ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Tech・Ed」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Tech・Ed」に関する情報が集まったページです。

塩漬けを回避するのがITプロの役目:
PR:ハイブリッドクラウド構築、認証、運用自動化、IoT、Power BI、機械学習――インフラ技術の実践的な知識と進化が分かるTechEdが帰ってきた
日本マイクロソフトが主催する国内最大級の技術イベント「de:code 2015」が5月26、27日に開催される。ITプロ向けトラックのセッションも充実していて、かつて開催されていた技術者向けイベント「TechEd」が、de:codeと名前を変えて帰ってきた、と見ることもできよう。そこで本稿では、Windows技術を中心にインフラ運用管理に従事するITプロ向けのセッションの見どころの一部を紹介する。(2015/4/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(11):
“デスクトップOSもクラウドから”にはまだ早い?
今年5月のTechEdにおいて、Microsoft AzureでWindows 7/8.1のイメージが利用可能になったことが発表されました。それだけ聞くと“いよいよデスクトップOSがクラウドで動く時代が来たか!”と早合点してしまいそうですが……。(2014/8/1)

Microsoft、TechEdなど複数のカンファレンスを1つに統合 第1回は来年5月
Microsoftがは2015年5月に、TechEdや製品別カンファレンスを統合したイベントを開催する。(2014/7/22)

メリットを享受できるのは?
“冷静と情熱”を巻き起こしたMicrosoftのクラウド新技術
Microsoftが「TechEd North America 2014」で発表したクラウドに関するさまざまな新技術は、企業のIT担当者に戸惑いをもたらしたようだ。(2014/6/11)

「Windows Intune」のモバイル向け新機能
iOS、Androidの「Microsoft Office」をも管理、Microsoftが狙うモバイル管理の覇者
2014年5月に「TechEd North America 2014」で発表された「Windows Intune」の新機能では、iOSやAndroid端末上のOfficeアプリケーションの管理ができるようになるという。(2014/6/6)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(5):
Microsoft RemoteAppで何ができるの?
2014年5月12日(米国時間)から米国で開催中のマイクロソフトのイベント「TechEd North America 2014」では、Microsoft Azureに関するさまざまな発表が行われました。今回はその中から1つ、誤解されそうな「Microsoft RemoteApp」について取り上げます。(2014/5/15)

Microsoft Azure情報アップデート:
マイクロソフト、クラウドとモバイルにフォーカスした企業向け新サービスを発表
米マイクロソフトは開発者向けイベント「TechEd North America 2014」を開催。クラウドとモバイル分野での企業向けの新しいサービス/製品を発表した。(2014/5/13)

MSDNユーザーへのAzure利用推進策も:
マイクロソフト、ALMツール「InRelease」を買収
マイクロソフトは、米国の開発者向けイベント「TechEd North America 2013」の基調講演で、クラウドOS戦略に向けた同社製品群の次版のリリース予告を続々と発表した。6月末の「Build 2013」ではいくつかのプレビューが披露される見込みだ。(2013/6/5)

Microsoft、TechEd 2012でiOSやAndroidもサポートする「Windows Intune 3.0」を発表
20回目になる北米でのTechEd 2012は“クラウドOSの時代”におけるMicrosoftの戦略を説明するものとなった。(2012/6/12)

Tech・Ed Japan 2010レポート:
世界が広がる!! クラウド時代の組み込み機器
MS主催Tech・Ed Japan 2010のBirds of a Featherセッション「Windows Platformによる組み込み機器とサービス連携」の講演内容を紹介する(2010/9/7)

Windows 7 SP1 βは7月末:
Microsoft、Tech・Ed 2010で「Windows Server 2008 R2 β」ほかを発表
ボブ・マグリア上級副社長は基調講演でクラウドコンピューティングへの取り組みを語り、「Windows Server 2008 R2」や「Windows Azure」など各種製品のアップデートも紹介した。(2010/6/8)

Tech・Ed 2009 Session Report:
見えてきた! 次期.NET FrameworkとVisual Studio
Windows 7だけでなく、Tech Ed Japan 2009の話題として開発者が気にしていたのは、やはり「.NET Framework 4」と、その対になる開発環境「Visual Studio 2010」ではないだろうか――。(2009/9/2)

