Middleware World 2008 Autumn」が開幕した。同社の運用管理ソフトウェアである「JP1」およびアプリケーションプラットフォーム「Cosminexus」の最新機能を中心に、事例や展示を織り交ぜた総合的なソリューション紹介が行われている。(2008/11/18)

HITACHI Open Middleware World 2008 Report:
グリーンITの決め手は運用管理
グリーンITを実現するには、省電力のハードウェアに買い換える前に、使い方そのものを工夫することで多くの部分が改善されるという。(2008/6/18)

プロダクト&ソリューション:
製品選択の助けとなるか――認証制度とセキュリティへの取り組み
業務アプリケーションの稼働基盤となるミドルウェアを提供する日立が今、特に積極的に推進しているのが、製品セキュリティレベルを向上させる数々の施策だ。セキュリティにおけるライフサイクルを確立し、第三者による認証制度を活用しようとする取り組みについて、日立製作所ソフトウェア事業部に話を聞いた。(2007/11/14)

エンタープライズ2.0時代の到来:
企業を取り巻く2.0はどこへ向かうのか?
エンタープライズ2.0はどのような意味を持つのか。そしてどこへ向かうのか。企業から寄せられたアンケート結果とともに、意味を探ろう。(2007/8/31)

HITACHI Open Middleware World Report:
内部統制に悩むシステム管理者を支援――JP1 V8.1
 最新の運用管理ツールJP1 V8.1では、内部統制に対応するための機能が重点的に強化され、悩めるシステム管理者を支援するという。(2007/6/7)

日立製作所、運用管理者向けセミナー「HITACHI Open Middleware World」を開催
日立製作所は運用管理者向けセミナー「HITACHI Open Middleware World」を6月6日に開催すると発表した。今回のセミナーでは特にJP1 V8.1にフォーカスし、新たに搭載された内部統制支援機能について紹介される。(2007/5/29)

監査を乗り切るカギとなる、ITの有効活用
効率的な内部統制の実現を目指して
2008年4月1日以降の開始事業年度から「内部統制の評価と監査の制度」が導入される。企業において内部統制を実現するにあたり、ITはどのような役割を果たすことができるのだろうか。監査法人トーマツ エンタープライズリスクサービス部 パートナー 丸山満彦氏に話を聞いた。(2006/9/22)

日本版SOX施行まであと2年、米SOXで先行した日立
自社で米SOXを先行導入した日立製作所。2008年に施行開始予定の日本版SOX法に向けて、実践的なノウハウを蓄積している。(2006/8/25)

日立がOpen Middleware World 2005 Summerで語った9つの解
日立製作所は6月2日、同社のプライベートセミナーで基幹運用、構築の手法を明らかにした。セミナーの1つでは、日立グループ20万人を支えるコラボレーション基盤についても語られた。(2005/6/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。