ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Samsung Gear S」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Samsung Gear S」に関する情報が集まったページです。

UNPACKED 2019で触れたNote10以外の新製品 「Galaxy Tab S6/Watch Active2/Book S」の特徴は?
「Galaxy UNPACKED 2019」で発表されたのはスマートフォンの「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」だが、タブレット、スマートウォッチ、PCも発表。実機の写真とともに、主な特徴を見ていこう。(2019/8/9)

Apple Watchは使わない! 「Wear OS」搭載モデル使いが語るスマートウォッチ最新事情
(2018/8/18)

Samsung、新スマートウォッチ「Galaxy Watch」は2サイズで330ドルから
Samsungが新スマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。「Gear」ブランドではなくなったがTizen OSベースであることに変わりはない。46mmと42mmの2サイズでLTEモデルも発売予定だ。(2018/8/10)

「Galaxy Gear S3 frontier」に「Golf edition」登場 8月2日発売
サムスン電子ジャパンは、8月2日にスマートウォッチ「Galaxy Gear S3」にゴルフ用の距離計測アプリ「Golf with SMART CADDIE」を搭載した「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」を発売。全世界6万カ所以上のゴルフコースに対応する。(2018/7/26)

IFA 2017:
Samsungのウェアラブル新製品はココが新しい IFA発表会レポート
Samsungが、IFA 2017に合わせてプレスカンファレンスを開催。2017年は一般家電とIT家電をまとめて発表。IT家電ではウェアラブル端末3機種を発表したが、何が新しいのだろうか?(2017/8/31)

Samsung、スマートウォッチ「Gear Sport」、GPS搭載フィットネス端末「Gear Fit2 Pro」を発表
Samsungが、Gearシリーズの新しいスマートウォッチ「GearSport」、フィットネス端末の最新モデル「Gear Fit2 Pro」、無線イヤフォン「Gear IconX」の新モデルを発表した。(2017/8/31)

スマートウォッチ市場の注目株
新型「Apple Watch」は“iPhone離れ”? LTE対応なら買いか
「Apple Watch」は「iPhone」なしでは真価を発揮できない、という小さくない課題がある。だが2017年秋に登場する新型Apple WatchはLTE通信への対応が見込まれている。その可能性について、専門家が解説する。(2017/8/23)

難点は大きい本体と小さい画面
徹底レビュー:最新スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」は質実剛健と軽量さが魅力
Huaweiの最新スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」は手首に巻く価値のある製品だろうか。本稿では、それを検証する。(2017/8/12)

従来SIMから何が変わるのか? 「eSIM」の正体を知る
日本でも「iPad Pro(9.7型)」や「dtab Compact d-01J」など、eSIM対応機が増えている。そもそも「eSIM」とは何か。eSIMの狙いや将来性について基礎情報を紹介していきたい。(2017/6/5)

Samsung、「Gear S3」の懐中時計(コンセプトモデル)を披露 「classic」のLTEモデルも発表
Samsungが、懐中時計型の「Gear S3」(コンセプトモデル)を披露した。スイスの時計デザイナー、イヴァン・アルパ氏によるデザインだ。同社はまた、「Gear S3 classic」のLTEモデルも発表した。(2017/3/24)

「Galaxy S7 edge」「Galaxy Gear S3」がiFデザイン賞を受賞
サムスン電子のスマートフォン「Galaxy S7 edge」と、スマートウォッチ「Galaxy Gear S3」がiFデザインアワードを受賞した。(2017/3/13)

「Gear S」アプリのiOS版が登場、iPhone 5以降が対象
サムスンがiOS向け「Gear S」アプリを配信。App Storeでダウンロードできる。iPhoneとGear Sの連携が可能になる。(2017/1/10)

アウトドア向けのスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」、auから発売
KDDIが「Galaxy Gear S3 frontier」を12月上旬から取り扱う。1600万色のカラー表示に対応した1.3型円形ディスプレイを搭載。GPSに対応し、スピーカーも搭載している。(2016/11/22)

世界スマートウォッチ出荷、新製品なく51.6%減──IDC調べ
7〜9月期の世界におけるスマートウォッチ出荷台数が、初代Apple Watchの販売が本格化した前年同期より51.6%減少した。(2016/10/25)