Tech・Ed 2009 Session Report:
より早く、軽く、クールになる――Windows 7とWindows Server 2008 R2
Tech Ed Japan 2009のセッション内で語られた、Windows 7とWindows Server 2008 R2の「フットプリント、パフォーマンス、消費電力」に関する改善点を紹介する。(2009/8/28)

Tech・Ed 2009 Session Report:
Hyper-V 2.0のLive Migration――仮想マシンはクラスタの夢を見るか?
会期中、開発者やシステム管理者向けに各種テクニカルセッションが行われるTech・Ed 2009。本稿では「仮想マシンはクラスタの夢を見るか?」と題されたセッションでマイクロソフトにより紹介された、Hyper-V 2.0のLive Migrationについて解説する。(2009/8/27)

Tech・Ed 2009 Report:
【キーノート速報】新Windowsのローンチに自信を見せるMS
マイクロソフトの年次テクニカルカンファレンス「Tech・Ed」が開幕。初日の朝は基調講演が行われ、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Office Web Appsなどの最新事情が披露された――。(2009/8/26)

重さ85グラム:
Windows Embedded CE搭載のウェアラブルPC「Golden-i」登場
KopinがTech・Edで発表した「Golden-i」は、ワイヤレスで接続したPCやスマートフォンの画面を仮想ディスプレイに表示し、それらのデバイスを音声でコントロールできるヘッドセット型デバイスだ。(2009/5/12)

変化に対応できるIT、それが企業に求められるIT
8月26日、マイクロソフトが主催する「Microsoft Tech・Ed Japan 2008」が開幕した。ITエンジニアへエールを送りながら、企業システムの企画運用に役立つ情報を発信する4日間がスタートする。(2008/8/26)

ビル・ゲイツ氏、TechEdで最後の基調講演
TechEdの基調講演は、ビル・ゲイツ氏にとっては会長として最後の講演となる。(2008/6/4)

Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama Report:
何が変わる? Visual Studio 2008
Tech・Ed 2007で配布された次世代開発環境「Visual Studio 2008」のβ2版で、現バージョンからの変更がどのように行われているかを見てみよう。(2007/8/22)

Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama Report:
レガシーから脱出しオープンなプラットフォームで生産性向上を
神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で、マイクロソフトの年次技術カンファレンス「Tech・Ed 2007 Yokohama」が開幕した。Windows Server 2008やVisual Studio 2008などの最新製品情報が満載の4日間となる。(2007/8/22)

TechTargetジャパン会員限定プレゼント:
【お知らせ】「Microsoft Tech・Ed 2007 Yokohama」のチケットが当たる!
(2007/7/4)

MSのTechEdでIBM、開発者獲得注力へのコメント
MSのダイナミックIT、IBMのJazz、それぞれでコラボレーションに対する新たな試みが進められているが、どうやら両社は同じ目標を掲げているという。その真意は?(2007/6/12)

「SOAはもうビジョンという段階ではない」とSAPのスナーベGM
「エンタープライズSOAを今から始めるべきだ」――「SAP TechEd '06」で、SAP AGインダストリー・ソリューション GMのスナーベ氏は、企業がSOAに取り組む必要性を説いた。(2006/10/10)

電子ブロックと同じ? 部品やサンプルも提供するSAPのエンタープライズSOA
SAP TechEdを今週後半に控えたSAPジャパンは、「エンタープライズSOA」構想実現のための取り組みについてブリーフィングを行い、単なるSOAと同構想の違いを強調した。(2006/10/4)

Women In Technologyルポ:
先輩から学ぼう、みんなで考えよう、「女性エンジニアの生きる道」
「Women In Technology」というタイトルを冠した、女性エンジニアを対象としたランチョンミーティングがTech・Ed 2006 Yokohamaの最終日に開催された。IT業界の中では少数派に属する女性エンジニアだが、業界で先駆者的に活躍してきた女性リーダー2名を中心に、白熱したディスカッションが展開された。(2006/9/7)

