ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セルフレジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セルフレジ」に関する情報が集まったページです。

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
イオンの「ブラックフライデーセール」 “密”を避けるために何をしているのか
イオンがブラックフライデーセールを11月20日〜29日に開催。開催期間を例年の倍にするなど、意識的に密にならない工夫をしている。(2020/11/27)

東村山店:
くら寿司、「スマートくらレストラン」オープン 入店から退店まで非対面で利用できる仕組みとは
回転ずしチェーン「くら寿司」を運営するくら寿司は11月17日、入店から退店まで店員と対面せずに利用できる新店舗「くら寿司 東村山店」を開店した。くら寿司は、東村山店を、今後の標準店舗となる「スマートくらレストラン」の1号店としている。どのような設備が標準されているのだろうか。(2020/11/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
現地で見た、米大統領選“熱狂”の裏で二極化するビジネス コロナ再拡大の深刻な実態
米国では大統領選の裏で新型コロナの感染者が再び増加し、経済活動に影を落としている。レストラン業界では体力のない小規模店を中心に閉店が相次ぎ、雇用を維持できなくなっている。ホテルも壊滅的だ。当選したバイデンの船出はかなり厳しいものになるだろう。(2020/11/12)

IoT&5Gソリューション展:
iPhoneのカメラで60fpsの高速バーコード読み取りを実現、人物追跡技術も開発中
アスタリスクは、「第6回 IoT&5Gソリューション展 秋」において、iOS端末向けソフトウェアバーコードリーダー「AsReader CAMERA-Type」を展示した。30fps以上の高速読み取りが可能で、POSレジや倉庫の棚卸だけでなく、工場での生産管理や設備点検などにも活用できるという。(2020/11/6)

なぜ? “完全キャッシュレス民”の実態とは
現金大国といわれる日本だが、昨今のキャッシュレス推進策により、キャッシュレス決済は急速に普及を始めている。「まねーぶ」が10月に行った調査によると、キャッシュレス決済を利用したことがある人は96%、うち7.5%は現金利用一切なしの「完全キャッシュレス」だった。(2020/11/5)

最新資料で判明:
人手不足に悩むファミマの店舗が減少 競合他社も同様の傾向
ファミマが加盟店における人手不足の状況を公表した。「不足店舗率」が大きく改善している。今後も人手不足解消のためさまざまな施策を行うとしている。(2020/10/30)

感染症対策も実施:
「無印良品 東京有明」が12月3日オープン 限定サービスを関東最大規模の店舗で提供
「無印良品 東京有明」が12月3日にオープンする。関東最大の売場面積を誇る。同店舗でしか提供しない新商品やサービスを用意している。(2020/10/29)

ミニストップ、キャッシュレス決済専用の“極小無人店舗” オフィスなど職場向け
ミニストップが、キャッシュレス決済のみに対応する小型の無人店舗の提供をスタート。来店者はセルフレジを使い、QRコード決済や電子マネーで商品を購入できる。オフィスや工場などでの導入を見込む。(2020/10/26)

キャッシュレス決済:
ミニストップが「極小コンビニ」を展開 オフィスや工場内で商品を販売
ミニストップが極小CVS(コンビニエンスストア)ユニット「MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)」のサービスを開始する。オフィスや配送センターなどに設置する予定。(2020/10/26)

店舗はトレーラーハウス:
マンション住民専用、24時間営業の無人スーパー 顔認証技術とセルフレジでNECが実現
NECソリューションイノベータは10月31日、長崎市のマンションに居住者向けの無人スーパー「FACE MART」を開店する。顔認証技術を利用した入退館システムとセルフレジを備えており、年中無休で24時間営業する。(2020/10/23)

レジ待ち渋滞も解消:
“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る
イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。(2020/10/22)

人工知能ニュース:
ToFカメラと独自AIで手にした商品をカウント、目白に無人決済店舗オープン
TOUCH TO GOは2020年10月16日、紀ノ國屋と共同で、無人AI決済システムを導入した「KINOKUNIYA Sutto 目白駅店」をオープンした。店内のカメラと独自のAIアルゴリズムを組み合わせたシステムを使って、顧客が手に取った購入商品の品目などを自動認識することで、無人レジでの決済を可能にする仕組み。(2020/10/19)