「Galaxy Studio」がKITTEに再オープン 「Gear S3」や新たなVRを体感可能
サムスン電子の「Galaxy」シリーズを“体感”できる「Galaxy Studio」が、東京の商業施設「KITTE」に再登場する。新型スマートウォッチ「Gear S3」を日本初公開するほか、新たなVRコンテンツを文字通り“体感”できる。(2016/10/18)

IFA 2016:
LTEやSamsung Payにも対応――Samsung、スマートウォッチ「Gear S3」を発表
Samsungが、スマートウォッチの新製品「Gear S3」を発表。デザインの異なる「frontier」「classic」の2モデルを用意する。ディスプレイがフルカラーになり、バッテリー容量も増加した。(2016/9/1)

世界スマートウォッチ出荷、「Apple Watch」減速で初の前年同期比減──IDC調べ
世界におけるスマートウォッチ出荷台数が、IDCが調査を始めて以来初めて前年同期より減った。首位のAppleが今秋に次世代「Apple Watch」を発売するといううわさによる買い控えの影響もあるかもしれない。(2016/7/22)

Apple Watch、J.D.Powerの米顧客満足度調査で1位に(2位はSamsung)
米コンサルティング企業のJ.D.Power and Associatesのスマートウォッチに関する顧客満足度調査の結果、Appleが1位を獲得した。装着感、スタイル、使いやすさの評価が特に高かった。2位はSamsungだった。(2016/7/13)

SIMフリー市場はどう攻める? 未来のGalaxyはどうなる?――サムスン堤CEOに聞く
2016年のフラグシップモデル「Galaxy S7 edge」が好調に売れているサムスン電子。同社はVR、カメラ、ウェアラブルなどスマホの周辺領域も拡充している。スマートフォンは今後、どのように進化するのか。サムスン電子ジャパンの堤浩幸に話を聞いた。(2016/6/17)

その場で買えます:
S7 edgeを体験できる「Galaxy Studio」現地レポート ダチョウ倶楽部もVRに驚き
サムスン電子のフラッグシップスマートフォン「Gakaxy S7 edge」を体験できるイベントが、東京駅前のKITTEで開催中だ。開催初日には、ダチョウ倶楽部の面々が駆けつけ、S7 edgeと「Gear VR」を“体験”した。(2016/5/19)

気になるアレの販売ランキング:
新発売のあのモデルは売れてる? スマートウォッチの売れ筋を知る
Apple Watchが発売されて約1年がたち、この市場は今、Android Wearやその他独自のプラットフォームも含め、百花繚乱(りょうらん)といった状態です。売れ筋はどんな製品なのか、GfKのデータからひも解いてみます。(2016/4/26)

「Gear S2 classic」のプレミアムモデル、伊勢丹で先行販売
ベゼルに18金を使った「ローズゴールド」、純度100%のプラチナを使った「プラチナ」の2色。(2016/3/30)

Samsung、「Gear S2 Classic」のローズゴールドモデルをまずは中国で発売
Samsungは、CES 2016で披露した「Gear S2 Classic」の新色、ローズゴールドとプラチナを、まずは中国で発売すると発表した。(2016/1/26)

Samsung、「Gear S2」での年内iOSサポートを発表
Samsung ElectronicsはCES 2016で、Tizen OS搭載のスマートウォッチ「Gear S2」を年内にiOSに対応させると発表した。また、「Gear S2 classic」シリーズに18Kのローズゴールドとプラチナを追加。NFCを搭載し、Samsng Payをサポートする。(2016/1/8)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター太田編):
2016年はWindows 10 Mobileとポイントサービスの動向に注目!
MVNOとSIMロックフリースマホが大きな注目を集めた2015年。多くのメーカーが市場に参入し、機種ごとの差別化が難しくなる中でも印象に残った製品とサービスを2016年も引き続き注目したい。(2015/12/25)

「Gear S2」も同時発売:
KDDI、「Galaxy A8 SCV32」を12月18日発売 スマートパス加入で実質3万円台半ば
KDDIは、サムスン電子製Androidスマホ「Galaxy A8 SCV32」を12月18日に発売する。同日には、au +1 collectionとしてサムスン電子製ウェアラブルデバイス「Gear S2」「Gear S2 classic」も発売する。(2015/12/15)

