ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hitachi Virtual Storage Platform」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hitachi Virtual Storage Platform」に関する情報が集まったページです。

NVMeベースのVSPアレイ、リリースはいつ?
AIとクラウドに重点を置くHitachi Vantaraのストレージ その戦略とは
ストレージベンダーのHitachi Vantaraは、前身のHitachi Data Systemsから方針転換し、ストレージ自体の性能から、ストレージとAI技術やIoTデータの連携に重点を移しつつある。(2018/12/12)

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ
徹底比較:オールフラッシュストレージシステム8社 自社とベストマッチは?
大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。(2017/8/18)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】
消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界
Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。(2017/1/19)

大和証券、“オールフラッシュ”データセンターを構築
記憶容量を従来比約1.5倍に拡張しながらストレージ装置の設置スペースを約65%削減するなど、運用コストの抑制を図り、システムの信頼性と事業継続性の向上を図る。(2016/11/22)

日立、ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「VSP F1500」を発売
オールフラッシュアレイ「VSP Fシリーズ」のハイエンドモデル「VSP F1500」を発売。ミッションクリティカルなシステム環境向けに高い信頼性と可用性を提供する。(2016/10/27)

VSPのNAS化オプション、運用作業自動化ソフトウェアなど:
日立、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform ファミリー」を強化
日立製作所は、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」を強化。ファイルデータ管理機能を追加する「NASモジュール」とソフトウェア2製品の販売を開始した。(2016/8/3)

日立、ミッドレンジストレージにオプション追加 クラウド連携モジュールや運用自動化ソフト
日立がミッドレンジ向けストレージプラットフォーム製品を“ユニファイドストレージ化”するモジュールをオプションに追加した。運用自動化やインフラ構成の監視や性能分析を行うソフトウェアも同時に発売する。(2016/8/2)

データの読み出し時間が半分以下に ゆうちょ銀行がフラッシュストレージ導入で
ゆうちょ銀行は、情報系システムにフラッシュストレージを導入し、データ読み出し時間を大幅に短縮した。(2016/7/6)

Inter BEE 2015 Report:
PR:「4K時代」に障壁あり? 放送局や制作プロダクションが“モダン化”する道とは
4K/8K時代の本格到来を前に、報道や番組制作の現場ではワークフローの変革が求められている。撮影からファイル共有、アーカイブにいたるまで、大容量映像データのスムーズな活用を可能にするソリューションを紹介しよう。(2015/12/10)

データ圧縮時もオーバーヘッド無し:
日立、新型のフラッシュモジュールを搭載したオールフラッシュストレージを発売
日立は、オールフラッシュストレージの新製品を販売開始する。この製品は、「Hitachi Virtual Storage Platform ファミリー」のラインアップに追加される。(2015/11/11)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

ANA、従量課金PaaSの日立クラウドを採用へ
日立製作所がプライベートクラウドを構築し、多数の業務システムを順次移行させる。(2015/7/14)

OpenStack環境のストレージ選定ポイント【第2回】
OpenStackストレージ、主要5社の差別化ポイントをまとめた
OpenStack対応のストレージ製品を提供する主要5社にフォーカスし、各社の開発貢献度や製品ラインアップ、特徴について紹介する。(2015/6/15)

日立、ミッドレンジ向けストレージ5製品を発表 ハイエンドと同等の運用性
日立がミッドレンジ向けストレージプラットフォーム製品をリニューアル。ミッドレンジ向けながら、ハイエンドモデルに搭載されている仮想化技術を使えるほか、アクセスが集中しているデータをフラッシュストレージへ自動で再配置する機能を備えた。(2015/4/28)

BS500×Brocade VDX スイッチ 導入事例:
PR:「BladeSymphony」と「Brocade VCS ファブリック」でサーバ仮想化の効果を最大限に引き出すネットワークを構築
三協立山株式会社はシステム基盤強化のため、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony BS500」と10Gbps DCBスイッチモジュールを採用。さらに、革新的な「Brocade VCSファブリック」を利用することで、従来の2倍以上の帯域を実現。運用性とコスト低減を両立させた。(2014/5/12)

日立、仮想化新技術を利用したストレージ製品群を発表
新開発のストレージ仮想化技術を活用し、システムを二重化した環境で無停止による切り替えなどができるプラットフォーム製品を投入する。(2014/4/23)

PR:基幹ストレージを完全無停止でリプレース 日立独自のフラッシュモジュールで処理性能も大幅に向上
民放キー局大手のフジテレビでは、放送に関わるサービスを原則無停止で運用しなくてはならないという。基幹業務システムの刷新に際し、日立製作所の「無停止データ移行ソリューション」を活用してストレージ移行を成功に導いた。(2014/2/6)

ソフトウェアも刷新:
ストレージ装置向けフラッシュメモリ、日立が大容量化
日立製作所は、フラッシュメモリを採用したストレージ装置と関連ソフトウェアの提供を開始した。フラッシュメモリモジュールの容量を1.6Tバイトまたは3.2Tバイトに高め、専用制御ソフトウェアも刷新してアクセス性能を高めた。(2013/11/13)

