ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「rsync」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
rsyncを用いたコンテンツの分散 − @IT

必修Linuxコマンド83選【中編】
知っておきたい「Linux」基礎コマンド一覧:G〜R編
本連載は「Linux」の基本的なコマンドをアルファベット順に紹介する。気軽に使えるコマンドを身に付け、Linuxをもっと便利に使ってみよう。(2019/9/28)

PR:鍵はOSにあり! これからのNASはクラウドとの親和性で選べ
クラウドストレージは普及が進む一方で、それに障害が発生した際の影響は計り知れない面がある。万が一に備えて、クラウドとの親和性の高いOSを備えたNASを用意すると、クラウドだけではなくローカルにもファイルを置けて便利だ。この記事ではQNAPのNASで利用できる最新OS「QTS 4.4.1」を紹介する。(2019/9/24)

PR:「Synology Active Backup for Business」なら無償でビジネス用途でも的確にバックアップ
ビジネスPCのバックアップは、費用面や管理面で課題も多い。しかし、Synology NASユーザーなら無償で使える「Synology Active Backup for Business」を使えば、その課題を解決できるかもしれない。(2019/6/6)

17万人以上の転職者が利用するサービス基盤
急成長の転職サービス「ミイダス」がAWS移行、Amazon ECSは運用をどう変えた?
転職サービス「ミイダス」のインフラを「Amazon Web Services」(AWS)に移行したパーソルキャリア。特にコンテナ管理サービス「Amazon Elastic Container Service」(Amazon ECS)が運用現場にもたらした効果は大きかったという。(2018/10/16)

FordやGM、Teslaなどの情報も露呈、rsyncの設定不備で誰にでもアクセスできる状態に
工業オートメーションなどのサービスを手掛けるLevel One Roboticsのサーバで、FordやGMなどの自動車大手を含む100社以上の企業の情報が、誰にでもアクセスできる状態になっていた。(2018/7/24)

PR:クラウドとオンプレNASのいいとこ取り――そう、Synologyならね!
オンプレミスのNASとクラウドのオンラインストレージ、それぞれのメリットとデメリットを相互補完する新サービス「Synology C2 Backup」に注目。(2018/5/15)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第1回 今どきのNASでWindowsファイルサーバは置き換えられる?
古くなったWindowsファイルサーバを断捨離してNASにすることは可能か? 最近のNASはとても高機能で、ファイル共有だけではなく、運用を簡単にするさまざまな機能も持っている。(2017/12/28)

Linux基本コマンドTips(137):
【 nohup 】コマンド――端末を閉じてもログアウトしても処理を続ける
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、端末を閉じたりログアウトしたりしても処理を続行させるための「nohup」コマンドです。(2017/8/24)

Linux基本コマンドTips(136):
【 ionice 】コマンド――ディスクI/Oの優先度を変更する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ディスクI/Oの優先度を変更する「ionice」コマンドです。(2017/8/18)

LinuxコマンドTips(109):
【 patch 】コマンド――テキストファイルに差分を適用する(応用編その2)
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストファイルに差分を適用する「patch」コマンドです。(2017/5/12)

Linux基本コマンドTips(108):
【 patch 】コマンド――テキストファイルに差分を適用する(応用編)
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、テキストファイルに差分を適用する「patch」コマンドです。(2017/5/11)

バックアップソフトを使わず、あらゆるデータをNASにバックアップする方法
スマホやタブレット全盛の今、家庭内のデータをまとめて保存し、複数のデバイスから利用できるストレージとして注目を集めているのがNASだ。今回は、ほかのサーバの中にあるデータをSynology NASにバックアップできる「Active Backup」の特徴と具体的な手順を紹介する。(2017/2/28)

Linux基本コマンドTips(83):
【 rsync 】コマンド(その2)――同期元にないファイルを削除する/実行内容を事前に確認する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。前回に続き、今回も「rsync」コマンドを紹介します。(2017/2/3)