Tech・Ed 2006 Yokohama:
新しいOfficeのファイル形式、管理者の負担を減らす移行方法は?
開催中のTech・Ed 2006 Yokohamaでは、新しいOfficeについてのさまざまな情報が提供されている。ここでは、新バージョンのOfficeで採用されるOpen XML Formatsへ、既存のドキュメントを移行させる方法について取り上げる。(2006/8/31)

Tech・Ed 2006 Yokohama基調講演:
ITエンジニアをサポートする4つの約束
8月29日、パシフィコ横浜でマイクロソフトのTech・Ed 2006 Yokohamaが開幕した。基調講演では、日本のITエンジニアをサポートするという「4つの約束」が披露された(2006/8/29)

Tech・Ed開幕、恒例「ラーニングデイ」はオンラインで提供
8月29日、神奈川県のパシフィコ横浜で、マイクロソフトによるアーキテクト、ITプロおよび開発者向けカンファレンスのTech・Ed 2006 Yokohamaが開幕した。初日恒例の「ラーニングデイ」は実際のセッションではなく、オンラインで提供されている。(2006/8/29)

先週は日本のSOA Week?
ビジネスの課題を解決するために戦略的にテクノロジーを使う
「SAP TechEd '05」初日、SAP LabsのVice President Market Development Engineering、カイ・ヴァン・ダ・ルー氏が基調講演に登場。ビジネスにおける5つの課題を、ITで解決するための指針を示した。(2005/10/31)

今週は日本のSOA Week?
ミドルウェア統合は中堅企業にもメリット――Oracle Fusion Middleware Day
25日はBEAWorld2005とOracle Fusion Middleware Dayが開催された。26日はIBM SOA SummitとSAP TechEdだ。業界をリードする4社が図ったように今週SOAのソリューションを披露する。まさに「SOA Week」とでも呼べばいいだろう。(2005/10/25)

Microsoft Tech・ED 2005 Yokohama:
チーム開発に最大限に貢献する、進化したVisual Studio 2005
パシフィコ横浜で開催されているMicrosoft Tech・Edの3日目のセッションで、チーム開発に向け大変革を遂げたVisual Studio 2005 Team Systemの解説が行われた。(2005/8/4)

SQL Server 2005はセキュリティ機能が大幅に強化
「Tech・Ed 2005」の2日目、同社の次のデータベースである「SQL Server 2005」に関して、セキュリティの強化ポイントを紹介するセッションが開催された(2005/8/4)

Microsoft Tech・ED 2005 Yokohama:
生産性を飛躍的に向上させるVisual BasicとVisual C#の新機能
Tech・Ed2005では、Visual Basic 2005およびVisual C# 2005の新しい言語仕様について、いくつかのセッションで解説が行われている。ここでは、そこから主な変更点をピックアップして見ていこう。(2005/8/4)

Tech・Ed:「オフィスワークの新たな世界」について語ったバルマー氏
Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、オーランドで開催中されているカンファレンス「Microsoft Tech・Ed 2005」において数多くの新製品を披露した。(2005/6/7)

MS、Tech・Edでアップデートサービス提供開始など発表
Microsoftの技術カンファレンスTech・Ed 2005で、バルマーCEOは「Windows Update 6」や「Longhorn」のβなど、登場予定の製品を披露した。(2005/6/7)

SAP TechEd'04 Report:
ABAP&JavaサポートのSAPアプリサーバ、その真価は?
ABAPとJavaの架け橋はSAPの優位性となるか。SAP TechEd'04開催2日目、NetWeaverによる開発環境や実行環境のアプリケーションサーバについて、テクニカルセッションが連なった。(2004/12/2)

SAP TechEd '04 Interview
モデルドリブンのアプリケーション開発が新たなビジネス価値を生み出す
SAP TechEd '04が開催した。SAP AGでNetWeaverの開発責任者で、基調講演も務めたクラウス・クレップリン氏に、NetWeaverの最新の状況について話を聞いた。(2004/12/1)

SAP TechEd '04開幕
NetWeaverを基盤にした企業アプリケーションの発展形態
SAPジャパンは、NetWeaverを、SAPのユーザー企業やシステムインテグレータの技術者向けに詳細に説明するイベント「SAP TechEd '04」を開幕させた。(2004/11/30)

