ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「仮想メモリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仮想メモリ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

リアルタイムOS列伝(3):
豪華絢爛な採用実績を持つRTOSの老舗「VxWorks」の行く先
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、現在流通しているRTOSの中で最も古くから使われている「VxWorks」を取り上げる。(2020/6/25)

Windows 10への移行:
いつでも仮想化Windows 7 in Windows 10
サポートが終了したWindows 7を、何らかの理由でいまだに利用している人や、Windows 10に移行したものの、過去のWindows 7環境を取っておきたいという人もいることだろう。ハードウェアが故障する可能性もあることから、Windows 7環境を仮想化して、Windows 10で安全に動作させるとよい。その方法を紹介しよう。(2020/5/14)

リアルタイムOS列伝(1):
リアルタイムOSとは何か、ここ最近10年の動向を概説する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第1回は、リアルタイムOSのここ最近10年の動向について概説する。(2020/4/21)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(64):
Windows 10におけるWindowsコンテナの「プロセス分離モード」対応最新情報
Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)の新機能の一つに、Windowsコンテナの「プロセス分離モード」に関する制限緩和があります。今回は、Windows 10のプロセス分離モード対応について振り返りながら、この新機能について紹介します。(2019/12/24)

システムドライブを目いっぱい使っても大丈夫
Windows 10の“容量不足で突然クラッシュ”を防ぐ「予約済み記憶域」とは?
Microsoftは「Windows 10」に「予約済み記憶域」という機能を新たに追加した。この新機能の概要と管理方法を紹介する。(2019/8/12)

Linux基本コマンドTips(326):
【 ulimit 】コマンド――ユーザーが使用できるリソースを制限する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ユーザーが使用できるリソースを制限する「ulimit」コマンドです。(2019/8/1)

Windows 10 The Latest:
「WSL 2」へのバージョンアップでLinux互換環境はどう変わるのか?
2020年春に提供予定の機能アップデート「20H1」のプレビュー版に、WSLを強化した「WSL 2」が実装された。早速、WSL 2でどのような変更があるのか、Linuxとの互換性は向上しているのかなどを簡単に検証してみた。(2019/6/28)

Tech TIPS:
【Windows 10対応】ページファイルを別ドライブに移動してパフォーマンスを向上させる
通常、仮想記憶を実現するためのページファイルは、システムドライブのルートディレクトリに作成される。しかしシステムに複数のディスクが装着されているなら、ページファイルをシステムとは別ドライブに設定することで、パフォーマンスを向上させることができる。(2019/2/22)

Tech TIPS:
【まとめ】WSLでプロセスの一覧を確認する方法
WSL上でプロセスの動作状態を調べるために使うコマンドは? Windows OSユーザーのための、プロセス管理コマンドの基本をまとめておく。基本的にはLinuxのものと同じだが、WSLの実装上の制限などにより一部使えないコマンドもある点に注意してほしい。(2019/1/10)

どちらもコンピュータの記憶領域
メモリとストレージは何が違うのか?
メモリとストレージがそれぞれコンピュータに対して果たす役割は似ているが、両者は別物だ。その違いは、コンピュータの電源が切れた時に、それぞれの保存データがそのまま保持されるかどうかにある。(2019/1/8)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:セキュリティ新機能「Windows Sandbox」とは?
Windows 10の次期機能アップデート「19H1」に搭載予定の機能を紹介する。新機能として、安全にアプリの実行テストなどが行える「Windows Sandbox」が実装されるなど、19H1ではさまざまな機能拡張が予定されている。(2018/12/28)

高性能CPUや高速スケールアウトが必要なら
専用OS、3つの選択肢――Unikernel、Microkernel、Exokernelとは?
大量のデータ処理を必要とするアプリケーションには、専用OS、すなわちリアルタイムOS(RTOS)の方が役に立つかもしれない。この種のOSには幾つかの選択肢がある。(2018/10/12)

OSのミニマリズム
アプリを実行する最小限のOS、ユニカーネル「IncludeOS」の魅力
汎用OSには不要な機能が多過ぎる。アプリごとに、OSの機能を極限まで削減したらどうなるか……。これがユニカーネルの概念だ。IncludeOSを例に、ユニカーネルの魅力を紹介する。(2018/9/21)

