ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サントリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サントリー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ストレートで提供:
300万円の「山崎55年」が話題のサントリー 「山崎50年」を5000円でテイスティングさせていた狙いとは
300万円(税抜)の「山崎55年」が話題になった。過去には「山崎50年」が100万円で販売されていた。山崎50年を5000円でテイスティングさせていたサントリーの狙いとは。(2020/1/31)

サントリーが300万円のウイスキー「山崎55年」100本限定で販売
抽選販売となります。(2020/1/30)

ドラクエウォーク、コラボ装備の特殊効果が明らかに
「ドラゴンクエストウォーク」で初のコラボ企画が始まった。サントリーの自動販売機がゲーム内に「かいふくスポット」として登場し、10回触れると「BOSSネックレス」がもらえる。(2020/1/27)

「ドラクエウォーク」とサントリーの自販機がコラボ、ゲームの「かいふくスポット」に ジェムやアイテムがもらえるキャンペーンも
サントリー食品インターナショナルがスクウェア・エニックスのスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」とコラボ。全国に約1万4000台ある同社の自動販売機が「かいふくスポット」としてゲームに登場する。(2020/1/27)

スマートリテール:
リテールAI技術の推進に向けたプロジェクトが発足、サントリーや日本ハムが参加
トライアルカンパニー、サントリー酒類、日本アクセス、日本ハム、フクシマガリレイ、ムロオは、「リテールAI プラットフォームプロジェクト」を発足した。日本におけるリテールAI技術の推進に向けた取り組みを目的とする。(2019/12/12)

サントリーの缶チューハイ「カロリ。」販売終了 「好きだったのに」惜しむ声続々
「マーケティング上の理由」とのこと。(2019/10/25)

伝説の「中の人」が集結:
サントリー、ローソン、シャープ 公式アカウント担当者が本音で語るソーシャルメディア
企業はソーシャルメディアとどう向き合うべきなのか。あらためて考える。(2019/8/5)

雨の日だけ流れる「天気の子」とサントリー天然水のコラボ新CMが公開 主演2人の歌声にキュンキュンする
こんな同級生がいたら…….。(2019/7/22)

「午後の紅茶」は過去最高:
活気づく「紅茶」 背景に“個性”と“シーン”で飲み分ける選択肢
紅茶飲料の市場が活性化している。キリン「午後の紅茶」は上半期として過去最高の販売数量を記録。サントリーやコカ・コーラの新商品も好調で、さまざまな個性を持った紅茶商品が増えていきそうだ。(2019/7/13)

「いま最も働きたい企業 2019」ランキング 総合1位はサントリー
サントリーのトップは3回目。(2019/5/18)

サントリー「宇宙人ジョーンズ」CM、平成を回想する一夜限りの特別篇が放送 タモリ「あんたもしつこいねえ」
タモリさん、大杉漣さん、八代亜紀さん、振分親方(元高見盛)など出演。(2019/4/29)

「すっきりとキレがある」「やわらかく甘さを感じる」 実は3種類あるサントリーの天然水、味の違いを聞いてみた
南アルプス、奥大山、阿蘇の3種類。(2019/4/23)

新技術で鮮やかな緑色を維持 「サントリー天然水」ブランドから初の緑茶が発売
気分をリフレッシュしたいときにチョイスしてみたい。(2019/3/21)

“泡”で業界底上げ目指す:
ビールの味が変わる? 「プレモル」が注力する“体験”戦略
ビール市場の縮小が続く中、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」は足元の販売が堅調だ。ビールの「泡」のおいしさを体験する機会を増やす活動に注力している。「業界全体の活性化につなげたい」と話す山田賢治社長に戦略を聞いた。(2019/3/20)

サントリー「神泡サーバー」PR動画がネットネタで大渋滞 「徒歩で来た」「お前は何を言ってるんだ」
「自己防衛おじさん」に至っては、なんと本人が登場。(2019/3/18)

