ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「出向」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「出向」に関する情報が集まったページです。

コロナ影響:
近鉄、600人の人員削減計画を発表 早期退職者を募集
近畿日本鉄道が、2019年度は7200人だった人員について、600人減らす計画を発表した。新型コロナの影響で収益が悪化する中、事業構造改革の一つの施策として取り組む。(2021/2/26)

対応方法・スケジュールを弁護士が解説:
3月1日施行、改正会社法 「取締役の報酬等の決定方針」の定め方と記載例
2021年3月1日から「会社法の一部を改正する法律」と、それに伴って公布された「会社法施行規則等の一部を改正する省令」が施行される。これにより、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針を取締役会で決定することが義務付けられる。企業に求められる対応のスケジュールと、具体的な記載例とは?(2021/3/1)

カギは「付加価値型」へのシフト:
コロナ禍で崩壊する「日本式・壁ビジネス」 改革途上の地銀が「統合」だけでは乗り切れなさそうなワケ
コロナ禍でデジタル化が加速している。その影響で、日本式な「壁ビジネス」も崩壊しつつある。多くの業種で変革が迫られる中、「統合」を前提に改革が語られている地銀はどう対応していくべきだろうか。(2021/2/22)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(10):
問題の解決策を見つけるための演繹法入門(その1)
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第10回は、提案の肝となる第4段階の「解決策の方向を決める」に必要な「演繹法」の基本的な考え方について解説する。(2021/2/17)

デジタルネイティブの「今」:
全部がオンラインの時代に感じる「生きやすさ」と「孤独」のトレードオフ
本連載ではデジタル社会の最先端を行くデジタルネイティブの消費行動・価値観に着目し、新たなビジネスの兆しを探ります。第3回となる今回は、コロナ禍で変化したデジタルネイティブの「対人・コミュニケーション」マインドの変化に着目します。(2021/2/16)

湯之上隆のナノフォーカス(35):
ムーアの法則 次なるけん引役は「チップレット」 〜IEDM2020に見る先端パッケージ技術
今回は、「IEDM2020」から先端パッケージの講演をいくつか紹介する。そこで見えてきたのは、今後「ムーアの法則」のけん引役となるかもしれない「チップレット」技術と、その開発競争が進んでいるということだった。(2021/2/16)

コロナ禍で旅行需要低迷:
近畿日本ツーリスト、1376人が希望退職に応募 今期は370億円赤字予想
近畿日本ツーリスト各社を傘下に持つKNT-CTホールディングスは、1月に実施した希望退職募集に1376人が応募したと発表。新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低迷が長引いていることから、2021年3月期の業績予想は下方修正した。(2021/2/9)

PCデポ、HISから出向受け入れ 最大400人、顧客の“デジタル担当者”に
PCデポが旅行会社のHISから出向を受け入れる。出向者には、店舗やコールセンターでの顧客対応業務に当たってもらう。(2021/2/8)

品質不正問題:
1700社以上に検査不正製品を納品した日立金属の調査結果、1980年代から常態化
日立金属は2021年1月28日、同社および子会社で発生した一部製品における検査結果の改ざんや不適切な数値記載などを受け、調査結果と再発防止策を発表した。調査報告書では1980年代から検査結果の改ざんが定例化してきた点や、複数工場にわたる不正が常態化していた点など数多くの問題点が指摘されている。(2021/2/3)

【新連載】デジタルネイティブの「今」:
デジタルネイティブとDX コロナ禍を過ごした「未来の顧客」を理解するヒント
「イマドキの若い人」の行動・心理が分からない――。ジェネレーションギャップに悩むマーケティング管理職でも最低限押さえておきたいポイントを、電通デジタルのデジタルネイティブ専門チームが解説します。(2021/2/2)

大幅に下方修正:
日航、出向は1日1000人で最長2年に 最終赤字予想は?
日本航空は1日、令和3年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損失が前回発表の2400億〜2700億円から3千億円(前期は480億円の黒字)に膨らむとの見通しを発表した。(2021/2/1)

