ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Voodoo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Voodoo」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ロボ材活用最前線――AIが変える働き方と経営:
「ロボットが職場にいる生活」を現実にする「コボット」
人間とロボットが共存して働く「協働ロボット」「コボット」という、将来の働き方に大きく関わってくるテーマについて掘り下げます。(2018/10/26)

「穴になる」というコンセプトが酷似 人気沸騰中のゲーム「Hole.io」にインディーゲーム開発者から“アイデアを盗られた”と嘆きの声
「Donut County」と「Hole.io」のコンセプトが酷似している。(2018/6/27)

見どころは“見た目”だけじゃない! VoodooPCの血を引くひし形ゲーミングPC「OMEN X by HP 900-070jp」を試す【追記あり】
ハイエンドゲーミングPCメーカーとして知られていた「Voodoo PC」。そのDNAを引き継ぐ「OMEN by HP」の最新フラッグシップモデルが「OMEN X by HP Desktop 900」だ。(2017/3/8)

これぞ大人のゲーミングノート:
厚さわずか19ミリの「HP OMEN 15」で上質デザインと高性能を愛でる
ごつい!でかい!となりがちなゲーミングノートPCだが、HPの新モデルは“Ultrabook”相当の薄さでPCゲームを快適に動かしてしまう。(2014/12/26)

つい「オーメン」と書きたくなる:
日本HP、GeForce 860M搭載で新デザイン15.5ミリボディのゲーミングノート「HP OMEN 15」
Voodoo PCのブランドを受け継いだ薄型ゲーミングノートPCは、強力な冷却ユニットと多彩なLEDイルミネーションでゲームを堪能させてくれる。(2014/12/17)

文藝春秋、米国ミステリー作家ジェフリー・ディーヴァーの最新作を紙と電子で同時発売
ジェフリー・ディーヴァーの最新作『ゴースト・スナイパー』が紙版と電子版で同時発売された。既刊11タイトルの電子版も配信を開始している。(2014/10/30)

「一番弱そうなガンダムを開発した人が優勝」 Twitter大喜利におまえらが生き生きした結果がこれだよ
おまえらそんなことして楽しいか? 楽しいな!(2014/3/13)

人形にナイフがぐっさり 見ているだけで痛そうなナイフホルダー
呪いの人形みたいです。(2012/9/22)

せかにゅ:
SCE社長、「タッチ対応PSP」を示唆
「ゲームによっては、タッチパネルがぴったりなこともある」「(タッチとボタンの)両方を組み合わせられるゲームもあるかもしれない」――SCE社長がこのように語っている。(2010/12/24)

いよいよ始まるタブレット戦争 「両面の敵」と戦うiPad
AppleのiPad発売が近づき、タブレット市場で本格的な戦いの兆しが見えている。iPadは一方では他社のタブレットPC、もう一方ではKindleなどの電子書籍リーダーと戦うことになる。(2010/3/19)

「場所」に対してつぶやくTwitterアプリ「ランブリン」の挑戦
「これまでの検索エンジンは、あくまでPCのためのもの」――。モバイルインターネットによる情報と人の新しい“つながり”を目指し、関心空間が開発した「ランブリン」。「位置」ではなく「場所」という観点で独自のサービスを構築し、地域活性化にもつながるプラットフォームに育てていきたい考えだ。(2010/1/15)

HP、Voodooのレガシーを継ぐハイエンドノートPC「ENVY」立ち上げ
HPがハイエンドノートPC「ENVY」シリーズや、「フルパフォーマンスノートPCでは世界最薄」と称するモデルを立ち上げた。(2009/9/15)

2009 International CES:
MSIの「封筒Netbook」とShuttleの「かっこいいNettop」を見る
International CESは「家電の祭典」だが、2009年はPCの新製品発表も多く、それらの製品展示が例年より多かった。ここでは、HP、MSI、そしてShuttleのブースで展示されていた新しい「出荷待ち」製品を紹介しよう。(2009/1/13)