これまでは9%:
アルコール6%なのに「ストロングゼロ」 新商品を出すサントリーの狙い
安くて気軽に酔える点が支持されているストロングゼロ。これまではアルコール度数が9%だったのに、6%の新商品が発売される。狙いをサントリーに聞いた。(2019/3/11)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

“車掌ボイス”も収録:
引退した東京メトロ「銀座線01系」が自販機に変身 車両銘板など往年のデザイン採用
東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/2/22)

高校生が色鉛筆で描いた「ペプシコーラの絵」が実物そっくりで話題 サントリー公式も「本物にしか見えない」
紙の上のペプシ。(2019/2/15)

サントリー「クラフトボス」に無糖紅茶「クラフトボスTEA ノンシュガー」が登場 3月19日から発売
お弁当のお供にも。(2019/2/4)

サントリーウイスキー「白角」が休売に 出荷停止理由詳しく聞いた
缶の「特撰白角水割」については販売継続するとのこと。(2019/1/22)

渋谷公会堂のネーミングライツをLINEが取得 2019年秋に開設、アミューズらと3社合同で施設運営も
過去にはサントリーが取得して「渋谷C.C.Lemonホール」と命名されている時期がありました。(2018/12/12)

サントリー「BOSS」、別府温泉のお湯が当たるキャンペーン 市長も“湯Tuber”として“湯情”出演
ここ数年、別府と市長のハジけ具合がすごい。(2018/11/21)

製造ITニュース:
AI活用で作業時間を大幅短縮、生産計画立案システムを開発
サントリー食品インターナショナルと日立製作所は、AIを活用して最適な生産計画を自動立案するシステムを協働で開発した。同システムでは、これまで平均毎週約40時間かかっていた立案作業時間を約1時間に短縮できる。(2018/11/14)

製造マネジメントニュース:
パナソニック樋口氏とサントリー新浪氏が語る、日本企業復活の条件
パナソニックのユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」のシンポジウムに、同社 コネクティッドソリューションズ社 社長の樋口泰行氏と、サントリーホールディングス 社長の新浪剛史氏、大学院大学至善館 創設者・理事長の野田智義氏が登壇。「日本企業の復活」をテーマとするパネルディスカッションに臨んだ。(2018/11/1)

災害時に無料で飲料を取り出せる自販機、「停電で使えない」ツイート出回る どんな仕組みかサントリーに聞いた
どのような仕組みになっているのか、災害時にどのようにすればいいのかを聞きました。(2018/9/7)

PR:働く人の“代弁者”になる サントリー「クラフトボス」を大ヒットに導いた、意外な発見【後編】
サントリーの大ヒット商品「クラフトボス」。前編では、商品開発を率いた大塚匠氏の前に立ちはだかった壁について紹介した。「働く人の相棒」というBOSSの価値に立ち返った結果、つくり上げることができた“新しい相棒”。それはどんなものなのだろうか。(2018/9/3)

サントリー「BOSS」に炭酸飲料「ボストニック」登場 コーヒー由来の苦味から放たれるシュワシュワ感
自販機限定商品として発売中。(2018/8/23)

サントリー食品、子会社の「有給チャンス」パワハラ2年前に把握 “現物メール”確認できず当時は口頭注意に
サントリー食品インターナショナル広報に取材しました。(2018/8/22)

「全問正解で有給チャンス」 サントリー子会社のジャパンビバレッジ、“有給取得クイズ”メールの存在認める
「従業員はおもちゃじゃない」など、ジャパンビバレッジに対し批判が集まっています。(2018/8/21)

PR:成功の種は“原点”にある サントリー「クラフトボス」開発を率いた大塚氏の挑戦【前編】
2017年に発売し、大ヒットしているサントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」。これまでにない形状とコンセプトの商品で新しい市場を創った。その成功はどこから生まれたのだろうか。責任者として開発を率いた大塚匠氏の仕事を追った。(2018/8/20)

サントリー初の公式VTuber「燦鳥ノム」119歳、きょうデビュー
サントリーコミュニケーションズが、サントリー初の公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」(さんとりのむ)のデビューを発表し、キャラクタービジュアルを公開した。8月17日午後6時にデビュー動画を配信する。(2018/8/17)

