ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T-ZONE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「T-ZONE」に関する情報が集まったページです。

大成建設が施工した信用組合本店でエネ削減率61%「ZEB Ready」達成、都心部の高層ビルで金融機関初
大成建設が施工を手掛けた近畿産業信用組合の本店が竣工した。本店は「伝統×革新」をコンセプトに設計された最先端の省エネルギー建物。都心部の高層ビルでは、実現が難しいとされていた経済産業省が定める省エネビル基準「ZEB Ready」に相当するエネルギー削減率を達成した。(2019/4/9)

週末アキバ特価レポート:
6TB HDDが税込み1万1980円も「注目は1万円割れから」
大容量HDDの特価は最近6TBモデルが目立っている。今週も税込み1万2000円切りのSeagate「ST6000DM003」が見つかるが、まだ主流は4TBだという。(2018/10/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
ドスパラ再編、6年半ぶりに秋葉原本店にパーツが並ぶ
ドスパラ秋葉原本館と別館(旧パーツ館)がリニューアルし、PCパーツ売り場が本館に舞い戻ってきた。新たな構成のキーワードは導線の効率化だ。(2017/10/23)

ラオックス、「秋葉原アソビットシティ店」不振続き3月いっぱいで閉店へ アソビットシティの名前無くなる
1月に売り場を縮小してリニューアルオープンしたばかりだった。(2017/3/28)

省エネビル:
エコビルもっと省エネにするZEB化技術、エネルギー消費を50%削減
ゼネコン各社が自社ビルの「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」化を図る動きが進んでいる。大成建設は札幌市の「大成札幌ビル」をリニューアルし、一次エネルギー消費量を50%以上削減する「ZEB Ready」を達成した。新技術を自社ビルに新技術を導入してノウハウを蓄積し、ZEB市場の開拓を強化していく方針だ。(2016/7/29)

「ProjectM」の挑戦:
アキバの元カリスマ店員“M氏”が語る――今なぜ独自PCパーツブランドなのか?
アキバで名が通った“元店員M”といえば、T-ZONE時代から、連載「ショップのダメだし」に何度も登場してくれた森田健介氏。ゼロから始めた新ブランド「ProjectM」で自作市場の活性化を狙う。(2013/4/10)

パーツショップ栄枯盛衰(前編):
まだオレらのホームだった「電車男」以前――自作PCの街アキバを振り返る
映画「電車男」がヒットした2005年。街の再開発が進み、思えばそのころから“自作の街・アキバ”の空気が変わっていった。当時の空気感を写真とともに振り返ってみよう。(2013/3/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
「突然のラストスパート」――「BUY MORE」統合で急加速するツートップとFreeT
ユニットコム系列の統合店舗「BUY MORE秋葉原本店」オープンに向け、ツートップ秋葉原本店とPC DIY SHOP FreeTが単独店舗としてのラストスパートをかけている。しかし、その準備期間は相当短かったらしい。(2013/2/25)

秋葉原のTWOTOP、FreeT、Faith、パソコン工房が統合 新ショップ「BUYMORE」に
秋葉原のTWOTOP、FreeT、Faith、パソコン工房が統合し、新ショップ「BUYMORE秋葉原本店」に。(2013/2/22)

2012年のアキバまとめ(前編):
「GeForce GTX 680」や「Ivy Bridge」で盛り上がったアキバの上半期
2012年、最初の目玉は「Radeon HD 7970」。当時は、「Windows 8」も「Ivy Bridge」も一部で「あー、もうすぐらしいね」と言われる程度の存在感しかなかった。そんな“少し前なのに大昔”でもあるPC自作街を振り返ってみよう。(2012/12/30)

ショップのダメ出し!:
OS込みで10万円。「あと5年は戦える」マシンを組みたいんだが(2012年夏)
2010年にスタートした「ショップのダメ出し!」。その第1回と同じコンセプトで10万円マシンを構成し、PC DIY SHOP FreeTにおじゃました。あれから2年半。PCパーツは何歩先に進んだのだろう。(2012/8/20)

悲報:
「カーテンコールしたかったでしょうね……」――クレバリーが破産申請
アキバでPCパーツショップを営んできたクレバリーが自己破産を申請した。負債額は3億3200万円。周辺のショップからは「寝耳に水」と驚きの声が上がった。(2012/5/30)

5分で分かった気になるアキバまとめ:
ひさしぶりの“お祭り”に沸いた4月のアキバ
満を持してIvy BridgeとZ77/H77/B75マザーが登場した4月のアキバ。街を盛り上げる起爆剤を求めていたPCパーツショップにとっても、待望にして優良なトピックとなった。(2012/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これはいい予想外です」 “Ivy Bridge”深夜販売に400人が集まる!
4月9日のZ77/H77/B75マザーに続き、“Ivy Bridge”も4月29日0時1分に販売解禁となった。そして、今回は4倍の店舗が開店し、8倍近い人が集まった。(2012/4/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「石を載せ換えるか否かが選択のカギになりそう」――Z77/H77/B75マザーが登場!
次世代CPU「Ivy Bridge」に対応するZ77/H77/B75チップセットを搭載したマザーボードが各社から一斉に発売された。マザー自体の在庫は潤沢。じゃあ“石”は?(2012/4/9)