イノベーションのレシピ:
くら寿司はなぜ半年で非接触型サービスを導入できたのか
回転ずしチェーンを展開するくら寿司は、池袋サンシャイン60通り店に、入店から退店まで顧客が店員と対面することなく、すしの提供をはじめとするサービス提供が可能となる「非接触型サービス」を導入した。このような非接触型サービスの導入は「大手外食チェーンで初」(同社)だという。(2020/10/15)

Citrix Overseas Report:
ITをどう活用すれば、従業員のモチベーションは上がるのか
「現在の業務の一部は、ITで自動化できる」と聞くと、従業員がほとんどいない職場や活気のない職場を想像する人もいるのではないでしょうか。しかし、実際は従業員のモチベーションが上がり、顧客に対してロボットにはできないような「神対応」をしてくれるケースも出てくるようです。なぜこんなことが起こるのでしょうか。大事なポイントを解説しましょう。(2020/10/15)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
くら寿司が完成させた「非接触型サービス」 触れずに操作できるセルフレジや案内システムを導入
くら寿司は「非接触型サービス」を先行導入した店舗を公開した。直接触れずに操作できるセルフレジなどがある。今後、同様の店舗を増やしていく考えだ。(2020/10/14)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で改革急ぐファミレス サイゼリヤとジョイフルの苦戦が長引きそうな理由
コロナ禍を乗り切るためファミレス各社はさまざまな改革を打ち出している。サイゼリヤとジョイフルは苦しい状況が続きそうだ。その理由とは。(2020/9/30)

スーパーマーケットから店員が消える? バーチャル接客が生む意外なメリットとは
「スーパー木田屋」を運営する木田屋商店は、スーパーの接客において、デジタルサイネージを利用したコミュニケーションツール「T-Concierge」を導入したと発表した。バーチャルな接客から生まれる販促効果とは。(2020/9/24)

イトーヨーカドーやヨークマートでスマホ決済が利用可能に
セブン&アイ・ホールディングスは、9月10日から順次、傘下のスーパーマーケット237店でキャッシュレス決済サービスの内容を拡大。6ブランドのクレジットカード、9ブランドのバーコード決済サービスを利用できるようになる。(2020/9/1)

tsumug.edge:
練習なく突入した未来──電子国家エストニア、コロナ禍で生まれつつある“ニューノーマル”
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2020/8/26)

顧客とのエンゲージメントを築く:
「スシロー」「Chompy」に学ぶ テイクアウトやデリバリーが伸長する飲食業界のアプリ活用術
コロナ禍で飲食業界は大きなダメージを受けたが、一方でテイクアウトやデリバリーの利用は拡大している。その状況を最大限に生かし、将来につながるリターンを得るためには、どのような戦略を打ち出すべきなのか。(2020/8/24)

セブン‐イレブン、「お会計セルフレジ」9月から順次導入 店員の負荷軽減、客の待ち時間短縮狙う
セブン‐イレブン・ジャパンは、会計操作を客が行う「お会計セルフレジ」を、2020年9月から全国のセブン-イレブン店舗に順次導入すると発表した。店員の負荷軽減と客の待ち時間短縮を狙う。(2020/8/3)

セブン‐イレブン、店員はレジ打ちだけ「お会計セルフレジ」 全国で9月から順次導入
店員がレジ打ちを行い、客が精算を行う「お会計セルフレジ」が、全国のセブン‐イレブン店舗で9月から順次導入。(2020/7/30)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
コロナ対策にもなるとは…… びっくりドンキーの新コンセプト店がもたらした“まさか”の効果
びっくりドンキーの新コンセプト店「ディッシャーズ」がオープンした。当初は女性客の獲得と生産性向上が狙いだった。しかし、結果的にコロナ対策にも役立った。(2020/7/29)

利害の対立:
何が問題だったのか? コンビニ、24時間営業問題の本質
コンビニの「24時間営業」問題に関し、コンビニ本部は「それが本当にFC店オーナーのためになるのか」という問いに答える責務がある。その関心の矛先がどこにあるかを端的に表すのが「ロイヤリティの算出ベース」だ。(2020/7/18)

