ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サザンオールスターズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サザンオールスターズ」に関する情報が集まったページです。

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
青春18きっぷ、悲しい失敗の記録 肉と鉄道と身延山ロープウェイ「身延線・御殿場線」編
今回は「身延山ロープウェイ」に乗るために身延線・御殿場線を巡るも、失敗に終わった悲しい青春18きっぷ2019夏の記録です……。今後、皆さんが失敗しないための参考になれば。【写真55枚】(2019/10/11)

「密告る」「御栄名」ってどう読めばいいんです? 意味“だけ”は何となく分かる身近な当て字
「御栄名」は結婚祝いなどで使われる当て字。(2019/10/10)

黒木華「凪のお暇」6話で完全に立場逆転した凪とゴン「今度は自分が壊れる番ね」 今夜からは完全オリジナル展開へ
龍子「白い恋人食べながら泣いてましたよね?」慎二「俺じゃない!!!」。(2019/8/30)

LUNA SEAライブに託児所 ファン「とても助かった」 利用増えるライブの臨時託児サービス、実態は
“ライブ会場の出張託児所”をどのような経緯でやることになったのか。ベビーシッター請負事業所・あいねを取材しました。(2019/6/14)

「私も、どうしてできるのかわからないけど」 黒柳徹子の“水中ヨガ”動画に注目集まる
足は沈んでるのになあ。(2019/6/4)

平成のうちに知りたい元号のこと:
改元は凶事の「リセット装置」だった? 意外に知らない元号の話(後編)
意外に知らない「元号」について豆知識を交えて紹介。後編となる今回は「改元」がなぜ行われるのか、改元にはどんな意味があるかを解説します。(2019/1/30)

今日のリサーチ:
第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も注視されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。(2019/1/18)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
ジャニーズ写真解禁に「時代が変わった」 初取材の記者が、リハーサル画像と振り返るNHK紅白歌合戦2018
初めての取材、右も左も分からない……!(2019/1/6)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

平成で一番歌われたアニソンは? DAMの「平成カラオケランキング」発表
全体1位は一青窈さんのあの曲でした。(2018/11/21)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

ついにきた! Mr.Childrenが全アルバム&シングルを配信開始、既にランキング上位に食い込むサイトも
明日にはランキング席巻してそう。(2018/5/10)

米津玄師「BOOTLEG」が第10回CDショップ大賞受賞! 準大賞はPUNPEEと台風クラブ
米津さんはビデオメッセージで喜びのコメント。(2018/3/8)

NHK紅白歌合戦の曲順発表 開幕はHey! Say! JUMP、アンカーはゆず「栄光の架橋」
いよいよ……!(2017/12/23)

宇多田ヒカルの全アルバム&シングル、定額制音楽配信で解禁 国内音楽市場で大きな契機となるか
Apple MusicやLINE MUSICなど9つの配信サービスで、宇多田ヒカルさんのほとんどの音源が一挙配信開始。(2017/12/9)

元SMAP3人が72曲メドレーを生披露 「前前前世」に「ultra soul」、恋ダンスも【楽曲一覧あり】
声を枯らして熱唱しました。(2017/11/5)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 音楽を着る!? 猫背に猫耳が反応!?――日本の挑戦者たち
“IT界のパリコレ”ともいわれるイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、大企業やスタートアップが所狭しとブースを並べるTrade Showの会場から、日本の挑戦者たちのアイデアグッズを紹介します。(2017/5/14)

アミューズが「サザン」「福山雅治」専任部署を新設 その理由は?
アミューズは、サザンオールスターズと福山雅治を担当する専任部署を新設する。(2016/1/28)

「仮面ライダークウガ」Blu-ray BOXがオリコン初登場3位 クウガ映像作品トップ3入りは初
平成ライダー第1弾。(2016/1/13)

水曜インタビュー劇場(有料テレビ公演):
テレビは苦戦しているのに、なぜWOWOWは過去最高なのか
テレビ局の厳しい戦いが続いている。視聴率が低迷し、広告費が落ち込む……。そんな状況の中で、有料放送「WOWOW」が好調だ。加入件数は過去最高を突破し、大台の300万件も近づいてきた。その要因について、同社の担当者に聞いた。(2015/12/9)

仲間&安住、2年連続で「日本レコード大賞」総合司会 各賞受賞者も発表される
いくつ知ってる?(2015/11/20)

