ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Service Cloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Service Cloud」に関する情報が集まったページです。

MONOist IoT Forum 東京2019(後編):
オムロンが工場実践を通じて語る、IoTや5Gの「現実的価値」
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年12月12日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。後編では、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 企画室 IoTプロジェクト 部長の小澤克敏氏による特別講演と、日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長の岡実氏によるランチセッション、その他のセッション内容について紹介する。(2020/1/28)

Azure上でマーケ支援の「Marketing Cloud」を提供 TeamsとSales Cloudの連携も――SalesforceとMicrosoftが連携強化
Salesforce.comとMicrosoftは、戦略的パートナーシップの拡大を発表。「Microsoft Azure」をマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」の提供基盤とする他、チームコラボツール「Microsoft Teams」からSalesforceのCRMツールなどの検索、表示、共有できる連携機能も開発する(2019/11/18)

SalesforceとMicrosoftが提携強化 Marketing Cloudの基盤にAzure採用
米Microsoftと米Salesforce.comがパートナーシップを拡大。「Salesforce Marketing Cloud」の基盤として「Microsoft Azure」を採用する。CRMと「Microsoft Teams」の連携も視野に入れる。(2019/11/15)

DX時代、SIビジネス変革の具体像:
PR:フレクトに聞く、“Salesforce First”を貫く理由とは
DXトレンドの進展を背景に、ビジネスが「体験価値の競争」に変容して久しい。これに伴い、企業のDXを支援するSIerにも従来型の受託ビジネスモデルから、共に価値を考え、スピーディーに実現していく提案型のビジネスモデルへの変革が求められている。だが一社単独での変革はなかなか難しいのが現実だ(詳しくは文末の「セールスフォースに聞く『DX時代に必要とされるエンジニア』とは?」をぜひ参照してほしい)。そうした中、セールスフォースでは、今のIT業界全体の課題でもある『人材の採用』『教育コスト』『継続的な案件創出』といった3点を軸とした支援策「DXアクセラレーションプログラム」を提供している。実際にパートナーは、セールスフォースとのビジネスによる社内の変化やパートナー支援について、どう感じているのか。――今回はSalesforceを中心としたソフトウェア開発、コンサルティング事業、IoT事業を行うフレクトに話を聞いた。(2019/10/29)

Salesforce「Consumer Goods Cloud」担当者に聞く:
消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「Consumer Goods Cloud」担当ディレクターのスニール・ラオ氏に聞いた。(2019/10/23)

「Salesforce World Tour Tokyo 2019」レポート:
Salesforce共同創業者が語る「Customer 360」と業界別クラウド製品の新潮流
「Salesforce World Tour Tokyo 2019」の基調講演の内容を、製品アップデートを軸に紹介する。(2019/10/1)

「auカブコム証券」として新たなスタート:
PR:ネット証券の“総合病院化”へ カブドットコム証券が見据える金融体験の未来
先進的なデジタル戦略によって、多様な投資体験を提供してきたカブドットコム証券。さらなる成長を目指して取り組むのが、新たな顧客体験による顧客層の拡大だ。幅広い層の人たちに快適で活発な金融体験を提供するべく、SalesforceのCRMを導入した同社の“変革”について、齋藤正勝社長に聞いた。(2019/10/10)

製造IT導入事例:
セールスとサービス、2つのプラットフォームで部門間連携を支援
セールスフォース・ドットコムは、日立ハイテクノロジーズに対して実施した、部門間連携や品質管理システム刷新の支援事例を発表した。セールスとサービス、2つのプラットフォームで部門間の連携が強化され、品質管理情報の共有が可能になる。(2019/9/24)

Oracle Partner Awards受賞パートナー企業特集:
PR:ロボホンとOracleで顧客対応、人手不足解消 四半世紀をOracleのERPと歩んだパートナー企業の挑戦
(2019/9/3)

需要予測などを自動化する「AutoML Tables」も:
「AutoML」の強化から「AI Platform」まで、Google Cloudが機械学習/AIで多数の発表
Google Cloudは2019年4月10日(米国時間)、Google Cloud Next ‘19で、機械学習/AIに関する多数の発表を行った。これらは、「ビジネスユーザーのAI活用支援」と「貴重な社内データサイエンティスト/データエンジニアの生産性向上支援」の2つに分けられるという。(2019/4/12)