PC USERベスト100:
Netbook、Air、Core i7など今年もいろいろありました――08年PC記事ランキング
今年1年、PC関連で最も読まれた記事は何か? ITmedia +D PC USERの年間記事別アクセスランキングとともに2008年の重大ニュースを振り返る。(2008/12/31)

ただ堅いだけではない:
HPは“日本でも”本気です――ノートPC新ブランド「HP EliteBook」発表会
日本ヒューレット・パッカードがビジネス向けPCのラインアップを一新。航空機をモチーフにした堅牢PC「EliteBook」シリーズが登場した。(2008/10/3)

今度の土日は「Touch de デート」、いや「Touch de キャンペーン」なのだ
「かわいい、パソコンがほしぃいいぃー」っていっていたよなー。それなら今度の週末、俺と一緒にTouchしてみない。あ、いやいや、TouchするのはPCだから。ホントだよー。(2008/7/25)

iMacのライバル登場か:
世界シェアNo.1ベンダーが放つ新型ボードPC「HP TouchSmart PC」を試す
昨今、デスクトップPCは液晶一体型でスリムな“ボードPC”が人気を集めている。日本HPが投入する新ボードPC「TouchSmart PC」の出来栄えは?(2008/7/4)

タッチせずにはいられない:
指1本で操作できる第2世代TouchSmart PCが日本デビュー
6月の海外イベントで発表されたHPの第2世代「TouchSmart PC」が日本上陸を果たした。先行予約は7月3日、発売は7月18日の予定だ。(2008/7/3)

復活の日は来るのか!?:
やっぱり日本でも買いたい!!――ベルリンでPresarioの新モデルに指をくわえる
多彩なPCラインアップを擁する米Hewlett-Packardだが、日本で買えないのはVoodoo PCだけじゃない。(2008/6/21)

HP発の超ハイエンド液晶:
10ビットS-IPSパネル搭載の“HP DreamColor”液晶ディスプレイが日本上陸
「HP DreamColor LP2480zx」はプロ向けの24.1インチワイド液晶ディスプレイ。10ビットS-IPSパネル、RGB LED光源、DisplayPortなど、最新技術を満載した。(2008/6/17)

ハリウッドとの共同作業:
時代は30ビット/10億色表示へ――HP DreamColorディスプレイ登場
米HPはDreamworks Animation SKGとの協業を続けているが、その成果の1つが「カンフー・パンダ」に生かされた。(2008/6/16)

MacBook Airも敵ではない:
これは思わず欲しくなる!!……「HP Voodoo PC」最新モデル
ベルリンで開催された米Hewlett-Packardの発表会では多数の製品が登場したが、話題をさらったのはVoodoo PCの新モデルだ。(2008/6/11)

XPS? それとも、Alienware?──デルのゲーミングPC戦略をCTOに聞く
一連のXPSシリーズは、日本でも「過激なDELL!」を印象付けた。そのDELLは、さらに過激な「Alienware」を買収している。AlienwareはXPSに飲み込まれてしまうのだろうか?(2008/1/17)

2008 International CES:
Alien vs. Voodoo!──DELLとHPのゲーミングPC代理戦争
AilenwareにVoodoo。どちらも超大手に買収されたゲーミングPCブランドだ。その2大ブランド(ただし米国限定)が、CESという戦場で「大国の後押し」を受けて激突した。(2008/1/10)

HP、ゲーマーPCやiPAQ新モデルを発表
新しいゲーマーPC「Blackbird 002」はVoodooの技術を採用、iPAQはフルキーボードの3GモデルやGPSデバイスなど5機種が登場した。(2007/9/6)

AMD、低消費電力のAthlonプロセッサ発表
AMDが低消費電力、高性能のデスクトップPC向けCPUを発表した。(2007/2/21)

「Mac miniそっくりさん」PC、米国で発売へ
台湾のAOpenのminiPCが今月から米国で販売される。miniPCはMac miniに似たデザインで、IntelプロセッサとLinuxまたはWindows XPを搭載する。(IDG)(2005/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。