OSの設定変更でパフォーマンスを向上
「Windows 10」を無料で高速化する4つの方法
企業導入が進みつつある「Windows 10」。日常的に活用するからこそ、そのパフォーマンスは重要だ。Windows 10高速化のための調整方法を紹介する。(2018/7/21)

メモリベースの攻撃を防ぐ
Windows 10のエクスプロイト対策、3つの重要機能とは
MicrosoftはWindows 10の「Windows Defender Exploit Guard」で、「アドレス空間レイアウトのランダム化(ASLR)」など、メモリベースの攻撃を防ぐ3つの重要な機能を提供している。(2018/7/6)

山市良のうぃんどうず日記(125):
ITプロ(非開発者)向けWindowsカーネルデバッグ事始め
「Debugging Tools for Windows」(WinDbg、kdなど)といえば、アプリケーションやドライバ開発者が自分で書いたプログラムをデバッグするための、Windows向け開発者専用ツールというイメージがあります。しかし、開発者ではないITプロにとっても、Windowsの動作や仕様の理解、あるいはトラブル解決に役立つことがあります。(2018/4/27)

欠陥のないプロセッサは作れるのか
発見者が解説――「Spectre」を発見したリバースエンジニアリング手法
IT業界の2018年は「Spectre」と「Meltdown」で始まった。こうした欠陥はどのようにして発見されたのか。この欠陥を発見した研究者の1人に聞いた。(2018/2/23)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(16):
【トレースフラグ 834】──バッファープールにラージページを用いたメモリ割り当てを許可する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ834の詳細と使い方」を解説します。(2018/2/8)

AWS、Microsoft、Googleの対策は
「Meltdown」「Spectre」の脆弱性、大手クラウドサービスが格好の標的に
クラウド環境が「Meltdown」「Spectre」の脆弱性によって狙われる恐れがある。だがAWS、Microsoft、Googleは、攻撃を防ぐ対策は万全と説明している。(2018/1/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
より下層の脆弱性を狙うサイバー攻撃にIoTデバイスは耐えられるのか
新年早々からCPUの脆弱性が問題になっています。(2018/1/11)

IoTセキュリティ:
IoTデバイスも対象、“現代的な”CPUの脆弱性「Meltdown」と「Spectre」
投機的実行機能を持つ現代的な(Modern)CPUの脆弱性が見つかった。インテル、AMD、アームのCPUが対象になっており「Meltdown」「Spectre」と呼ばれている。IoTデバイスに広く用いられている「Cortex-Aシリーズ」も含まれており、OSやアプリケーションのアップデートによる対策が必要だ。(2018/1/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(14):
EMETからExploit Protectionへの乗り換え案内――Windows 10 バージョン1709の新しいセキュリティ機能
これまで見てきたように、Windows 10には標準でさまざまなセキュリティ機能が組み込まれています。今回は、2018年早々、企業向け(半期チャネル)に配布が始まるWindows 10 Fall Creators Updateで導入された新しいセキュリティ機能「Exploit Protection」を紹介します。(2017/12/25)

Windows 10 The Latest:
Windows Defenderによるウイルス対策、どこまでできて何ができないか?
Windows OSに無償で付属するWindows Defender。アンチウイルス/マルウェア対策ソフトウェアとして、どのような機能を持つのか、サードパーティー製ソフトウェアと比較してどう違うのかを確認する。(2017/12/20)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(13):
ディープラーニングと機械学習の技術要件
機械学習、とりわけディープラーニングの市場での地位は今や確立されており、定着しているといえる。今回はこれらの技術要件と、近い将来に何が期待できるかを考えてみよう。(2017/9/26)

価格差は平行線のまま
SSDとHDDの性能とコストを徹底比較、“王位継承”は起きるのか?
SSDはHDDと比べると桁違いに高速だ。データセンターではSSDの採用が増え、DRAMの導入も始まっている。それでも当面のところ、HDDは生き残っていきそうだ。(2017/8/9)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第10回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──コンテナ編
「Windows Server 2016」の新機能で多くの関係者が関心を寄せているのがコンテナ機能の導入だ。ほぼLinux環境限定だったコンテナ機能をWindows Server 2016で使うために確認しておきたいポイントを紹介する。(2017/8/8)

