ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゆとり教育」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ホウレンソウは、もう古い?:
効率化しすぎてギスギスした職場に「ザッソウ」が効く理由
効率化を進めすぎた結果、一緒に働く人たちに対して関心を持つことができなくなったチームはもろく弱いものです。もはやチームとはいえない、ただの集団といってもいいでしょう。(2019/10/10)

「家庭教師のトライ」が学力診断にAI活用 20問解くだけで弱点を推定 生徒と講師の負担減らす
トライグループは、AI開発を手掛けるギリアと共同で、生徒の学力を1科目につき10分で正確に測定できるアプリを開発したと発表。短時間で生徒の学習状況が把握できるため、指導者は個人にあったオーダーメイドの教育プランを素早く作成できる。(2019/8/6)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
優秀な部下を育てるのは、鬼か仏か
厳しさと怖さは違う。“厳しさの5つの条件”とは?(2019/6/24)

しょうがないね:
先輩に言われてやる気を失うセリフ、1位は?
先輩に言われたら、やる気を奪われてしまうセリフは? 社会人1〜2年目の男女に聞いたところ……。ソニー生命保険調べ。(2019/4/20)

ポスト平成の転職論:
「3年以内に辞める若手は根性なし」という批判が、時代遅れになった理由
売り手市場が続き、転職が活発化している現代においても、「新卒として入った会社には最低3年は在籍したほうがよい」「3年で辞める若手は根性がない」といった説をよく耳にする。この説はどれほどの正当性があるのか。なぜこのような説が生まれるのか。識者に聞いた。(2019/2/28)

東京では得られなかった人生の「裁量」を自らの手に:
PR:福岡で、LINE Growth Technologyで見つけた、エンジニアとしての“オープンさ”と“ゆとり”
「LINEのサービスをGrowthさせること」をミッションとする新会社、「LINE Growth Technology」は、東京だけでなく福岡にも開発室を置いている。エンジニアにとって地方勤務は不利というイメージもあるが、福岡で働くエンジニアは、むしろさまざまな「ゆとり」や利点を享受しているという。(2019/2/19)

平成のうちに知りたい元号のこと:
改元は凶事の「リセット装置」だった? 意外に知らない元号の話(後編)
意外に知らない「元号」について豆知識を交えて紹介。後編となる今回は「改元」がなぜ行われるのか、改元にはどんな意味があるかを解説します。(2019/1/30)

次代のキャリア観:
成功のキャリア観はもう古い? 健やかさのキャリア観へ
人生100年時代を迎え、働き方改革以上に大事になるのは、どのようなキャリア観を持つかではないでしょうか。これまでは「成功を目指すキャリア」が主流だったかもしれませんが、これからは「健やかさのキャリア」が重視されるはず。その理由は……。(2018/12/10)

英語の筆記体、「学校で習った」世代はいつまで? 近年は「リットルにも使わない世代」が登場
ますます学校で使う機会がなくなっています。(2018/6/23)

AWS Summit Tokyo 2018:
音声から顧客情報まで「いまやクラウドに置けないデータはない」 ドコモが乗り越えた「茨の道」
NTTドコモは、顧客の行動を分析し、音声を通じて必要なサービスや情報を最適なタイミングで提供する「AIエージェント基盤」などをAWSで構築し、運用している。「大量の顧客情報を外部のクラウドに乗せるなんて、全く話にならなかった」。そんな同社は、どうそれを実現したのか。(2018/6/4)

世代の悲哀:
団塊ジュニアは学校が「嫌い」だった? シニアと若者は「好き」多い
シニア層と若者に比べ、団塊ジュニア世代(1970〜74年生まれ)は学校が「好き」だという人が少ない──学生服メーカーのトンボが実施した、世代間の制服に関する意識調査でこんな結果が出た。第2次ベビーブームで人口が多く、最も受験戦争が厳しかった時代だったのを反映しているようだという。(2018/3/27)

入学1年前から情報収集が当たり前:
ランドセル商戦の早期化 震災が後押し
今年もランドセル商戦がスタートした。“ラン活”という言葉があるほど商戦は早期化し、1個あたりの価格も上昇している。(2018/3/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(17):
至宝の人工知能 〜問題に寄り添い、最適解をそっと教えてくれる
先人たちにより開発され、磨かれてきた「至宝の最適化アルゴリズム」。本当はこれを軽々しく「AI」とは呼びたくな……い……という気持ちをぐっとこらえ、AI技術として解説します。「試験前の一夜漬け」「雪山遭難」「井戸堀り」の例を使って、説明していきます。繰り返しますが、最適化アルゴリズムを軽々しく「AI」という言葉で片付けたくはないんですよ、本当は。(2017/11/30)