サザン「葡萄」と週刊誌5誌によるコラボ誌が誕生、全国ローソンで限定無料配布
『週刊文春』『週刊現代』『週刊ポスト』『週刊プレイボーイ』『週刊SPA!』の週刊誌5誌の編集部が、アルバム収録曲から1曲ずつピックアップし、曲に関する企画記事を作成した。(2015/4/22)

サザンオールスターズ「年越しライブ」演出で謝罪
紅白歌合戦の“チョビ髭”演出についても説明。(2015/1/15)

サザンオールスターズ桑田さんが謝罪 紫綬褒章のライブでの扱いに「深く反省」
サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、年越しライブでの演出について「深く反省すると共に、ここに謹んでお詫び申し上げます」などと謝罪する文章を発表した。(2015/1/15)

青春がよみがえる! サザンオールスターズの楽曲、266曲がiTunesで配信開始
デビュー曲から最新曲までバッチリ網羅しています。(2014/12/17)

サザンの全266曲、iTunesで配信開始
「iTunes Store」でサザンオールスターズの全266曲の配信がスタートした。(2014/12/17)

サザンの名曲「希望の轍」が発車メロディに 茅ヶ崎駅で10月から
茅ヶ崎と縁の深いサザンオールスターズ。発車メロディは市民の熱い要望を受けて実現したそうです。(2014/9/27)

あなたは何「世代」? 日本の「世代」解説
「さとり世代」「ゆとり世代」など、ニュースなどで耳にする「◯◯世代」という言葉。日本の各世代の特徴を紹介する書籍『そろそろ日本の全世代についてまとめておこうか。』から最近の3世代を紹介します。(2014/4/15)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

ブックオフ、2013年「年間ランキング」発表――堺雅人出演作など変わり種も
中古通販・買取サイト「ブックオフオンライン」における2013年の売上ランキングが発表に。カテゴリ別のほか、ドラマ「半沢直樹」の主演俳優・堺雅人出演作品やキーワード検索の多いDVD作品ランキングも紹介。(2013/12/16)

日常に“サザン”を追加するプレーヤーアプリ「サザン+」
アミューズは、サザンオールスターズ公式サイト「sas-fan.net」のオリジナルミュージックプレーヤーアプリ「サザン+」を発表した。ダウンロードは無料。(2013/11/13)

JASRACに聞いてみた:
有名アーティストの動画をブログに埋め込んだら使用料を請求されるのか?
YouTubeやニコニコ動画でアーティスト自身がプロモーション動画を公開するようになってきた。これら動画サイトではボタンひとつで自分のブログなどに動画をシェアできる……のだが、これってJASRACとしてどう思っているのだろうか?(2013/9/27)

30〜60代の男性に聞く、楽器を始めたきっかけは?
30〜60代の男性が、楽器演奏を始めたきっかけは何だろうか。学校の授業以外で楽器演奏の経験がある人に聞いた。イード調べ。(2013/9/26)

今井優杏のエコカー☆進化論(2):
サザン復活とコラボした「ゴルフ7」は化け物のようなクルマだった!
自動車ジャーナリストの今井優杏さんが、独自の切り口で最新のエコカーや搭載技術を紹介する本連載。今回は、復活なったサザンオールスターズの出演CMでも注目を集めている、フォルクスワーゲンの7代目「ゴルフ」(ゴルフ7)を取り上げる。(2013/7/25)

声優・下田麻美さんがオーディオブックに挑戦! 独占インタビュー
映画化もし、直木賞受賞作家の朝井リョウの著作『桐島、部活やめるってよ』がオーディオブック化。メインキャラを演じた人気声優の下田麻美さんにインタビューを行いました。(2013/7/23)

各世代に売れたCDは?:
40代以上のCD購入が増加中、TSUTAYAのアルバム販売ランキング
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、全国の店舗における2011年12月12日〜2012年12月9日までのCD販売枚数を性別・年代別に集計したランキングを発表した。(2012/12/21)

シングル1位はAKB、アルバム1位はミスチル――TSUTAYAの2012年CD販売ランキング
カルチュア・コンビニエンス・クラブは、2012年CD販売ランキングを発表した。シングルは1位となったAKB48「真夏のSounds good!」。(2012/12/13)

USEN、家庭向けの音楽放送サービス「USEN on フレッツ・マーケット」をスタート
USENがNTT東日本と協業し、「フレッツ・キャスト」経由で楽しめる家庭向け音楽放送サービス「USEN on フレッツ・マーケット」を提供開始。(2012/11/26)