Linux基本コマンドTips(129):
【 pidstat 】コマンド――プロセスのリソース使用量を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、プロセスごとのCPUの使用率やI/Oデバイスの使用状況を表示する「pidstat」コマンドです。(2017/7/21)

Linux基本コマンドTips(126):
【 vmstat 】コマンド――仮想メモリやディスクI/Oの統計情報を表示する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、仮想メモリやディスクI/Oの統計情報を表示する「vmstat」コマンドです。(2017/7/13)

事業は売却される方針だが:
新MIPSコア、Mobileyeの「EyeQ5」に搭載へ
Imagination Technologies Groupが、64ビットのCPUコア「MIPS I6500-F」を発表した。同社は2017年5月に、MIPS事業を売却する方針と発表していて、今回の新製品はImaginationにとって重要な鍵を握るものとなりそうだ。(2017/6/20)

Azure ハイッ! ここ大事!:
一時ディスクって何? Azure仮想マシン独自のストレージ構成を理解しよう
仮想マシンを作るとC:とD:の2つのドライブが作られますが、これはなぜ? 今回はAzure仮想マシンにおけるストレージ(ディスク)の扱いについて見てみましょう。(2017/6/1)

超速解説 RTOS:
「RTOSとは何か」を理解できる7つの特徴
組み込み機器をどう動かすかを考える際、選択肢として浮上するのが「RTOS(Real Time Operating System)」である。このRTOSとは何であり、なぜ必要か、どのような特長を持つのか、組み込み向けLinuxとはどう違うのか、解説する。(2017/5/17)

SQL Serverトラブルシューティング(43):
老朽化したデータベースを刷新したのに、かえってアプリケーションのレスポンスが悪くなった(パフォーマンストラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「データベース刷新でアプリケーションのレスポンスが悪くなった事例とその対処方法」を解説します。(2017/4/10)

キーパーソンインタビュー
HPE首席アーキテクトに聞く、次世代サーバ「The Machine」
HPが2014年6月の発表から3年弱、同社が「メモリドリブンコンピューティング」と呼ぶ「The Machine」はどうなっているのか? HPE首席アーキテクトにノイマン型の限界とThe Machineが目指すものを聞いた。(2017/3/28)

main()関数の前には何があるのか(終):
プログラムの実行はどのようにして行われるのか、Linuxカーネルのコードから探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。最終回は、Linuxカーネルの中では、プログラムの起動時にはどのような処理が行われているのかを探る。(2017/7/20)

main()関数の前には何があるのか(6):
Linuxカーネルのソースコードを読んで、システムコールを探る
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、「printf()」「main()」関数の中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。前回まで、printf()内の中身をさまざまな方法で探り、write()やint $0x80の呼び出しまでたどり着いた。今回は、さらにその先にあるLinuxカーネル側のシステムコールを見ていく。(2017/6/22)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
可能性と複雑性に満ちあふれた「AMP」へようこそ
「AMP」(非対称型マルチプロセッシング)は今まさに注目すべき技術ですが、AMPとは何であり、なぜ必要なのでしょう。何より、組み込みシステムにおいてAMPの実装にはどんな利点や課題があるのでしょうか。(2016/9/20)

製造業VR開発最前線(前編):
「VR=仮想現実感」は誤訳!? VRの定義、「製造業VR」の現状と課題
製造業VR開発最前線 前編では、VRやAR、MRの概要、製造業向けVRの他の分野のVRとは異なる特徴、これまでの状況などを説明する。(2016/8/30)

Linuxユーザーも知らないと損する「Silicon Secured Memory」の基礎知識:
PR:インメモリDB時代、プロセス内のメモリはどうやってセキュアにすればいいんですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。SPARC M7に搭載されている「SSM(Silicon Secured Memory:シリコンセキュアドメモリ)」って、そもそも何なのか? MMU(Memory Management Unit:メモリ管理装置)との違いは? SSMがどうやって攻撃を防ぐのか? など、今回はより技術的な観点でSPARC/Solarisの魅力を紹介します。(2016/6/27)