ゆとり記者が聞く:
少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔
「スマホと指で描いた漫画」が集英社の漫画賞を受賞した。20歳の新人漫画家は、なぜ漫画制作でスマホを手に取ったのか。(2017/8/22)

缶の「高さ」と「周」、長いのはどっち? 10秒で答えが分かる方法
実は小学生でもできる!(2017/7/27)

ゆとり記者が聞く(番外編):
俺がこんなにカワイイわけがない──誰でも“美少女に変身する”VR 「かわいさ」追求する男3人の挑戦
VR(拡張現実)を使い、誰でも美少女になれる――そんな夢のような時代がやってきた。次世代のVRコミュニケーションに挑戦するベンチャー企業・カバーに開発の裏側を聞く。(2017/7/24)

ゆとり記者が聞く:
「生配信で月1000万円の子も」 “努力が実る”SHOWROOMにアイドルのタマゴが殺到する理由
アイドルやタレントのタマゴが集まる仮想ライブ空間「SHOWROOM」。中には「月に1000万円売り上げる子もいる」という。SHOWROOMの「努力が実る」仕組み作りについて、前田社長に聞いた。(2017/7/5)

新連載・ゆとり記者が聞く:
「VRが世の中を変えると確信した」 元ネトゲ廃人の公務員がVR専門メディアを立ち上げるまで
異色の経歴を持つVR専門メディア「Mogura VR」の久保田編集長に、VRに傾倒する理由を聞いた。(2017/6/2)

「君の名は。」かけた作品も:
「サラリーマン川柳」1位は“ゆとり対バブル”
恒例「サラリーマン川柳コンクール」の上位10選は?(2017/5/22)

失敗フォローでやる気向上:
新人のやる気を奪う言葉、1位は「仕事に向いていない」
社会人1〜2年目の若手社員にとって、やる気のアップ・ダウンにつながる要素は?――ソニー生命保険調べ。(2017/5/10)

デジタイザーペン付きでお手頃価格の2in1「Diginnos DGM-S12Y」を試す(外観編)
そこそこ良いCPUで、デジタイザーペンが使える2in1 PCが欲しい――そんな人にお勧めしたいのが、サードウェーブデジノスの「Diginnos DGM-S12Y」だ。まずは、外観をチェックしてみよう。(2017/2/15)

常見陽平氏の人生相談所:
僕ら“40男”が抱えているこれだけの憂鬱
「就職氷河期世代」「ロスジェネ」とも呼ばれる世代が40代になり始めている。昭和という時代の恩恵を受け、楽しい10代を送ったものの、社会の変化に常に直面しつつ生きてきた世代だ。常見陽平氏がさまざまな憂鬱(ゆううつ)を抱えている“40男”に提案したいこととは?(2016/12/12)

常見陽平の「若き老害」論:
なぜ日本人は“世代論”が大好きなのか
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第2回は日本人が大好きな「世代論」「世代闘争」が若き老害を生み出している……という話。(2016/8/25)

新連載・常見陽平の「若き老害」論:
いま職場で“若き老害”が増えている
「老害」の概念が変化してきている。いわば「老害」の「若年化」ともいえる問題だ。この連載では、常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回シリーズで読み解く。(2016/8/9)

「わし、ゆとり世代やで」 開き直る女子高生AI「りんな」
(2016/7/23)

Weekly Access Top10:
異国の地でUberに助けられた話
本当にどうしようかと思いました(涙目)(2016/5/30)

世界を「数字」で回してみよう(30) 人身事故:
人身事故に遭わない秘策は“都会に住むな”!?
皆さんは、一体どこの誰が人身事故を起こしているのだろうと考えたことはありませんか? 丹念に分析して人身事故の“分布図”を眺めてみると、発生場所が相当偏っていることが分かります。(2016/5/30)

特選ブックレットガイド:
あなたの会社は“ほったらかし”のOJTをしていませんか?
新入社員・若手エンジニアとの向き合い方を見直そう。(2016/5/17)

おっぱい、いかがですか〜! 日テレが「ゆとりですがなにか」のTwitterキャンペーンで「おっぱい」連発!
ぱるるもドラマ公式も「オッパイ!オッパイ!」(2016/5/9)

太田智美がなんかやる:
お花さんたちが歌う花園をつくる(序章)
4月からITmedia ニュースに配属された太田智美が、テクノロジーの力を信じてなんかやるという新連載。毎日るんるんしながら生きている。(2016/4/22)

「ゆとり」と「バブル」世代の入社理由ランキング
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは4月20日、「ゆとり」と「バブル」の入社理由ランキングを発表した。(2016/4/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
熱狂しやがれ!
仕事を面白くする唯一の方法は熱狂することだ。どうしたら部下を熱狂して働かせることができるか。(2016/3/10)