「成長は革新から」── TechEdでNetWeaverを売り込むSAP
SAPジャパンは今月末、TechEd '04を都内で開催する。ビジネスプロセス革新のためのプラットフォーム、NetWeaverを国内でも本格的に売り込むのが狙い。(2004/11/24)

Interview:
「ミッションクリティカルな分野での利用を推進していく」とMSのリーズ氏。
Tech・Ed 2004の開催に合わせて来日した、マイクロソフト コーポレーション サーバー&ツール・マーケティング担当 コーポレートバイスプレジデントのアンドリュー・リーズ氏に、ミッションクリティカル分野におけるWindows Server Systemの将来などについて聞いた。(2004/9/11)

Tech・Ed最後のセッションはアーキテクトのためのアーキテクトディスカッション
Tech・Ed 4日間の最後は、これも初めての試みとなるアーキテクトによるパネルディスカッションが行われた。題して「Architect Salon 〜羽ばたけ! 日本のアーキテクト!」である。(2004/9/11)

SharePoint Portal Server 2003の導入・構築時に考慮すべき点は
今年のTech・Ed 2004では、対象ユーザーが開発者だけでなくITProにまで拡大された。そのことをよく反映しているのが、SharePoint Portal Server 2003などのインフォメーションワーカー向けアプリケーションの導入に関するセッションである。(2004/9/10)

開発者だからこそできるセキュリティ向上策
「Microsoft Tech・Ed 2004」では、.NET Frameworkのセキュリティ技術「コードアクセスセキュリティ」などをテーマにしたセッションも行われた。(2004/9/10)

Tech・Edは今年で10周年
横浜で開催されているTech・Edの二日目には、その10周年を祝うイベントが開催された。コミュニケーションをキーワードにさまざまな新機軸が見られる今回は、開発者をはじめ多くの人々がイベントに参加、会場は華やかなにぎわいを見せた。(2004/9/9)

Tech・Ed基調講演
ITの複雑性を統合プラットフォームソリューションで解決するMS
横浜で開催されているMicrosoft Tech・Ed 2004は、二日目の9月8日が本格的なセッションの開始日となった。ローディング社長による基調講演は、マイクロソフトのテクノロジーの集大成ともいえるメッセージ色の濃い内容となっている。(2004/9/9)

ソフトウェア更新管理製品の使い分け
「Microsoft Tech・Ed 2004 Yokohama」が開幕した。セキュリティについてのセッションでは、クライアントセキュリティの講座が連続して用意された。その多くは、ソフトウェア更新の管理に割かれた。(2004/9/7)

スクリプトの過去と未来
Tech・Ed Learning DayでのMSのテクノロジーを振り返るセッションでは、さまざまな過去のトピックが紹介されている。それらは単に古くて忘れ去られたといったものばかりではなく、現在でもアプリケーション作りに欠かせないマインドを思い起こしてくれるものがある。(2004/9/7)

複雑さの抽象化がソフトウェア開発の進化、Tech・Ed 2004で萩原氏
Tech・Edの国内開催10周年に相応しい、MSのテクノロジーを振り返るセッションが7日に開かれた。オブジェクト技術について萩原氏は「生産性ばかりに注力すると抽象化のため本質が見えなくなる」と現在のソフトウェアテクノロジーについて注意点を挙げた。(2004/9/7)

10周年のTech・Ed 2004開幕、30分がキーワードの講演多数
「Learning Day」と題した開催初日は、短時間でテクノロジー概要を理解できる講演が多数揃った。「30分でズバリ!!」と題された講演は、8日からの最新のテクノロジー講演を聞くために、これまでの復習といえるもの。(2004/9/7)

マイクロソフトによるIT技術者のための総合テクノロジーカンファレンス
マイクロソフトの技術者と交流できるまたとないチャンス
開催10周年となる今年のTech・Ed 2004は、その対象をソフトウェア開発者だけでなくITProやアーキテクトまで広げているため、ジャンルを問わず数多くの技術者が集うことになる。そして、技術者同士のコミュニケーションを目的としたオープンステージでは、マイクロソフトのエンジニアとの交流の場も設けられる。(2004/8/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。