ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「S3 Graphics」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「S3 Graphics」に関する情報が集まったページです。

ビジネスニュース 事業買収:
HTCがVIA Technologies傘下のグラフィックスLSIベンダーを買収へ
ノートPCやデスクトップPC、組み込み機器などに向けたグラフィックスLSIを手掛けるS3 Graphicsを買収する。(2011/7/7)

2009年PC秋冬モデル:
大画面モバイルPCがWindows 7を搭載してリニューアル──「FMV-BIBLO MG」
14.1型ワイドと13.3型ワイドの液晶ディスプレイを選べる大画面モバイルPC「FMV-BIBLO MG」に、最新OSのWindows 7 Home Premium搭載モデルが登場した。(2009/10/13)

2009年PC夏モデル:
CPUやメモリ容量を強化した大画面モバイルノート──「FMV-BIBLO MG」
13.3型ワイドと14.1型ワイドの液晶ディスプレイを選択できる、重量2キロ以下の大画面モバイルノートPC「FMV-BIBLO MG」。2009年夏モデルはCPUをCore 2 Duo P8700、メモリ容量を4Gバイトに強化した。(2009/4/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
店員の「思いつき」が“祭”に変わる街、アキバ
ツートップ秋葉原本店で玄人志向のサングラス男が一日店長に就任し、ドスパラ各店では売場増床キャンペーンを実施。そんな“祭好き”のアキバでは、グラフィックスカードの注目度が高まっていた。(2009/3/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「金返せ!って言われても……」シーゲイト製HDDの波紋
シーゲイト製HDDの一部に不具合が発生したことで、PCパーツショップは一時的に取り扱いを中止。先週末までに多くのショップが再開したが、金曜日の時点では中断を貫く店舗もあった。対応の違いはどうして起こった?(2009/1/26)

2009年PC春モデル:
プラットフォームを共通化して性能強化と低価格化を実現した大画面モバイル――「FMV-BIBLO MG」
14.1/13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載した大画面ノートPC「FMV-BIBLO MG」の春モデルは下位モデルのスペックアップが特徴だ。(2008/12/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMD GPUの首領がアキバにぶらり、大名行列が発生していた
AMDでグラフィックス製品を統括するリック・バーグマン氏がアキバのPCパーツショップに現われ、多数のサイン入りグッズを残していった。(2008/10/1)

2008年PC秋冬モデル:
大画面モバイルノートPCがDDR3メモリやVista Businessを採用――「FMV-BIBLO MG」
14.1/13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「FMV-BIBLO MG」はプラットフォームを一新し、基本性能の底上げが図られた。(2008/8/20)

今日から使えるITトリビア:
Web2.0時代を築く――スタンフォード大学出身の華麗なる面々
米国カリフォルニア州にあるシリコンバレーはスタンフォード大学の出身者たちがIT企業を大学近隣に設立したのが始まりだ。「Die Luft der Freiheit weht(自由の風が吹く)」を校是とする同大が輩出したITリーダーはどのような面々なのだろう?(2008/8/16)

むいてみました:
HP 2133 Mini-Note PCの気になる中身をチェックした
製品発表から1カ月以上が経過し、ようやくユーザーの元に届き始めた「HP 2133 Mini-Note PC」。何はともあれ分解してみよう。(2008/7/1)

Eee PCとは一味違う:
6万円で買えるミニノート「CloudBook CE1200J」を検証する
米Everexの「CloudBook CE1200J」は、6万円を切る低価格がウリのWindows XP Home Edition搭載UMPC。その実力を隅々までチェックしてみた。(2008/4/18)

6万円を切る激安ミニノート:
Eee PCキラー「CloudBook CE1200J」の中身
米Everex製のミニノートPC「CloudBook」が日本に上陸した。Eee PCより1万円ほど高いが、スペックは勝る部分も多い。まずは、その中身に迫ってみた。(2008/4/3)

親指入力にボディを最適化:
携帯ゲーム機っぽいUMPC――Wibrain「B1」を試す
携帯ゲーム機のようなデザインを採用したUMPC「B1」が日本市場に投入された。4.8インチながら1024×600ドットの高解像度液晶もポイントだ。(2008/3/21)

ライバルは工人舎:
「2008年、UMPCは最も重要な事業に」――台湾GIGABYTE「M704」担当者インタビュー
台湾GIGABYTEのUMPC「M704」が九十九電機から国内販売される。同社でノートPC事業を担うG-STYLEの製品はすでに国内でも知られているが、UMPC分野での日本市場参入は今回が初めて。製品担当者の呂昆峰(Johnson Lu)氏が今後の展開を語った。(2008/3/7)

GIGABYTE、VIA C7搭載のファンレスmini-ITXマザー2製品を発売
マスタードギガは、CPUとしてVIA C7を搭載するGIGABYTE製mini-ITXマザーボード「GA-C7V7-CSI-RH-SI」「GA-C7V7-ASI-RH-SI」の取り扱いを発表した。(2007/11/19)

自慢用ミニPCを実戦投入:
世界最小Vista Ultimateマシンは使えるか?――「OQO model 02」実力診断
VAIO type Uを下回る小型軽量ボディが自慢のVista対応モバイルPC「OQO model 02」。使い込んでみて、改めて細部のこだわりに驚かされた。(2007/4/26)

HP、中国市場向けPCにVIA製プロセッサを搭載
VIAのC7-Dは最大消費電力20ワットの省電力プロセッサ。(2007/4/14)

自慢用マシンに最適では?:
超小型モバイルPCでVista Ultimateが動く感動――「OQO model 02」
2007 International CESで話題を集めた超小型モバイルPC「OQO model 02」。Windows Vista Ultimate搭載の新モデルを入手したので、早速試してみた。(2007/4/13)