Linux基本コマンドTips(82):
【 rsync 】コマンド(その1)――ファイルやディレクトリを同期する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「rsync」コマンドです。(2017/2/2)

破損に備えて予めデータの複製を行います!:
故郷の両親に5TB(1TB+4TBクラウド)のHDDを! ASUSTORで作るプライベートクラウド
更新料金が不要なプライベートクラウドストレージを構築しよう。(2016/8/29)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

Linux基本コマンドTips(18):
【 cp 】コマンド(応用編その1)――ディレクトリをコピーする
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。前回に続き、今回も「cp」コマンドを取り上げます。(2016/6/1)

さくらインターネット、国内向けCDNサービスを開始
さくらインターネットが、国内向けに「コンテンツ配信サービス」の提供をスタートした。(2016/1/28)

Synologyで始めるNAS入門 第4回:
自宅のNASをDropboxやOneDriveと連携させる
データのバックアップは常日頃からおろそかになりがち。大容量のNASを入手したら、柔軟なスケジュール設定を生かして、バックアップ先および同期先としても活用したい。SynologyのNASなら、PCやスマホのデータ同期はもちろん、DropboxやOneDrive上のデータをPCなしでバックアップすることも可能だ。(2015/12/29)

職場で役立つデジタル化レシピ:
PCレスでNASからNASへデータを引っ越し “Rsync機能”を試す
新しく手に入れたNASに旧来のNASのデータを移行する際、Rsync機能を使えば、PCに負荷をかけることなく大容量のデータを移行できる。メーカーが異なるNAS間で利用できるのも利点だ。(2015/9/16)

ホテル向けゲートウェイ機器に脆弱性、Wi-Fi利用の宿泊客が攻撃される恐れ
ホテルのWi-Fiサービスを利用した宿泊客などが通信を傍受されたりマルウェアに感染させられたりする恐れもあるという。(2015/3/30)

職場で役立つデジタル化レシピ:
買い替えで退役になったNASの「現実的な使い道」3選
大容量モデルへの買い替えなどで“お役御免”になったNASはどのように活かすべきか。現実的な3つの使い道を考えてみよう。(2015/2/20)

仕事で使うNAS 第1回:
ビジネス向けNAS選びで注目したい8つのポイント
家庭やSOHOで使っても便利なNAS。数十人規模以上の中小企業で使えばより活用の場も広がる。しかし、規模が大きくなればその分、意識しなければならないことも多くなる。今回はビジネス向けNASを選ぶうえで注目すべきポイントを紹介していこう。(2015/2/12)

「自分だけは大丈夫」←アウト:
NASのバックアップを真面目に考えてみた
ASUSTOR製NAS「AS-202TE」の活用方法を取り上げる当連載。今回はバックアップについて考えていく。加えて、新OS「ADM2.3」の新機能も紹介。(2014/12/25)

最初の一歩:
真打ちNAS「ASUSTOR AS-202TE」を導入する
前回、ASUSTOR(アススター)のNASキットを導入するときにモデルの選択に迷うようであれば「AS-202TE」がオススメと書いた。今回はNASは初めて、という人向けにAS-202TEの具体的な導入方法を紹介する。(2014/8/21)

OSや言語ではなくデータベースを極めたい:
グリー技術者が聞いた、fluentdの新機能とTreasure Data古橋氏の野心
シリコンバレーで起業したビッグデータベンチャーの創業者の1人に、経歴や今後の目標、自身が開発した大人気のログコレクタなどについて聞いた。(2013/10/7)

本田雅一流 NAS導入のススメ(後編):
注目すべきはハードよりソフト――自宅兼オフィスのNASを一新した効果は?
2台続けてNASに不具合が発生したことを機に、中小規模事業者向けNASの購入を決定。実際にしばらく使い続けてみて、その選択は正しかったのか……。(2013/9/3)