サントリーの公式VTuber「燦鳥ノム」のビジュアル公開 キャラクターデザインはヤスダスズヒト
プロフィールがサントリーっぽい。(2018/8/17)

サントリー天然水ブランドからエナジードリンク 「南アルプスPEAKERビターエナジー」
「自然が育んだ素材」と「苦味と強炭酸による刺激」に着目して開発。(2018/7/25)

約5億本を目指す:
「クラフトボス」販売目標を3割引き上げ 水・お茶の代わりにゴクゴクと
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」がこの夏も好調だ。2018年の年間販売目標を年初から3割引き上げ、2000万ケース(4億8000万本)に修正。従来のコーヒー商品とは異なる飲み方ができることで、ユーザー層を広げている。(2018/7/24)

サントリー公式VTuber「燦鳥ノム」、8月デビューへ
サントリー初の公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」(さんとりのむ)が8月にデビューする。「119歳」という設定の女性キャラだ。(2018/7/19)

おっとりした119歳、水の国出身な女の子 サントリーが公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」を発表
また新たな強個性のVtuberが生まれてしまった感。(2018/7/19)

今日のリサーチ:
「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。(2018/7/17)

自販機にお金を入れると日替わり弁当がオフィスに届く サントリー、ぐるなびと共同で法人向け宅配サービス開始
電話注文よりお手軽。(2018/7/6)

飲食店の出来立ての味をオフィスで:
自販機のボタン一つで宅配弁当 サントリーとぐるなび、協業のメリットは?
職場に設置されているサントリーの自販機から、近隣の飲食店の宅配弁当を注文できる法人向けサービス「宅弁」が東京都内の一部で始まった。サービスを手掛けるサントリーとぐるなび、そして利用者にはどんなメリットがあるのだろうか。(2018/7/6)

“ランチ難民”救え 職場の自販機で弁当注文、サントリーとぐるなび
サントリービバレッジソリューションが、法人向けに、職場の自動販売機で弁当を注文できるサービス「宅弁」を始める。ぐるなびが協力し、職場近隣のレストランから作りたての弁当を届ける。(2018/7/5)

サントリーから缶コーヒーの新商品「ビッグボス」登場 で、味は?
ウマすぎる!!(2018/6/28)

「クラフトボス」が開拓:
好調「ペットボトルコーヒー」市場、まだまだ伸びる?
サントリーが2017年に発売したペットボトルコーヒー「クラフトボス」をきっかけに、「ちびちびと飲む」ニーズに対応したコーヒー商品が増え、市場は急速に拡大している。新たな市場はさらに拡大しそうだ。(2018/6/14)

「忍者女子高生」からすべてが始まった:
PR:テレビCMで有名なサントリーが、Web動画広告にチカラを入れるワケ
テレビCM界をリードし続けてきたサントリー食品インターナショナルが、ネット動画にチカラを入れている。再生回数が800万回を超えた動画がある一方で、十数万回にとどまったものもある。その違いはどこにあるのか。また、多くの人に見てもらうためにどのような工夫をしているのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

サントリー「白州12年」「響17年」販売休止へ ウイスキー人気で熟成した原酒が不足
「白州12年」は6月頃から、「響17年」は9月頃から販売休止になる見込みです。(2018/5/15)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

階層型ストレージをオールフラッシュに集約
サントリーがオールフラッシュでコスト削減 「ストレージ階層化はもう無意味」
サントリーグループが、国内各社の基幹システムを支えるインフラにオールフラッシュストレージシステムを採用した。選定をどう進め、どのような効果を得ているのか。(2018/5/11)

特選ブックレットガイド:
進化するデジタルモールド、高品質な試作や小ロット生産がモノづくりを革新する
3Dプリンタで出力した樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」について取り上げた過去の展示会レポート記事と、サントリーMONOZUKURIエキスパートによる活用事例をあわせて紹介する。(2018/4/20)

サントリー「クラフトボス」に「ブラウン」登場 ブラック・ラテに続いて
仕事が捗りそうだ!(2018/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。