OpenGL推進団体Khronosに、Apple、Dell、Googleが参加
(2006/8/1)

マザーボード:
MSI、Socket AM2対応のMicro ATXマザー「K9VGM-V」
エムエスアイコンピュータージャパンは、チップセットにVIA K8M890CEを採用するSocket AM2対応Micro ATXマザー「K9VGM-V」の出荷を開始した。価格は1万1500円前後。(2006/7/18)

週末アキバPickUP!
“冷た〜い”商品揃っています――アキバPCパーツショップが夏モードに突入
アキバ各ショップに入荷された発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「マルチクロムとPhysX」「水冷は縁起物?」「nForce4を冷やせ!」「中国製……キ●ィちゃん?」だ!(2006/5/20)

Trend Insight:
VIAのオープンソース戦略に再び非難
台湾のマザーボードとチップセット製造会社、VIAのオープンソース戦略について批判が浴びせられている。同様の業種において、同社だけがほかと著しく異なる戦略を採っているのだろうか。(2006/5/18)

何かと話題の“Origami”を分解して、見た!
日本初、そして現時点で唯一の選択肢であるUltra-Mobile PC(UMPC)が、PBJの「SmartCaddie」だ。4月14日の出荷を前に、試作機を入手できたので早速中身をのぞいてみた。(2006/4/7)

富士通、S3のグラフィックスチップ製造を受託
(2005/11/2)

暑い時期には低クロックでスローライフ──TyanのGeode NXマザーを試す(後編)
前回、究極の省電力PCとしての可能性を探ってみたGeode NXとTyanの対応マザー「Tomcat K7M」のシステムだが、今回はそのコンセプトをさらに突き詰めるべく、Linuxを導入してその可能性を探ってみたい。(2005/9/13)

VIA、オープンソース・ドライバで失態
VIAが自社ドライバを巡って示したオープンソースにあるまじき不作法は、同社の『オープンソース活動』がマーケティング用の体裁作りの1つでないかと思わせるに十分なものかもしれない。(2005/8/9)

CPU&マザー
暑い時期には低クロックでスローライフ──TyanのGeode NXマザーを試す(前編)
Tyanの「Tomcat K7M」はAMDのGeode NXに対応したマザーボードである。省電力や静音システム向けとして注目のCPUが使えると評判のこのマザー。その実力と使い勝手を探ってみたい。(2005/8/4)

TYAN、Geode NX対応マザー「Tomcat K7M」
TYANは、Geode NXに対応するFlexATXマザー「Tomcat K7M(S2498AGN/S2498AGNN)」の2製品を発表した。(2005/6/30)

VIA、ドライバのソースコードを公開
半導体メーカーのVIAはオープンソース支持拡大の一環として、ディスプレイドライバなどのソースコードを自社サイトで公開した。(2005/4/15)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
なにかと話題の「Lenovo」PCを使って中国でネットにアクセスしてみた
前回の連載で紹介したように、中国でLenovo(聯想)のデスクトップPCを購入した。約5000元(6万5000円)で17インチ液晶ディスプレイ付きという格安PCのOSはなんとDOS。この「家悦円夢」PCの仕組みや如何に。(2005/2/25)

週末アキバPick UP!
こっそり「俺が欲しいよ」と店員――C3/1.3A GHz搭載のVIA製Mini-ITXマザー入荷
アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「静音志向のVIA製新Mini-ITXマザー:1枚」「NVTV搭載のTVカード」「かゆいところに届くステー」「今週の掘り出しモノ市」だ!(2005/2/5)

マザーボード
VIAとギガバイトがタッグを組んで「K8T890」をアピール
チップセットベンダーの老舗VIA Technologiesから発表されたK8T890は最近立て続けに登場したAMD64用のPCI Express対応チップセットだ。日本ギガバイトが行った新製品説明会では、ギガバイトよりも多くの時間を割いてVIAスタッフによる説明が行われた。(2004/12/7)

アイ・オー、D4出力対応「GA-S8HD/AGP」のデモイベント開催――6月26、27日
アイ・オー・データ機器は6月26、27日の2日間、秋葉原の同社ショールーム「I・OプラザAKIBA」でハイビジョンTV対応グラフィックスカードの展示・デモイベントを開催する。(2004/6/21)

アイ・オー、ハイビジョンTV対応のグラフィックスカードを発売
アイ・オー・データ機器は、パソコンの画面をハイビジョンTVに出力できるグラフィックスカード「GA-S8HD/AGP」を6月下旬に発売する。価格は2万2000円。(2004/6/9)

VIA、COMPUTEXで家電向けの一連の製品披露へ
VIA TechnologiesはCOMPUTEX 2004で、家電向けのマザーボード「EPIA SP」を披露する。EPIA SPはVIA初のMini-ITX(17×17センチ)マザーボード。7〜9月期の初めに出荷予定。(IDG)(2004/5/29)

DirectX9リアル対応3Dゲームが出てこない理由(その2)
2003年後半から登場した3Dゲームのほとんどが「Direct X 9対応」をセールスポイントの一つとしてアピールしている。それだけ見ると「ついにDirect X 9時代が到来した」と考えたくなるが、実際にその内部を除いてみると、どうも現実は違うようなのだ。(2004/2/13)

DirectX9リアル対応3Dゲームが出てこない理由(その1)
登場から一年以上が経過し、ようやく対応ゲームタイトルも増えてきて「Direct X 9対応ビデオカード」というキャッチコピーが意味を持つようになってきた……、と思いきや、どうやらそうでもないらしい。その原因である「知られざるDirect X 9対応GPUの非互換性の謎」について紹介していこう。(2004/2/12)

アスク、DeltaChrome S8搭載のグラフィックスカード
(2004/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。