ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カリフォルニア大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カリフォルニア大学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Apple、UCSBと共同でマルチモーダルLLM採用のテキストベースの画像編集「MGIE」発表
AppleとUCSBの研究者らは、マルチモーダル大規模言語モデル(MLLM)によるテキストベースの画像編集ツール「MGIE」を発表した。Hugging Faceでデモを試すこともできる。(2024/2/8)

CIO Dive:
ChatGPTがユーザーを“騙す”のはなぜ? 「プレッシャーに弱いから」説が登場
「賢さが減退している」といった不名誉なうわさがささやかれていたChatGPTに、新たに「『冬休み』に入った」という疑惑が浮上した。ChatGPTのLLMに何が起きているのか。ユーザーや研究者が提唱する仮説を紹介し、企業が生成AIを利用する際の課題を探る。(2024/2/6)

Innovative Tech:
道路標識に「人に見えないレーザー」照射 自動運転車を欺く攻撃 米国と日本の研究者らが発表
米カリフォルニア大学アーバイン校、米フロリダ大学、米Toyota InfoTech Labs、電気通信大学に所属する研究者らは、赤外線レーザーを用いて交通標識にスポット光を照射し、自動運転車の認識システムを誤認させる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/1/25)

CIO Dive:
OpenAIの独走は続く? 「ユーザーが選ぶLLMのコンテスト」の結果から考察
LLMが多く登場する中で、最も優れたものは何か? ユーザー参加型のコンテストの結果から、「最も優れたLLM」の条件と、企業の選定基準を考察した。(2024/1/22)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ルネサスもTransphorm買収で本格参戦へ、再編が進むGaNパワー半導体業界
市場形成が本格化してきたGaNパワー半導体業界の再編は、近い将来さらに加速していくことが予想されます。(2024/1/15)

Appleのサイドローディング問題、独占制限の新法は誰のための法案か
2023年は、AppleやGoogleなどのアプリストアに関する「サイドローディング」問題の動きが継続的に話題に上った。その最新の動向を林信行氏がまとめた。(2023/12/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
リーダーの快眠がチームのパフォーマンスを左右する「働くリーダーの快眠法則」
誰もが毎日行っている「睡眠」という行為。しかし、日本人は世界で最も睡眠が満足に取れていないという。良い睡眠は、生活や体のパフォーマンスをアップさせると睡眠改善のプロフェッショナルスリープコーチの角谷リョウ氏は話す。(2023/12/13)

50以上の企業、スタートアップ、大学、研究機関、政府機関などが参加:
MetaやIBMなど50以上の組織が、オープンかつ安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を創設
MetaやIBMなど50以上の組織が共同で、オープン、安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を立ち上げた。(2023/12/8)

東大でIBM製127量子ビット量子コンピュータが稼働開始 「従来不可能だった大規模・複雑な計算可能に」
東京大学と日本IBMが、127量子ビットのプロセッサを搭載した量子コンピュータ「IBM Quantum System One with Eagleプロセッサー」の稼働を始めた。従来のスーパーコンピュータでは不可能だった大規模で複雑な計算が可能になるとしている。(2023/11/28)

Innovative Tech:
GPT-4VでiPhoneの画面を操作するシステム 米Microsoftなどの研究者らが開発
米カリフォルニア大学サンディエゴ校や米Microsoftなどに所属する研究者らは、スマートフォンのGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)ナビゲーション用にGPT-4Vを基盤として構築されたエージェントシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/11/22)

RISC-Vの「パイオニア」的企業:
「変革には適切なタイミング」、20%の人員削減を実施したSiFive
RISC-Vプロセッサアーキテクチャの「パイオニア」といえるSiFiveが、最大20%の人員削減を実施した。EE Times Europeは、SiFiveのコーポレートコミュニケーションズ部門の責任者を務めるDave Miller氏に詳しく話を聞いた。(2023/11/14)

スマートメンテナンス:
トヨタと鹿島ら産官学で道路DX「スマートロード」の開発着手 雨の交差点で人や車を事前検知
鹿島建設とトヨタ自動車、NIPPO、東京都市大学、米カリフォルニア大学バークレー校は、光ファイバーセンサーで道路上の自動車や自転車、歩行者などの移動体を追跡し、交通事故の撲滅につなげる道路DX「スマートロード」の開発に乗り出した。(2023/10/20)