5月末までの期間限定で超特価:
速さと容量を両立する大容量SSD搭載ノートPCの魅力
SSDの高速起動は一度体験してしまうと元に戻れない。とはいえ、SSDはHDDに比べるとまだ高価だ。高速起動と十分なストレージ容量を両立したいなら……(2016/5/13)

福田昭のデバイス通信 ARMが語る、最先端メモリに対する期待(9):
仮想記憶(仮想メモリ)の基礎
今回は、仮想メモリの仕組みを詳しく解説していこう。仮想メモリの概要と、これを採用したシステムについて見てみたい。(2016/3/15)

福田昭のデバイス通信 ARMが語る、最先端メモリに対する期待(4):
メモリ・アーキテクチャの基礎
今回は、NANDフラッシュメモリ登場後のメモリ・アーキテクチャを見ていきながら、「CPUのメモリに対する要求」を考えていく。(2016/2/26)

パフォーマンスを徹底検証:
「Surface Pro 4」Core i7上位モデルに23万円強の価値はあるか?
遅れて発売された「Surface Pro 4」のCore i7搭載上位モデル。Core i5モデルに比べてパフォーマンスはどの程度の差があるのか、各種ベンチマークテストでじっくり検証する。(2016/2/24)

福田昭のデバイス通信 ARMが語る、最先端メモリに対する期待(3):
CPUとメモリのアーキテクチャ
今回からは、「CPUのメモリに対する要求」について紹介していく。まずは、CPUのアーキテクチャがどのように変ってきたかを振り返りつつ、CPUのメモリに対する要求の変遷を見ていこう。(2016/2/24)

Oculus Rift、PlayStation VR、HTC Vive……:
もう知らないと乗り遅れる? 「VR(Virtual Reality)」の基礎知識
2016年は「VR元年」となりそうです。VRって何? 何がスゴイの? なぜ今話題なの? これからどうなるの? そんな素朴な疑問にVRアプリ開発者が答えます。(2016/2/21)

Q&Aで学ぶマイコン講座(22):
MCUとMPUの違いって何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級者の方からよく質問される「MCUとMPUの違いって何?」です。(2016/1/26)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
限界に達したエンベデッド・プロセッサを並列処理で補完する
組み込みシステムの能力を並列処理で補完するアイデアは、身近で現実味を帯びたものとなっています。しかし、その実行に際しては手法の選択が重要な意味を持ちます。OpneMPやOpenCLなどを理解しながら、最適な手法を検討しましょう。(2015/9/2)

VMwareがクラウドサービスを強化、従量課金でも利用可能に
セキュリティ管理を容易にするネットワークサービスの導入や災害対策サービスの拡充を図る。(2015/6/4)

基礎から分かるグループポリシー再入門(5):
セキュリティの強化に役立つグループポリシー設定
「グループポリシー」で設定できることは多々あるが、どんな組織でも必ず考慮しなければならないのがセキュリティだ。今回は、セキュリティの強化でぜひ活用したいグループポリシー設定を紹介する。(2015/5/18)

クラウドへのvMotionも論理的には可能:
文脈で知る、VMware vSphere 6関連発表まとめ
ヴイエムウェアによる、2015年2月3日の「VMware vSphere 6」およびこれに関連する「VMware Virtual SAN 6」「VMware vSphere Virtual Volumes」「VMware Integrated OpenStack」などの発表に関する注目ポイントを、文脈とともにお伝えする。(2015/2/6)

2014年中に国内提供開始予定:
ヴイエムウェアのクラウド、AWSに勝てる?
ヴイエムウェアは2014年中に、日本のユーザー組織を対象として、クラウドサービス「vCloud Air」(旧称vCloud Hybrid Service)を提供開始する予定だ。これはユニークなIaaSだといえるが、果たしてAmazon Web Services(AWS)などに勝つことができるのだろうか。(2014/9/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。