開発陣に聞く「Gear S2」:
“時計らしさ”を追求した「Gear S2」――サムスンが提案する新しいスマートウォッチの形
円形のディスプレイを採用し、より“時計らしさ”を身にまとった「Gear S2」が日本でも発売される。本機のコンセプトやデザインについての考えをサムスンの開発陣に聞いた。(2015/12/9)

サムスンが「GALAXY」冬モデルを発表――スマホはフラッグシップ不在も“IoT”に注力
スマートフォン、ウェアラブル、ヘッドマウントディスプレイ、マルチメディアデバイスを発表。GALAXYブランドでは「先進的である」「挑戦している」「遊び心のある」ことを重視し、IoTの普及に努める。(2015/12/8)

調査リポート:
Apple Watchの累計出荷台数は700万台──Canalys調べ
Appleが4月に発売したApple Watchの累計出荷台数は700万台で、競合するすべてのスマートウォッチの過去5四半期の出荷台数合計より多いと、調査会社Canalysが発表した。(2015/11/6)

石野純也のMobile Eye(8月31日〜9月11日):
「Xperia Z5」シリーズの狙い/iPhoneに全面対抗のHuawei/中国勢の躍進――IFAで見えたスマホトレンド
ドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2015」では、多数のスマートフォンが発表された。今回はIFAで発表された新モデルを振り返るとともに、IFAから見えてきたスマートフォン市場全体の傾向を読み解いていく。(2015/9/13)

まもなく明らかに:
新型iPhoneとiOS 9、“SIM目線”で気になることをピックアップ
SIMロックフリー版、キャリアのSIMロック解除、au系格安SIMでの利用、そしてApple SIM対応など、気になることをまとめてみました。(2015/9/8)

デジタルクラウンより使いやすい:
ベゼルを回して操作 Samsung発表イベントで「Gear S2」をチェック――「Galaxy View」の予告も
丸くなった理由はベゼルを回して操作するため。デジタルクラウンより使いやすいとか。そして新デバイスの予告も。(2015/9/4)

Appleのリークも続々:
IFA開幕直前! 新機種のうわさをまとめてみました
新型Xperia、Samsungのスマートウォッチ、LGのファブレット、HTCの防水スマホ、AcerのWindows Phone、ASUSのZenFone Zoom&ZenFone Maxなどが期待されています。(2015/9/1)

Samsung、円形ディスプレイの腕時計型ウェアラブル「Gear S2」を発表 
Samsungが「Gear」シリーズのウェアラブルデバイスの最新モデルを発表した。円形ディスプレイが特徴で、クラシカルな見た目のモデルや3G通信対応モデルも用意する。各種機能の詳細は、ドイツで行われるメディア向けイベントで明らかとなる予定。(2015/9/1)

Samsung、丸顔Tizenスマートウォッチ「Gear S2」発表
Samsungが、Tizen搭載スマートウォッチ「Gear S」の後継モデル「Gear S2」を発表した。直径1.2インチのラウンドフェイスで、上位モデル「Gear S2 classic」は革ベルト仕様だ。3G SIM搭載で通話可能なモデルもある。(2015/9/1)

調査リポート:
「Apple Watch」の4〜6月期の出荷台数は360万台──IDC調べ
米調査会社IDCによると、第2四半期(4〜6月)の世界ウェアラブル端末の総出荷台数は1810万台で、シェアトップはFitbit(440万台)、2位に4月に「Apple Watch」を発売したApple(360万台)が初登場した。(2015/8/28)

「Samsung Gear S2」の予告も:
大画面と小型のジレンマを解消?――「Galaxy S6 edge+」「GALAXY Note 5」はココが進化した
ニューヨークで発表されたSamsung Electronicsのフラッグシップ製品2つ。「Galaxy S6 edge+」と「GALAXY Note 5」は何が進化したのか? 発表内容と実機を中心にリポートする。(2015/8/14)

ビジネスニュース 業界動向:
ウェアラブル市場は8四半期連続で成長も、スマートウオッチは成長要因とはならず
2015年第1四半期(1〜3月期)のウェアラブル端末市場は、8四半期連続で成長した。その成長をけん引したのは、フィットネス向けの端末だ。「Apple Watch」でスマートウオッチへの注目は高まったものの、市場成長要因には、まだなっていないようだ。(2015/6/10)