製造マネジメントニュース:
ニューノーマルを「くらしアップデート」の追い風に、パナソニックの技術戦略
パナソニックは、技術セミナーとして研究開発戦略について、パナソニック 専務執行役員でCTOとCMOを務める宮部義幸氏がオンラインで説明を行った。「くらしアップデート業」を掲げる中で、これらに最適な技術基盤の構築を進める一方で、技術の活用先として新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応を進めていく方針を示した。(2020/7/16)

ウィズコロナ時代の接客にも:
モスバーガー、「リモートレジ」を導入 分身ロボットで商品選びをサポート
モスフードサービスは7月下旬から、遠隔で会話ができる“分身ロボット”をレジでの接客に活用する実証実験を始める。身体障害のある人を起用し、客との対話や注文の受け付けを担ってもらう。人手不足解消やコロナ後の“新しい接客”を想定する。(2020/7/14)

くら寿司、AIで「特上マグロ」見抜く コロナ禍での仕入れを効率化
くら寿司が、AIの画像解析技術で冷凍天然マグロの品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を導入。最高ランクの個体だけを仕入れて調理し、期間限定で販売する。コロナ禍によって職人の移動が制限され、品質判定が難しい状況に対応する。(2020/7/7)

スマートリテール:
「ECの世界をリアルで再現する」トライアルが関東初のスマートストアを開店
トライアルカンパニーは2020年7月3日、同社の既存店舗である「スーパーセンタートライアル長沼店」(千葉県千葉市)にAIカメラなどの設備を導入を通じてスマートストア化しリニューアルオープンした。AIカメラやセルフレジ機能を搭載したショッピングカートで来店客の購買体験の向上を目指す。(2020/7/6)

三井住友カードの決済端末「stera terminal」が始動 店舗側のメリットは?
三井住友カードが提供する決済プラットフォームの「stera」の決済端末「stera terminal」の本格設置が7月6日から開始する。クレジットカード、電子マネー、コード決済をまとめて三井住友カードが管理し、オンライン・オフラインの双方の決済情報をまとめて管理できる。stera terminal専用のアプリマーケット「stera market」も公開した。(2020/6/26)

「リカちゃんイーツ」「リカペイ」でごっこ遊び リカちゃん人形がニューノーマル対応
タカラトミーが、着せ替え人形「リカちゃん人形」用の小物セット「リカペイでピッ! おかいものパーク」「リカちゃんイーツ おとどけスクーター」を発売。キャッシュレス決済やフードデリバリーサービスなど、新しい生活様式をごっこ遊びで体験できる。(2020/6/18)

ローソン、トイレ・ゴミ箱・灰皿の提供を一時休止 新型コロナウイルス感染拡大予防のため
あわせて、接触機会を少しでも減らすべく、セルフレジの活用も加速させるとのこと。(2020/4/28)

お客や従業員を守るため:
ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止 使用済みマスクが捨てられている実態に不安の声
ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止する。お客と従業員の安全のため。セルフレジの活用も一方で進める。(2020/4/28)

新型コロナで「お金に触りたくない」?
新型コロナウイルスの感染経路として、人々が気にし始めているのは硬貨や紙幣などの「お金」だ。日本でも、ジワジワとお金と衛生に関する考え方が変わってきているようだ。現金を触ることの抵抗感が強くなり、半分近くの人が、支払い方法そのものを変えている。(2020/4/22)

透明なカーテンが出現:
緊急事態宣言、そのときコンビニは? 大手3社が新型コロナ感染防止策を発表
政府が緊急事態宣言を発出したことを受け、大手コンビニチェーンが対応策を発表。各社の取り組みとは?(2020/4/9)

人間とAIごとに得意なサービスのすみ分け
多過ぎる予約電話に苦慮する美容院が語る、AIアシスタント導入で何が変わったか
ある美容院は、受付スタッフが応対し切れなかった電話問い合わせ件数が1カ月当たり約560件に上っていた。電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。(2020/3/23)

無人決済店舗は普及するのか? 高輪ゲートウェイ駅で新店舗オープンの狙い
JR山手線の高輪ゲートウェイ駅構内に、AI技術を活用した無人決済店舗「TOUCH TO GO」がオープン。3月23日の開業に先駆け、メディア向けの内覧会で新店舗に入店した。無人決済店舗は日本でも普及していくのか。(2020/3/18)

東芝テック、セルフオーダーシステムにも向く堅牢設計の業務用タブレット
東芝テックは、堅牢設計の業務用タブレット端末「TBL-300」シリーズを発表した。(2020/3/16)

