ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトバンクでんき」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソフトバンクでんき」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ソフトバンクが「支払い期限延期」のWeb受け付けを一部で開始 ショップの時短営業対象地域も変更
ソフトバンクが新型コロナウイルスの影響を受けたユーザーに対する支援措置として実施している「料金支払い期限の延長」措置について、一部のサービスを対象にWeb受け付けを開始した。「緊急事態宣言」の対象地域の見直しに伴い、ソフトバンクショップとY!mobileショップの時短営業と業務縮小の対象地域も見直される。(2020/5/15)

ソフトバンクとY!mobileの「料金支払期限延長」措置と25歳以下の「50GBまで容量追加無料」措置、6月30日まで延長
ソフトバンクが、通信サービスの支払い猶予について期限を「6月30日まで」延長する。25歳以下のユーザーを対象とする携帯電話のデータ通信容量の追加購入の無償化措置(50GBまで)も同日まで延長される。(2020/5/11)

携帯各社、大阪北部地震に伴う被災地支援を開始
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、災害救助法が適用された地域のユーザーに対する支援措置を実施。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減、災害復興を行う団体などへの電話機や充電器の無償貸し出しなどを行う。(2018/6/19)

Y!mobile取扱店で「おうちでんき」受付開始 セット割も提供
ソフトバンクは10月2日、「ソフトバンクでんき」で提供している電力サービス「おうちでんき」の申し込み受付をY!mobileの携帯電話取扱店で開始。Y!mobileの通信サービスセットの割引サービス「おうち割 でんきセット(A)」も提供する。(2017/9/6)

電力供給サービス:
東京電力の新々事業計画、2020年代の自立を目指すも道険し
東京電力グループは2017年度から「新々総合特別事業計画」のもと、福島事業・経済事業・原子力事業の3本柱で変革を進めていく。国の改革案に沿って火力発電・送配電・原子力事業を他社と統合して競争力を高める方針だ。国有化の状態から脱却するために年間5000億円の利益創出を目指す。(2017/3/24)

「学割SUPER FRIDAY」も:
ソフトバンクが「学割モンスターU18」を提供――auに追随、スマホが月額2980円から
ソフトバンクが「学割モンスターU18」を提供。新規契約をする18歳以下が対象。auの「学割天国U18」に追随した。(2017/1/16)

3分で分かるこれからの電力業界(4):
電力×新規事業開発――大手異業種企業の新規参入
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。今回からは業界を読み解くカギをトレンド別に分け、それぞれの「概要」「事例紹介」「会社選びのチェックポイント」「こんな人におススメ!」という4項目に分けて図解も交えながら説明していく。(2017/1/5)

電気料金の新プラン検証シリーズ(28):
再生可能エネルギー57%の電力を家庭に、ソフトバンクの「FITでんき」
既に2016年4月からの電力小売全面自由化に向けた電気料金プランを発表しているソフトバンク。新たに再生可能エネルギーの固定買取価格制度を活用する「FITでんきプラン」を発表した。子会社のSBエナジーが所有する太陽光発電設備などから電力調達を行い、再生可能エネルギー比率約6割の電力を提供していく計画だ。(2016/3/16)

ソフトバンク、「おうち割 でんきセット」の割引額を増額――継続利用でTポイントも付与
ソフトバンクは、4月に提供する「おうち割 でんきセット」の割引額を変更する。100円から200円に増額ほか、1年間の継続利用でTポイントを最大600ポイント付与する。(2016/3/14)

VSN 電力自由化に関する意識調査:
「電力自由化どうする?」――あなたの周りはこう考えている
VSNは、関東在住のビジネスパーソンを対象に実施した「電力自由化に関する意識調査」の結果を発表した。(2016/3/11)

Mobile Weekly Top10:
しゃれにならない? Ingressの怖〜い話/au春モデルとソフトバンクでんき
au春モデルとソフトバンクでんきが発表された先週は、Ingressのエージェントなら思い当たるかもしれない怖〜い話の前編がトップでした。(2016/1/20)

KDDI、「auでんき」を1月19日に発表 鬼ちゃんがセット割をアピール?
KDDIが1月19日に電力小売サービス「auでんき」を発表する。スマホ料金とのまとめて支払いやセット割も提供する予定だ。また発表会には菅田将暉さん演じる鬼ちゃんが出演する。(2016/1/13)

電気料金の新プラン検証シリーズ(7):
電力と通信で年間8万円割引、ソフトバンクが電力市場で目指すもの
東京電力との提携で2016年4月から電力小売市場に参入するソフトバンクは、料金プランを発表した。基本的には東京電力の新料金プランを踏襲しているが、独自のセット割引「おうち割」を最大の特徴として打ち出す。(2016/1/13)

4月から「ソフトバンクでんき」提供、3人家族で携帯+電気代が年8000円以上お得に
ソフトバンクが東京電力との業務提携により、4月1日から電力サービス「ソフトバンクでんき」を提供する。ソフトバンクの「おうち割」と連携することで、月額料金の割引を受けられる。【詳細追記】(2016/1/12)

「ソフトバンクでんき」4月スタート 通信料とセット割、Tポイント提携も
家庭向けの電力小売りサービス「ソフトバンクでんき」が4月1日にスタート。通信サービスと合算払いでき、割引サービスやTポイントとの連携も用意する。(2016/1/12)

電力供給サービス:
電力小売りは乱戦模様に、ローソンが参入を表明
2016年4月の電力小売全面自由化に向け大手の参入発表が相次いでいる。新たにコンビニ大手のローソンが三菱商事と共同で電力小売事業に参入することを発表した。また、既に参入を表明していたソフトバンクは電力サービス事業を「ソフトバンクでんき」のブランドで展開することを表明した。電力小売事業は「一般向け顧客販売力」を持つ企業の乱戦の状況となってきている。(2015/12/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。