Qualcomm、Googleと共に「RISC-V」ベースの「Wear OS」向けSoC開発
Qualcommは、Googleと協力し、「Wear OS」向けの「RISC-V」ベースのSoCを開発すると発表した。商用製品の発売時期は後日発表する。(2023/10/18)

Innovative Tech:
これでもう漏らさない? 膀胱を常に管理するAIパンツ 放尿の必要性を推定、尿失禁防止
米カリフォルニア大学デービス校に所属する研究者らは、膀胱をリアルタイムにモニタリングするためのウェアラブル下着を提案した研究報告を発表した。(2023/10/12)

Innovative Tech:
AirPodsで脳信号を記録──イヤフォンに貼るセンサーを米研究者らが開発 ストレスや集中度を監視
米カリフォルニア大学サンディエゴ校に所属する研究者らは、脳活動と運動レベルをイヤフォンで連続的に記録するための柔軟なスクリーン印刷センサーに関する研究報告を発表した。(2023/10/10)

Innovative Tech:
壁越しの文字をWi-Fiで読み取れる装置「Wiffract」 米研究者らが開発
米カリフォルニア大学サンタバーバラ校に所属する研究者らは、Wi-Fi信号のみを使用して壁越しの静止物体の高品質なイメージングを可能にするシステムを提案する研究報告を発表した。(2023/9/26)

Innovative Tech:
米国政府から突然メールがきた? 有名ドメインでなりすましメールを送る攻撃 米研究者が発表
カリフォルニア大学サンディエゴ校などに所属する研究者らは、政府や主要な金融機関、報道機関など有名なドメインになりすまして電子メールを送る攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/9/26)

CIO Dive:
ChatGPTを“締め出した”あのプラットフォームが方向転換 「ウソ」ばかりつくAIと共存できる?
ChatGPTが生成する回答は人間のエンジニアに比べて精度が低いという研究結果が発表された。AIが「不正確な回答」を生成することに対し、われわれはどのように対処すべきか。ChatGPTを早々に"締め出した"プラットフォームの方向転換とは。(2023/9/25)

画像化の手掛かりとなった「ケラー円すい」とは:
壁越しの文字を「Wi-Fi」で画像化できる技術を発表 カリフォルニア大学
カリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務めるヤサミン・モストフィ氏の研究グループは、静止する物体の形状をWi-Fiを活用して画像化する技術を発表した。(2023/9/23)

ライブ配信の「どこでもドア」:
“データの民主化”促す「Firework」 動画ソリューション業界に地殻変動を起こすか
オンライン上でも実店舗と同様のショッピング体験を実現できるSaaSソリューションを提供する「Firework」。開発企業のトップに話を聞いた。(2023/9/1)

私の人生が動いた瞬間:
40キロ超の減量、エリートな経歴 元子役・細山貴嶺が今「本当になりたい自分」とは
“細山くん”としてお茶の間に親しまれた細山貴嶺さん。いじめや減量を経験し、エリート街道をひた走る中で見つけた“本当にやりたいこと”。(2023/8/23)

ダイバーシティー改善に挑むIT業界【中編】
学歴でも顔でもなく「名前」でまさかの不採用――不条理極まる採用事情
IT業界に限らず、さまざまな業種に人種や性別の偏りが残っている。偏りが如実に表れるのが人材の採用だ。幾つかの実験で、人種や性別が採用に影響しているとみられる赤裸々な実態が明らかになった。その内容とは。(2023/8/12)

CIO Dive:
ChatGPTが“ばか”になっている? 研究で明らかになった「噂の真相」
「ChatGPTが“ばか”になっている」「しかも有料版の方が無料版よりもまずい回答をしている」といったうわさは本当か? スタンフォード大学とカリフォルニア大学の研究結果を紹介する。(2023/7/31)

GPT-4の精度は悪化している? 3月に解けた数学の問題解けず GPT-3.5にも敗北──米国チームが検証
「GPT-4の精度は時間と共に変わっている」──そんな研究成果を米スタンフォード大学と米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが発表した。3月と6月時点のGPT-4の精度を比較したところ、一部タスクでは精度が大きく悪化していたという。(2023/7/20)

3つのキーワードで読み解く! 「WWDC23」から見えた2024年のAppleプラットフォーム
2023年5月に開催されたAppleの「WWDC23」。話題は「初の空間コンピュータ」として発表された「Apple Vision Pro」に行きがちだが、Appleのプラットフォームを支える、既存OSのバージョンアップも見逃せないポイントが多い。(2023/7/4)