スマートリテール:
リテールテックの国内市場、2030年に8737億円まで成長へ
富士経済は、小売、外食、宿泊業向け機器、システム&サービスの国内市場を調果した「リテールテック関連機器・システム市場の将来展望 2019」を発表した。2030年の国内市場は8737億円まで成長すると予測している。(2020/3/10)

スーパーのレジで並ばずにお買い物! イオンがスマホでスキャン・決済できる「どこでもレジ レジゴー」を導入
購入品が一覧で見られるのもうれしい。(2020/2/28)

イオン、レジに並ばず買い物ができる「レジゴー」開始 専用スマホで会計
イオンリテールは3月から、レジに並ばずに買い物できる新サービス「どこでもレジ レジゴー(以下、レジゴー)」を本格展開する。貸し出し用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジの2次元バーコードを読み取り、買物データを連携。最後に支払い方法を選択するだけで簡単に会計できる。(2020/2/27)

メルカリ、初の実店舗や無人投函ボックスを展開 国内事業を強化 山田社長「フリマアプリ市場はポテンシャルがある」
メルカリが中核事業であるフリマアプリ「メルカリ」国内事業の新しい取り組みを発表。同社初となる実店舗業態や無人発送ポストを展開する。(2020/2/20)

リアルにひろがるメルカリ……メルカリが初の事業発表会を開催 梱包・発送をおまかせできる「あとよろメルカリ便」などを発表
「出品」に特化したサービスを発表しました。(2020/2/20)

無人で商品を発送できる「メルカリポスト」2020年夏に登場 全国のドコモショップなどに設置
メルカリで出品した小物商品をセルフサービスで発送できるキオスク端末が、2020年夏から設置される。全国のドコモショップや「メルペイ」加盟店を中心に、2023年までに5000箇所への設置を目指す。(2020/2/20)

東芝テック、スマホを活用したセルフレジ「ピピットスマホ」発売
東芝テックは、2月10日に食品スーパーマーケットなどの量販店を対象としたスマホ用セルフレジシステム「ピピットスマホ」を発表。消費者自身のスマホで商品の登録を行い、自身で会計を完了できる。(2020/2/10)

Cover Story:
ストアビジネスの変革期 流通小売業で始まった、生き残りをかけたデジタルトランスフォーメーション
気になる情報はすぐ検索でき、欲しくなったモノは何でもネットで買える。労働人口は減り続け、消費者の期待は常に変化する。そのような時代に、流通小売業は生き残りをかけた変革を始めている。(2020/2/5)

長谷川秀樹の「仕掛け人に会いたい」:
顧客行動の8割がいまだ謎、Amazon対抗目指すスマートストア「トライアル」の勝算
購買行動の多くを占める「非計画購買型」をどう可視化していくのか。AIカメラやセルフレジ機能付きスマートカートを導入したスマートストア「スーパーセンタートライアル田川店」の取り組みを聞く。(2020/1/31)

フィンランド一人旅で感じた“居心地のよさ” そのワケは…… 旅行の思い出をつづった漫画に心がほっこりする
フィンランド行ってみたくなる。(2020/1/30)

お店最前線 来店してもらう仕掛けとは?:
「たばこは無言で買う時代」 セブンが実験店で掲げた“秀逸”すぎるコピーの意味とは?
セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。実際に行ってみると「たばこは無言で買う時代」というコピーがあった。どんな意味があるのか? 実際にたばこを買ってみた。(2020/1/30)

MONOist 2020年展望:
小売店舗が主導するリテールAI、業界横断の取り組みで閉塞状況の打破へ
労働力不足の影響が顕著になっている小売店舗は、IoTやAI、ロボットといったデジタル技術の活用による業務効率化が喫緊の課題だ。その中でも、カメラで撮影したデータから小売店舗内における顧客の購買行動や動線などを分析する「リテールAI」が注目を集めている。(2020/1/15)

Microsoft Focus:
“MaaS”に“RaaS”に“BaaS”が登場 MSが成果を上げるクラウド推進の体制とは
日本マイクロソフトのインダストリー別専門組織体制は、クラウド事業の推進において重要な役割を担っている。どのような役割で、どのような成果をあげているのだろうか。(2020/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。