500以上のコンテンツが利用できる:
セールスフォース・ドットコム、企業向け学習プラットフォーム「myTrailhead」の提供開始
セールスフォース・ドットコムは社員教育に向けたプラットフォーム「myTrailhead」の提供を開始した。分野が多岐にわたる500以上のコンテンツが無料で利用できる。管理者は、チームメンバーの学習状況やスキルを把握できる。(2019/3/7)

BI+AIをプラットフォームに統合:
「Einstein Analytics Plus」でアクションにつながる分析が実現する理由
セールスフォース・ドットコムが新たに提供開始した将来予測と分析の統合プラットフォーム「Einstein Analytics Plus」の概要を紹介する。(2019/1/28)

企業のマーケティング活動をトータルに支援:
テラスカイとメンバーズが協業 マーケティング部門から営業部門、 サポート部門までトータルに支援へ
テラスカイとメンバーズが協業。マーケティングオートメーション、営業、サポート領域まで網羅するトータルソリューション提案を実現する。(2018/11/30)

より多くの顧客に高級旅館並みのサービスを:
創業65年、AIで生まれ変わる箱根の老舗ホテル その成功の要因は?
AIや機械学習で成功を収める企業が増えてきている一方で、思ったような効果が得られていない企業も少なくない。ビジネスにAIを活用するコツはどこにあるのか。箱根湯本の老舗ホテル「ホテルおかだ」の原氏が、そのポイントをセミナーで解説した。(2018/10/22)

AWS、IBMとの連携も強化
Salesforceが音声アシスタント「Einstein Voice」発表、CRMはどう変わる?
Salesforceは、同社の年次カンファレンスでApple、AWS、IBMとのパートナーシップの締結や拡大に加え、今後リリースする統合ツール「Customer 360」、音声プラットフォームサービス「Einstein Voice」などを発表した。(2018/10/11)

AOKI、スーツのレンタルサービス「suitsbox」の顧客サービス向上に「Salesforce Service Cloud」を活用
AOKIは、月額制のスーツレンタルサービス「suitsbox」の顧客管理基盤として、SalesforceのCRMプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を導入。顧客ごとのサービス最適化を図るとともに、リアルタイムデータを基にしたKPIなどを参照できるようにした。(2018/10/2)

Product 360、IICSはどのような効果があったのか
三越伊勢丹、クックパッド 効率的なデータ管理のための基盤づくりを語る
インフォマティカのデータ管理システムを使ったデータの連携や統合について、三越伊勢丹グループ、クックパッドの事例を紹介する。(2018/9/21)

倉庫内作業をボイスアシスタント「Alexa for Business」で効率化 リアルタイムな情報連携を実現――ブロードリンクとNTTデータが実証実験
ブロードリンクとNTTデータは、倉庫内業務をボイスアシスタントで効率化する実証実験を開始。ボイスアシスタントサービス「Alexa for Business」を導入し、既存の業務アプリケーション基盤と連携させて、リアルタイムでの進捗管理や情報連携を実現し、生産性向上を目指す。(2018/7/25)

東京都主税局のサイトに「納税に関する問い合わせ」に応えるAIチャットbot 日本オラクルが提供
東京都主税局のサイトに、納税や納税証明に関する問い合わせにで自動応対するチャットbotが登場した。AI(人工知能)チャットbot活用に向けた実証実験のため日本オラクルが提供した。(2018/6/4)

News
セールスフォース、小規模企業向けCRM「Salesforce Essentials」提供開始
セールスフォース・ドットコムは、小規模企業やスタートアップ企業向けの小規模ライセンス「Salesforce Essentials」を提供開始した。利用のしやすさだけでなく、企業の成長に合わせて機能拡張できる点が特徴だ。(2018/5/16)

Oracle Customer CX Cloud Suiteに2つの新製品:
「Oracle CX Audience」と「Oracle Infinity」はマーケターの仕事をどう変えるのか
「Oracle Modern Customer Experience 2018」で発表された2つの新製品が担う役割について「Oracle Marketing Cloud」担当シニアバイスプレジデントのシャシ・セス氏のプレゼンテーションを紹介する。(2018/5/2)

「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」レポート:
箱根湯本の老舗ホテルが考える、顧客満足のためのデータとAI活用
IT活用で挑む顧客満足向上施策とはどのようなものか。創業60年を超える老舗ホテルの取り組みに学ぶ。(2017/12/22)