日立のストレージ製品「VSP」が世界最高IOPSを記録 「SPC Benchmark-1」で
日立のストレージ製品「VSP」が、ストレージ製品のベンチマークテスト「SPC Benchmark-1」で世界最高のIOPS(Input Output Per Second)値を記録した。(2013/7/31)

IOPSは60万超:
日立、ストレージのベンチマークで世界最高性能を達成
日立製作所は、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」が、データ入出力の処理速度で世界最高性能を達成したと発表した。(2013/7/31)

日立製作所、オールフラッシュ構成が可能なストレージ新モデルを発売
日立製作所は、ユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」向けフラッシュモジュールを製品化し、グローバルで提供を開始した。(2013/7/11)

ディスクアレイシステム「VSP」向けのフラッシュモジュールを発売 日立
日立製作所はエンタープライズディスクアレイシステム向けのフラッシュモジュールを販売開始した。(2012/11/8)

SSD利用でI/O性能を3倍に、日立がディスクコントローラ用ソフトを発表
ディスクアレイシステム向けにSSDによる高速I/Oを実現するためのコントローラソフトを開発した。(2012/8/24)

“ビッグデータReadyなストレージ”という視点:
PR:ファイルとブロックを横断運用できるユニファイドストレージがデータ活用を加速する
大量の情報を収集、蓄積して活用する、いわゆる「ビッグデータ」は、現在最も注目されるITのトレンドだ。日立製作所が「Hitachi Storage Solutions」の製品ラインアップに追加した新機種は、まさにビッグデータをにらんだものとなっている。(2012/6/27)

エンタープライズ向けストレージ製品紹介:総括(後)
ビッグデータからクラウドへとつながるストレージの潮流
データが増え続けるビッグデータ時代に対応できるよう、ストレージベンダーは自社製品にさまざまな工夫を盛り込んでいる。この傾向は今後も当分続くと考えられる。(2011/10/26)

エンタープライズ向けストレージ製品紹介:総括(前)
徹底比較! 主要8社のハイエンド向けストレージ製品
2010年10月に開始した「エンタープライズディスクストレージ製品紹介」連載で紹介した8社のストレージ製品について、各製品の機能の特徴や今後の展望などを紹介する。(2011/10/21)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:日本IBM
ビッグデータ管理を簡素化するストレージ「IBM XIV Storage System Gen3」
近年、多くのハイエンドストレージがデータの階層化機能を搭載している中、運用管理の簡素化を目的とする階層化がかえって管理の煩雑化を招く場合もあると指摘する日本IBMが、新たなストレージ製品を市場投入した。(2011/9/13)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:デル
データ管理を自動最適化するストレージ「Dell Compellent」
ストレージにおけるデータ階層化が注目を集めている。その背景には、近年多くの企業が抱えるデータ管理の課題がある。そうした課題を解決するストレージとして、デルが2011年に提供開始した製品を紹介する。(2011/7/13)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:日本オラクル
ZFSを活用した拡張性が強み「Sun ZFS Storage Appliance」
2009年にサンを買収したオラクルはそのハードウェア事業を引き継ぎ、2010年からストレージ製品を提供開始した。今回は、同社のハイエンド向けストレージ「Sun ZFS Storage Appliance」を紹介する。(2011/3/8)

Open Middleware実践講座:
仮想化環境へのストレージ再構築に求められる運用管理ソフトの基準とは?
コスト削減や運用負荷低減を目的に、ストレージの仮想化が進みつつあります。そこで課題となるのがストレージの状態を正確に把握することですが、解決のポイントは「仮想環境を可視化」することです。(2011/2/4)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:EMCジャパン
仮想化・クラウド時代のストレージ「Symmetrix VMAX」
EMCが提供するハイエンドストレージ製品「Symmetrix VMAX」には、サーバ仮想化の本格普及やクラウド環境への移行などを見据えた機能が実装されている。(2010/12/8)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介
大容量かつ拡張性などの要件が求められるハイエンド向けディスクストレージ。製品担当者へのインタビューを交えて、市場で提供されている各製品の特徴を紹介する。(2010/11/18)

エンタープライズ向けディスクストレージ紹介:日立製作所
ストレージ階層の仮想化・自動化を実現する「Hitachi Virtual Storage Platform」
日立製作所が2010年9月に発表したディスクアレイシステムの新製品「Hitachi Virtual Storage Platform」。ストレージ階層の仮想化・自動化機能やシステムの拡張性などが強化された。(2010/11/15)

NEWS
日立、ストレージ階層の仮想化を実現するディスクアレイシステム
日立がハイエンドディスクアレイシステムの新機種と運用管理ソフトの新版を発表。ストレージ階層を仮想化し、運用管理の簡素化・自動化でストレージのTCOを約30%削減する。(2010/9/29)

ストレージ仮想化を強化、日立がディスクアレイの新製品
仮想化技術を用いてストレージデータへのアクセスを効率化したエンタープライズディスクアレイシステムを日立が販売開始する。(2010/9/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。