シン・ゼロから始めるQNAP 番外編:
システム担当者不在でもファイルサーバは導入できるか――TurboNASを選ぶこれだけの理由
比較的少人数の間でファイルの共有を行う場合、最も手軽なのはどれか1台のWindowsマシンからファイル共有をすることだ。だが、一般PCとクライアントOSの組み合わせをサーバ用途で使うのは「運用」という面で無理がある。よろしい、ならばTurboNASだ。(2013/8/30)

開発動向:
OpenStack Swift 1.9.0で、リージョンをまたぐクラスタ構成に対応
OpenStackプロジェクトにおいて分散オブジェクトストレージ構築を担うSwiftの最新版がリリースされた。地理的に離れた構成を扱えるようになっている。(2013/7/3)

“熟練”の新興NASメーカー来襲:
シン・最強NASとなるか? 新規参入の実力派、ASUSTOR「AS-604T」
台湾から新たなNASメーカー「ASUSTOR」が日本市場に参入してきた。ん? あそこのメーカーの製品に似てるって? でもそれは当然なのです……(2013/1/16)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【最終回】
OpenStackの大容量ストレージサービス、Swiftの使い方
OpenStackの大容量ストレージサービス、Swiftの利用方法について解説する。インストールや環境設定の仕方、サービスの起動/停止、Swiftコマンドの使い方などを詳しく紹介する。(2011/9/20)

データは飛ぶもの、地面は揺れるもの:
財産であり武器である「情報」を失わないために――QNAPで始めるリスク対策
リスク対策は1つですべてをまかなえるものではない。地震や津波といった自然災害、それに続く停電など、何段にも備えてこそあらゆるリスクに対応できる。今回はQNAPの「TurboNAS」シリーズを使って、企業が事業を継続するために必要なリスク対策を考えていこう。(2011/8/16)

共有する人がいなくても:
一人暮らしにぴったりな低価格NASキット――QNAPで始めるデジタル新生活
この春から親元を離れて一人暮らしを始めた大学1年生、社会人1年生も多いだろう。初めて自分用のPCを購入する人は一緒にNASもそろえてみたい。PCやスマートフォンをもっと便利に活用できる!(2011/4/22)

ユニスター、QNAP「TurboNAS」シリーズにメモリ増設が可能なモデル
ユニスターは、QNAP製NASの法人向けモデルとして「TS-459ProII」「TS-559ProII」「TS-659ProII」を発売した。最大3Gバイトまでメモリを増設できる。(2011/4/15)

企業で使うQNAP:
Windows Serverから“最強NAS”に乗り換えるべきいくつかの理由
QNAPのTurboNASシリーズは、高性能プロセッサと潤沢なメモリによるポテンシャルの高さが特徴の1つ。特にラックマウントタイプのモデルは、企業用途に最適だ。(2011/3/2)

“最強QNAP”番外編(2):
NMPが先か、NASが先か――「NMP-1000P」のNAS性能を試す
前回はBD ISO再生に対応した「NMP-1000P」のメディアプレーヤーとしての性能を検証したが、今回はNASとして「NMP-1000P」の実力を見ていこう。(2011/1/28)

“最強QNAP”番外編:
BD ISOのネットワーク再生もサクサク――「NMP-1000P」の実力
高性能NASで知られるQNAPから新型ネットワークメディアプレーヤー「NMP-1000P」が登場した。旧型に比べて“中身はまるで別物”の大幅スペックアップとなっている。(2010/12/29)

簡単NAS活用術:
きさま見ているなッ!――iPhone/Androidで自宅のNASを遠隔操作
せっせと貯め込んだあんな動画やこんな動画を手元のスマートフォンからいつでもどこでも視聴したい――そんな人にはTurboNASがおすすめだ。(2010/12/22)

簡単NAS活用術:
「忘れないで。QNAPはあなたのそばにいる」
QNAPの身上はNAS。ネットにアクセスすれば、TurboNASがさまざまな方法で情報共有を手助けしてくれる。ファイルサーバやメディアサーバが欲しい人に。(2010/12/17)