カギは「機能性と安全性の両立」:
PR:丁寧メール・内線文化がなくなる? 神戸市役所に学ぶ、自治体のチャット活用成功例
自治体として先進的なIT活用をしていることで知られる神戸市役所。1万人以上のコミュニケーションを円滑にし、高い生産性を維持して働くための基盤として導入したのが、ネオジャパンのチャットツール「ChatLuck」だった。自治体ならではの課題や、セキュリティ面の不安をどうChatLuckで乗り越えたのか。(2021/1/29)

24時間営業、垂直統合をどう変える:
日本が「世界の下請け工場」になる日――2021年、「曲がり角」に立つ2つの産業とは?
2021年、曲がり角に立つコンビニと自動車産業。コロナ禍の影響もあるが、長らく続く伝統的なビジネスモデルの歪な構造が明らかになり、刷新する必要性が出てきている。両産業にはどんな課題があり、どう立ち向かうのか。(2021/1/29)

日立建機の売却検討報道から考える:
日立、ソニー、IHI……なぜ、企業はコングロマリット化するのか
多種多様な事業を傘下に持つ事業形態は「コングロマリット(複合企業)」と呼ばれ1980年代の米国で全盛期を迎えた。日本でも、総合商社に限らず、もともと旧財閥グループを中心として複合企業体が多く、日立、IHIやソニーなどはメーカー型の複合企業の典型である。なぜ、企業は複合企業化するのか? 識者が解説する。(2021/1/27)

PR:コロナ禍で浮き彫りになったクリエイティブ企業の課題 経験をポジティブに生かすためにできること
(2021/1/28)

UUUM、ワタナベマホトとの契約解除 女子高生にわいせつ写真要求は「概ね内容を認めました」
1月21日には結婚を発表したワタナベさん。(2021/1/22)

観光ベンチャー、コロナ禍で新事業に挑む 需要回復に期待 
起死回生の期待がかかるのは、自社の人材の能力を生かした新事業の立ち上げやコロナ禍の中でも需要が見込める他社の買収などの一手。(2021/1/21)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(9):
2段階の「洞察」によって問題の本質に迫る
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第9回は、「自分の経験から考える」「当事者に聞く」という2段階の「洞察」を行うことで問題の本質に迫り、「問題を見つけ出す」作業を完了させる。(2021/1/20)

難局への適応力:
ウィズコロナの時代に経営者が身につけるべき3つのビジネススキル
ウィズコロナ時代、ビジネスはどのように変わるのか。グロービス経営大学院の教員が解説する。経営者が身につけるべき3つのビジネススキルとは?(2021/1/16)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

湯之上隆のナノフォーカス(34):
2050年までの世界半導体市場予測 〜人類の文明が進歩する限り成長は続く
コロナ禍にあっても力強い成長を続ける半導体市場。2050年には、どのくらいの市場規模になっているのだろうか。世界人口の増加と、1人当たりが購入する半導体の金額から予測してみよう。(2021/1/14)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「しなやか」な組織体制を持つ企業は半分しかない 事業継続計画のこの現実をどう考えるか
DXを推進する体制を考えるとき、変化に強いしなやかな事業運営は大前提といってもよい要素です。ディスラプターへの対応だけでなく、自然災害や有事の対応でもしなやかな組織作りが重要ですが、実態はどうなっているでしょうか。(2021/1/13)

なぜ?:
逆張りの人事戦略 コロナ禍で、あえて創業初の新卒採用を決断した企業
コロナ禍で各社が“人財削減”に追われている中、創業以来初となる新卒採用を始めた企業がある。優秀な人材が就職活動市場に豊富に存在する現状を逆手にとった、いわば“逆張りの人事戦略”を立てている。(2021/1/12)