Apple Watchで感じた心地よさと物足りなさ――待たれる“キラーアプリ”の登場
「スマートウォッチは物足りない」と感じていた筆者がApple Watchを使ってみた。購入したのは「Apple Watch Sport」だ。なぜこのモデルを選んだのか? そして改めてApple Watchを使ってみて感じたことは?(2015/5/18)

「Apple Watch」のバッテリーは205mAh、プレスチモグラフを搭載──iFixitの解剖で分かったこと
iFixitが発売当日に「Apple Watch Sport」(38ミリ)を分解したところ、バッテリーの放電容量が205mAhであることや、心拍数計センサーにはプレスチモグラフ(体積変動記録装置)の機能もあることなどが分かった。修理しやすさは10点満点中5点だった。(2015/4/25)

Samsung、次期「Gear」スマートウォッチはラウンドフェイスに?
Tizenベースの腕時計型端末「Gear S」の次世代モデル立ち上げに先駆け、Samsungが開発者向けに開設したWebページには、円形のアプリの画像が並んでいる。(2015/4/24)

ワイヤレスで行こう!:
スポーツしながら快適リスニング♪――ヤーバッズ「LEAP WIRELESS」×ソニー「SmartWatch 3」の最強コンビ
イヤフォンの“ハンズフリー化”が最も効果をもたらす場面は、スポーツを楽しみながら音楽を聴く時だ。シリーズ第3回となる今回は、米yurbuds(ヤーバッズ)のBluetoothイヤフォン「LEAP WIRELESS」を実際に走りながら試してみよう。相棒はソニーの「SmartWatch 3」だ。(2015/3/27)

決して無視できない「WYOD」
お手本は「iPhone」――「Apple Watch」のビジネス利用はどこまで期待できる?
ウェアラブル端末の業務利用が進むことで、「WYOD」(Wear Your Own Device)の時代がすぐそこまで迫っている。IT部門は今、ウェアラブル端末の管理とセキュリティという新たな課題に直面しようとしている。(2015/3/20)

NTTドコモはヘルスケア領域で何を目指すのか
Runtastic for Docomoやらでぃっしゅぼーや、ABCクッキングスタジオ、ショップ ジャパンなど、さまざまな企業と手を組みヘルスケア領域での取り組みを拡大するNTTドコモ。その狙いはどこにあるのかを、キーパーソンに聞いた。(2015/3/11)

Computer Weekly:
開発者が語るスマートウオッチアプリ開発の悩み
スマートウオッチ向けアプリを開発中のザムフィレスク氏。その実体験を通して得たスマートウオッチ向けアプリ開発の課題、市場の展望などを聞いた。(2015/3/4)

3G通信などスマートフォン並みの機能を搭載
徹底レビュー:通話可能なTizen搭載スマートウオッチ「Gear S」の実力は?
韓国Samsung Electronicsの「Gear S」は、実力派のクールなスマートウオッチだ。3G通信に対応し、スマートフォンを必要としない独立した利用が可能な一方で、価格の高さやソフトウェアの少なさなど課題も残る。(2015/1/25)

石野純也のMobile Eye(1月5日〜16日):
スマートフォンとモノのつながりが加速する――2015 CESで見えた新しいトレンド
2015年最初の「Mobile Eye」では、米・ラスベガスで開催された2015 International CESで見えてきたモバイル関連の新しい動向をリポートしたい。スマートフォンの発表は控えめだったが、IoT関連の製品が多く見られた。(2015/1/17)

2015 CES:
Samsung、金属ボディ+セルフィー強化の「GALAXY A」シリーズほかIoT時代を先取りした展示
Samsung Electronicsは2015 CESで、金属ボディを採用した「GALAXY A」シリーズや、北米向けの「GALAXY Note」シリーズ、豊富なアクセサリなどを展示した。(2015/1/8)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(編集部田中編):
スマホ、ウェアラブル、通信キャリア、MVNO――2014年に気になった私的トピック
2014年も、何だかんだでいろいろなニュースがモバイル業界をにぎわせてくれた。スマートフォン、ウェアラブル、通信キャリア、MVNOの4点から、個人的に気になったトピックを挙げながら、つれづれなるままに振り返ってみたい。(2014/12/31)

KDDI、「GALAXY Note Edge」フロストホワイトを11月13日に発売
KDDIは、「GALAXY Note Edge SCL24」のフロストホワイトモデルと、GALAXYシリーズと連携するスマートウォッチ「Gear S」を11月13日に発売する。(2014/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。