「QNAP感謝祭」:
「3歩先を行くユーザーに」――“最強NAS”の「QNAP」がアキバでイベント
高性能NASメーカーで知られるQNAPが秋葉原のリナックスカフェでイベントを実施。実機の体験コーナーや技術セミナーに多数のユーザーが詰めかけた。(2010/12/13)

12月11日はリナカフェへ:
SSDやTurboNASが当たる「QNAP感謝祭」をリナカフェで開催中
QNAPのユーザーイベントが12月11日に開催される。高性能SSDやファンレスNASが当たるじゃんけん大会も実施。(2010/12/10)

簡単NAS活用術:
「お宝動画は消えないわ。わたしが守るもの」
PC内のデータがある日突然失われたら? 想像するだけで恐ろしいがこれは実際に起こりうることだ。大事なデータを守るために、NASを使ったバックアップ術を紹介しよう。(2010/12/9)

“真・最強NAS”活用術 第6回:
あなたにぴったりの“最強NAS”は? 「TurboNAS」シリーズの選び方
過去5回にわたってQNAP製TurboNASシリーズを取り上げてきた。第6回では総集編として過去の連載を振り返るとともに、これまで紹介していない製品も含めたラインアップの全容を見ていく。(2010/3/16)

“真・最強NAS”活用術 第5回:
QNAPの造りしもの――最強NAS「TS-809U-RP」、襲来
連載第5回では、QNAP TurboNASシリーズで最高峰に位置するラックマウントモデル「TS-809U-RP」を紹介していく。QNAPのNAS製品が“最強”といわれる3つ目の理由とは――。(2010/2/17)

“真・最強NAS”活用術 第4回:
監視カメラからiTunesまで――“最強NAS”をホームサーバとして使う
QNAPのNAS製品が「最強」といわれる理由は、1つがCPUやメモリなどのハードウェア設計からもたらされる性能の高さ、そしてもう1つが機能の豊富さだ。パフォーマンスについて検証した連載第2回に続き、今回はQNAPの“家庭的な一面”を見ていこう。(2010/2/4)

“真・最強NAS”活用術 第3回:
はじめてのNASに――手ごろな価格で手に入る「TS-110」を使う
QNAPからエントリーモデルの「TS-110」が登場した。スペックを抑えることで、ほかのモデルと同等の多機能を保ちながらも実売2万円を切る低価格を実現している。今回は「NASは初めて」という人向けに「TS-110」の導入について説明する。(2009/12/25)

定番NASメーカーがアキバでイベント:
「ストレージのネットワーク化は必然」――QNAP FORUM IN AKIBA
QNAP製品を一堂に会した「QNAP FORUM IN AKIBA」がカフェソラーレ リナックスカフェ秋葉原店で開催され、NASの導入に関心を持つ多数の聴衆で賑わっていた。(2009/12/14)

“真・最強NAS”活用術 第2回:
圧倒的ではないか――ベンチマークテストで見る「TS-639Pro」の実力
QNAPの「TS-639Pro」はハードウェア的に見るとほぼPCだ。Linuxベースで拡張性と自由度の高さが特徴だが、ベースはやはりNAS。NASの基本性能が劣るようであれば割高なNettopでしかない。第2回ではTS-639Proの性能を測定していく。(2009/11/19)

“真・最強NAS”活用術 第1回:
リソースを使い尽くせ!――QNAP「TS-639Pro」で変えるネットワークライフ
1Tバイトを超えるHDDが手軽な価格で手に入るようになり、一般家庭における大容量NASキットの利用も高いハードルではなくなった。この連載では定番メーカーの1つ、QNAPの製品を使ってさまざまなNAS活用術を提案していく。(2009/8/18)

Beginner's Guide:
分散バージョン管理システムGit入門
バージョン管理システムというとSubversionやCVSが有名だが、近年急速にユーザーを増やしている「Git」は、分散型のバージョン管理システムとして支持を集めている。本稿では、はじめてGitに触れる方のために、その導入方法や基本的な使い方を解説する。(2009/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。