lT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
逃げちゃ駄目だ、DXは「何の前触れもなく現れる破壊者」との戦いだ
コロナ禍の9カ月間でDX推進企業は増加傾向だ。だが、そこはゴールではなく「決勝リーグのスタート地点」というサーベイ結果もあるようです。(2021/1/7)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「コロナ禍対応でDXが進む」言説は真実か、調査で読み解く
次のIT投資は「攻め」と「守り」のどちらに予算を割く企業が多いでしょうか。独自調査で見えてきたのは、日本企業のコロナ禍対応の現状と今後想定される「変化」の兆しでした。(2020/12/28)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
コロナ禍のIT予算計画はどうなるか 景気のサイクルから学ぶ2021年、IT投資の戦術
2008年、2011年と、日本経済はコロナ禍以前にも大きな景気後退局面があった。このとき企業が次の成長に向けて「動ける」猶予期間はいつまでだろうか。過去の数字から2021年に実行すべきIT戦略を考える。(2020/12/24)

デジタル庁、民間人材を募集へ テレワーク・兼業もOK
平井卓也デジタル改革担当相が2021年9月のデジタル庁(仮称)の発足に向け、外部のIT人材約30人を非常勤職員として募集すると発表した。(2020/12/21)

地方企業の問題地図 【前編】:
えちごトキめき鉄道の鳥塚亮社長と沢渡あまねが語る「地方企業の問題地図」 Uターン、Iターンが失敗する構造的問題
「地方企業の問題地図」――。千葉県のいすみ鉄道を経営危機から救い、現在は新潟県のえちごトキめき鉄道の社長を務めている鳥塚亮氏と、現在浜松市に身を移して組織改革・ワークスタイル変革の専門家として活動している沢渡あまね氏に対談してもらった。前編では、鳥塚氏と沢渡氏が自らの経験から感じている、地方企業や行政の問題点などについて考える。(2020/12/18)

メルカリが新子会社「ソウゾウ」を設立 フリマアプリ、QR決済などに次ぐ新規事業を開発へ
メルカリは12月17日、新規事業の開発などを担う子会社「ソウゾウ」(東京都港区)を2021年1月28日に設立すると発表した。資本金は1億円で、出資比率はメルカリが100%。(2020/12/17)

230人が応募:
「リストラという考えは1ミリもない」 電通「社員の個人事業主化」の真意、発起人を直撃
電通が希望する社員を個人事業主化し、業務委託することで、一定の報酬を一定期間約束する制度を始める。一部では「体のいいリストラでは?」という声も上がった新制度だが、その真相は。(2020/12/16)

休業、出向……師走のホテルを襲うコロナ禍 新潟から悲痛な声
新型コロナ感染拡大の第3波が押し寄せる中、新潟市内のホテルから“悲鳴”にも似た声が聞こえてくる。年末年始の書き入れ時を迎え、企業や団体の忘年会や新年会でにぎわうはずが……。(2020/12/11)

湯之上隆のナノフォーカス(33):
TSMCとSamsungのEUV争奪戦の行方 〜“逆転劇”はあり得るか?
2020年、ASMLのEUV(極端紫外線)露光装置は大ブレークした。この最先端装置をめぐり、争奪戦を繰り広げているのがTSMCとSamsung Electronicsだ。2社の争奪戦の行方について考察した。(2020/12/10)

同一労働同一賃金、「同一労働」の判断基準は? 対象となる雇用形態は?
働き方改革関連法の目玉である「同一労働同一賃金の導入」。「同一労働」はどのように判断されるのか? 3つの観点を紹介する。(2020/12/10)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
大赤字のANA救済 JALとの統合は「最悪のシナリオ」
「JAL、ANA統合論」の行方は?(2020/12/8)

民間のIT人材の8割が「官公庁の仕事に興味あり」、うち3割が「副業・兼業」を希望 ビズリーチ調査
転職サイトを運営するビズリーチが行政のデジタル化に関連した仕事への意識調査を行い、民間のIT人材の約8割が「官公庁の仕事に興味ある」と回答した。(2020/12/7)

スピン経済の歩き方:
アイデア募集したら不正告発! 「政商」群がる? デジタル庁は大丈夫か
「デジタル改革アイデアボックス」をご存じだろうか。菅総理肝いりで進めているデジタル庁の創設に向けて、みなさんからアイデアを募集しているが、そこに「内部告発」が届いたのだ。「デジタル庁は大丈夫なの?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2020/12/1)