2011年のアキバ(前編):
「PCパーツショップである前に、アキバにある店なんだな……と」――アキバの1年を振り返る
2011年はSandy Bridgeマザーの不具合問題が発生し、ようやく事態が収拾し始めたころに東日本大震災が発生。その衝撃はその後の街の風景をめまぐるしく変えた。自作PCの動向を基本に、アキバ全体の1年を見渡していく。(2011/12/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「意外と安いです」 最大容量の4TバイトHDDが登場
HDDショックもどこ吹く風といった雰囲気を漂わせて4TバイトHDDが登場。今年最後の目玉アイテムといわれるX79版「RAMPAGE」も複数のショップに入荷している。(2011/12/12)

5分で分かった気になるアキバ事情:
AMDとHDDが“次のステージ”を予感させた6月のアキバ
最大容量の3TバイトHDDが1万円割れした6月、AMD陣営は「AMD 990」マザーを投入し、「A75」マザーを発表した。自作PCの選択肢が1つ先の時間軸に移るような動きがいくつかあり、今後のトレンドを予感させている。(2011/6/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「魔法系スティック」がアキバで流行る?
リモコンだけでなく、卓上照明からカサまで、最近のアキバは既存のアイテムに新たな付加価値をつけた商品が妙に目立っている。来るか、魔法の杖ブーム!?(2011/6/20)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月25日〜5月8日):
「999円」のUSBワンセグチューナーがランクイン
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第1、第2週版】(2011/5/17)

5分で分かった気になるアキバ事情:
久しぶりに“PC自作系”の新店舗が誕生した4月のアキバ
大型連休を前に新ブランドのPCパーツショップがオープンし、「自作PCの街」として盛り上がりをみせたアキバ。その一方で、スマートフォンやタブレットPCの専門店も増加中だ。(2011/5/10)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
連休は“自作”しましょう、AMDシステムや“省電力系”のニーズも増加
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第4週版】(2011/5/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
祝! 新PCパーツショップ「PC DIY SHOP FreeT」が始動
4月28日、新しいPCパーツショップ「PC DIY SHOP FreeT」がアキバに誕生した。スタッフ13人は全員、かつてT・ZONE.PC DIY SHOPで働いていた。(2011/4/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月11日〜4月17日):
「GWにPC自作」するならそろそろ準備を──CPUの売れ筋は第2世代Core iシリーズ、上位を独占
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第3週版】(2011/4/25)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月4日〜4月10日):
人気はCore i7-2600K+Intel P67マザーの組み合わせ──自作PCパーツの売れ筋チェック
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第2週版】(2011/4/18)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月28日〜4月3日):
CPUの売れ筋、TOP5を第2世代Core iシリーズが独占
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第1週版】(2011/4/11)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):
販売再開と同時にASUS製品が急浮上──Intel 6マザーはどれが人気?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年3月第4週版】(2011/4/4)

5分で分かった気になるアキバ事情:
2つの“予想外”から復活を目指した3月のアキバ
P67/H67マザーの出荷停止から復活を目指す中、東日本が大震災に見舞われて電気街も一時は営業すらままならない状況となった。しかし、3月末には客足が戻りつつある。(2011/4/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年3月14日〜3月20日):
再登場のIntel 6マザーが一挙浮上──ギガバイト・MSI製が人気
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年3月第3週版】(2011/3/29)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年2月28日〜3月13日):
CPUは「Core i7-2600K」が人気、約1カ月ぶりに首位返り咲き
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年3月第1週、2週版】(2011/3/23)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年2月21日〜2月27日):
祝 販売再開「Intel 6マザーボード」──再開前週の結果は“微動”、次回以降に期待
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年2月第4週版】(2011/3/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
「特別な連休のようでした」――T-ZONE跡地とP67/H67マザーが再始動
先週末はT-ZONE跡地に建つ「ドスパラ パーツ館」のオープンと、一部メーカーのP67/H67マザー販売再開が偶然重なり、周辺ショップの便乗キャンペーンもあわせてお祭り騒ぎとなっていた。(2011/3/7)

「ドスパラ パーツ館」がT・ZONE跡地に3月4日オープン
3月4日11時、アキバの「T・ZONE.PC DIY SHOP」跡地にPCパーツ専門の大型店舗「ドスパラ パーツ館」がオープンする。(2011/2/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
“今は微妙”な「GeForce GTX 560 Ti」がデビュー
500世代のメインストリームGPU「GeForce GTX 560 Ti」を搭載したカードが各社から一斉に登場した。売れ行きに関して、多くのショップは「微妙」と口をそろえるが、「期待外れ」ではないらしい。(2011/1/31)