古代のサメ「メガロドン」、実は温血動物だった 歯の分析で判明
メガロドンの歯を調査した結果、温血動物だったことが分かった。研究者は、この特徴がメガロドンの繁栄と没落の両方に影響したと推測している。(2023/6/28)

MALIA.、元夫・山本“KID”徳郁さんとの秀才次男が高校卒業 美形兄妹ショット披露で「美男美女」「似てる」
おめでとうございます!(2023/6/27)

波乱万丈のキャリア:
需要急増のWeWorkトップに聞く「これから日本企業が有利になる理由」
コロナ禍での稼働率の低迷から抜け出し、需要が急増しているコワーキングスペース大手のWeWork Japan。改革に取り組んでいるジョニー・ユーCEOに、自らのキャリアと日本企業への期待を聞いた。(2023/6/27)

イノベーションの「ハブ」に:
日立、ヤマハ発動機、JPX総研――WeWorkに大企業の入居が“急増”している理由
現在、需要が急増しているのが、コワーキングスペース大手のWeWorkだ。これまではコワーキングスペースの活用に消極的だった大企業の入居も増えている。ジョニー・ユーCEOに、コロナ禍でWeWorkが取り組んできた改革と、大企業に支持されている理由を聞いた。(2023/6/19)

弱点克服し、Armの牙城を崩す:
RISC-Vのソフトウェア強化に向けたプロジェクトが始動
Linux Foundationの欧州部門Linux Foundation Europeが2023年5月、「RISC-V Software Ecosystem(RISE)」プロジェクトの創設を発表した。Armの牙城を崩すべく、RISC-Vアーキテクチャ向けのオープンソースソフトウェア開発を加速させていく計画だ。(2023/6/16)

「大成功のレベルが違うw」「こんな痩せたの!?」 元子役の激変&エリート人生ぶりに驚きの声相次ぐ
ぽっちゃり体形にめがね、蝶ネクタイ姿が印象的だった細山くん。(2023/6/6)

無印良品も「エコな家」づくり 先を行く世界のスタートアップの「住宅の脱炭素化」事情
昨今の世界的な脱炭素の流れを受け、日本でも2025年から全ての新築住宅に省エネ基準適合が義務化されます。日本でも無印良品が「エコな家」づくりを進めていますが、まだまだプレイヤーは多くありません。日本の先を行く世界ではどのようなスタートアップが住宅の脱炭素化に向けて取り組んでいるのでしょうか?(2023/5/31)

事例で学ぶAIガバナンス:
ChatGPTは「ハリー・ポッター」を読破済み? 生成AIで懸念される著作権侵害のリスクとは
日本企業でも、チャットAI「ChatGPT」の活用や導入検討が始まりつつある。一方、生成AIの出力結果によっては、第三者の著作権を侵害してしまうリスクも付きまわる。中でも懸念されるのは「学習した著作物に近い形で、コンテンツを生成する」というものだ。(2023/5/25)

Innovative Tech:
バーチャルキーボードを打ち込む際の“頭の動き”から入力単語を特定する攻撃
米カリフォルニア大学リバーサイド校に所属する研究者らは、VR/AR内のバーチャルキーボードを操作する際のユーザーの頭部の動きからタイピングしている単語や文字を予測する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/5/25)

海外医療技術トレンド(95):
米国で急加速するゲノムデータのサイバーセキュリティ対策
本連載第84回および第88回で米国のバイオエコノミー研究開発推進施策を取り上げたが、その中からサイバーセキュリティ対策の進捗状況について取り上げる。(2023/5/19)

医療業界の業務効率化にも役立つ?:
ChatGPTは医師より質が高く、共感される回答をする カリフォルニア大が調査
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、ChatGPTの回答が医師の回答よりも高く評価されることを調査で明らかにした。(2023/5/10)

世界・日本の7社を紹介:
金融テクノロジーで個人の「環境意識」は変わるのか? グリーンフィンテック企業の可能性と課題
環境に良い行動に繋げたいと考える消費者を、金融テクノロジーでサポートする「グリーンフィンテック」が注目を集めています。国内外の7社を例に、グリーンフィンテックの可能性と課題について考えてみます。(2023/5/9)