クドカン脚本「ゆとり」をテーマにした社会派ドラマが日テレで 岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が「ゆとり世代」に
タイトルは「ゆとりですがなにか」。(2016/2/10)

マンガ「ニーチェ先生」がドラマ化決定 さとり系コンビニ店員のツイートまとめがコミックを経て実写に
「お客様は神様だ」と怒る客に「神は死んだ」と切り返すニーチェ先生が、ドラマになるよ!(2015/8/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「人生の夏休み」を車両製作にささげる学生たち
クルマと向き合う学生を見て心が洗われた話。(2015/7/30)

5人に1人が職場で「エイハラ」を経験
職場において、年齢的な差別を受けることを指す「エイジハラスメント(エイハラ)」。どのくらいの女性が職場で「エイハラ」を経験しているのだろうか。ウエディングパークが調査したところ……。(2015/7/29)

生徒と進める西大和学園のIT活用【前編】
東大・京大合格者100人以上、西大和学園はなぜ「iPad」を選んだのか
2015年に京都大学合格者81人を輩出するなど、関西トップクラスの進学校として知られる西大和学園。同校は2014年度から高校1年生全員に「iPad」を導入した。その理由とは。(2015/6/24)

今年の教育ITソリューションEXPO、キーワードは「アクティブ・ラーニング」
5月22日まで東京ビッグサイトで開催されている教育分野最大の専門展「EDIX」。次期学習指導要領の改訂も進む中、教育でのICT活用は加速しようとしている。(2015/5/21)

会社の先輩から言われて、やる気が奪われるセリフ
会社の先輩から言われて、やる気が奪われるセリフは何ですか? この春就職した新社会人と就職してから1年が経つ男女に聞いた。ソニー生命保険調べ。(2015/4/15)

デキない新入社員も必ず伸びる「魔法の褒め言葉」とは?
(2015/4/10)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

こじらせ!上司図鑑:
こじらせ上司よ、歩み寄ろう ゆとり部下からの“人間的な、あまりに人間的”な嘆願
20代の若手社員たちに、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。最終回のテーマは“こじらせ上司への提言”。彼らのリクエストを聞いてみると、はるか昔に習ったような“あたりまえすぎる”要望が続々と挙がってきて……。(2015/3/24)

こじらせ!上司図鑑:
ゆとり世代がアナライズ! 40代男性が“こじら世代”のメインストリームだ!!
20代の若手社員から上司に対する本音を聞き出す本連載。今回のテーマは“こじらせ上司”と“尊敬できる上司”。こじらせ上司は「“かまってちゃん”になってる」「“デキる男”ぶってる」など、厳しい指摘が次々と……。(2015/3/17)

夢は「ふつうの生活」 現代の若者たちは何を考えているのか
(2015/3/10)

こじらせ!上司図鑑:
おじさんの幸せは「ワレモノ注意」――部下が静かにすり減る“飲みニケーション”の実態
20代の若手社員たちに、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。今回のテーマは“上司との飲みニケーション”。“何をネタに話せばいいのか分からない”上司を相手に、“無難に穏便にすませたい”部下はどんな“接待”をしているのか……。(2015/3/10)

PR:カラフルに豪華に進化、トレンドは「パール素材」 ランドセル業界にもIT化の波!? スマートデバイス活用から見る最新トレンド
一昔前は赤と黒の2色がメインだったランドセル、今は色もデザインも多種多様に。進化するランドセルの今と、100種を超える在庫管理に役立つ無料POSレジアプリ「Airレジ」について聞きました。(2015/1/21)

2015年の注目点も:
マーケター100人が選んだ2014年の「これが一番!」は?
マーケティングの実務家による国際組織「MCEI(Marketing Communications Executives International)」の東京支部は12月22日、同組織が実施したアンケート「2014年の『これが一番!』、2015年の『ここに注目!』」の集計結果を公開した。このアンケートはMCEI東京/大阪支部の会員100名を対象にしたもの。(2014/12/24)

村上福之の誠にデジタルな話:
「仕事がない」と嘆く若者と人手不足――同時に起きるワケを考えてみた
世の中には仕事を探している若者がたくさんいる。仕事がないから「貧困化」なんて言葉もささやかれている。それなのに人手が足りなくて閉店しているところもたくさんある。何が起きているのか、その問題を考えてみた。(2014/11/19)

大学女子寮ってどんなところ? 寮母が見た30年間
「女子大生」を30年寮母見続けてきた寮母さんのエッセイを紹介(2014/11/13)

いまだからこそ:
活字鋳造を残したい 平成生まれが「活字」を産み出す「自動活字鋳造機」に心奪われた
新宿の佐々木活字店で“鋳造見学”してきた!(2014/11/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。