2010年アキバまとめ(ショップ編):
さよならT・ZONE――“電気街アキバ”に希望はあるのか
老舗PCパーツショップ、T・ZONE.PC DIY SHOPの閉店は、GUNDAM Cafeやアトレ秋葉原1の開店などの明るい話題で盛り上がった電気街に、暗い影を落とした。ただし、街が固定化しないのはアキバ最大の特徴でもある。(2010/12/31)

2010年アキバまとめ(PCパーツ編):
6コアよりも次世代GPUよりも、「FF14」が目立った自作PC市場
業界を揺るがす劇的な進化が、その数カ月後には普通の存在になるのがアキバの日常。4コアCPUや2TバイトHDDを最上級から“普通”に引きずり下ろした2010年のPCパーツを振り返ってみよう。(2010/12/30)

5分で分かった気になる、11月のアキバ事情:
大物のニューフェイスが多かった11月のアキバ
11月のアキバは、GeForce GTX 580カードや3TバイトHDDといった大物パーツが次々と登場して賑わっていたが、月末には老舗店舗の廃業という衝撃も待っていた。(2010/12/3)

古田雄介のアキバPickUp!号外:
「前兆はあった。でも……」T・ZONEの廃業に周辺ショップは落胆
T・ZONE.PC DIY SHOPが廃業した。また1つアキバの有名パーツ店が消えたことに、周囲のショップは肩を落としながら「ウワサは、なくはなかった」と語る。(2010/11/30)

また1つ……:
アキバの有名パーツショップ「T・ZONE」が廃業
アキバの大型店舗「T・ZONE.PC DIY SHOP」が廃業する。PC関連事業の資産はサードウェーブに譲渡され、店舗跡地は「ドスパラ」になる予定だ。(2010/11/29)

「T・ZONE」に幕 秋葉原「PC DIY SHOP」はサードウェーブ「ドスパラ」に
「T・ZONE」がついに消えることになりそうだ。秋葉原のPC DIY SHOP跡地には来年以降、サードウェーブの「ドスパラ」がオープンする。(2010/11/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「“ロム専”の人気を奪えますかね?」――BDXLモデル登場でパイオニア製品が値下げ
1枚100Gバイトを超えるBDXL規格に対応したドライブが出回る一方で、パイオニアは既存のBDドライブを3000円近く下げていた。果たして定番となっている“ロム専”のBDドライブ人気に対抗できるのか!?(2010/11/29)

アスク、LSI製RAIDカードとSSDのバンドルキャンペーン
アスクは、LSI製RAIDカードとSSDを購入するとキャッシュバックが得られるキャンペーンを実施する。(2010/11/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
「この未来はアリじゃないですか?」――“ハリポタ”入り外付けHDDが登場
最大容量を更新する3TバイトHDDと、7000円台で売り出される2TバイトHDD。さらに、“コンテンツ入りHDD”という新たなジャンルも登場し、毛色の違う3つの方向性から、にわかにHDDが注目を集めている。(2010/11/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「この“人柱”は大勢の役に立ちそう」――3TバイトHDDが登場!
先週は史上最大の3TバイトHDDが登場。グラフィックスカードでは各社のGeForce GTX 580搭載カードが話題をさらった。(2010/11/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPU頂上決戦は「GeForceが先行」しそう
年末年始の目玉として期待されているRadeonとGeForceの次世代ハイエンドGPUだが、それぞれの登場時期に関するウワサがアキバに飛び交っている。どうやら先行はGeForce GTX 580になるようだ。(2010/11/8)

5分で分かった気になる、10月のアキバ事情:
GPU対決を通して2011年が見えた10月のアキバ
“まさかの予定通り”で登場した「Radeon HD 6800」シリーズをはじめ、10月はグラフィックスカードの話題で持ちきりだった。そこで気になるのがGeForceとRadeon両陣営による次世代ハイエンドGPUのリリース時期。年内の“ガチ対決”は?(2010/11/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「すごいぜAMD、ちゃんと来た!」――Radeon HD 6800シリーズが一斉に登場
直前まで「早くて11月……?」と言われていた、AMDの次世代GPU「Radeon HD 6000」搭載カードがいきなり登場した。そして、ショップは苦笑いを浮かべる。(2010/10/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
「GeForceもRadeonも、しびれさせてくれるぜ……いろんな意味でな!!」
オリジナルクーラーを搭載したGeForce GTX 480カードと、エントリークラスのGeForce GT 430搭載カードが好調な滑り出しをみせる一方、Radeonも安定した人気を誇っている……が、若干の買い控えが起きている!?(2010/10/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
mini-ITXがメインマシンでもいいじゃないですか
mini-ITX初のSATA 3.0対応マザー「MINIX 890GX-USB3」がアキバに登場し、“ちっちゃくても最強”を目指すユーザーの注目を集めている。(2010/10/12)

5分で分かった気になる、9月のアキバ事情:
FF14が圧倒的な影響力を示した9月のアキバ
ついに発売されたFF14がグラフィックスカードやショップブランドPCの売れ行きを大きく左右し、キラーコンテンツぶりを発揮。最初の波が去ったあとの変化も小さくなく、1カ月を通して存在感を放っていた。(2010/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。