AI業界で論争が巻き起こる:
「汎用人工知能」の研究、一時的に止めるか否か
汎用人工知能(AGI)の進化をめぐって、論争が巻き起こっている。虚偽の情報の発信など、人間にとって危険性がないことが証明されるまでは、AGIベースのシステムを世界規模で展開すべきではない、と警告する側と、それに異議を唱える側が、互いの主張を戦わせている。(2023/4/19)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(3):
宇宙のロボット技術で農業を楽にしたい、東北で挑むイスラエル生まれの起業家
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は農業向けAIロボットを開発する「輝翠TECH」を取材しました。(2023/4/11)

Innovative Tech:
スマートテレビのリモコン操作から個人情報を盗み出す攻撃 屋内のIoTエアコンなどを悪用
香港中文大学などに所属する研究者らは、スマートテレビを操作する家庭用の赤外線(IR)リモコンからIR信号を取得し、機密情報を抽出する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/4/3)

「肉モドキ」ではもったいない:
世界のラボから生まれる「肉」はここまできた 2050年の「タンパク質危機」を乗り越えられるか?
2050年に「タンパク質危機」が起こると言われているが、その際に人間はどのようにタンパク質を摂取すればいいのか? 世界のラボで進む「代替肉」などの研究を紹介する。(2023/3/28)

「OSSを利用することで企業がその恩恵を享受している」:
企業はなぜオープンソース技術を使い続ける? Linux Foundationが企業調査
Linux Foundationが発表した調査によると、企業はOSSの最大のメリットをコスト削減、開発の迅速化、オープンスタンダード、相互運用性と認識しているという。(2023/3/17)

公開論文数はGoogle一強だが、注目の論文はOpenAIが占める:
2022年に最も引用されたAI論文100選を公開 米国、中国に続くAI研究大国はどこ?
Zeta Alphaは、2022年に最も引用されたAIに関する100本の論文リストや世界各国のAI論文発表数などの調査結果を公開した。(2023/3/15)

対談企画「CFOの意思」:
Armに惚れ込んだ孫会長──金庫番・後藤CFOが「待った」をかけた理由
前編に続いて、今回の対談相手はソフトバンクグループCFOの後藤芳光氏。中編では、孫会長に対し「今ではない」と待ったをかけ続けたというArm買収秘話や、2017年に開始した「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の評価損について語る。(2023/3/1)

メリット・デメリットを解説:
水素は「脱炭素社会」の救世主になれるか? ビジネスや日常生活をこう変える
水素はカーボンニュートラルの実現に極めて重要な役割を担うと期待されています。水素社会が実現されたら、ビジネスや日常生活はどう変わるのでしょうか? メリットやデメリットを整理しました。(2023/3/1)

Appleにマイナンバー搭載を要請しつつ安全性を下げる規制強要の矛盾
Appleが提供するiPhoneとApp Storeに、日本政府がいくつかの要請を行っている。その実態や中身はどうなのか、林信行氏がまとめた。(2023/2/24)

新規超伝導体「CsV3Sb5」:
不純物に強い非従来型超伝導の実現を確認
東京大学、東北大学、カリフォルニア大学、エコール・ポリテクニークは2023年2月14日、共同で二次元カゴメ格子構造を持つ新規超伝導体「CsV3Sb5」において、不純物に強い非従来型超伝導の実現を明らかにしたと発表した。(2023/2/20)

欧州のIoT機器セキュリティ対策最新動向(3):
IoT機器の開発にサイバーセキュリティの規格を適合させる方法
IoT機器を狙ったサイバー攻撃の脅威が現実のものとなる中、世界各国でセキュリティ対策の整備が進んでいる。本連載では欧州当局が出すセキュリティ要件や規制動向に焦点を当て、国内製造業が意識すべきポイントを解説していく。(2023/2/14)

GoogleのChatGPT競合「Bard」のデモ回答に誤り──天文学者らが指摘
Googleが発表したChatGPT競合の会話型AIサービス「Bard」の発表時に披露したサンプル回答に誤りがあったと複数の専門家が指摘した。太陽系外惑星の画像をとらえたのはジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が初という部分だ。(2023/2/9)

Innovative Tech:
心臓のエコー図が撮れる皮膚パッチ 切手サイズで激しい運動でも1日中計測 米国チームが開発
米カリフォルニア大学サンディエゴ校に所属する研究者らは、心臓の動きを超音波画像で可視化する、胸に貼る薄型の皮膚パッチを提案した研究報告を発表した。(2023/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。