“音楽制作の最先端”だからできたハイレゾ音楽配信、「VICTOR STUDIO HD-Sound.」
ビクタースタジオが独自レーベル「VICTOR STUDIO HD-Sound.」を立ち上げ、オンキヨーの「e-onkyo music」でハイレゾ音源の配信を開始した。「絶対的な音質へのこだわり」がコンセプトというサービスの秘密を探るため、スタジオ内を探検してきた(?)。(2012/9/6)

人気調査データをランキングで紹介:
SNSを利用しているシニアは、非利用シニアより情報感度が2倍高く、友人が1.3倍多い〜調査データランキングTOP10
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。8月10日の時点では「長・短期プライムレート(主要行)の推移」から「シニアのライフスタイルとSNS利用」に関する調査データまでバラエティに富んだランキングとなりました。(2012/8/10)

NTTドコモの20年(後編:2002〜2012):
PR:「ケータイ」を肌身離さず持ち歩く「ライフツール」へ進化させたドコモ
かつては“電話”でしかなかった携帯電話は、データ通信機能を備えたことでコンピュータへとそのあり方を変えた。そのコンピュータは、ネットワークと連携するさまざまなサービスを搭載し、今は生活に欠かせないライフツールとなっている。こうした変化の裏には、20年間のドコモの弛まぬ挑戦があった。ここでは前編に続き2002〜2012年までの後半10年をITmedia Mobile前編集長の斎藤健二と現編集長の園部修が振り返る。(2012/7/31)

会場は砂浜:
指示どおり、ビーチサンダル&友達連れてシボレーの発表会に参加したらこうなった
へいへい、みんなどうしたんだい?(2012/7/20)

ドコモ、20周年を記念した「ドコモthanksキャンペーン」を開始
NTTドコモが、7月に営業開始20年を記念した「ドコモthanksキャンペーン」を開始。キャンペーンのイメージキャラクターは昨年に引き続き桑田佳祐氏を起用し、ライブツアー招待やコラボTシャツなどさまざまな特典をプレゼントする。(2012/5/31)

周囲には言っていないが、実は鉄道が好き……“隠れ鉄”は23%
周囲には言っていないけど、実は「鉄道が好き」という人はどのくらいいるのだろうか。「実は鉄道が好き」という“隠れ鉄”は23.0%だった。鉄旅オブザイヤー実行委員会調べ。(2012/1/13)

誠 Weekly Access Top10(2011年11月19日〜11月25日):
「青い恋人」や「赤い恋人」も商標登録されている
土産菓子「白い恋人」を製造販売する石屋製菓が、「面白い恋人」を製造販売する吉本興業などを商標権侵害で訴えたことが話題となっている。便乗商法がはびこるのは人気商品の常だが、実は似た名前という意味では「面白い恋人」以外にもいくつかあるのだ。(2011/12/2)

東北でドコモケータイを買って「ECOなキャンペーンノベルティ」をもらおう
ドコモは、東北6県でiモードケータイやスマートフォンを購入すると、ソーラーパネルなど「ECOなキャンペーンノベルティ」をプレゼントする限定キャンペーンを実施する。(2011/8/5)

「経団連はええかげんにせえ!」「脱依存の社会を」──孫社長と小林武史さん、自然エネルギーを語る
自然エネルギー事業への参入に向けて定款変更をしたソフトバンクの孫社長と、「ap bank」で環境問題にも取り組む音楽プロデューサーの小林武史さんが自然エネルギー問題について語り合った。(2011/6/27)

コンビニ、ヒット商品の理由:
“朝専用”で缶コーヒー戦争に革命――アサヒ飲料「WONDA モーニングショット」
従来は顧客や味の違いによって、商品が訴求されてきたコーヒー市場。そこに“朝専用”という新たな軸を持ち込み、大成功を収めたのがアサヒ飲料の「WONDA モーニングショット」である。(2011/6/21)

桑田佳祐と一緒に歩き出そう――ドコモ2011年夏のキャンペーン
ドコモが2011年夏のキャンペーン「KUWATA×DOCOMO walk with you 2011 SUMMER」を6月10日から開始する。桑田佳祐さん出演のテレビCMを展開するとともに、ドコモショップ来店者10万人にオリジナルグッズをプレゼントする。(2011/5/20)

桑田佳祐、福山雅治、Perfumeらが復興支援ソング ネットで配信
桑田佳祐や福山雅治などアミューズ所属の芸能人が、東日本震災の復興支援ソングを4月20日からネット配信する。(2011/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。