CRM製品に何を求めるべきか
徹底比較:Salesforce vs. Dynamics 365、長所と短所を見極めて選択する
Salesforce.comの「Salesforce」とMicrosoftの「Dynamics 365」。いずれかを初めて導入するにせよ、一方から他方へと移行するにせよ、両製品の長所と短所が組織のニーズに合っている必要がある。(2017/12/20)

生鮮食品eコマースのIT戦略(前編)
ITという武器でアナログな食品流通業界に切り込んだベンチャー、八面六臂の「覚悟」
料理人向けに生鮮食品ネット通販サービスを提供する八面六臂。アナログで複雑な商習慣が定着していた食品流通業界を、徹底したIT化という“武器”で切り込んでいった同社の企業努力はどのようなものだったのか。(2017/12/13)

マーケティングからカスタマーサポートまで:
「LINE」と「Salesforce Service Cloud」を連携した顧客コミュニケーションサービス、トランスコスモスが提供
トランスコスモスは「LINE ビジネスコネクト」と「Salesforce Service Cloud」を連携させたと発表した。(2017/11/6)

国内事業を拡大:
toBeマーケティング、第三者割当増資による総額4億円の資金調達を実施
toBeマーケティングは、総額4億円の第三者割当増資を実施した。(2017/10/5)

セブン&アイ、Salesforceでオムニチャネル戦略を強化 グループ全体で顧客情報を一元管理
セブン&アイ・ホールディングスは、SalesforceのCRMプラットフォーム2製品を採用。グループ全体で顧客情報を一元管理し、リアルとネットの枠を超えたOne to Oneマーケティングを目指す。(2017/9/26)

むしろセールスフォースユーザーに適する?:
「Amazon Connect」の、コールセンターを変える「破壊力」
Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Connect」は、コールセンターをクラウド上にソフトウェアで構築できるサービスだ。最大の特徴はコールセンターの構築・運用コストの大幅な削減。だが、従来型のコールセンターシステムを、ビジネスの変化に柔軟に対応できるツールに変えたいという用途にも適している。AWSとセールスフォースの説明に基づき、このサービスをあらためて紹介する。(2017/9/20)

RIZAP、“結果にコミットする”ために顧客情報基盤を強化 Salesforceを導入
RIZAPグループが、SalesforceのCRMツールなど3製品を導入。個々の顧客に“コミットする”ための最適なサービスを提供し、顧客満足度と顧客接点の向上を目指す。(2017/7/5)

老舗温泉旅館「一の湯」、Oracle Service Cloud導入でカスタマーサービスを拡充
300年以上続く箱根温泉旅館の老舗「一の湯」が、オラクルのカスタマーサービス支援クラウド「Oracle Service Cloud」を採用。自社Webサイト経由の予約客増加とインバウンド需要に向けたサービス拡充を目指す。(2017/3/10)

日本での独占販売権を取得:
トランスコスモス、bot構築・運用管理プラットフォーム提供の米Replyと資本・業務提携
トランスコスモスは、Replyと資本・業務提携し、同社が開発するbot構築・運用管理プラットフォーム「Reply.ai」の日本での独占販売権とアジアにおける優先販売権を取得したと発表した。(2017/1/10)

Weekly Memo:
クラウド市場に異変? 相次ぐ協業の狙いを読み解く4つのポイント
「AWSとSalesforce.comの日本法人による協業強化」「AWSとVMwareが提携」―― 先週、クラウド市場を大きく揺り動かす2つ協業が発表された。これらの動きにはどんな意味があるのか。(2016/10/17)

Dreamforce 2016:
米コカ・コーラとGMの、最先端ビジネス事情
海外大企業はどのようにITツールをビジネスに活用しているのか。米Salesforce.comの年次イベント「Dreamforce 2016」では、先駆的な企業の取り組みを知ることができる。北米Coca-ColaとGMは、何を目指してITを使っているのだろうか。(2016/10/7)

AIベースのアプリも構築可能:
セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み込む「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を発表した。(2016/9/23)

開発体制をマイクロサービス化
AWSの最大の魅力はAPI、キヤノンのサービス開発部隊がクラウドで実現したこと
キヤノンの開発チームは、顧客向けサービスのシステム基盤を自社運用からAWSへ切り替えた。運用の自動化、開発体制の刷新を図り、機能実装のスピードを大幅に向上することに成功した。(2016/8/31)

スカパーJSAT、サポートにチャット機能を導入
スカパーJSATは、オラクルのクラウドサービス「Oracle Service Cloud」によるヘルプセンターの機能に、新たにチャットを活用したお問い合わせサービスを開始した。(2016/8/9)