欧州FM見聞録(7):
オランダのFM学科が行うインターンシップ、企業の課題を学生が解決
本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で振り返る。最終回は、オランダの大学「University of Applied Science(UAS)」にあるFM学科のインターンシップ制度について解説する。(2020/11/30)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(8)ブロックチェーン(2):
ビットコインの運命 〜異常な価値上昇を求められる“半減期”
「ブロックチェーン」を理解するために「ビットコイン」の解説を続けます。今回の前半はビットコインの“信用”について取り上げます。後半は、ビットコインに組み込まれている「半減期」という仕組みを解説します。これは、“旗取りゲーム”による賞金が、約4年単位で半分になること。ここに人間の力が介在する余地はなく、言ってみればビットコインの“逃れられない運命”なのです。(2020/11/27)

連載・デジタル時代の人材マネジメント:
デジタル人材だけでは、DXは実現しない 必要不可欠「ブリッジパーソン」の育て方
デジタル人材だけを獲得してもDXは実現できない。パナソニック、コニカミノルタの事例を交えながら、必要不可欠な人材「ブリッジパーソン」の育て方を解説する。(2020/11/25)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

湯之上隆のナノフォーカス(32):
Samsung会長逝去、浮かび上がった半導体業界“3偉人”の意外な共通点
Samsung Electronicsの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が2020年10月25日に死去した。同氏の経歴をあらためて調べていた筆者は、半導体業界の“3人の偉人”に関する、意外な共通点を見つけた。その共通点を語りつつ、Samsungの現状と課題を解説したい。(2020/11/19)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(最終回):
古き悪しき伝統はワタシが正す!
イツワ銀行内で横行していた偽装請負は頭取の知るところとなり、事態は改善され行内の関係者は更迭された。もう一方の主犯格、サンリーブスの布川は逃げ切れるのか――。(2020/11/17)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
半沢直樹は東京中央銀行にAIを導入できるか? 技術導入の責任論を考える
スマホなどを使う描写もありつつ、昭和的な仕事スタイルだった半沢直樹。もし半沢直樹が銀行にAIを導入していたらどうなった? 銀行の経営はAIに任せられる? マスクド・アナライズさんが解説します。(2020/11/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ディズニー決算から考える、厚労省発表「コロナ解雇7万人」が“それどころではない”ワケ
厚生労働省は6日、コロナ禍が関連した解雇・雇い止めが今年2月からの累計で7万人を超えたことを明らかにした。解雇ペースは緩やかになっているというが、これほどまでに影響は小さいと本当にいえるのだろうか。(2020/11/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
生き残りをかけたANA「400人出向」 左遷でなく“将来有望”のチャンス?
ANAホールディングスが社員を他社に出向させるとして注目されている。出向というとネガティブなイメージだが、企業にとっても社員にとっても「成長」への布石となる側面もある。人は環境で変わるからだ。新しい雇用の形として、他の企業も前向きに取り組んでほしい。(2020/11/13)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(10):
これは左遷ではない、慰労だ
偽装請負を率先して享受することで会社を大きくしてきた新興ベンダー「サンリーブス」。創業社長の思惑は――。(2020/11/12)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(9):
ベンダー一揆を回避したいなら、この情報をうまく使ってください
偽装請負に苦しむ先輩を助けるために、白瀬が乗り込んだのはユーザー企業の法務部だった。そのころ江里口はある老人を訪ねていた――。(2020/11/10)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(8):
本社に支援を頼むから安心して!→だが、助けは来ず
契約外で行った作業のミスが元で地獄と化したプロジェクト現場。倒れるエンジニア、姿をくらます経営者。孤立無援のプロマネに救いの手は来るのか――?(2020/11/5)

コロナ禍が収まるまで:
家電量販店大手のノジマがANAグループ出向者を受け入れ 働く場所はコールセンター
家電量販店大手のノジマがANAグループの出向者を受け入れる。100人程度を予定している。コールセンターなどで働く。(2020/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。