導入、カスタマイズ、運用、コンサルティングまでワンストップで提供:
トランスコスモス、「Salesforce Marketing Cloud」の取り扱いを開始
トランスコスモスは、セールスフォース・ドットコムが開発、提供するワンツーワンマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」の取り扱いを開始した。(2016/7/13)

メッセージングツールの活用で顧客対応を効率化:
トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーションサービスの提供を開始した。(2016/5/31)

Weekly Memo:
握手の裏の思惑は クラウド業界で加速する“協業と競争”
「Salesforce.comが主要サービスのインフラにAWSを採用」「HPEがサービス部門を分離」「SAPとMicrosoftが協業拡大」―― 最近発表されたこれらの動きは果たして何を意味しているのか。(2016/5/30)

「技術が好き」だけでいいの?仕事に誇りと責任感を持ててる?:
PR:ITアーキテクトの第一人者に聞くエンタープライズITエンジニアの「本当の価値」とは
グロースエクスパートナーズ 執行役員 アーキテクチャ事業本部長 兼 ビジネスソリューション事業副本部長を努め、日本Javaユーザーグループ会長、日本Springユーザーグループ幹事などのコミュニティ活動でも知られる鈴木雄介氏にインタビュー。「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な視点やスキルを聞いた。(2016/5/12)

セールスフォースと連携してIoTを実現するロボット、DMMら3社が展開
DMM.comとPwCコンサルティング、MJIがコミュニケーションロボット「タピア」を用いた、マーケティング支援で協業する。Salesforceとの連携を用意することで“ロボットによるIoT”を実現する。(2016/4/27)

Bootstrap、jQuery Mobile、AngularJS、iOS、Androidにも対応:
PR:Web APIとコンポーネントのブレンド――ビジネスユーザーには生産性を、プログラマーには自由度を、高レベルで提供する開発プラットフォームとは
ビジネスユーザーからの注目度が高かったセールスフォース・ドットコムだが、少し前から開発者からもにわかに熱い視線が向けられるようになってきた。同社のプラットフォームに特化したPaaS「Force.com」について、最新版の特長をあらためて整理しておきたい。(2016/2/29)

IoTデータプラットフォーム「Salesforce IoT Cloud」発表 顧客に合わせてリアルタイムにパーソナライズ、「ビジネスのやり方が変わる」
米salesforce.comがIoTデータプラットフォーム「Salesforce IoT Cloud」を発表した。顧客情報とIoTデバイスやセンサーデータを連携し、営業やマーケティングに役立てる。(2015/9/18)

先進事例の取り組みから見る成功例
クラウド&ビッグデータショーケース
(2015/7/30)

“POCO”って何だ?:
生まれ変わる日本オラクル、クラウドソリューション販売体制を強化
30年の節目を第二創業期と位置付けた“新生”日本オラクルが新年度事業戦略を発表。クラウドトータルソリューション提供企業に生まれ変わろうとしているようだ。(2015/7/1)

日本オラクル、クラウド推進の「POCO」戦略を発表
2016事業年度はクラウド市場での同社の立場を強化する「POCO」(ポコ)戦略を推進する。(2015/6/30)

問い合わせページ、キモは「自己解決力」 JALカードが新システム導入
JALカードが、サイトのカスタマーサポート機能基盤を「Oracle Service Cloud」で刷新した。顧客満足度と運営担当者の業務効率が向上し、問い合わせメール件数が約40%減ったという。(2015/5/15)

顧客満足度と担当者の生産性が同時にアップ:
JALカードが「Oracle Service Cloud」を導入、問い合わせメールを4割削減
日本オラクルは2015年5月14日、ジャルカード(以下、JALカード)の問い合わせ窓口を「Oracle Service Cloud」で刷新したことを明らかにした。(2015/5/14)

ソリューションを全面的に強化:
「Oracle Marketing Cloud」が大幅に機能強化
日本オラクルは4月10日、「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」にてクラウドベースの総合マーケティングソリューション「Oracle Marketing Cloud」を中心に、マーケティングソリューションを全面的に強化することを発表した。(2015/4/10)

「満を持して投入」杉原社長:
オラクル、“日本版”PaaS開始 国内DCも年内設置へ
日本オラクルがPaaS「Oracle Cloud Platform」を日本でも“満を持して”投入する。合わせて、国内データセンターの年内に設置する計画も明らかにした。(2015/4/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。